ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
久々に山登ってきた
IMGP20180602_0542.jpg
この週末は良く晴れるというので、朝から洗濯して、そのあと裏山に登ってきました。
仕事が忙しくて若干運動不足なのもあるので、最初はチャリで行こうかとも考えたが無理は禁物。
徒歩で滝経由のハーブ園までの行脚。
また、カメラの性能チェックと一眼レフのリハビリも兼ねてw
上のは帰りに撮ったものだが、コントラストが甘いのでもう少し開いても良かったかも。

IMGP20180602_0368.jpg 
これは金網越しに撮ったもの。
レンズが大きいので、5cmほどの隙間だとQ10だと入らないが、KPだと網が入ってしまう。
でも、明るい場所も暗い場所も、自分の目でファインダーを見てるそのままが撮れるので、モニター越しよりは遥かに撮りやすい。

IMGP20180602_0441.jpg 
それを象徴するのがこういう手前と奥にボケかましながらMFで寄って撮るもの。
設定色々変えながら撮るのがすごく楽しい。

IMGP20180602_0459.jpg IMGP20180602_04592.jpg
あとは、ISOでの画質なんかも見つつ。

IMGP20180602_0495.jpg 
ただ、花はコントラストと露出の兼ね合いが難しい。
この場合だと、もう少しだけアンダーがいいかも。

IMGP20180602_0444.jpg 
暗いところでの解像感もいい感じなので、この設定は詰めていきたい。

IMGP20180602_0525.jpg 
光を透かしてのオーバー気味の調整は、覚えてる感覚で行けてるみたい。

IMGP20180602_0499.jpg 
最後にいつものラムネ飲んで降りてきましたw
明日もう一回登って、露出失敗写真全部取り直して来ようかなー。

花見に行ってきた
IMGP201803300286.jpg
3/11の代休がようやく取れたので、姫路城に花見に行ってきた。
今年はまだ露店とか出て無くて、出てたら飲むつもりで行ったのに無かったのが残念w
それなら車で行っても良かったかなー。
昨晩は曇って風も強く、天気が心配されたが杞憂でした。

IMGP201803300217.jpg 
いつものように、城の周りをぐるっと回って桜と天守を写真に収めていきます。
城だけ撮るとか、花だけ撮るとか、ここに来る目的によっては見方もいろいろありますが、自分はこの時期のこの数日間だけの楽しみとして、両方を同じ画に焼き込むのが好きです。

IMGP201803300271.jpg 
ただ、完全に満開ではなく、9分咲きといったところ。
もう1~2日あれば満開かもしれませんが、それだと休日に入ってしまうので、平日の休みを有効活用するには今日しかないしなー。
実際、春休みもあるので、観光客は親子連れ含めてたくさん来てました。
これが明日だとどんなことになってるのやら。

IMGP201803300166.jpg
おまけで、昨日の夜桜でも撮った一本桜を昼に別の角度からみたもの。
高層マンションの影にあるので、日が当たるのは午前の少しと午後しかなく、平日の会社行く前だと明るく撮れないので、休みの朝は貴重な時間だったりします。
姫路に着いた時間がお昼前だったのも、この桜に日が当たる時間を待っていたため。
それでもまだ少し、影になってるところがありますが。

この週末は、どこも花見客でいっぱいだろうなーとか考えながら、1日桜を楽しんできました。

夜桜
IMGP201803290129.jpg
ちょっと風が強くて夜景の撮影には悪条件ですが、近所の桜を撮ってきました。
1枚目は、新生田川の両脇の桜並木。
横によく渋滞する道路が並走してるので、昼間は車からお花見ができますw
これは階段で降りて、中洲に三脚立てて撮ったもの。
赤か青のカラーフィルター持っていけば良かったかな。
まだKP使いこなしてないので、WB以外で色を付ける方法も知らないし。

IMGP201803290147.jpg 
写真は縦に加工したのに、何故かアップロードすると横になってしまうが、新神戸の駅をバックに歩道から撮ったもの。
風のせいで花が揺れ、ピントがなかなか合わないので苦労しました。
街灯が数種類あり、それぞれ色が違うので階層的な色合いになってます。
これはフィルターでは出せないし。

IMGP201803290162.jpg 
最後はいつもの一本桜。
都市部の歩道らしくオレンジ色の街灯に、車道の白いLED街灯の両方が一本の桜を照らしている風景。
もう少し綺麗に撮れるのだけど、三脚が揺れるほどの風でなかなか収まらず、ちょっとゆるくなった時を狙って撮ったもの。
見栄えのするうちに、またトライしてみたい1枚。
皆既月食2018
IMGP0065_2018013123021670c.jpg
条件が悪いながらも、できるだけ観測してました。
そして、今月買ったばかりのKPのデビュー戦でもありますw
ISO1600~12800、320mm+ケンコー3倍、1/160~1/10秒、F16~5.6くらい。

 IMGP0071_20180131230217549.jpg
欠け始めの頃はまだ空も暗く、雲もあまりない状態で、綺麗に見えていたのですが、時間が経つにつれどんどん雲が厚くなってきて。

IMGP0081.jpg 
完全に皆既月食になる頃には霞んで見えないくらいに。
ただ、ホワイトバランスがオートだと、意地でも白く撮ろうとするようで。

IMGP0086.jpg 
でも、雲の薄い間隙を狙って頑張って撮ったものは、ホワイトバランスも調整して赤く撮れてました。

この後は完全に厚い雲に覆われ、街の照り返しもあって、暗い状態の月では流石に届かなくなり、ここで観測を断念。
皆既月食自体は、まだ近傍で見れる可能性もあるので、リベンジしたいと思ってます。

一眼レフ新しいのを買った(ペンタKP)
DSC_0029_20180112215908b54.jpg
現在のラインナップ、これの前に、フイルム一眼が2機種。
最初に買ったistDSと、携帯性を考えて後から買ったoptio、コンパクトさとレンズで遊べることを求めて買ったQ10。
デジカメ黎明期にはちょこっと他社のコンデジ買ったりしたが、基本的にはン10年ずっとペンタ信者。

それぞれ用途に応じて使い分けていたが、最近はもっぱらQ10がメイン。
なぜなら、年式の古いDSのCCDが寿命なのか、液晶のドット抜けのようなはっきりしたドットノイズが同じ所に乗るようになってしまっていたので、星を撮ることが多い中では、機能的にも使いやすくレンズも安いQ10にシフトしていたのは自明の理。

その間にも一眼のKシリーズは色々出ていて、いつか買おうかと思ってフルサイズ機を待っていたが、K1はハイエンドに位置づけられて、複数台持ちには完全シフトを迫られる選択になっていた。

Q10も大分酷使してきて、最近はレンズを認識しにくいなどの症状も出るように。
AFが効かず、常にMFになるような状態にも。
手持ちの数本のレンズいずれでも症状がでるので、本体側の不具合と判断。

そこで、一つのイベントをきっかけに、久々に一眼レフを買おうと決心。
しかし狙っていたK3シリーズは生産終了、量販店もペンタブランドはほぼ壊滅状態。
メーカーがK1推しなので仕方がないが、往年のファンとしては寂しい限り。

知り合いから譲ってもらったフイルムのキャノン一眼もあるのだが、望遠ズーム系しかレンズがないので、広い星空を撮るには向かない。
35ミリ換算で18~320ミリまでの多彩なレンズ資産を活かすには、やはりペンタしか選択肢がない。

神戸の量販店で中古のKPとK3をみて、大体5~6万くらいから買えそうだと、あちこち走り回って安いのを探したが、正月に開いていた店では中古では見つからず。
使いたい本番が迫る中、また大阪まで出て買う時間はなさそうと判断して、最初の店で新品のKPを購入。
新品にしたのは、そこの中古のKPにはスクリーンなどにホコリ混入、ヤニなど、前の持ち主があまりいい使い方をしていないと分かる痕跡が見られたから。

そして、K3を選ばなかったのは、KPの80万というアホみたいなISO感度に興味を持ったから。
どのみち実用には耐えられないだろうと分かってはいるが、そんなオバカ機能があるだけでも、その機種を持ってて自慢できそうじゃないですかw

IMGP0001.jpg IMGP0002_201801122159152e7.jpgIMGP0003_20180112215913350.jpgIMGP0004.jpg
で、早速50mm-f/1.4の単焦点を着けて試し撮り。
まあ、予想通り最大値は一昔前の暗視カメラ並の画質。
実用になるのは10万前後からで、12800なら問題なく使えそう。
今までの最大が6400で、画質が荒れ荒れだったことを考えると、綺麗な画を撮る上で倍以上の感度を常用できるのは強い。

ただ、最大値にも特徴があり、ほぼ暗がりの机の下で、f/2.8の1/160という手持ちでも問題ない速度でシャッターが切れる。
4枚めはISO1600の2.5秒だが、手持ちで撮っているので1/100以上あれば普通に使えそう。

IMGP0027.jpg 
試しにどこまで光源を落とせるか実験。
これはスイッチ付きコンセントの、インジケーターの明かりだけで撮ったもの。
f/2.8-1/30で手持ち撮影。
このレベルなら、定点でチャリのテールランプくらいの明かり着けとけば、夜行性動物の写真とか撮れそうw
ただ、ピン合わせの緑の光がそれ以上にかなり強いので、MFで固定する必要はありますが。

結局イベントに持っていくつもりが、仕事の関係で強行軍になって大荷物にできず、しかも雨天とあってQ10で代用。
まだ本格的な活躍の場はないけれど、GPSユニットやポラリスも購入予定なので、天体観測は捗りそうですw
その前にエレベータハンドルの折れた三脚とか、買い換えるものも多い。
一桁台の広角レンズや防水対応のレンズも欲しいし、今年はちょっとカメラにお金かけるかなー。

実家に帰ってきました
IMGP0026.jpg
今年は31日帰省の2日に戻り。
休みが短すぎるので、特にどこにも行かず、のんびり、時にはせわしなく過ごしてましたw
行きは出水に止まらないさくらに乗ったので、熊本で乗り換えて待ち時間にお土産を購入。
親父が車で駅まで迎えに来て、家で蕎麦食ってテレビ見るいつもの年末。
紅白は録画してたので、親父と二人でボクシング観戦。
ただ、ダラダラ猫パンチしてるだけでつまらなかったのが、ラストでようやくプロらしい打ち合いになって、大いに盛り上がってましたw

元日はいつもの霧島の温泉に。
行きに弟がお土産を買いたいというので、鹿児島空港に向かうものの、駐車場が一杯で付近の道にも車が溢れかえってどこにも停められず、親父はそのまま車を流して、残りはその間に買い物を済ませるという作戦に。
ここでお昼ごはんを食べる筈だったのがアテが外れ、空港内のパン屋でパンを買って、近くの嘉例川駅に。
丁度はやての風が入ってきてたので、駅舎とのツーショット。
これ、白黒やセピアにしたら2018年に撮った写真には見えないだろうなー。
手前のネーチャンがスマホで撮って無ければですがw
猫の駅長さんは、三が日はお休みらしく、張り紙だけしてありました。

IMGP0029.jpg 
霧島の温泉街は、道路すぐ横に大きな蒸気を発する場所があって、風向きが良い(悪い?)と、道の方にその蒸気が流れてきます。
この日は外側に風が吹いていたので、車で蒸気をくぐる動画は撮れず。
そのうちの1枚を切り出して、静止画にしましたw

 IMGP0040.jpg IMGP00441.jpg
翌日はツイッターでも上げたように、出水平野に渡来する鶴見物に。
スマホのデジタルズームの写真ではわかりにくかったですが、これでも全体の3分の1くらいらしいです。
マナヅルとナベヅルが中心で、今年は全部で15000羽が飛来しているとか。

IMGP0053.jpg
また、今回は風も良くて、滞空したり滑空したりするところを、結構近い距離から撮ることができました。
動画でも幾つか撮ったけど、これはスチールの1枚。
今まで何回か撮ってきた中では最高の1枚ですw

神戸への帰路は2日の夕方を狙って決行。
自由席にも余裕があり、窓側の電源席を確保して一安心していたら、走り出してすぐに停車。
なんでも博多-小倉間で架線に何か引っかかったらしく、それの撤去と点検、更にその影響で周辺の駅や線路に車両が大量に立ち往生しており、とっくに障害は無くなってるのに、その列車の運行に凄く影響が出ていて、博多に90分遅れで到着。
更に博多を出た後も何回か止まり、結局神戸に着いたのは100分遅れの22時半頃。
帰ってやろうとしていたことが、全部キャンセルになってしまって、結局くまモンのワンカップのんでそのまま寝ましたw

両親ともに高齢な上に、あまり体が良い状態ではない(病気という意味ではない)ので、いつまで家族4人で正月を迎えられるかわかりませんが、来年もゆっくりのんびり過ごせたらいいと思います(鬼が笑う)。

ルミナリエ2017見に行ってきた
今回はなんだか大きなオブジェクトが多いようで。
平日はあまり早く帰れないのに期間は短いので、夕方まだ暗くなる前から列に並んできました。
16時半くらいから元町方面に歩いていくと、丁度そのあたりが列の入り口になっていて、だんだん暗くなる中、大丸前を曲がる頃にはすっかり暗くなってました。

そして金色の街路樹を抜けると、城の城門のような巨大なオブジェクトが。
ことしのテーマは、大きいものに包まれるような感じなんだろうか。

IMGP9970b.jpg 
門をくぐると、そこは光の大広間。
LEDになってから、豆電球に比べて光が冷たく、実際仄かに(温度的に)暖かったのが冷たい光になったと言われているが、それを考えてか、あまり青白く写らない配色になっているような。

IMGP9976b.jpg 
奥の方は、いつものアーチが並ぶ回廊になってます。

IMGP9978.jpg 
ちょっと変わり種は、募金箱の工夫。
触ると色が変わる仕掛けをしたジオラマやディスプレイ風の箱を用意して、子どもたちが触りたがるのを親が財布に手をのばす…という風景があちこちにw
思い出ができて、募金もできたならそれでいいじゃないw
自分はここより手前の一番目の、普通の箱に既に入れていて、100円玉を切らしていたのでスルー。

IMGP9983b.jpg 
東公園に入ると、これまた巨大なアーケードが登場。
横だけでなく、上も光で包み込むというコンセプトが見えてくる。
全体は大きすぎて、自分の持ってる最大広角のレンズでも入り切りませんw
トイレンズの魚眼なら入るけど、画が甘くなるので使いませんでした。

IMGP9993b.jpg 
そこから買い食いしながら会場の外に出て、木々の合間に見える光も楽しむ。
この東遊園地だけ見るなら、メインの回廊から並んで歩かなくても、こっち側から自由に出入りできるので、時間の無いときや、ちょっとよってみようかな、というときにはオススメの順回路。

IMGP0015b.jpg 
そのあと市庁舎の展望台に登って、東公園の全体を。
手前がオフィシャルや協賛団体のブースのテント、大きな光がメイン会場、その左に縦に連なるのが夜店街、奥がサブ会場で、こっちではフルートなどで演奏会をしていました。

この展望台も並べば無料公開されているので、ちょっと人垣が切れるのを待つ必要がありますが、オススメのスポットです。

このあと巨大ツリーを見に行こうかと考えたが、ちょっと疲れてたので諦めて帰ってきました。
先月末に大回転やって風邪引いた前科持ちなのでw

ルミナリエは、明日の日曜までやってます。

神戸の花火大会見に行ってきた
今日だってのをすっかり忘れてて、夕食でお酒飲みながらラジオで交通規制の話を聞いて、ドドドンと音が聞こえて~
さあどうしようとw
お酒入ってるのに、夜の山登りは結構危険。
道なりに行くと遠回りでいい時間を過ぎてしまうかもしれない。
それでも、折角神戸港開港150週年で15,000発も打ち上げるというから、観に行かない選択肢はない。
脚立と三脚とカメラ一式担いで、車が通れる道を延々登ること10数分。
いつもの高台の見晴台に付きました。
でも、今年は少し人が少ないような。
ハーバーランドの公園も整備されたので、みんな海の方に見に行ってるのかな。
それだと夕方から場所取りに行ってないとなー。

IMGP9624.jpg 
今年の花火は割と長く、19:30に始まって20:30に終了。
尺玉も沢山上がり、低い高度の明るいやつは見えにくかったけど、大きいのが上がるたびに歓声が上がってました。

IMGP9628.jpg 
最後にはこの距離から見ても巨大だと分かる玉が連発であがり、歓声はどよめきにw
4キロ離れてて、手前の100m級のホテルとサイズがほぼ同じとか、どんだけでかいんだ。

終わった後は拍手が出てました。
場所取りがうまく行かず、もう少しビルと手前の森を避ける位置もあるのですが、それだと虫対策をした上で夕方から来てないと無理だろうなー。

終わった後も、神戸の夜景を肴に酒盛りしてるグループが幾つかありましたw
平地よりも若干涼しかったので、虫対策さえしっかりしてれば、そういう夕涼みもありかもしれない。

実家に帰ってます
今年は休みも短いのでどうしようか迷ったけど、神戸に残っててもゲームくらいしかすることがないので帰ってきました。
さすがに車で帰るには日程が厳しすぎるし、日本海側を通るので冬場はどこで降られるか分からない。
仕事の予定も年末まで分からずで、指定を取ったのが1週間前。
さすがに通しでは取れず、博多乗り換えの自由席で帰ってきました。

行きに自由席の乗車が多すぎて、詰め込むために各駅での出発が段々遅れていくという有様で、当初予定していた出水に停まる号には乗れず、博多で30分時間をつぶす必要が。
熊本地震の影響もまだ残っていて、その区間では一部徐行。
結局予定より1時間近く遅れてようやく到着。

それにしても、今年の年末年始は天気が穏やかで、いつもは神戸よりこっちの方が寒いのでフル装備できたけど、日中に自転車で出かけてると汗ばむくらい。

写真は鶴の渡来地から少し離れた普通の田んぼにいたマナヅルのグループ。
人が近づくと逃げますが、車だと結構近くまで行っても逃げないので、さらに望遠を使ってばっちり撮れました。

もう少し休みが長ければ、しぶんぎ座流星群も見ていきたいけど(今年は特に天気も月も条件が良さそうなので)、例年通り4日から会社始まるのでうまくいかないもんですw

ルミナリエ見に行ってきた
IMGP8212.jpg
今年のテーマは、、、なんだっけw
初日ならそんなに人も多くないだろうと、会社帰りに三宮で降りて待機列へ。
ここから30分とかいう看板を素通りし、15分ほどで東公園へ。
今年の回廊は青みが多いせいか、少し冷たい印象。
でも、その分白が映えるので明るさはかなりある。
上の写真は、モニュメント越しに見たメインオブジェ。
NHKのカメラがどっしりと陣取って動かなかったので、完全なガラス越しは撮れなかった。
これはそのうちリベンジしよう。

IMGP8166.jpg 
会場だけじゃなくて、手前の待機列の回廊も結構綺麗な景色が拡がってる。
お城みたいなホテル、大手パン屋さんの控えめながら雰囲気にマッチした外観、そして大丸のライトアップ。
ルミナリエの回廊に続く道で、金色の街路樹越しに、エメラルドグリーンにライトアップされた様は圧巻です。

IMGP8170.jpg 
今年は銀行の前にもオブジェがあり、それを向かいのブランド店の磨かれた黒い壁に映した画もなかなか乙ですw

また、昼間見る白いオブジェも、青空をバックにすると結構きれいです。
周囲に背の高い建物が多いので、きれいに見えるのは午前中の少しの間だけですが、そういった楽しみ方もあるかも。



ペルセウス座流星群

を撮りに行ったのですが、結果はいつものごとくフレーム外に流れるジンクスは破れずw
場所は鹿児島県出水郡長島にある行人岳の山頂付近、海抜400m前後の高台。
いつかはここで星を見ようと考えていたのですが、なかなかスケジュールなんかも合わなくて。
今回は休みの日取りもよく、久々に車で帰ってきて、2日連続で行ってきました。

しかし、二日とも薄雲が広がる悪条件、明るい流星はその薄雲も通して見えるくらい周りが暗いのですが、両日とも肉眼で星が見えなくなるくらいまで粘って、大きいのもいくつか見ました。
流星群が見れなくても、夏の天の川を撮ることも目標にしていたのですが、結局明るい月に邪魔され、雲が切れるのは北の空ばかりで、こちらも撮れず。

冬は休みが短く、空は暗いけど天の川は薄いので、こちらを撮るなら春先か秋がいいのかも。
夏は毎回こんな感じだと、星座が分からなくなるくらい沢山の星が見えるような好条件を待つには夏季休暇を全て使わないと無理かもw
日本丸の出航を見てきた
IMGP7481.jpg
神戸港に寄港していた日本丸が出航するので、それを見に行ってきた。
8時過ぎに着いたけど、撮影スポットはもう埋まり気味。
寄って撮りたかったけど、このあとのムービー撮影なんかに有利な位置を確保するため、そのまま高い場所に居座ることにする。

IMGP7490.jpg
9時になると出航の式典を行う。
タラップから皆が降りてきて、何かやってたw
次があったら、今度はこっちを撮りたいところ。

IMGP7508.jpg
IMGP7494.jpg
タグボート、巡視船、放水船なんかも集まってきて待機。
タグボートは押すこともあるので、先端が平なんだねー。
改めて見ると機能美の塊ですw


ここからはムービーの切り出し。
登檣礼(とうしょうれい)をとり行うために、クルーがマストに登っていきます。

IMGP7490m2.png
どんどん登って行きます。
一番高い所は、海面から40mくらいあります。
登るときには命綱なんてしてませんから、クルーの度胸たるや、とても今年入学の学生とは思えませんw
というのも、ネットの知り合いが一人この中に混じってるのです。
どこにいたかはわかりませんがw

IMGP7490m3.png
そして、全員が位置に付いたら、一斉に「ごきげんよう!」と3回叫びます。
そのたびに拍手が起こってました。

IMGP7530.jpg
IMGP7535.jpg
IMGP7538.jpg
それが終わると、全員が甲板に降り、持ち場について出航していきます。
タグボートに引かれて岸壁を離れ、遠ざかって行きました。
途中、登檣礼と同じく3回汽笛を鳴らし、空港島の向こう側へ(空港連絡橋は低くてくぐれないため)。
波止場の先の方に行った人達が、いつまでも見送って戻ってこないのが印象的でした。

天気はイマイチだったけど、雨の予報にてるてる坊主作った甲斐がありましたw
航海の無事を祈ります。
新しいレンズ買った

テレ側はアダプターでフルサイズのレンズつければいくらでも伸ばせるけど、5.5倍になる以上ワイド側はそうはいかない。
トイレンズで魚眼も持ってるけど、写りはまさしくおもちゃのようで、背面液晶でもピントの山が全然掴めない。
毎年のように流星群を撮りに行ってるけど、やはり画角の狭さはいかんともしがたい。
そこで値段調べたら、フルサイズレンズの半額以下で買えるので、この際に購入してみた。

IMGP7470_20160603000825295.jpg
そんなに明るくはないが、このシリーズにしてはレンズ径は大きめ。
横にある35ミリフイルム用(非デジタル)の50ミリの単焦点レンズと同じフィルター径という。

IMGP7468_201606030008221ee.jpgIMGP7469_201606030008240f4.jpg
実際に使ってみると、今までの5ミリ(左・27ミリ換算)と、3.8ミリ(右・20.9ミリ換算)で結構広くなった印象。
イトマキや樽型も抑えられていて、今まで使っていたレンズのワイド側が拡張された感じ。

IMGP7472.jpg
晴れた日に外で撮ってみた写真も問題なく、ほぼワイド端しか使ってなかった前のズームを、これのテレ端からのワイドで置き換えできそうな感じ。
ただ、f値が落ちるので、使い所はそれぞれにありそう。
天気のいいうちに、夜空も撮ってみてどんな感じか確かめて置かないと。
最近のベランダ花事情

これは連休前にハーブ園で買ってきたものを寄せ植えにしたもの。
値が落ち着いたら会社に持って行こうかと思っていたが、思ったより水飲みなので、乾燥しがちで週休2日の会社には置けないかなー。

IMGP7344.jpg
これも同じ日に買ったもの。
この葉っぱが気に入って買ったのだけど、花も小さくてかわいいw
もう少し株を買ってきて、大きな鉢に寄せ植えしようかな?

IMGP7345.jpg
これは名前忘れたけど、去年買った観葉ものなんだけど、なんか花らしきものが咲いてるので撮ってみた。
色は地味だけど、小さな花弁に機能をぎっしり詰め込んだようなものが沢山。

IMGP7346.jpg
これも観葉で、オレンジの香りがする葉っぱが気に入って買ったもの。
ガレージの猫よけにと考えてたけど、結局ベランダで育ててる。
背丈が倍ほどになってるけど、先端に黄色い花が付いた。
サクラソウも含めてピンク系の花が多いので、小さいけど黄色勢力で頑張って咲いてますw

IMGP7342.jpg
これはマルベリー。
実が付いてるのを買ってきて、熟すのを待つだけだけど、何個かは既に収穫して食べてる。
今生ってる全部が取れたら、お酒に漬けてみるつもり。

春先に咲いてたサクランボは、水が悪かったのか枯れてしまった。
残念。
他にはトマトやメロンやゴーヤを種から植えてるけど、いつになったら芽を出すのやら。
花見してきた
IMGP7146.jpg
まずはいつもの一本桜から。
あと30分早ければ、もっといい光線で撮れたのだけど、時間見誤った。
でも、綺麗な青空をバックに撮れたから、これでもよしですw

IMGP7153.jpg
IMGP7154.jpg
今年は大阪城公園の桜を見に行こうかと、電車乗る装備で出たものの、一本桜を撮ってるときにバッテリーがあまりないことに気が付く。
一度帰って充電してからまた出直すか、どうしようか考えながら、現状の天気がいいので、新生田川周辺の桜を撮ってから考えることにする。
(毎年桜見に行くのは行きあたりばったりだなぁ)

今年はバーベキュー禁止になったので、煙も匂いもなく、快適なお花見ができました。
ここで豚まん買うために並んでたら、近くの階段をステージにしたところで、地元の専門学校生のダンスチームがライブを始めたので、それを見ながら団子でも食うかーと、テントでお茶を買って土手に席取り。
4~6品目あったけど、ロック調よさこいが気に行ったので、最後まで見てましたw

IMGP7157.jpg
バッテリーのこともあるし、戻りつつ撮っていくかーと、建物や暗がりを背景に、桜だけじゃない写真を沢山撮ってたら、バッテリーが半分以下に。

一度家にもどり、充電器を探したが、はて?見つからない。
30分ほど探して諦め、車に積んだままかなーと、車を見に行く。
そして、このまま新開地とかの桜を車で見に行くのもいいなーと、そのままドライブ開始ww

途中、今期容量不足に泣いたレコーダーの、外付けHDDも買わないとなーと思い、ハーバーランドで買い物。
そして、そのまま帰宅(マテ

帰ってきてようやく充電器を見つけたものの、外を見ると曇ってきてる。
あのまま直接出掛けてても、天気は持ったかどうか怪しい。
ましてや、バッテリー2本充電してからだと、確実に曇天と同じ色の桜を見に行く羽目になってたかも。

なので、今年の花見はこれが正解だったと思ってますw