ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
台湾に遊びに行ってきました2017年版 その2
さて、到着初日午後の観光ルートは台北市内のオタク街巡り。
まずはアニメイト台北から。

DSC_0205.jpg 
アクセスは、MRTの板南線(水色)か松山新店線(緑)のいずれかで、西門で降ります。
そして、北に向かってこの奇妙な構造物を探すと、見つけるのが楽かも。
これは道路の左側から見た景色。

DSC_0203.jpg IMGP9001.jpg
右側の歩道を歩いていくとこんな感じで、裏側はこういう絵が描いてあります。
これ自体は何か調べてないのでよくわかりませんが、目印には丁度いいランドマークです。

IMGP9000.jpg IMGP9002.jpg
その向かいのビルの地下に、アニメイト台北店。
地上階にはコラボカフェもあり、それっぽい女子たちがたむろしてましたw
中は撮れないので文章だけになりますが、日本のアニメイトとほぼ変わらない感じ。
グッズは主に日本のものが中心で、雑誌やコミックは翻訳ものから日文(日本語)そのままのものまで、日本や台湾の作家のものが豊富に置かれていました。

コミック用の画材なんかが置かれていたり、レジ横から少し離れた場所に列を作る構造も日本のアニメイトとよく似ていましたので、営業方針なんかも統一されているのかも。

また、同人ショップのらしんばんも併設されていて、主に日本の同人誌やグッズが店舗の一角におかれていました。

DSC_0216.jpg DSC_0217.jpg
次に向かったのは萬年商業大棲というビル。
中はアパレルや映画館にゲームセンター、飲食街やオタク向けのグッズショップが詰まっていて、秋葉原のラジオ会館のような雰囲気。
ミリタリーショップやガシャポンだけの店、ショーケース店やグッズショップなどが出店。
オフィシャルではコトブキヤが店舗を構えてます。

DSC_0221.jpg 
一通り店を冷やかした後、5階のゲームセンターに。
ここはメダルを借りて、それでゲームをする仕組みになってました。
10ドルで2枚貸出、古いゲームは4枚、最新のゲームならそれを6枚使用。
日本円で言うと、1プレイ60円~100円前後。
音楽ゲームやレースゲームが人気なのも、日本と傾向が変わらない感じ。

IMGP9010.jpg IMGP9013.jpg
そのあと、西門町一帯を散策。
雰囲気的には歌舞伎町や渋谷、池袋や大阪日本橋のオタロードみたいな感じ。
映画館や飲食店街、カルチャー系や有名ブランドショップにVR体験施設や書店にゲーセンまで様々な店が立ち並ぶ一大繁華街です。
まともに周るとここだけで丸1日はかかりそうです。

IMGP9005.jpg DSC_0228.jpgDSC_0229.jpg
このロング三つ編みのキャラは、西門町の動漫大使(オフィシャルキャラクター?)の林黙娘。
広告ジャックしてるFGOと並んで、あちこちに幟や看板などがありました。
元ネタは、東シナ海を中心とした地域で信仰のある女神様のようです。

IMGP9019.jpg 
前に行ったときには見つけてなかった同人系も扱う書店、雑誌瘋。
西門店は、かつて梅田にあった旭屋書店を3階建てに小さくしたような感じ。
コミック類は2階に集中しており、ラインナップも結構豊富。
レジの女性が日本語は話せないけど可愛かったですw

IMGP9011.jpg 
最後に小腹を満たすために、買い食いモードに移行。
これは名前も知らないフルーツで、味はほんのり甘く蛋白で、食感は硬めの桃か熟れた洋梨のような感じ。
200ドルで結構食いでがありました。
今回も夜市には行けなかったので、こういった安全な場所で買い食いできるのは、繁華街のいいところです。

DSC_0232.jpg 
そんな感じで、1日目が終わりましたw

続く

台湾に遊びに行ってきました2017年版 その1
IMGP8957.jpg
まずは往路編。
出発当日は神戸は朝から大雨で、駐車場から高速船乗り場に向かうだけで、傘をさしていてもかなり濡れるような状態。
海もかなり時化ってました。

IMGP8959.jpg 
行きは前回と同じエバーのA300。
キティジェットじゃなかったけど、機内は比較的余裕があるので乗りやすい機体です。

IMGP8965.jpg 
そして雲を突き抜けて空に上ると、海と雲のコントラストが綺麗な景色が広がります。

IMGP8969.jpg 
さらに登ると、今度は南極かと思うような真っ白な雲海と高層の濃いブルーの空のコントラストに変化。
ただ、見た目に変化がなくて面白くないかもw

IMGP8987.jpg 
着いたあとは、迎えのバスで台北市内に移動。
他のツアーのグループも乗せているため、市内をあちこち回って行きます。
雑然とした中にも近代化が進むカオスな街並みを楽しむことができます。

IMGP9003.jpg 
これは後から撮ったものですが、道中奇妙な絵の書かれた謎の構造物を発見。
後々、これがとある場所のランドマークになりますw

IMGP8994.jpg 
その付近(西門)は、なにやら懐かしげな匂いを感じる雰囲気の場所のようで。
今回の探索予定地に含まれているので、レポートは後ほど。

IMGP8989.jpg 
承恩門横も通過。
観光スポットでもあるので、いつか晴れた日に見に行きたい場所。
でも、周りは工事中で、今行くとあまり景観はよくないかも?

IMGP8997.jpg 
巨大な台北駅の横も通過。

DSC_0201.jpg 
無事ホテルに到着しましたが、すぐに出かけてしまうのでしたw

続く。

からり芋
黄金千貫仕込みの本格芋焼酎。
条流から日以内に瓶詰めされたという、年度ごとの新酒として出回っている。
しかし、家で大分寝かしてしまったので、あまり意味はないかも?w
鹿児島の製造だが、何故かサッポロが売ってるのも面白いw
飲んでみると、25と大分辛めだが、芋なので甘さがある。
というか、何か焼き芋のような甘さを感じるのだが、これが特徴なんだろうか。
ちゃんと割って飲めば、結構甘めのお酒として楽しめるかも?
ファインディング・ドリー
WOWOWでやってたのを視聴

ニモから10数年を経て作られた続編。
冒頭のシーンなどを、ニモと続けて見ていると、間にそんな時間が開いているとは思えない絵作り。
でも、よくよく見ると魚達の透明感が増していて、半透明の生き物である表現が増している。
そして、今回の主役は物忘れの達人ドリー、その相棒はタコ。
CGとは言え、タコを動かすのは物凄い大変なことだと、どこかのメイキングでみたような気がする。
軟体であるから、ボーンでは制御が難しいとかなんとか。

でも、今回は大人でもかなり楽しめる内容になってる。
近所のことも考えずに、夜に何回か大笑いしてしまったのでw
もし続けて見れる機会があるなら、ぜひ2本とも見て欲しい作品です。
ファインディング・ニモ
WOWOWでやってたのを視聴。
何回かチラ見したことはあるが、通しで字幕版を見たのは初めて。
内容も知り尽くしているものではあるが、落ち着いて見ると、主人公はオヤジなのねw
主役はオヤジで主演はドリーとニモ。
他にも個性的な海の生き物が沢山でてくる一大冒険譚。
息子を探して旅をするオヤジの武勇伝は、広い海の中でそれこそ尾ひれがついて壮大な物語になって語り継がれて行くが、最後に届いたところではしっかり元の話に戻っているのが面白いw
そして、美しい海の中と生き物たち、エンディングまでちゃんと見せようとするピクサー&ディズニーの作り方もうまい。
親子で安心して見れる映画です。
南風
以前瓶入の小分けで買ったことがあるが、これは普通にガラスのボトルに入ってるもの。
度数も43度だったのが30度と、市販?レベルになってる。
以前のレビューを見つつグラスにちょっとあけて飲んでみたら、度数からくる辛さはあるものの少し甘さを感じる。
試しに少し水で割ってみたら、風味と引き換えに少しまろやかになって飲みやすくなった。
割る水を選べば、もう少し変わってくるかも。
なかなか減らないと思うので、じっくり色々な飲み方を試してみるのも面白そうw
麦とホップ 魅惑のホップセッション
ビール系のシリーズの一つ、その派生。
その名の通り、ホップの香りがよく、味もさっぱり系ながら苦味も程よくあってバランスのいい感じ。
ねぎまに凄く合ってたので、もう一本開けてしまったw
しかしこの色のサッポロ缶は珍しいなー。

マエストロ!
WOWOWでやってたのを視聴

一度は解散してしまったプロの楽団が、とある謎の男によって再結成されて、立て直していく物語。
上手い人は有名なところに引き抜かれ、残ったのはなにかしら問題をかかえる者たちばかり。
人間関係もギクシャクして、それこそ不協和音の響く中、だんだん一つになっていく様が見ていて面白い。
オーケストラのことをよく知らなくても、割と分かりやすく見せている所も多いので、そっち方面での勉強にもなりますw
特に楽器の弾き方鳴らし方や構造についても言及するところもあるので、絵とかを描く時にリアリティを出せる画作りもできるかも。
楽器って描くのむずかしいからねー。

攻殻機動隊 コミックトリビュート
原作:士郎正宗 ヤンマガKCDX

実写版公開記念?
の豪華執筆陣による攻殻の公式アンソロ。
いや、アンソロではなくトリビュートと言うに相応しいか。
何しろ、実際に攻殻のマンガを描いたことのある作家も何人もいるし、トリをトニーたけざきがシメてるあたり、確信犯的な何かを感じる構成w
特にこの巻末ではシロマサ度も高くてテンションもクオリティも高く、最後まで楽しめる内容になってる。
オススメの一冊ですw

E5甲終了(艦これ)
Screenshot_20170515-125210.pngScreenshot_20170515-125232.png
ブラウザ版も無事オール甲でクリア達成しました。
このSSは、会社の昼休みにスマホでやってたら、E4を割ってしまった時のものw
なかなか割れなかったので、掘りついでにやってたらこれである。
スマホじゃぁ、狙ってないと割った瞬間のSSなんて取れないよ。

 Screenshot_20170515-125303.png
無事に55戦隊もゲット。
まあでも、このE4は資源的には一番軽くて楽でした。
結局道中ドロップは無し。

2017春504R 
E5も甲で始め、編成や装備を練りながら進めていく。
ゲージ1本目は結構あっさり終わったのだが、2本目が少々難航。

2017春501編成2 
最終的には、この編成が一番安定してたので、細かい順番の違いはあれど、最後までこの組み合わせで行きました。
でも、装備はかなり入れ替えが激しかった。

消耗も大きく、連合で全力投入してるせいで、1回の出撃で1000以上軽く吹っ飛んでいく。
wikiのコメント欄の編成や装備、アドバイスなんかを見て色々考え、同所が利用してるデッキシミュレータも使って火力や制空の計算をしながら進めて行く。

2017春506 
そしていよいよ2本めのゲージ割り。
実は、これもカットインが決まらず連撃もカスダメばかりで、最後の北上のところでボスの残りHPが6。
これはだめかと思ったら、きっちりクリティカルで削りきってくれました。

2017春507報酬1 
無事に64戦隊をゲット。
陸上機なのに対空11もあるし、足も7あるので今後重宝しそうです。

2017春507報酬2 
そして、イベント完走報酬のガングートもゲット。
やどかり戦艦はかなり新鮮。
性格的には、ビス子をもっと豪快にした感じで、キャラとしてもよく立っていてかっこよさがありますw

2017春509消費資源 
上が開始時、下が終了後全補給したあとの残り。
軽めのイベントとは言え、きっちり10万と5万消費してる。
掘りに行かずにこれだから、甲やった上に掘ってたら、一体どんだけ消費してたのやら。

期間的にはまだ余裕があるので、支援艦隊のキラの残りも見ながら、様子見であと何回かは掘りに行くかも。

おまけ
E5割った時の編成と装備の一覧です。
http://kancolle-calc.net/deckbuilder.html?id=-KkUOEM0bjPkKe-Tn3b7

2017春510シミュ 
こんなページが開きます。
デッキ名が削り編成になってますが、これで最後割ってます。
装備の練度と支援艦隊の装備は適当ですw
ちょっとでも参考になるところがあれば。

イベント完了(艦これ)
DSC_0191.jpg
とは言ってもAC版丙作戦ですがw
こちらのほうが期間も長いのでのんびり構えてたのですが、休みの日が意外に忙しく、しかも混んでてなかなかできない上に何故か三宮は900GPの店ばかりで、1回の出撃に450GPとか取られると装備を換装する時間もままならない。

ブラウザ版をオール甲でやってるのもあって、結構時間もかかってるから、丙とは言えそんなに時間がかけられるわけでもなし。

DSC_0188.jpg 
そんなわけで、前半終了時に阿賀野を一発ツモしたのは良かった。
後半もそれに期待はしてみたものの。
道中のドロップは渋すぎ。

DSC_0190.jpg
意外に敵がガチ編成で、装備と艦の組み合わせをしっかり組んでいかないとちょっとのミスでSが取れなくなる。
そして、最終海域の姫が、ゲージ半分削ったところでまさかのダブルゲージ。
完全に油断してて、魚雷も使い切った後だったので、装甲を破壊できずにこの作戦は失敗に終わりました。

DSC_0196.jpg 
それ以降は警戒して、姫を1回倒すまでは魚雷を残していき、最終戦は主力を全部6枚ずつ投入して臨んだが、あっさりゲージ1本で完了。
なんか拍子抜けしてしまった。
あのダブルは一体なんだったのかw

で、ドロップは矢矧でした。
2周目に入ろうかと思ったが、特化デッキの6種36枚しか持ってきておらず、ブラウザ版もやらないといけないので、とりあえずそっち終わるまではおあずけ。
期間中に大和出せるかな~。
けものフレンズ コミックアラカルト[ジャパリパーク編]
原作:けものフレンズプロジェクト 編:少年エース編集部 角川コミックスエース

けものフレンズの公式?アンソロジー。
親元と言ってもいいとこから出てるから公式だよね??

3月に出てたのを買って、積んだままだったのだが、内容的にはまだテレビ放送の途中とあって、前半はトキとアルパカ大人気w
後半になるとプレーリーやハシビロコウも出てくるので、原稿を集めた時期も結構バラバラかも?
それより、大都市圏ローカル番組なので、そっちのほうが書く方も大変だったかも。
パーク編ってことは、続き出るのかな?もう出てたり?
(最近本屋行けてないなー)

別式
TAGRO:作 モーニングKC

架空の歴史の江戸時代、武芸の師範でもありながら、武芸家として生きる女性たちの…ガールズコメディ(帯より抜粋)。
普通に現代語や英語が飛び交い、晴海の海上ではあのイベントも開かれるトンデモ時代劇。
少し頭身の低いキャラで固められてはいるが、基本的には全員職持ちの大人たち。
恋に仕事に大忙しだが、一応普通の歴史的事変も物語に入り込んでくる。
それが、彼女たちの生き方や行く末に、どういった影響を及ぼすのか。
冒頭の展開は、それを示唆するものか。

結構面白いです。
変ゼミの作者でもあるが、あれほどぶっ飛んでないので普通に電車の中でも読めますw

本日の収穫物
IMGP8956.jpg
割と大きめな二頭身ぬいぐるみ。
穴通しの台だったので、取れなければ自分が悪いという、はっきりした課題を突きつけられているので、やって取れないことはないw

この店には鉛筆ぐらいの棒を通す鬼設定の台と、5cmくらいの棒を6cmくらいの穴に通す台の2種類がある。
これは後者のほうだったので、それほど苦労なく取れるハズだったのだが、なんだかんだで10回ほどかかってしまった。

半分過ぎたあたりから台の方をよく見ると、貼られた印刷物の背景に、ちゃんとここで止めろという点線がご丁寧にも描いてあったw
そこから微調整しながらだったので、実質は5回で取れるかな?
もう一個取っても良かったが、持っていったカバンが小さかったので、これだけにしてきました。
あの手の台はコツをつかむと際限なく取れたりするので、逆に沢山取りすぎても困ったりする(以前のペンペンのように)。
まあ、またばら撒けばいいんだけどねー。
結構喜ばれるのでw

2017春E3甲突破(艦これ)
2017春201
さて、E2後半。
今回の最大の山場とも言われている場所。
元の編成ではまともに相手にしてくれないので、正規空母に雪風まで投入。
しかし、あと少しが削りきれない。
平日の夜ということもあって、ここで3日足踏みする。

2017春204藤浪
試行回数が増えていくので、A勝利でのドロップの回数も増えていく。
未入手だった藤浪もゲット。
しかし、戦艦入れて2順させても、夜戦までにこちらの決定打候補を確実にスナイプしてくるので、結局割り切れないまま。

2017春2022017春203 
そして、同じくらいのペースでやってた後輩のアドバイスで、部隊にE1で入手した隼II型を入れて出撃。
隼が効いたのか、開幕で敵空母が置物に。
どうせスナイプされるならと思い切って一番強いのから順に並べてみたら、相変わらず狙い撃ちしてくるものの、北上が先頭に残る。
そして、カットインが決まって撃沈。
あまりにもあっけなかったので、SSが間に合わなかったw

2017春300編成 
E3も甲で開始。
こちらは久々に低速艦をルートに縛られずに投入できるし、次の海域では戦艦不可とのことで、可能な限りの最大戦力を投入。
それでも隼鷹は置物、日向と扶桑も航空補助。
雲龍を道中主戦力と位置づけ、これを守るために旗艦に。
対空CIは摩耶でスナイパー役は時雨と夕立。

Screenshot_20170513-144717.png Screenshot_20170512-124258.png
なんかまったりと会社の昼休みとかに進めて、スマホでこの2隻をゲット。
資源の減りがマッハなので、なんとか早く終わらせたいところだが、掘りに戻らなくてもいいので、このへんで大分気分が楽になる。

2017春309 
最終形態になってからは、古姫に吸われて少し割るのに手こずったが、E2ラスダンを思い出して、E2報酬の隼III型甲に入れ替えてみたら、開幕で古姫と空母が沈み、敵がほぼ壊滅。
駆逐に回るまでもなく鳥海で決着。
ここまで劇的に変わるものかとも思ったが、多分運が良かっただけw

2017春309報酬1 2017春309報酬3
無事に54戦隊を確保。
それにしても春日丸は艦攻積めないし、2スロしかないのに新型の艦戦持ってくるので面白い。
あやうく装備のロック忘れるところだった。

2017春309甲突破
今回は編成だけでなく、装備も練りに練ったので、この組み合わせデータはちゃんと残しておかないと。
そして、その上位装備をくれる甲攻略、特にE1からが大事だと思った。
さて、拡張作戦に行く前に、ACのイベントも進めないとw