ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
ねんどろいど 初音ミクV4 CHINESE
IMGP0288_180618.jpg
構成自体はシンプルで、てへぺろ顔とネギの筆を持つシリーズで幾つ目かのミクさん。
パッケージもコンパクトだが、やはり髪のボリュームが減ったからかな?
その髪も複雑な3Dが絡み合う造形で、シャドウ吹くと存在感が増しそう。
10周年記念のキラキラの箱と並んでて、どっちを買うかちょと迷ったが、やっぱシンプルで素のほうがらしいかなーと思ってこっちにしたw
マンガで分かる!FGOトレーディングフィギア 第2話
IMGP0287_180618.jpg
別の店で予約してたが、忙しくて取りに行けない間に予約流れしてしまって買えなかったもの。
別の模型店にいったら普通に積まれていたので、1BOXゲット。
前の店は予約しても発売の連絡くれないので(これで3回目)、発売日が安定しないフィギアは予約したらダメだなと、もうあの店ではフィギアは買わないw
で、今回のラインナップは主人公男と局長に変顔3人衆、そしてアストルフォ。
一番マトモなのがアストルフォだけな気もしないでもないが、第一話と一緒に並べるとバランス取れるかも?


艦これ×ローソン2018春
DSC_kobe0637.jpg DSC_kobe0636.jpg DSC_kobe0635.jpg 
ローソンの艦これコラボが開始、早速ラッピング店舗である三宮の店に行ってきました。
外向けにぐるりとイラストが貼られ、店内の柱や梁もイラストで覆われていて、繁華街のちょっと小さい店ながら完全にジャックされてました。

DSC_kobe0638.jpg 
ただ、事前の情報がなかったので、時間は夜でスマホのカメラだけという悪条件。
外周は、また休みの日にでも撮りにいきますw

IMGPkobe0247.jpg 
で、争奪戦になっていたグッズはフェイスタオルしか残って無くて、確保したのはこれだけ。
ラッピング店舗限定のコースターなんかもあったようだが、昼に来れる人じゃないと入手は無理な数。
グッズはいずれ通販でも買えるようだが、瞬殺した公式同人誌の例を見ると、あまり楽観もしれられないかも。

他のアイテムは、明日会社行く時に北野坂のローソン覗いてみるけど、残ってるかなー。
ザクヘッド
IMGP0186.jpg
神戸じゃ見かけないのに、展示会なんかのイベントではよく見かけるけど、みんなどこで入手してるのかなーとか思ってたら、大阪に出た時に見つけました。
2個やって2個とも黒い三連星…
もう一回やるべきだったろうかw
でも、そんなに100円玉も持ち歩いてないし、また見つけたらやってみよう。

モデルとしては、ちょっと合いが悪くて浮いたりしますが、基本の造形がいいので、エッジ出しやパーティング消しなんかすれば、結構な見栄えになりそう。
あと、コンセプトのケースレスの割りには、無駄なガラも多いようなw
メガミデバイス SOL ROAD RUNNER
IMGP0103.jpg
でた当時はこんなに流行ると思ってなかったので手を出していなかったが、ラインナップも充実してきて、改造された写真がSNSにアップされるのをみてると、だんだん作りたくなってくるわけで。
で、忍者か弓兵が欲しかったがなかなかてにはいらないので、とりあえず触りとしてこれを買ってきた。
あと、こういう肌色のフィギアはあまり作ったことがないので、それの塗りなんかの研究にもなるかなーと。
作るのはとりあえず次の週末予定でw

デスクトップアーミー 小説版セット
IMGP0173.jpg
まだ開けてないので中身がどうなってるのかは知らないw
小説版の101小隊セット。
せっかくなんだから、化粧箱もカラーにしてほしかったかも。
セットと言うくらいだから、この箱で全部揃っているはず?!
開けて飾ってもいいのだが、キューポッシュのFAGみたいにマグネットで立つわけではないので、飾る場所の確保から始めないといかんしなー。
一番くじ/けもフレ3
IMGP0171.jpg
大分人気が落ちてきたのか、安売りで半額になってたので、荷物にならないように3回引いてみた。
そうしたら、B賞のかばんフィギアゲット。
ぬいぐるみは既に無くなってた状態で、狙いはキーホルダーの方だったが、まあこれはこれで良しとして。
キーホルダーも、ネコ科2種を引いてるので、これはこれで個人的には当たりかな?
しかし3回分ではコメントに困るくらいの成果だなw

プリムラ・ビクトリア組んでみた
IMGP0010_20180112224823349.jpg
ゲート処理なし、未接着の完全素組み、素体部分のみ。
大体2時間弱。
作ってみて分かったこと、これから作る場合の注意点なんかを忘備録的に書いてみるw

まず、プラにヒケやバリがある。
ゲートが短く、切り離すのに注意が必要なパーツがある。
逆テーパー部分にゲートがあるパーツがある。
接着面にゲートのあるパーツがある。
足のクリアパーツのダボが殆ど無いので、接着時に気を使う。
関節を樹脂とABSを選べるが、樹脂のパーツが柔らかく、完成後にポーズをつけにくい。
同じく柔らかくて変形反発し、手首の関節が手のパーツに入らない。
髪の分割で筋ができるが、パーツの合いなのか意図的なのかわかりにくい。
はめ込みがかなり固く、指が痛くなるので針仕事用の指サックなんかがあるといいかも。
ギザギザのない小さなホビーペンチでも締められるが、樹脂のパーツを使う場合は凹んだり傷になる。
その樹脂のパーツは、足首のパーツが丸くないので、樹脂を選ぶと隙間ができる。

上の写真で少し斜めに立っているのは、そのポーズが付けづらくて直立すら保持できないためw
基本的に自分は自立しないモデルは作らないので、ちゃんと立つようにあとで関節を全部入れ替える予定。
その際、太ももの裏側など、ガイドもダボもない部分は、しっかり接着しないと隙間ができる。
つまり、関節は完全に一択で最終仕上げをしないといけないところが多いこと。
髪は上部分の接合面角を丸く処理し、溝になるように繋いで隙間は埋める。
足のクリアパーツは、黒い方を塗料などで太らせて、はめ込みで組むのがいいかも。
接着するには、接着剤を選びそうだし、失敗したら取り返しがつかない。
胸の黒い部分が、肌色のパーツと接合する部分は、黒いほうが肌色に透けて肌が少し黒く見える。
ここは肌色のみのパーツに黒を塗装するか、隠蔽率の高い塗料で断面や肌を覆うしかなさそう。
頭の角を挿す部分は、パーツの合いが良すぎるので、塗装するならちょっと注意が必要。

真面目に組むと攻略記事ができそうだが、とりあえずはこれはこの状態で他のにとりかかりますw
ブロッカーズ フィオーレ ”プリムラ・ビクトリア”
IMGP0064.jpg
とりあえず、これが出るまで待ってたクチw
可動する10数センチのプラモデルフィギア、短いスカートから覗くアンダーアーマーと、コンセプトはあのシリーズと同じだが、あえてそこに殴り込んだのは、30cm可動フィギア、大型ドールで培ってきた技術を同じ土俵で競おうと言うものか。
パッケージの顔はタレ目だけど、フィギアの目は上が平らな台形。
凄く自分好みですw

FAGも大分買ってるけど、武装神姫がリブートするということで、壽屋も自社競合しつつ新しいシリーズを展開してたりと、にわかに賑やかになってきたジャンル。
女神も忍者が出ると決まった時に、ちょっと欲しいなーとか思ってたけど、現在のところ入手できていない。
バンダイのふみなシリーズなんかも、同じ土俵になるのかな?
それらも含めて、作り比べて見ようというのが今回の購入にも繋がっている。

とりあえず、忙しい中、それを理由にしないように、どれかからか作り始めていこうかと思ってますw
ユニコーンガンダムを見に行ってきた
仕事が忙しすぎて、前のようにこれを見るだけのために遊びに行ったりとかできない状態の最近で、忙しいが故に仕事に合わせて出張とかあると、逆に見に行けたりするわけで。
三連休を1日潰しての出張なので、仕事が午後からなのをいいことに、道中にこれを見に行く旅程で色々動いてました。

実は出張が決まったあと、「これのために、一眼レフを新調した」のだが、雨の予報で持ち出しを諦め。
ボディは防水なのだが、防水対応レンズを持ってないので意味がない。
また、今回の出張は強行軍のため、翌日朝から神戸に戻ってそのまま出社しないといけない。
大掛かりなカメラセットに三脚まで持っていくのは、ラッシュ時間の都内の電車に乗ることなども考えるとかなり無謀だったのだ。
代わりに何でも撮れるように、いつものQ10セットを持っていって、雨だったら行くのを諦めようと思っていたが、横浜あたりで東の空をみたら空に青い所も見えたので、品川で降りて埼京線乗り換えのいつものコースでお台場へ。

IMGP0068.jpg 
ぐぐまぷさんの道案内が的確で大回りしたせいか、森の方から行くことになったけど、やはりこういう対比物があるとその大きさが際立ちますw

IMGP0071.jpg 
そのまま横からのアングルに遭遇。
20mもあると、流石にでかいですw

IMGP0075.jpg IMGP0113.jpg
その後何枚か撮って回り、仕事場に向かおうかと思ったけど、変形するのは何時か調べてみたら、あと30分ほどでその時間になると。

IMGP0123.jpg 
折角なので細部や雑魚メカ大集合の写真何かを撮りつつ、その時間を待つ。
しかしこの一群、全部同期して動いたり踊ったりすれば、それはそれで人が呼べるコンテンツになると思うのだがw
それにはあと数年かかるかな?

IMGP0127.jpg IMGP0140.jpg
変形中は動画にしてたのでスチールはなし、変形後のものをぐるっと撮って回る。
本当の変形みたいに身長が伸びるわけではないので、完全再現ではないが、この大きなものを支えも無しにコントロールして見世物にするところまで、時代は来ていると実感。

IMGP0150.jpg IMGP0145.jpg
そして、あえてフレーム外れてでもドアップで撮ったものは、複雑な造形のメカとしての塊感が出ていて凄くかっこいい。
プラモデルではかなりのラージスケールでないと再現できない画は、本物の等身大であるがゆえの見応えです。

帰る頃には、またぱらぱらと雨が振り始め、仕事場に着く頃には傘が必要でした。
ほんと、この時間だけ晴れたのは、ある意味奇跡に近いかも。

さて、これで近年の等身大ロボット立像は、鉄人、初代ガンダム、パトレイバー、ユニコーンと全部制したぞw
次はどこで何を見せてくれるのでしょうか。
新しいカメラの活躍の場としても、とても楽しみにしていますw

一番くじ セイバー宮本武蔵
IMGP0066.jpg
立ち寄った書店にあったので、ぷちオルタ狙いで5回引いたら、一発目にS賞ゲット。
種類多くてSまであるのかーと思ったら、Aの上の特賞だったw
てか、センサーさんかなり斜め数段上の仕事してくれてますな。
ちなみに、まだ本編はここまで行ってないし、鯖としても持ってません。
イベントで見た限りなのでそれっきりですが、鯖としては星5セイバー余り気味なので本気で狙って無いのもあります。
フレの鯖でも置いてる人いないし、実際そんなに強くないのかな?
まあ、そうやって下げといて、そのうちぽろっと…w

一番くじ Fate/AP
大分出遅れたのでどこもかしこも虫食いで、下位の賞だけ大量に残ってるようなのばかりの中で。
会社の近くの店に、まだA賞が残ってたので、試しに3回引くわーって箱を出してもらったら…
くじが8枚しか無いw
それならということで、特にポスターを狙ってるわけでもなかったが、のこり全部とA賞とラストワンをいただきました。
今回のこれだと、A賞は5つらしく、20回に1つの確率。
それが8回で確実に手にできるなら、引かない手はないでしょう。
単体のフィギアとしてみると、出来栄えからちょっと割高な気もしますが。
毎回これくらい美味しい残り方してるといいんだけどなー。


ドラクエローソンに行ってきた
日本橋に向かう途中、たまたま見つけたので入ってみた。
秋葉原にもあるらしいが、こっちにもあったのね。

店内は専用のBGMと、アメリカでよく見る1¢コイン潰して記念プレート作る機械(名前忘れた)、島を丸々ひとつドラクエグッズで埋めたコーナーなどがあり、色々なアイテムが売ってました。
傘とか小物入れとかほしかったけど、お金がいくらあっても足りなさそうなので、ガマンガマン。

IMGP9924.jpg 
そんな中、実用?的なこの2つを確保。
スライムグラスはブルーやオレンジのカクテル系入れると楽しそうですw
花札は、ショーケース入りで値段が隠れて見えなかったのだけど、カウンターで訪ねたらちゃんと売ってました。
しかし、花札だけで3000(別)は高いなー。
こちらは絵柄のコレクションアイテムとして買ったので、画集と思えば高くない?w

もう少し予算と時間に余裕がある時に行けたら、他のアイテムも狙ってみようと思います。

レーシングミク2017Ver.
丁度今朝届きました。
そして、同じ日に優勝。
これはただの偶然なのか、それとも「777」の賜物なのかw
シリーズに参戦している競技車両のミニカー付きで、乗せることもできますが、結構飾る場所を取るのでまた箱入りむすめのままになるかなー。
パッケージの写真を見る限り、全体に色が薄いので写真写りは悪め。
昼に撮れば良かったかな?
モデラーズフェスティバル2017に行ってきた
今回は会場を5部屋に増やし、それぞれジャンルやカテゴリごとに分けて色々なものを展示、交流も行われていました。
1枚目は実際にあるメニューをミニチュア化した料理セットw
このお店にはいつか行ってみたいものです。
IMGP9832.jpg IMGP9849.jpgIMGP9851.jpg IMGP9827.jpg IMGP9891.jpg IMGP9900.jpg IMGP9901.jpg
とにかく、技術とアイデアと根気を競うような内容の物も多く、ネタに走るものもあればとことんまで写実化を極めようとするものまで。

 IMGP9863.jpg IMGP9859.jpg IMGP9868.jpg
でも、今回ドールハウスの部門にあったこれらの作品は、ドールハウスの域を超えてドラマや映画のセットのようw

IMGP9896.jpg
前回マクロスのジオラマを作ったチームでは、今回ヤマトの月面基地(架空)をセットにしたものが持ち込まれていました。
その緻密な造形とセットとしての完成度の高さは流石です。

まさかこんなに大規模になってるとは思わなかったので、午後から行ったら全部をじっくり見る時間はありませんでした。
これだけのボリュームと熱量を実際に見てくると、また自分の中の造形魂がうずうずしてきますw
何か一つでも、人に凄いと言わせるものが作れればいいのですが、なかなかそういうものを作れるだけの時間も場所も限られているので、だからこそ何時かは~という夢や野望になるのかとw