ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
神戸の花火大会見に行ってきた
今日だってのをすっかり忘れてて、夕食でお酒飲みながらラジオで交通規制の話を聞いて、ドドドンと音が聞こえて~
さあどうしようとw
お酒入ってるのに、夜の山登りは結構危険。
道なりに行くと遠回りでいい時間を過ぎてしまうかもしれない。
それでも、折角神戸港開港150週年で15,000発も打ち上げるというから、観に行かない選択肢はない。
脚立と三脚とカメラ一式担いで、車が通れる道を延々登ること10数分。
いつもの高台の見晴台に付きました。
でも、今年は少し人が少ないような。
ハーバーランドの公園も整備されたので、みんな海の方に見に行ってるのかな。
それだと夕方から場所取りに行ってないとなー。

IMGP9624.jpg 
今年の花火は割と長く、19:30に始まって20:30に終了。
尺玉も沢山上がり、低い高度の明るいやつは見えにくかったけど、大きいのが上がるたびに歓声が上がってました。

IMGP9628.jpg 
最後にはこの距離から見ても巨大だと分かる玉が連発であがり、歓声はどよめきにw
4キロ離れてて、手前の100m級のホテルとサイズがほぼ同じとか、どんだけでかいんだ。

終わった後は拍手が出てました。
場所取りがうまく行かず、もう少しビルと手前の森を避ける位置もあるのですが、それだと虫対策をした上で夕方から来てないと無理だろうなー。

終わった後も、神戸の夜景を肴に酒盛りしてるグループが幾つかありましたw
平地よりも若干涼しかったので、虫対策さえしっかりしてれば、そういう夕涼みもありかもしれない。

実家に帰ってます
今年は休みも短いのでどうしようか迷ったけど、神戸に残っててもゲームくらいしかすることがないので帰ってきました。
さすがに車で帰るには日程が厳しすぎるし、日本海側を通るので冬場はどこで降られるか分からない。
仕事の予定も年末まで分からずで、指定を取ったのが1週間前。
さすがに通しでは取れず、博多乗り換えの自由席で帰ってきました。

行きに自由席の乗車が多すぎて、詰め込むために各駅での出発が段々遅れていくという有様で、当初予定していた出水に停まる号には乗れず、博多で30分時間をつぶす必要が。
熊本地震の影響もまだ残っていて、その区間では一部徐行。
結局予定より1時間近く遅れてようやく到着。

それにしても、今年の年末年始は天気が穏やかで、いつもは神戸よりこっちの方が寒いのでフル装備できたけど、日中に自転車で出かけてると汗ばむくらい。

写真は鶴の渡来地から少し離れた普通の田んぼにいたマナヅルのグループ。
人が近づくと逃げますが、車だと結構近くまで行っても逃げないので、さらに望遠を使ってばっちり撮れました。

もう少し休みが長ければ、しぶんぎ座流星群も見ていきたいけど(今年は特に天気も月も条件が良さそうなので)、例年通り4日から会社始まるのでうまくいかないもんですw

ルミナリエ見に行ってきた
IMGP8212.jpg
今年のテーマは、、、なんだっけw
初日ならそんなに人も多くないだろうと、会社帰りに三宮で降りて待機列へ。
ここから30分とかいう看板を素通りし、15分ほどで東公園へ。
今年の回廊は青みが多いせいか、少し冷たい印象。
でも、その分白が映えるので明るさはかなりある。
上の写真は、モニュメント越しに見たメインオブジェ。
NHKのカメラがどっしりと陣取って動かなかったので、完全なガラス越しは撮れなかった。
これはそのうちリベンジしよう。

IMGP8166.jpg 
会場だけじゃなくて、手前の待機列の回廊も結構綺麗な景色が拡がってる。
お城みたいなホテル、大手パン屋さんの控えめながら雰囲気にマッチした外観、そして大丸のライトアップ。
ルミナリエの回廊に続く道で、金色の街路樹越しに、エメラルドグリーンにライトアップされた様は圧巻です。

IMGP8170.jpg 
今年は銀行の前にもオブジェがあり、それを向かいのブランド店の磨かれた黒い壁に映した画もなかなか乙ですw

また、昼間見る白いオブジェも、青空をバックにすると結構きれいです。
周囲に背の高い建物が多いので、きれいに見えるのは午前中の少しの間だけですが、そういった楽しみ方もあるかも。



ペルセウス座流星群

を撮りに行ったのですが、結果はいつものごとくフレーム外に流れるジンクスは破れずw
場所は鹿児島県出水郡長島にある行人岳の山頂付近、海抜400m前後の高台。
いつかはここで星を見ようと考えていたのですが、なかなかスケジュールなんかも合わなくて。
今回は休みの日取りもよく、久々に車で帰ってきて、2日連続で行ってきました。

しかし、二日とも薄雲が広がる悪条件、明るい流星はその薄雲も通して見えるくらい周りが暗いのですが、両日とも肉眼で星が見えなくなるくらいまで粘って、大きいのもいくつか見ました。
流星群が見れなくても、夏の天の川を撮ることも目標にしていたのですが、結局明るい月に邪魔され、雲が切れるのは北の空ばかりで、こちらも撮れず。

冬は休みが短く、空は暗いけど天の川は薄いので、こちらを撮るなら春先か秋がいいのかも。
夏は毎回こんな感じだと、星座が分からなくなるくらい沢山の星が見えるような好条件を待つには夏季休暇を全て使わないと無理かもw
日本丸の出航を見てきた
IMGP7481.jpg
神戸港に寄港していた日本丸が出航するので、それを見に行ってきた。
8時過ぎに着いたけど、撮影スポットはもう埋まり気味。
寄って撮りたかったけど、このあとのムービー撮影なんかに有利な位置を確保するため、そのまま高い場所に居座ることにする。

IMGP7490.jpg
9時になると出航の式典を行う。
タラップから皆が降りてきて、何かやってたw
次があったら、今度はこっちを撮りたいところ。

IMGP7508.jpg
IMGP7494.jpg
タグボート、巡視船、放水船なんかも集まってきて待機。
タグボートは押すこともあるので、先端が平なんだねー。
改めて見ると機能美の塊ですw


ここからはムービーの切り出し。
登檣礼(とうしょうれい)をとり行うために、クルーがマストに登っていきます。

IMGP7490m2.png
どんどん登って行きます。
一番高い所は、海面から40mくらいあります。
登るときには命綱なんてしてませんから、クルーの度胸たるや、とても今年入学の学生とは思えませんw
というのも、ネットの知り合いが一人この中に混じってるのです。
どこにいたかはわかりませんがw

IMGP7490m3.png
そして、全員が位置に付いたら、一斉に「ごきげんよう!」と3回叫びます。
そのたびに拍手が起こってました。

IMGP7530.jpg
IMGP7535.jpg
IMGP7538.jpg
それが終わると、全員が甲板に降り、持ち場について出航していきます。
タグボートに引かれて岸壁を離れ、遠ざかって行きました。
途中、登檣礼と同じく3回汽笛を鳴らし、空港島の向こう側へ(空港連絡橋は低くてくぐれないため)。
波止場の先の方に行った人達が、いつまでも見送って戻ってこないのが印象的でした。

天気はイマイチだったけど、雨の予報にてるてる坊主作った甲斐がありましたw
航海の無事を祈ります。
新しいレンズ買った

テレ側はアダプターでフルサイズのレンズつければいくらでも伸ばせるけど、5.5倍になる以上ワイド側はそうはいかない。
トイレンズで魚眼も持ってるけど、写りはまさしくおもちゃのようで、背面液晶でもピントの山が全然掴めない。
毎年のように流星群を撮りに行ってるけど、やはり画角の狭さはいかんともしがたい。
そこで値段調べたら、フルサイズレンズの半額以下で買えるので、この際に購入してみた。

IMGP7470_20160603000825295.jpg
そんなに明るくはないが、このシリーズにしてはレンズ径は大きめ。
横にある35ミリフイルム用(非デジタル)の50ミリの単焦点レンズと同じフィルター径という。

IMGP7468_201606030008221ee.jpgIMGP7469_201606030008240f4.jpg
実際に使ってみると、今までの5ミリ(左・27ミリ換算)と、3.8ミリ(右・20.9ミリ換算)で結構広くなった印象。
イトマキや樽型も抑えられていて、今まで使っていたレンズのワイド側が拡張された感じ。

IMGP7472.jpg
晴れた日に外で撮ってみた写真も問題なく、ほぼワイド端しか使ってなかった前のズームを、これのテレ端からのワイドで置き換えできそうな感じ。
ただ、f値が落ちるので、使い所はそれぞれにありそう。
天気のいいうちに、夜空も撮ってみてどんな感じか確かめて置かないと。
最近のベランダ花事情

これは連休前にハーブ園で買ってきたものを寄せ植えにしたもの。
値が落ち着いたら会社に持って行こうかと思っていたが、思ったより水飲みなので、乾燥しがちで週休2日の会社には置けないかなー。

IMGP7344.jpg
これも同じ日に買ったもの。
この葉っぱが気に入って買ったのだけど、花も小さくてかわいいw
もう少し株を買ってきて、大きな鉢に寄せ植えしようかな?

IMGP7345.jpg
これは名前忘れたけど、去年買った観葉ものなんだけど、なんか花らしきものが咲いてるので撮ってみた。
色は地味だけど、小さな花弁に機能をぎっしり詰め込んだようなものが沢山。

IMGP7346.jpg
これも観葉で、オレンジの香りがする葉っぱが気に入って買ったもの。
ガレージの猫よけにと考えてたけど、結局ベランダで育ててる。
背丈が倍ほどになってるけど、先端に黄色い花が付いた。
サクラソウも含めてピンク系の花が多いので、小さいけど黄色勢力で頑張って咲いてますw

IMGP7342.jpg
これはマルベリー。
実が付いてるのを買ってきて、熟すのを待つだけだけど、何個かは既に収穫して食べてる。
今生ってる全部が取れたら、お酒に漬けてみるつもり。

春先に咲いてたサクランボは、水が悪かったのか枯れてしまった。
残念。
他にはトマトやメロンやゴーヤを種から植えてるけど、いつになったら芽を出すのやら。
花見してきた
IMGP7146.jpg
まずはいつもの一本桜から。
あと30分早ければ、もっといい光線で撮れたのだけど、時間見誤った。
でも、綺麗な青空をバックに撮れたから、これでもよしですw

IMGP7153.jpg
IMGP7154.jpg
今年は大阪城公園の桜を見に行こうかと、電車乗る装備で出たものの、一本桜を撮ってるときにバッテリーがあまりないことに気が付く。
一度帰って充電してからまた出直すか、どうしようか考えながら、現状の天気がいいので、新生田川周辺の桜を撮ってから考えることにする。
(毎年桜見に行くのは行きあたりばったりだなぁ)

今年はバーベキュー禁止になったので、煙も匂いもなく、快適なお花見ができました。
ここで豚まん買うために並んでたら、近くの階段をステージにしたところで、地元の専門学校生のダンスチームがライブを始めたので、それを見ながら団子でも食うかーと、テントでお茶を買って土手に席取り。
4~6品目あったけど、ロック調よさこいが気に行ったので、最後まで見てましたw

IMGP7157.jpg
バッテリーのこともあるし、戻りつつ撮っていくかーと、建物や暗がりを背景に、桜だけじゃない写真を沢山撮ってたら、バッテリーが半分以下に。

一度家にもどり、充電器を探したが、はて?見つからない。
30分ほど探して諦め、車に積んだままかなーと、車を見に行く。
そして、このまま新開地とかの桜を車で見に行くのもいいなーと、そのままドライブ開始ww

途中、今期容量不足に泣いたレコーダーの、外付けHDDも買わないとなーと思い、ハーバーランドで買い物。
そして、そのまま帰宅(マテ

帰ってきてようやく充電器を見つけたものの、外を見ると曇ってきてる。
あのまま直接出掛けてても、天気は持ったかどうか怪しい。
ましてや、バッテリー2本充電してからだと、確実に曇天と同じ色の桜を見に行く羽目になってたかも。

なので、今年の花見はこれが正解だったと思ってますw

双子座流星群

というものの、今回はオリオン座どころか雲の写真しか撮れませんでしたw
朝になったらしっかり晴れてたし、明け方まで粘ってたらワンチャンあったのかな?
会社休み取ってないと無理だな。

しかし今年の流星群は、神戸はハズレが多いなー。
このひとつ前のも晴れてはいたけど、全く見れずだったし。
来年のしぶんぎ座流星群も、4日から会社なので、見る時間あるかなー。
ルミナリエ見に行ってきた
公開時間間違えてたので、1日遅れですがw

IMGP6182.jpg
今年は、電飾がLEDになって、テレビとかの映像見てると何か青白くて冷たい光だなーと思ってたけど。
実際に見てみると、結構温かい光になっていて安心。
でも、電球の暖かさは少し減ったかも。

IMGP6185.jpg
今年の特徴は、より立体的になったこと。
回廊の入り口も、大きな天蓋がかけられ、かなりの明るさと迫力がありました。

IMGP6189.jpg
そして、手前のほうが柱の密度も高く、奥に行くにしたがって少しづつ間隔が開いていくように。
それは、手前から見た時の遠近法で、均一になるように建てられていたのかもしれない。

IMGP6206.jpg
東公園の電飾は、複雑な曲面の壁を持つお城に。
高さは去年よりも高いかもしれない。
このドームの周り、そのバックも綺麗に切り取られ、全体で一つの芸術品になってました。

あと、気がついたのが、柱にそれぞれ出資者の名前が入ってたこと。
このメイン会場は、地元の私鉄各社のものが多かったです。

IMGP6219.jpg
金曜日の強風で、バックのオブジェクトが倒れてしまったけど、その分演奏に集中できる環境になってたライブ会場。
フルートの連奏が綺麗でした。

IMGP6230.jpg
細かいところでは、水路にLEDのカップが並べてあったり、公園内の施設を囲むようにも柱型電飾が配置されていたりと、最近数年にくらべると大分オブジェクトの数は多かったです。
電球よりも、LEDの方が色々安いからかな?

IMGP6163.jpg
IMGP6169.jpg
IMGP6178.jpg
沿道だって負けてません。
古い建物、協会、お菓子屋さん、ブランド物の店まで、営業の有無を問わずに色々と光の共演をしてました。
一部は動線確保のために規制されて入れない場所もあったけど、そんな場所でもかなり綺麗な夜景を楽しめるので、ルミナリエ終わった今なら、それらを楽しめるチャンスですw

また来年も、思い出と癒やしと沢山の笑顔ををくれると期待しつつ。
花火大会見てきた

とは言っても、現地で見たのではなく、いつも山登りの途中に寄ってる高台で。
高さが100mくらいあるので、多少の高層建築が視界にあるものの、割と視界は広めで楽しむことができました。

IMGP5464.jpg
中には星型やハート、わっか付きの惑星、猫の顔とか色々あったけど、シャッターチャンスとファイルをセーブしてる時間が合わずになかなかうまく撮れないw
また、人が多かったので、時々場所やズーム率を変えて撮ってました。
というか、あの見晴らし台にあんなに人がいるの初めて見たわw

IMGP5425.jpg
中にはお弁当持参、蚊取り線香炊いて酒盛りしてるグループも。
さらに、ここまでどうやってきたのか、浴衣のカップルとかもいました。
だって、途中真っ暗できついとこだと30度位の坂があるのよ。

IMGP5559.jpg
最後の数分間は、インターバル撮影にして画面でなく直に花火を楽しんでました。
そして、ラストの大玉連発では拍手も起きて、花火を見に来てるんだなーと思えた瞬間でした。
来年もあそこ行って、今度は早めに場所とりしとこうw
金沢に遊びに行ってきた

とはいえ、イベントが主目的だったので、そこで体力を使い果たして刊行する余裕がなかったのですがw
朝4時半に神戸出発、6時前に栗東に乗りなおして、一路北陸へ。
だいぶ前に会社の出張で七尾や社員旅行で兼六園に行った以外は、プライベートでこの辺りを訪れるのは初めて。
それを、だいぶ無計画に車で行こうってなもんですから、ルート以外はほぼ何も調べずの敢行軍。

尼御前SAで海を見ると、台風の影響もなく、神戸港みたいに濁りもなく、綺麗な青い海が広がってました。

DSC_0338.jpg
予定より早く金沢についたので、車を置いてぷち観光。
金沢駅周辺を散策。
駅はだいぶ雰囲気が変わってる気がする。
北陸新幹線も見たかったが、時間が合わないので断念。
関西に住んでると、まずこれに乗る機会も目的もないので、見るだけでもと思ったのですがw

DSC_0339.jpg
駅の反対側はすごいトラス構造。
逆テーパーのガラス張りで、なかなか見応えがありました。
都市の一部としての駅のデザインがあり、駅前の風景と相まって見事な調和を見せていました。
このあたり、京都駅ビルとかも見習ってほしいわー。

DSC_0340.jpg
その駅前にある巨大な木造の門。
反対側から来たので駅から門をくぐる格好になりましたが、巨大木造構造物は見ていて得も言われぬ迫力があります。
それが、現代アートの様相でも。これは、二条城駅の屋根も同じような感じで、やっぱ日本は木造の技術だけは高いよなーとか思ったり。

そのあとイベント会場が狭くて暑くて午後までに体力を使い果たし、いくつか行きたいところもあったが諦めて帰って来ましたw
車で市内を迷ってる間に、兼六園の入口や金沢城近くとか、それっぽいところは通りましたがw
次は、もう少し計画的に行動して、リベンジをしたいところです。
姫路城行ってきた
IMGP4800.jpg
雨の予報だったけど朝から晴れてたので、一度湊川公園(近所の桜の名所)行くのに地下鉄乗ったけど、三宮で気が変わって乗り換えw
桜の咲いてる間に姫路城に行っておきたかったので、これはワンチャンスだと思ったので。

しかし、阪急三宮のホームに上がってみたら姫路行の連絡は30分待ち。
しまった、山陽は阪神の方が連絡良かったか。
すぐに来た西行きにとりあえず飛び乗り、二駅の間にプランを練る。
新開地でJRに乗り換えるのが一番確実そう。
だけど、沿線は地下に入って電波も入らず、時刻表は未確認。

駅についても、検索する時間も惜しんで速足で連絡通路を歩き、JRのホームに上がったらそこには姫路行新快速がw
もう何も考えずに飛び乗り、ようやく一息。
ノープランで行ったにも関わらず、ドンピシャのタイミングでした。
そして、姫路に近づくにつれ、乗客が皆窓の右側に意識を集中させてるグルーヴ感が面白かったですw

IMGP4902.jpgIMGP4802.jpg

冒頭の写真は、JRと山陽電車の連絡通路にあるエントランスから撮ったもの。
JR出口を出るとすぐ正面に姫路城が見えるので、そこで写真撮りたくなるけど、事前にこれがあるのを知ってたので、出口左にある階段から上に上がり、そこから望遠で狙いました。
そう、見えるのは見えるけど、まだ望遠がいるほど遠いんです。

そこから車道の倍の広さのある歩道をまっすぐ歩いて姫路城に向かう。
その間に薄曇りだった空が段々晴れてきて、暑くなってきた。
これはやばいかな?と思ってペットボトルの水を一本購入。

IMGP4810.jpg
大渋滞の道路を挟んで、人でごったがえす交差点を渡ると、お城のベストアングルにご対面。
なんと、この時点で城をバックに撮るアングルでは快晴!
天気予報に自分の勘が勝ったw
ただ、この人出だと天守閣は行かない方がよさそう(整理券配布で1時間待ちでした)。
ゆっくり見れないし、なにより当初の目的の桜とのツーショットが、晴れてるうちに撮れなくなる。

IMGP4822.jpgIMGP4836.jpgIMGP4851.jpgIMGP4879.jpg
そこから1時間かけてゆっくり城の周りを散策。
途中、水より鯉の方が多い堀や人懐っこい野良猫に癒されつつ、鶯の鳴く春の城郭を楽しんできました。
1周して戻ってきたら、もう空が曇り始めたので、写真は諦めてお花見に専念。
生姜醤油たれのおでんに、樽酒(おかわり100円)、チーズかまぼこ揚げにたこ焼きと食いまくって、程よく酔いも醒めてから駅に向かう。

帰りは山陽電車でゆっくり田舎の景色を楽しみながら帰って来ました。
JRは高架なので街がよく見えた感じ。
山陽は地上を走っていくので視点が低く、その分身近な景色を楽しめました。
乗ったのが梅田行直通で、編成の都合から駅についてもホームが短くて、駅からはみ出してるところもあるくらいで面白かったです。

やっぱ、お城は春に見に行くのが一番だよねー。
城を肴に花見酒を楽しみたければ、事前にしっかり計画を持って、必ず電車に乗っていきましょうw
出水のツルを見てきた

今年は、家族で鶴の観察センターに。
なにしろ天気が悪いんで、外だとカメラ構えようにも雨に風に機材が耐えられそうにない。
施設の近くでは、車のタイヤを消毒洗浄するゲートがありました。

センターでは、210円払って2階の温かい場所でのんびり見ることができる。
これはそこで流し撮りしたもの。
でも、飛んでるとこ撮るなら地上の方がいいかなー。

IMGP2535.jpg
ここには、他にも色々な鳥の卵や、鶴のはく製なんかかも見れる。
コイン双眼鏡もあるので、手ぶらで来ても外の景色をアップで楽しめる。

IMGP2531_20150102134811514.jpg
地上はこんな感じ。
見渡す限り鶴だらけ、時々間にカモとかいたりしますが、基本的にマナヅルとナベヅルで14000羽ほど、その他の鶴が200ほど、更に他の渡り鳥が20羽。
その20羽って、このなかからどうやって探したんだろうとか思ってましたw

あとは、センターの周囲にある売店で買い食いしたり、お土産買ったりしてました。
インフルエンザが無くて、晴れてたらもっと近くに寄ってみたいものです。
特に優雅に空を舞う姿を見るなら、晴天のしたがいいなーと。

あと、帰りの車の中から、V編隊で飛行する群れを見かけました。
若い鳥に、編隊飛行の練習をさせるために時々飛んでるそうです。
ちょっとそれは条件悪くて写真には撮れなかったけど、晴れてたらなー。

毎年必ずと言っていいほど年末年始は天気が悪いので、来年こそは。
ルミナリエの歩き方 その2
IMGP2485.jpg
回廊と城だけが、冬の夜景の楽しみ方ではない。
暗くなってきた空をふと見上げると、どこにでも綺麗な景色はある。

IMGP2484.jpgIMGP2486.jpgIMGP2489.jpg
街路樹のイルミネーション、協会のライトアップ、ホテルの玄関の装飾。
このあたりは、夕方から暮れてきた時位が、深い蒼の空との対比が楽しめる時間。

IMGP2492.jpgIMGP2506_2014121500174897a.jpgIMGP2494.jpg
JR駅前の金のツリー、交通センタービルの銀の飾り、そごうの2階入り口、サンチカの輝くツリーなど、この時期にしかないものも多い。

また、ルミナリエ自体も、少し脇道にそれて見たり、ビルのガラスに映る景色も楽しみながら歩くといいかも。
今日が今年最後のチャンスです。