ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
INFINITAS専コン改造

ろくに上手くもないのに買ってしまった専コンだが、そのままだとさすがにボタンが固い。
デフォで付いてるやつだと、ボタン2個で缶ビール1本を支えられる。
これを軽く押すとスイッチが入るくらいで(写真の状態)、実測1個当たり押す力は180gくらい必要かな?
さすがに大会の課題曲をAでやってると腕がだるくなってきたので、実家から帰ってから改造しようかと思ってたが、日中に実行。
取り替えるのはオムロンの0.49のスイッチと、ハマり防止用に20gのバネ。
ボタンはそのまま流用するので、予備を含めたスイッチ8個、バネ10本セットで送料込み4104円。

IMGP7653.jpg
IMGP7654.jpg
スイッチとバネだけ買ったので、ホルダーをそのまま流用するのだが、そのままだとスイッチを止めるぽっちが大きくて入らない。
下の角の穴を丸ヤスリで少し広げてやり、はめ込む。
このとき、つけ外しが固いと思ったら、ボタンに取りつけて梃の力をかけてやると少ない力でできるようになる。

IMGP7655.jpg
端子はLEDの給電用のL字型がちょっと固いので、手で抜けない時は無理せずラジオペンチや細いマイナスドライバーで、これも梃の力でゆっくり引き抜く。
ストレートの方は公式のビデオにある方法で難なく抜ける。
ボタンに20gのバネを仕込んで、1時間半ほどで完了。
通電テストをして、上蓋のネジをしめる。
終わった後は、手が鉄や銅の匂いがしてるので、よく手を洗っておきましょうw

IMGP7656.jpg
交換後は、ボタン6個でもビール缶を支えられなくなった。
1つあたり、60g切ってることになる。
さすがに軽すぎるかな?とも思ったが、プレイしてみたら結構感触よかったし、すぐに腕がだるくなったりしなくなったので、しばらくはこれで練習するw
道具がないとちょっと苦労するかもしれないけど、安めの改造でも結構よくなるのでおすすめです。
新しいモニター買った

中古なので新しいかどうかは置いといてw
ポイントたまってるし、何かないかなーと流してたら、2560表示のナナオモニターが税込み4万ちょい。
とりあえず火を入れてもらって、ヤケやヌケが無いかその場で確認。
しかし、テスト環境がDVIしかないので、フルでは表示されなかったが、特に問題は無さそうなので購入。

帰ってきて、DVIで繋いで見たが、30Hzでの表示になるし、何かもっさりしてる。
FPS自体が落ちてる感じで、これはDPケーブル使うしかないかなーと、倉庫を探して見たが見つからない。
そもそも、DPのケーブルって対応モニターに付いてるものなので、今までグラボは対応品何枚も買ってるけど、モニターは無かったような。

翌日買いに出かけたが、ポイントは使ってしまってるので普通に買うしかない。
しかも、結構高い。
おまけで付いてるようなケーブルに、そんなに払いたくも無かったので、何も考えずに1mのものを購入。
帰ってきて繋いで見たら、かなりギリギリの長さw
モニターの幅が結構ある上に、左側にDPのポートがあり、マルチにしてる更に右にPC置いてるので、距離は1m近く行ってたのだ。

かなり無理して繋いでるので、ピボットが使えないくらいギリギリ。
まあそんなに使う機能でもないので問題はないが、端子部分に負荷がかかってると思うので、また行く機会があったら2mのを買ってこよう。

そして、肉眼では色は右のものと変わらないように見えるのだが、デジカメのレンズ越しだと何故か赤い(スマホだと同じ)。
左にちょっと映ってるノートの液晶は緑っぽいのは肉眼でも分かるのだが、キャリブレーションしたほうがいいのかな。

実作業に入って見ると、表示の縦サイズ自体は少し大きくなった程度なので、CGやってるときは結局前と見かけの大きさが同じ位のサイズで編集してるw
しかし、メニューは表示範囲が広くなったので、前まではスクロールしないと見えて無かったプロパティが最初から見えてて、何気に便利。

今の所問題はないが、右のサブが1600×1200で、ピッチも違うからデスクトップが見掛けは同じ大きさに繋がってるように見えるけど、派手な段差があるので跨いで表示させると変になる。
こればかりは同じサイズのものを購入しないと解消しないし、今置いてる場所もスペースギリギリなのでこれ以上増やせない。
慣れてきたらこれ1枚だけで作業するのもありだけど、不便を感じたらゲーム用に回すかもしれないw
何も考えずに衝動買いすると、こういう無計画さが暴露される結果となるのでした。
ノートPC交代
IMGP5569.jpg
最近ノートPCの調子が悪く、スキャンディスクかけても途中でブルーバック出る始末。
HDDから嫌な音がするので、いよいよやばいかとバックアップを試みるものの、時すでに遅し。
このノート、リカバリディスクがないので、直接HDDのクローン作るしかないのだが、もともとSATAも1個しかないので、ほかのPCにつないで、USBメモリでブートする仕組み作ってやってみたが、認識するのは自身のUSBメモリとコピー先のドライブのみ。

そして、HDDからはカッツン、カッツン、と断末魔の音が。
何回か再起動かけてみたが、何回目か忘れたころにとうとうその音すらしなくなって、まだ生きていることを思わせるのは、HDDの温もりのみ。

システムはおろか、データの救出すら不可能になったので、ノートPC自体を新しく買ってくることに。
なにしろ、これでブログ書いたり出先で使ったりと重宝してるので、無いとかなり不便なのだ。
日本橋に、中古で同型を探しに行ったが、半日歩き回ってもさすがに見つからず、これより後の世代のものが店頭品で安かったので、それを買ってきた。

IMGP5577.jpg
奥にあるのが先代の残骸。
同型ならパーツ取りに使えたのだが、諦めるしかない。
あと、USBポートは2個になり、SDカードスロットもマイクロ専用、LANポートもないので、だいぶ薄く軽くはなったが、環境の違いは地味に不便さを感じる。

前なら、デジカメで撮った写真は、SDカードをそのまま刺して編集してたのだが、カードリーダーを使わないと読み書きできない。
LANポートもないので、出先のホテルでケーブル繋いで即ネットというわけにもいかない。
ストレージは320GBから64GBのSSDに。
これも、容量少ないしシステムのバックアップにも特殊な環境が必要になるので、今回のようなケースではかなり困ることになる。
メーカーがクラウドに500GBのバックアップを持ってくれるけど、そもそもシステムおかしくなった時に役に立つのかしら。
ローカルデータ用にメモカ買ってこないと。
本体安かった分、その分でトントンだな。

ストレージは衝撃には強くなった(相対的だけど)し、重さもかなり減ったので、その辺は利点だが、取り扱いには以前にも増して気を付けないといけないかもしれない。
天板も艶ありで傷や汚れも目立つしなー。
食いつきはよさそうなので、フイルムに何か印刷して、保護フイルム代わりで痛PCにでもしようかしらw

ところで、これWIN10にしたら、ストレージ少しは空くのかな。
バックアップできないので、するつもりはないですがw
G302
IMGP4745.jpg
新しいマウス買った。
仕事場で使ってたロジクールのレーザーマウスが、ボタンが効かなくなったり急にポインタが反応しなくなったりで、寿命を迎えたっぽいので、PC付属の純正マウスを使ってたのだが、これが500円クラスの品質で、軽いのはいいが手を放すとすぐに動いてしまい、作業中にカーソルがすっとんでいってしまう。

で、G302が出たのを少し前のニュースで知ってたので、見つけた折に買ってきた。
少し角ばっているので、自分のかぶせ持ちだと少し角が当たるが、すぐに慣れるだろう。
専用の管理ソフトをダウンロードし、色々調整。

会社で使うので、イルミネーションは輝度を落とし、明滅もオフ。
カウントがワンタッチで切り替えで来て、それぞれにカウント数を割り振れるが、800、1200、2000だけ割り振って設定。
あまりカウントが高すぎると、グラフィックソフトで1ピクセル単位での範囲指定ができなくなるので。

ホイールに若干はねっ返りがあるのが気になるが、4日ほど使ってみて結構満足している。
本来はFPSなどの正確なポインタを要求するものに使うのだろうけど、少し値段の高いマイマウスも、仕事で使ってみると結構効率上がったりするかもしれませんよ?
DG-08IW
IMGP2521.jpg
Windows8の8インチタブレット。赤いケーブルは充電中。
解像度もカメラも電池も性能控えめで、その分お値段も控えめ。
なんでandroidじゃないかというと、これは弟が使うので、セットアップしたら送るか、実家に帰省するときに持って行くもの。

なにしろ目が悪いもんで、androidやiPadなんかのデスクトップの文字やアイコンは全く見えない。
その点Windows8なら、パネルの大きさを変えれるし、数を減らしたうえで「何色の四角」と覚えていれば、ぼんやり見えるだけでも使える。
実際には、これをデジカメとして使いたいらしく、8インチモニターつきの200万画素カメラとしてセットアップ中。
まだ自分でも、ズームなんかの操作方法がわかってないので(そもそおあるのか?)、どこまで使いやすくできるかだが。

とりあえずストレージの容量も控えめなので、週末にQi給電パッドとSDメモリを探しにいく予定。
なにしろ、映像端子と並んだこの小さなUSBの端子に、ケーブル刺せるかどうかも怪しいのでw
RADEON R9 270X
IMGP2410.jpg
久々に新しいパーツ買った。
本当は、PC組みたい病が発症してるのだが、なんとか押さえてこれを買ってきたw

ゲーム専用PCに入れるつもりで買ったもので、今遊んでるタイトルだと別にここまでのスペックは必要ないのだが、出てからしばらく経ってるし、価格もこなれてきてたので、ちょっと狙ってた。
しかし、このところの円安進行がかなりの勢いで、週明けにはまたパーツの値段が上がりそうな気配を感じ、今週買ってきたというわけ。

しかし、組んでみて気が付いたのが、電源がそのままだと6ピン2本取れないこと。
他の電源を減らして、そこに変換ケーブル付けるのも考えたが、460Wなんでちょっと心許ない。
少なくとも2本食わせて安定するか疑問だったので、思い切って750Wの電源を買ってきて取り付けた。

ただ、この電源はケーブルが全部生えたままなんで、沢山対応できるのはいいが、余った分が邪魔になったりする。
コストパフォーマンス重視で買ってきたが、次からはそのへんもよく見て買おう。

で、もともと使ってなかったHDD2発を未使用にし、ケーブルの取り回しをやりなおしたので、中身は割とすっきりした。
で、ドライバーインストールしようとDVD入れたが認識しない。
こりゃ、ドライブがいかれてるなーと思いつつ、こっちはネットで対応できるのでDLしてインストール完了。

再起動後、ベンチを走らせてみたら、650Tiが4500台だったのに、これは11500台が出る。
フレームレートも明らかに多く、140とか出てるところもあるのだが、ここまで来ると今度はうちのモニタが対応しないw
なので少々オーバースペックになってしまったが、これで当分はグラボと電源の心配はいらないだろう。

そして、PSO2やってる時に相性問題で落ちまくってたげふぉとも、これでおさらばである。
やっぱ、AMDのチップセットにはRADEON乗せないとダメだねー。
わがままPCズ
前々から調子の悪かったノートPCが、とうとう5分置きに再起動するような状況になってきた。
ブルーバックが出るわけでもなく、黙って落ちて再起動。
艦これとブログの専用機にしていたが、ゲームも記事もまともに作業できやしない。

まず、ディスクチェック。これは問題ない。
システムの診断をしてみると、致命的なエラーがあるので、修復のメニューが出る。
いわく、出荷状態か、リフレッシュか。
どんだけ壊れてるんだよ…。

原因の特定をしようとしたが、時間の無駄だった。
そんなわけで、ローカルファイルの残るリフレッシュを選択。

構築自体は3時間ほどで終わったのだが、ここからが長い。
まず、WINを8.1に戻すために、そこまでのアップデートパッチを全部当てないといけない。
それがまた長い長い。

そして、3時間ほどたち、85個のパッチが当たって再起動したのかと思いきや、アップデートに失敗したので巻き戻すとかおっしゃる。
その復帰ポイントに戻るまでにまた2時間。

翌日になって、ようやく8.0の初期状態に戻ったので、パッチ当て開始。
4つずつ位、こまめに切って当てていく。
そのたびに再起動し、復帰ポイントを設定。
ようやく残りが4つになったが、これを当てようとすると開始即エラーで止まる。
原因と~をサイトで見ようとしても、該当するものはないとのこと。

なので、その4つは無視して8.1をストア行って入れてくる。
しかし、アップデートなのになんでこれだけストアメニューからなの?
8.1はアプリか何かか?
作ったやつの頭の中身は天国のようなので、その辺は無視してアップデート開始。

これはスムーズに進んで、ほっとくだけでよかった。
1時間半後、終わったようなので再起動してみると、ユーザー設定から始まる。
マイクロソフトアカウントを作るところで、これ初心者は絶対設定むりだろうと思った。
更に、今回のように再設定の場合も、この項目のスキップが非常にわかりにくい。

ボタンに「スキップ」と書いてあったら、この設定をスキップするものだと思うよね。
でも、作ったやつの頭の中身は違うらしい。
「既存のを使い続ける」って意味の、暗い色したテキストリンクがあるので、それを押さないと進まない。

それでやっとパネルが沢山並ぶ画面にたどり着いた。
とりあえず、デスクトップ以外全て排除。
デスクトップに行っても、結構使いやすくしてたのに全部無くなってしまった。

ウイルス対策ソフト入れる前なので、まだ外のネットには繋ぎたくない。
更に、まだエラーの原因がわからないので、対策ソフト入れてもまた設定しなおしとかになるかもしれない。
なので、同梱の体験版を入れて、数日間様子を見ることにした。

そして、ここからまたWINアップデート開始。

今度は40個くらいなので(ストアには最新のものは置いてないらしい)、とりあえず一気にやってみる。
すると、また同じようにエラーで止まるので、復帰後3~4個ずつくらい当てては再起動を繰り返す。
そして、数回やっても当てられないパッチは重要だろうがなんだろうが、入れることのリスクのほうがたかそうなので、そのまま非表示にして完了。

あーすっきりしたw
ここまでの所要時間、通しで26時間。
とりあえず、新しくノートPC買うなら、WIN8無印は絶対やめときましょうね。
というお話でした。

と、ここで終わればいいのだが、今度は無線ルーターがお亡くなりに。
電源は入るのだが、うんともすんとも言わない。
結構長く使ってるし、この高温の過酷な環境で密閉型のルーターには寿命だったんだろう。

こちらは新しいのを買ってきて解決。
今度のは、縦型で下から上に自然に熱を廃棄する煙突式。
しばらく使ってみたが、そもそもそんなに熱くならない。
熱気がうまく抜けてるのか、そもそも発熱が抑えられてるのか。

これで、ようやくSIMなしiPhoneが生き返る。
vitaのシステムアップデートもできる。
スマホのオンラインもし放題。
なかなか快適である。

さて、この状態はいつまで持つかな?
セットアップ

いよいよ本格的な作業PCの環境構築を開始。
まずはお絵かき環境で、タブレットを繋いでみたが、対応するドライバが既にない。
そりゃ、B管の頃に、20インチの画面と同じサイズということで買ったようなタブレットだしなー。

B4の原稿用紙に近い感覚で扱えたので、結構重宝したものだが。

IMGP1871.jpg
そんなわけで、長いこと寝かしてた4代目をようやく箱から出して繋いでみる。
ドライバは最新のものを入れてたので問題なく動く。

元の方は、バックアップにしてるXPマシンにそのまま繋いでおこう。

IMGP1872_20140422001158ee3.jpg
おつぎはDTM関連。
まずはボカロのV3連中をまとめてインストール。
それにしても、アクティベーションの本数もこれだけあると結構面倒。

ミクV3がまとめて登録できただけでも結構助かったが、インストールとアクティベーションだけで1時間近くかかった。
QBのAI7を入れたので、DAWはやっと本格的なものが使える感じ。
でも、休みがないので曲を作るのはもうちょっと先。
構想はあるのだが、いかんせん時間がない。

IMGP1874.jpg
インストールしてる間に、オンラインゲームなんかもアップデートやプレイをしてみる。
モニタを完全に横並びにしたので、視界も良く並行作業がしやすくなった。

高いグラボ積んでたら、この横2.2mの画面に一つのデスクトップ出せるんだけどな~w
でも4画面一斉に見るなら、モニタアームで縦に積んだ方が見やすいよな。
ソードフィッシュみたいに、壁一面をモニタにするのも楽しそうだが、そんなの動かすシステム組めるのかしら。

IMGP1876.jpg
お次はグラフィック系だが、アドビ系はちょっとややこしいので、SHADEとコミスタ、メタセコから先にやっとく。

続く?
入れ替え作業
こたつPCから通常モードへ移行するため、1日かけてレイアウトとPCの環境構築してました。

そこでの作業の一環として、引退させたXPの筐体と、新しくメインで使うPCの筐体を入れ替える作業。
Abeeの箱使ってるので、引退したPCにそれはおったいないと思い、モニターなど配置が終わった後から作業開始。

しかしこれが一筋縄ではいかない。
マザボを外そうとしたら、いくつかのスペーサーがビスと一緒に回ってしまい、筐体から離れてくれない。
高さを合わせながら順番にゆるめていって、筐体から離れた後にボックスつかってスペーサーとビスを分離。
移植先のスペーサーもボックスで増し締めしておく。

メインにするPCはRAID含めてHDDが4発、光学ドライブが2発入ってるのだが、これを移植するにあたって、Abeeの箱にはHDDを普通に入れられる場所が3つしかない。

RAIDの順番を間違えないようにHDDにナンバリングし、ケーブルにシール巻いて、ポートの写真を撮って分解。
引退する方は最悪動かなくてもいいので、適当にバラしてパーツを積んでおく。


でも、片付かないので先にそっちを組み立てる。
この箱ももう10年近く使ってて、組み換えの度にグラボの位置や大きさが違うので、切り取り式の拡張スロットはフルオープン。

特にエアフローしなくても、フロントだけファン回せばあとは勝手に対流して抜けていくという、なんともぼろっちい箱ですw

IMGP1862.jpg
次にAbeeの箱にいろいろ組み付けていく。

総アルミのフレームに、各部はどんどんバラしていけるので、マザーボードも専用の背板に組み付け、それを入れてみると、システムスイッチのポートと筐体の柱の隙間が1ミリ切ってる。
もし次にマザボ変えることがあったら、この場所に気を付けないと。

シャドウベイが足りないので、HDD1台は3.5インチのスロットにむりやり突っ込んで組み付ける。
フロントパネルと完全に接触し、それでも入らないので、パネルを1ミリほど浮かせてある。
いずれ整理して、ここはSSDに置き換えるかした方がよさそう。

逆ATXなので、メモリのすぐ横にHDDが来てるのも気になるところ。
遮熱のシート入れた方がいいかもしれない。

次に光学ドライブだが、1台がIDEだったので、こいつは引退。
残った1台だが、SATAのエッジの部分が異様に狭く、ノッチ付のケーブルだと入らない。
これも大概古いからなー。

元の筐体の方からケーブルを持ってくると、ノッチのピンが外れたケーブル使ってた。
なるほど、それであの狭いエッジに入ってたのか。
このケーブルを使うのはよろしくないと考え、ノッチのないケーブルを探す旅に、我が家の魔境に突入。

30分後になんとか1本見つけ出し、これを刺してドライブの組み付けは完了。
空きができたので、パーツ買ってきてここにHDD移動させようかな。

後は、箱が小さいので長いグラボは入らない。
作業PCに使う分には、HD7990あれば十分なので、当分変えないけど。

IMGP1864.jpg
組み立て終わって、元の位置に並べる。
無事起動したのでこれで完了。
モニタは1600x1200のものを、1920x1080のものに入れ替え。

ピボットができる1600のほうを立てて空いたスペースに押し込み、これをXPのモニタにする。
起動してみたが、ケーブルか電源か、起動HDDを認識してないので、またバラす必要がある。

各種ツール類のインストールもあるし、まだまだ完了には程遠いが、これでコタツで寝落ちすることもなくなるw
PCパーツ

消費税と為替とどっちが勝つのかわからないので、とりあえず増税前に買ったパーツ群。
APUはA10-6700、メモリは16GB、WIN7のDSP版とノートン、PC移送用のUSBメモリ。

APUはゲーム機に入れたA6があまりにも性能見誤ったので、追加購入したもの。
しかし、PSO2やる分には、CPU周りよりもグラボ変えたほうが効果高い。
それでもキャッシュやメインのクロックも違うので入れ替えた。

メモリは余り物の2G×2を入れてたが、64bitの意味が無いので買い増し。
だけどクロックが違うので、結局は入れ替え。

グラボはAMDのマザボと相性の悪かった650Tiが浮いてるので、とりあえず入れてみたが今のところ問題なく動いてる。
ドライバ側で改善されたのかな。
久々に最高画質にして遊んでるけど、ゆりかごの水面?までもがキラキラしてて別の世界のようw

前のゲーム機がA8でWIN7の64bitに32G積んでたのでかなり速かったけど、今のほうがスペックは上のはずなのに若干遅い気がする。
やっぱ、この辺WIN8が足引っ張ってるのかねー。
もうちょっとチューニングする必要がありそう。

それでも、SSDにゲーム入れてもちっとも早くなかったのに、入れ替え後はSHフルのサーバーでもロードが爆速になった。
SSD入れるなら、メモリもあったほうがいいかも?
ここはベンチでは判らないので、時間あったら元のメモリに戻して計ってみよう。

しかし、寝かすつもりで買ったパーツ群だけど、初日にばかすか突っ込んじゃっていいのかしら。
ゲーム用PCの2

2台目のゲーム専用PC構築に着手。
こちらは、マザボが既にいかれて動かなかったPCから、色々移植して再構成。

マザボとAPUを新たに購入し、WIN8.1で組んでみた。
仮留めしてるSSDは、ゲームのインストール用。
APUはAMD最新のもので、グラフィックも結構早いとレビューがあったので試してみたのだが…

IMGP1746.jpg
8.1は既に正月にセットアップを経験してるので、ほぼ問題なく完了。
こちらは、初期状態だとUSBのキーボードを認識せずという、前回と逆の症状は出たが。
まだまだPS2キーボードは捨てられないなー。

IMGP1747.jpg
ドライバーも片付け、スタートボタンをカスタムに入れ替え、ネットの環境も整えて動くようにはしたのだが、ゲームをするための設定がこれまた酷く大変だった。

メインで遊ぼうと思ってるPSO2が、Dx9cにしか対応しておらず、これを入れなければいけない。
しかし、入れようとしてあちこち回ってたら、いきなりマルウェア付きのインストーラーがショップのトップに出てくる。
エラーやポップアップも頻繁に出るし、レジストリ壊れてるからお金払うと修復できるよーとか、あーこりゃダメだとIEを捨ててFireFoxを入れると、とたんにポップアップも警告も出なくなった。
そのまま狐でDx9のアップデートページに行ったら、ブラウザが対応してないので、ファイルでDLするしかない。
しかし、さっきまでの挙動を考えると、こっちのほうがよっぽど安心できる。

バスターの体験版でファイルをサーチしたあと、インストール開始。

IMGP1749.jpg
試しにAPUのグラフィック機能でPSO2ベンチを回してみたら、なんと壊れる前の状態より更に低いスコアが出た。
DX9のせいなのか、CPUやGPUのせいなのか、判断できないので余ってるHD7790を刺して、もう一回回してみたら、今度は1200前後が出た。

最新のAPUで8年前のPCのスコア越えられないってどーよ。

さすがにAPUをA6まで落としたのは絞りすぎか。
そもそもゲーム用なのにOSを8.1にしたのだって、WIN7買いに行ったらもうパッケージ版しか無くて、高いなーとか思って8.1買ってのことだったので、貧乏性でハズレPCを組んでしまったことが否めない。

これも、WIN7だともうちょっと速くなるのかなー。
それに2万も出すなら、そのお金でAPUを買ったほうがいいような気もする。
結局は、PCで一番高いパーツがOSをいう図式はいつまでも変わらないようで。

でも、8.1が足を引っ張るなら、それも意味が無いか??

こっちのPCには他のゲームも入れて検証用としたうえで、その後使うかどうか考える事にしよう。
ゲーム用PC構築
IMGP1738.jpg
メインマシンのお役目交代が完了したので(実際には4月までは現役で使うが)、次はゲーム専用PCのOSを入替え。
メモリがDDR2世代のマシンだが、作業マシンからSSDを移植して、これをストレージにして少しでも速度を稼ぐつもり。

しかし、このPCメインのHDDの容量が80Gしかないw
時代を感じるところです。
ちなみに、ケースファンが青いのは、最初からこれが付いてたからです。

グラボはHD3850なのでそこそこいけるはずだが、とりあえずメインで遊んでるPSO2のセッティングを行う。
しかし、これがなかなか上手くいかない。

OSは正月に組んだ余りのWIN7で、完全に新規インストールしてアップデートも済ませ、完動状態でセットアップを始めたのだが。

まずクライアントのダウンロードは問題なく完了。
インストールも問題なく完了。
そして、恒例のファイルチェックとアップデートと相成るわけですが。

これがチェックの途中で止まったり、ダウンロードの途中で止まったり。

公式には回答がないNo.103のエラーで、ネットで調べても解決には至らず。
前にも原因不明の接続エラーが出まくり、何か苦労した覚えがあるのだが思い出せない。

そうこうしている間に、1000個ずつほどだけどアップデートは進んで行き、2時間ほどかけて完了した模様。
そして、終わったのだがゲームが起動しない。

他のWIN7マシンと環境設定を照らし合わせている間に、一つ思い出した。

地元のOCN光はIPv6に対応してないのだ。

設定を見ると、デフォルトでIPv4とIPv6両方にチェックが入ってる。
IPv6のチェックを外して、クライアントを立ち上げると何事も無かったかのように起動。

これって、あまり知られてないんじゃないだろうか。
もしPSO2が立ち上がらなくなったりアップデートできなかったりしたときに、No.103のエラーが出て、ファイアーウォールやアンチウィルスの設定でも解決できなかったら、これを調べてみるといいかも。

「コントロールパネル」→
「ネットワークと共有センター」→
「アクティブなネットワーク」の表示の右にある「ローカルエリア接続」→
「プロパティ」→
「インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)」のチェックを外す。
ここに書いてあることが、一つでも判らない人は、判る人にやってもらったほうが安全かも。

プロバイダのIPv6対応状況は、地域やサービスによってまちまちなので、セガ側も把握できてないんじゃないかと思う。
逆に、それ以外の原因の場合は、この対応でネット自体に繋がらなくなる可能性もあるので、気をつけてください。

これで無事にPSO2は遊べるようになった。
次にするのは2台目のゲーム用PCだけど、こちらはまだ急ぎではないので、為替や店頭在庫を見ながら進めるとします。
作業PC環境の引越し
引越し1
の、準備中。
とりあえず簡単にディアクティベートできるボカロ関係から始める。
ツールがヤマハから提供されてるので、それで順番にクリックしていくだけ。

次にFLASHの移動。
しかし、ここで作業手順を間違える。
古いFLASHをアンインストールしてたのだが、CS3のところで間違えてCS6を追い出してしまった。
ライセンス解除する前に…

あとあと面倒無いといいんだけど、この辺途中から会社や製品構成変わったりしてるとややこしいよなー。
他にもコミスタ、MusicMakerなどを追い出し。

Shadeは問い合わせてみたら、アンインストール後移動させれば良いとのことだが、WIN8はサポート外なので保障しませんとの返事。
バージョン10だし、まあ仕方ないよね。
PROだからモデルもレンダリングもフルなので、こっちに環境残したままにするかな。
そして当初の予定通り最新版のベーシック買って、それで3Dプリント関係の環境にするのもアリ。

今これ書いてるPCには、オンラインゲームが何本かと移動できないフォトショップのCS2とMMD関係だけが残ってる。
メタセコは初めから2台行けるので、解除しなくても新しい方に入れることはできる。

後は、新しいPCにQuickTimeのライセンスをまた買う必要があるけど、大方移動は完了。
明日は早いので今日の作業はここまで。
レイアウト変更

XPサポート終了に伴うPC環境の整理と、部屋の効率的な使用を考えて、大幅なレイアウト変更を敢行。
そのために、フレームラックの柱は180cmのものを購入。

…したのが、昨年の春(マテ

さすがに色々やばくなってきたので、弟に組んだPCで余ったWIN7で環境の構築を開始。
そのために、必要なPCとそうでないものを分別。
残すPCの環境に合わせて、レイアウトを決めて設置位置の採寸を行い、まずは机を移動。

部屋の中でコの字型に配置されていたPC群を、L字型に並べるために先の180cmのフレームで棚を作る。
しかしこれが一筋縄ではいかなかったw

まずは120cmのフレームに組んでいたものを完全にバラす。
金属をガチャガチャやるので、夜中になっていたため作業を終了。

翌朝から作業再開、フレームを組み始める。
前の棚ではグラグラだったので、今回はがっちりと補強材を渡す。
そのためのパーツが足りなくなったので、ホームセンターが開くのを待って出動。

L字を使ってきっちり角を出し、事務机の高さに合わせて組み上げる。
部屋の角が、フローリングが浮いてるのか数ミリ高かったので、それを補正するためにアジャスターを足につける。
がっちり組み上げて、いざ入れようとしたら入らないwwww

鉄筋のでっぱり部分の下にぴったり収まるはずが、アジャスターのせいで入らなくなったのだ。
仕方なくアジャスターは諦め、アジャスターを付けていたL型の金具(厚さ1ミリ)を足の下に敷いて、浮いている部分を解消。

これでぐらつきは無くなり、A3レーザープリンターを置いてもびくともしない。
でも、これもう使ってないから中古に出すか業者に引き取ってもらうかしないとなー。

そして、アジャスターありきで組んでいたので、事務机との高さが合わなくなった。
夕方から食事に誘われて出かけていて、帰ってきたのが23時半。
そこから机との分だけ高さを合わせる。

電源繋がなくても、PCとモニターだけでも並べておこうかと思ったが、さすがに疲れてたし、夜中にゴソゴソできないので諦めた。
電源周りと、LANの取り回しも変えたいのでまだ設置は早い。

本日の作業はここで終了。

続く…かな?
駄々っ子その3
IMGP1634_20140108010240cea.jpg
これは一昨年組んだゲーム用のPC。
しかし、最近キーボードやゲームパッドを起動時に認識しないことがあり、昨日はその症状がかなり進んでUSB6ポート中4ポートで認識しない事態となった。

接触がわるいとかそういうレベルではなく、明らかにマザボが故障しているような感じ。
一回バラして、中を見てみたが別段おかしいところもない。

バラックの状態でマウス、キーボード、パッドを刺して起動したが、何もなかったように全部認識する。
ダダこねてるだけか?

このPCは、XP終了までに作業マシンとして構築するつもりだったので、システムはWIN7のRAIDでRAMも32G積んでる。
タブレットやスキャナ、プリンタなど、ポートはフルに使う予定。

なので、一応しばらくは様子見てみるが、場合によってはメモリ抜いてただのゲームPCに格下げすることも考えないといけないかもしれない。

はてさて。