ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
JINRAI Indigo Ver.
IMGP8955.jpg
オリジナルカラーを持ってなかったので買ってみた。
最近のタイプは下半身だいたいこれだよなーとか思いつつ。
髪型も新しいのが入ってるし、これはこれでいいかも。
でもやっぱり、イラストに比べて腰が長く感じるんだよなー。
作るときが来たら、その辺は改造してみたいところです。
INNOCENTIA
IMGP8693.jpg
FAGの新作。
マテリアとほぼ同じ構成で、お値段1000円アップ。
その内容は、ツインテールと猫耳犬耳含む頭部アクセ。
実際これ目当てに買う人も多いだろうし、数が入ってるので他に応用もできそう。
一気にコレクションがケモ化していくこと請け合いw
まあでも作る時間も飾る場所もないから、箱開けてランナーのパーツ確認してそのまま積まれちゃうんだけどねー。
ふみなを両方作って対戦出来る日はくるのかしらw
鹿島と香取
IMGP8694.jpg
カテゴリはクレーンゲームなのだが、最初から諦めて買ったものなので。
これは近くの店だと、タグ付き引っ張り出しの台に入ってたので、ショップでそんなに高くないのを確認した上で、鹿島がラスイチだったので、そのままレジにGOw
最近のゲーセンの設定だと、1個あたり2000円は吸われるので、納得した値段で揃うなら買ったほうがいいです。
実際ショップでの売れ行きを考えると、同じこと考える人が多かったんだろうな~。
ねんどろいど レム
IMGP8457.jpg
知らずに見てたら、中盤辺りから絶対好きになるキャラナンバーワンのレム。
強くて一途で自己犠牲も厭わずただ守りたいものを守り続ける。
そんなキャラにほだされた一人としては、買わずにはいられなかったw
そして、その足で相方も予約。
並んで飾れるのはもう少し先。
FAG HRESVELGR
IMGP8458.jpg
これでヘレスヴェルクと読むのか。
キューポッシュ轟雷と同じ日には店で見かけてたが、まだ陳列前のカートに載った状態だったので変えなかった。
翌日、他の予約してるものを他の店に取りに行くときに、一緒に買ってきた。
店頭でもこれについて話してるグループがいくつもあり、これはいいぞと、値札見てちょっと躊躇して~という光景を何度も目にしたw
だから、梅田でまとめて買いたかったのもあるのだが、まあ仕方ない。
欲しいものは欲しい時が買い時なので、今欲しければ今買えばいいのだw
そんなわけで、また積みFAGが増えていくのであった。
キューポッシュ FAG轟雷
店頭で見つけて色々買ってしまったw
まだオリジナルスケールの方にも全然tがついてないのに。
スティレットは、マテリアかバーゼか、どれかをアップさせるために買ったもの。
短いパーツなら、これにも使えるかな?

で、早速組んでみようと右上の箱から開けてみたら、みっちり入ってたのでそのままそっと戻してw
そのあと、組説みたらそれほど複雑でもなさそうなので、少しでも組むかとビニールから出してみたら、パーツがツルツルしてる。
これは洗わないとダメかなーと、中性洗剤で洗ってザルに干しておいたが、寒いので1日経っても乾いてない(いまここ)。

これなら、オリジナル轟雷買ったときに一緒に買った武器セットから組むのもありかなー。
でも、それも洗わないといけないかも。
(以下全部開けて洗い終わるまで続く)
ちび丸 晴風
IMGP8361.jpg
普通のスケールモデルも出てるけど、かなり高めの値段設定になってるので、それなら既存の陽炎型改造してもいいかな?とか思って棚を見てたら、こっちがあったので買ってきた。
まあ、改造って言っても、水上バイクとか乗ってるものが大分違うから、このスケールだと苦労しそうだけどw

で、開けてみたら、予想通り「HAREKAZE」と書かれたランナーの他に、「Kagero」と書かれたランナーが入ってる。うん、ソウダヨネ。
見比べてみると、艦首甲板の細かいモールドが新規に造形されてたり、砲塔が3個になってたり。
甲板それ自体は、バイク乗せるための穴も空いてる。

艦橋は新規にスライド金型で、一体造形されてる。
ウォーターラインシリーズもこれにしてくれないかなw
艦橋を1面ずつ組み立てるの結構大変なんで。
あとはレーダーマストの先端が違うくらいかな?

スナップフィットとはいえ、細かいパーツも多いので、真面目に作ると結構時間かかるかも。
キャラグミン ドラゴンケンタウロス
IMGP8224.jpg
結局買ってしまったw
今手がけてるのがあるので、シグからウィッチ、ドラコまでモチベがあるうちに手が回せるかどうかだけど、テンションだけは高いぞw
ミディッチュ 明石
IMGP8225.jpg
この店は、レジが手打ちなので、予約品にも値札着いてるのよw
暖かいとこに置いといて、柔らかくなったら剥がそうかと。
それは置いといて、艦これの中でも好きなキャラの一人。
そして、このドヤ顔にやられて買ってしまったw
それ以外のなにものでもないです、はい。
レーミクさん2016
IMGP8220.jpg
色味自体は前の短パンのと似てる感じ。
全体の色味のバランスなどは、グッスマのイメージっぽさがよく出てる。
箱絵のそのままの大きさで中身が入ってればなーとか思ったりw

手前に置いてるのは、おまけで付いてきたラバーストラップ。
これ自体が透明な素材で、透かして見ると結構キレイ。
しかし、もう636番なのね。
なんで639にしなかったのかしらw
キャラグミン ぷよクエ ウィッチ
シグの次に好きなキャラで、これであとドラコがあればお気に入り三人衆の完成ですがw
色を塗らなくても完成させることが出来るとは言え、でっかい湯口が付いてるので、そのまま組み上げれば完成とは行かない。
その湯口を、表面のディティールやカーブに添って、キレイに消すことが出来る人向けの商品。
言ってみれば、色付きのガレキなわけで、組み立ては簡単だよ~とかいう言葉に騙されてはいけませんw
個人的に気になったのは、イラストよりも少し目が小さいようなので、ここが気に入らなければ大改造になるだろうし。
上着とリボンの白いラインも、濃いめのベースに塗るのはそこそこ技術が必要だしなー。
でもいつかは完成させて、お気に入りを全部並べて置きたいものです。

追伸、ぷよクエじゃなくてぷよぷよメインのシリーズからかな?
ねんどろいど 翔鶴&瑞鶴
IMGP8216.jpgIMGP8215.jpg
手つなぎパーツが一緒になって、セットで売ってたので思わず買ってしまったw
お金を持ってるときは万単位でも衝動買いしてしまうので危険だなー。
でも、ACではかなり活躍してくれるし、ブラウザ版でも116まで育ってるし、かなりお気に入りの子たちであります。
なので、開けて飾ることも無いのに何のために使うパーツなのやらと突っ込まれようが、後悔はありませんw
モデラーズフェスティバルに行ってきた
大阪ATCで開かれた模型のイベント。
趣味に走る人たち、ひたすら極める道を行く人達、様々なジャンルの様々なアプローチが見れて面白かったです。
上の写真は、サビの表現が凄いモデル。
やり方を教えて貰ったが、真似出来る気がしないw

IMGP8154.jpg 
こちらも瓦礫の表現が凄いジオラマ。
埋まってる車なんて、スケール感狂いそう。

IMGP8144.jpg 
スケール感を失うものと言えばこれもそう。
映画の撮影にそのまま使えそうな、巨大なデス・スターの模型が吊り下げられてました。

IMGP8149.jpg IMGP8150.jpg
更にこれ、1/4000でマクロスの周りの街並みを作っちゃってるのですが、これも作り方を教えてもらって(以下略
こんなスケールのジオラマなんて、街の地図をそのまま立体にするようなものです。
考えついても、自分なら絶対作ろうとは思えないw

IMGP8135.jpg 
水の表現も色々、新しい素材やアイデアで様々なアプローチがある。
その場にあったのは、全部作り方教えてもらいましたw

IMGP8125.jpg 
スケールと言えば、究極はこれ。
米粒の上に案山子のジオラマが作られてます。
他にも、米粒にしがみついてるアマガエルなんかもあったのですが、その手足は髪の毛ほどの細さです。
どうやって作ってるんだろう。怖くて聞けなかったw

IMGP8107.jpg 
これはお気に入りの一つ。
元ネタとベースのモデルの何とも言えない一致感もたまりません。

IMGP8111.jpg IMGP8130.jpg
ひたすらアッガイやジムを作る人達、モデルを未塗装で磨くだけで艶を出してテカテカにする人たち、車のエンジンを可動モデルで作っちゃう人、デフォルメの車を何十種類も作る人とか、アマチュアから雑誌のライター、プロのモデラーまで様々な人達が様々なモデルを見せてくれました。

こういうの見ると、テンションもモチベーションも上がるってもんですw
またなんか作りたくなってくるなー。


おおさかホビーフェスに行ってきた
関西では「初のホビー系イベント」ということで、割と注目されていたイベント。
で、行ってきたのですが、ちょっとコレジャナイ感がしててw

まず、会場はマイドームおおさかという、ちょっと交通の便の悪い場所で、そこのホールを使ってたけど、これがまた狭い。
開場直後は入場制限するほどの人が集まって、中は場所によっては動けないくらいすし詰め。
参加企業はハセガワ、タミヤ、バンダイ、タカラトミーなどの大手と、ニパ子でおなじみの道具メーカーやパーツメーカーなどが参加。
他にも小さいメーカーが多数参加してたのだけど、ターゲット(客層)がよくわからない。

親子連れも多く、電子工作やガンプラ作成体験、レーンなしのあのミニカーおもちゃ(名前忘れた)、ジオラマの中をカメラ付き電車で走ってタブレットでその映像みるやつとか、子供向けの内容が多い。
トイガンも出てたけど、10歳くらいから持てるスケールダウンしたやつだったし、コトブキヤとピットロードはそれなりに対象年齢やターゲットがはっきりしてたけど、ボークスも海洋堂もグッスマ系列もいない。

これなら、関西でも何回かやってるガレキのイベントの方が規模も大きいし、フィギアメーカーのイベントとかのほうが大きいくて使いやすい会場取ってたりで、せっかくのイベントが名前負けしてる。
でも、さすがに実演や座談会は盛況で、これのために陣取ってる年配の方も多かった。

会場は色々都合があるだろうから置いとくとして、これなら近隣の模型クラブとかの競作展示会や、模型などのコンテストなんかもやったらもっと盛り上がってたかも?

そんななかで、ちょっと気になったのを幾つか紹介。
IMGP8072.jpg
チョロQの旧車シリーズ、ルノーターボやアルピーヌなどがラインナップ。
カルロスサインツがバリバリだったころの車種、全部出さないかしらw

IMGP8061.jpg 
かなり精密に再現された隼鷹、2万円もする大型模型。
作る場所と時間、更に完成後の置き場所など色々大変かもw

IMGP8064.jpg 
これなんかは、内装までしっかり再現された精密模型の域に達してる。
でも作るの大変そうw(好きでやってる人は好きにやるからいいのですが)

IMGP8059.jpg 
エースコンバットのメビウス1ラプター。
寸詰まりなのは、レンズのせいじゃなくてたまごひこーきのシリーズだからです。

来年からは、もうちょっと導線考えた配置にして、先に言ったコンテストなんかもやってくれないかなー。
次回開催、期待してますw

ねんどろいどこーで 赤い羽根の初音ミク
IMGP8055.jpg
ブリスターに入ったミクさん。
意外と赤い羽根とミクさんは関わりが多く、駅張りのポスターにもなったりしてて。
自分は車通勤なんで、行くとこいかないと募金も羽も見かけることはないのですが、たまにはそういったものに乗ってみようと。
でも、かわいいw