ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
MODELLO DELLE VENEZIE
BIANCO DELLE VENEZIE とか VENEZIE BIANCO 2015 MASI とか、色々書いてあってどれが商品名かよくわからないイタリアの白ワイン。
香りは弱め、辛めではあるが渋みやエグみがなく、酸味も弱めなので、白ワインとしては飲みやすい方。
言ってみれば普通だが、よく言う白ワインとしての普通よりは飲みやすくて初心者にも安心な内容。
まだ試してないが、これだとサングリアにしてもさっぱりしてそうだし、ホットワインにしても辛くないので色々楽しめそうですw
山法師
山形の吟醸酒。
純米吟醸あらばしり生とあるが、冷蔵庫で保存するように書いてある。
最初、栓を抜いた時に内圧で吹っ飛んだので発泡酒かと思ったw
香りは普通の日本酒、味は少しお米の味を感じるもの、少し甘みのある辛口。
飲んでしばらくすると、まろみが口の中に広がってくる。
少しこってりしてるかな?という感じだが、後味も悪くないので日本酒らしさを楽しむこともできる一本。

KATLENNURGER Blubery GLUHEWIN
 ドイツのブルーベリーワイン。
ホットワインのベースに何かいいのは無いかと探してたときに見つけたもの。
香りは少し梅酒のような感じがるすが、飲んでみるとかなり甘い。
甘口とかそういうレベルではなく、本当に普通に甘いw
なので、普通のホットワインなら紅茶や砂糖や色々入れるが、砂糖要らず、ストレートでそのまま温めて飲める。
これをワインと言っていいのかどうかはわからないが、ワインの常識からはかなり外れたあま~いワインですw
FUJIMARU ぶどうチューハイ
スチューベンという品種のぶどうを使用したチューハイ。
フジマルという都市型ワイナリーの監修で作られたというもので、国産の原材料に拘っているとか。
果汁が10%、度数は4度ということで、果汁のほうが勝っている。
飲んでみると、しっかりと葡萄の味がして、その上でチューハイとしてのバランスもよく取れていて、どちらも諦めていない、非常にバランスのいい味。
葡萄の品種的には渋みがあるようだが、味にも後味にもそれを感じない。
だから、葡萄らしさが強いのかとも思える。
シンプルなパッケージに騙されてはいけない、割りと楽しめる一本です。
RUBY BELG
ライオンの絵が描かれたメタリックレッドのパッケージ。
ベルギーの赤ビールを再現したという、少し酸味があって甘酸っぱい香りがし、味は少し苦いという不思議なお酒。
泡もピンク色で、グラスに注いで飲むと見栄えがいいかもw
ビールよりは飲みやすいが、発泡酒としては少し癖があるので、飲み方を選ぶと思うが、変わり種を探しているならお試しあれ。
雪しぐれ
岩手のお酒。
物産展で買ってきたものだが、帰ってきたら瓶が割れてもいないのに、何故か中身がこぼれてて。
蓋を見るとガス抜きの穴があり、注意書きで横倒しにするなとある。
むむう。
気を取り直してあけてみる。
シュッとガスの抜ける音。
あれ、発泡性?どぶろくみたいな濁りなのにw
慎重に中身を回して、グラスに開けると泡が立つ。
味はこの手の濁りにしては少々辛め。
14度と標準的だが、回るのは早い気がする。
色々クセがありすぎて、なかなか楽しめる。
買って持って帰るにも保管にも色々気を使うけど、「いかにも」などぶろく風味を楽しむには最適な一本w
小鼓
純米大吟醸生酒という仰々しい肩書つき。
有名料理漫画で紹介されたこともあるという丹波のお酒で、そうとは知らずに買ってきたもの。
高さは中瓶ほどもあるのに、凄くスリムな2合入りの青い瓶。
精米歩合50と磨かれたもの、度数以上にキレてて辛め、日本酒度は高めだと思う。
香りもかなり度数の高いお酒の香りがしているが、これでも17度と普通の清酒とほぼ同じ。
辛さがキツめなので、吟醸酒の旨味とか甘みというのがあまり感じられないが、甘目の吟醸ばかり飲んできたせいかもしれないw

ほろよい はちみつレモン
なんか、まえからあったようにも、ずっと飲んでるようにも思えるが、意外になかったほろよいブランドのはちみつレモン。
まあ、自分が見つけてないだけかもですがw
度数は3と軽く、お酒でありながらアルコールを感じさせない。
味は浅漬けのはちみつレモンと言う感じで、両方の味が残ってる感じ。
けが抜けてくると甘さが前に出てきて、ハチミツが勝るというところか。
後の残りも少なく、すっと飲んですっと抜ける、そんな感じの一本に。
豊醸
限定醸造とあるプレミアムビール。
金色の缶に紫の印刷と、なかなか正月に飲むのに向いてそうなおめでたそうなラベル。
ドイツ産の希少ホップを使っているとのことだが、いつものように差が分からないw
ただ、香りがホップに少し甘い部分が感じられるので、その辺が差かな?
ただ、味わいは深くて、後味に雑味もなくて、飲んだ後の感覚が凄くいい。
限定醸造らしいので、何本か冷蔵庫に仕込んでおこうかなw
田舎酒屋の五郎八
新潟のにごり酒。
酒造は菊水の名が付いてるが、神戸によくある銘柄ではない。
分類はリキュールで、度数は20と高め。
ラベルのグラフでは甘口のように見えるが、この度数のせいで飲んでみると甘さの中に結構なからさがある。
ただ、濁り独特の喉越しや舌触りを楽しんでいると、甘くなってくるから面白い。
でもやっぱり平日に20度の酒は、いくら甘くてもそうそう入れられないのがw
香露
熊本で買ってきた清酒。
あけてみると、強めの日本酒の香り。
味は最初甘いかと思ったが、割りと辛めで後味に少し甘みが残るくらい。
キレはさほどではないが、辛口の清酒としては切れる方。
割りと日本酒らしい味。
本醸造とあるが、割りと日常で飲んでいそうなお酒。
これで利き酒やったら当てる自信ないw

阿蘇の酒 れいざん 淡麗爽快
こちらは普通の清酒として青いラベルの小瓶に詰められている一本。
赤い方の原酒を飲んだあとだと、これが凄く軽くてあっさりしていて、水のように喉に入ってくる。
でも、14度の普通の酒なので、そこは注意が必要。
普段も清酒だと1回で1合も飲むことは少ないのだが、一合半以上を一気に空けてしまって、そのあとひっくり返っていたw
香りは同じ感じだが、お酒の味としては割りと甘くて軽め。
日本酒の入門用にはいいかもしれない。
原酒の赤瓶とこの青瓶、セットにしておみやげにしたら喜ばれるかなw
阿蘇の酒 れいざん 原酒豪快
原酒を低温貯蔵したという清酒。
清酒だけど19度もある。
香りは少し濃厚な日本酒の感じだが、飲んでみると味が濃い。
度数の高さから辛いかアルコールの味が勝るかと思ったが、ちゃんとお酒の濃い味を楽しめる。
ただ、やはり度数は高いので、小瓶とはいえ1本空けるには自分の強さと相談でw
現に、一口二口でしっかり回ってきます。

これだけ濃い目の味を楽しめるなら、低温で思いっきり寝かせたら凄く美味しくなりそう。
次に電車で熊本に寄る機会があれば、寝かせるための一本を買い込んで来ようと思いますw
美少年 清夜
熊本の駅コンビニで買ったもの。
美少年シリーズとしては中間くらいにあたるようで、300の小瓶。
香りは普通の清酒とそんなに変わらない。
でも、味は甘くも辛くもなくすっきりして凄く飲みやすい。
日本酒本来の味や風味がこれを基準にしてもいいくらいと思える。
一番安いのを置いてないのがちょっと気になるが、これの下位や上位のものも試してみたくなるw
とらふくのひれ酒
トラフグのひれを出汁にしたお酒。
澗にしようか考えたが、何回か買えそうなので最初は冷で飲んでみた。
開けると日本酒の香りに混じる独特の香り。
飲んでみると、これもお酒の味の中に独特のコクがある。
後味は少し甘い。
これはカツオ何かのダシの甘さとかに繋がるんだろうなー。
次買ってきたら、お燗で楽しんでみようと思います。