ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
あけおめことよろです。
hiyoko17.png
ネタ自体は作ってる途中のを出したりしてたので、見た人もいるかもしれないけど、キャラモデル以外はシーンから全部作り直してるので別物ですw

ファーのあるものにトゥーンでラインをつけると、真面目に一本一本の毛にまで輪郭線を書こうとするので、ヒヨコがずず黒くなってしまう。
hiyoko11.png 
毛をめっちゃ細くして、ライン込みの太さと色にしてみたらどうかとやってみたが、本体が透けてしまってそっちにラインが付いてしまった。
かといって縁取りをしないと、キャラと浮いてしまう。

うまい具合に双方の中間を表現できないものかと考えて、とった手段はPNG合成w
ラインありの下地に、ラインなしのヒヨコだけ作ったのを重ね、頭の上のやつはまた別にレンダリングして全て合成。
いい具合にふんわり感を残しながら、輪郭線を付けられました。
これをリアルタイムで表現するのはおそらく不可能だろうなー。
テクスチャのクッキーカットを体毛にしてるようなやつなら、ギリギリ可能かな?

今年もCGの表現方法やキャラモデルの熟成、UNITYで動かしたり色々やっていきます。
初音ミク誕生際2015

こっちは落書きに彩色したもの。
某ゲームの夏イベント完走後、空虚な心を満たすために描いてましたw
最初描いてたA4の紙だと収まりきらず、後からA3の紙に描き直したら、髪が何だか分からない状態に。
元のサイズだと、左手首と右足首が見切れてたので、バランスがおかしくなるのも分かるわ。

でも、その時点では公開するつもり無かったので、じゃあクリスタの練習がてら、色でも塗ってみるかーと、機能を試しながらあれこれやってるうちに、なんとか見せられそうになってきたので、とりあえず上げて見るかーと。

それにしても、新しいゲームやイベントばっかやってたせいで、絵を描くの大分サボってたから、ただでさえ頻繁に描かないと落ちる画力が目に見えて落ちてる。
やっぱ定期的に描かないとダメだねー。

miku2015bd0.png
こっちは3D版。
2007年のモデルからならべてみようかなーと、ZIPやらDVDやらごそごそしてましたが、出てきたのは左から07、11、13、そして今作ってる15年版だけ。
14年版もあるけど、サンタしかなかったのでw
もうちょっと時間あったら探し出せるけど、これ以上並べてもそんなに変化のない年もあるので、これくらいがいいかと。

07モデルはポーズ機能を使って無かったため、ボーンのウェイトとか飛んじゃってたのを、簡易的に割り当てたもの。

miku2015bdc0.png
これのもうひとつ前のモデルもあったけど、マテリアルから飛んでたので、再生は諦めた。
多分、服を作りかけで、途中でバックアップ代わりに保存してたものだと思う。
これの更に1つ前のモデルは、今では終了した某MMORPGの衣装で、髪だけ作ってるのがあった。
そのモデルは、摩耶楼閣のとあるコーナーに公開してる。

11と13は見た目にあまり変わりがないけど、表情を細かくしてあったり、ボーンの構造も大分違う。
11もポーズ使って無くて、よくこんなので半年間動画作ってたよなーとか思ったり。

こうしてみると、今のモデル顔小さいなー。
15年版は、30分ほどで服を乗っけてるだけなので、これ以上動くと肌が抜けてきます。
V3の衣装に作り替えたら、頭身スライダーに対応したいところ。
モデル壊さずにどこまで作れるかなー。
赤セイバー落書き
セイバー落書き
最近ちょっとEXTRAの赤セイバーがマイブームになってて、コミック揃えたり落書きしたり3Dモデル作ったりと毎日何かしてますw
この落書きは、一度書いたらデザイン覚えるという、昔取った杵柄なスキルのために描いたもの。
別にこれでアンソロとかするつもりはなく、単に3Dモデルの細部参照としてだけどねー。

ほんとはゲームの資料が一番いいのだろうけど、4年以上も前のものなので、揃えるよりは今手元にあるボークスのカタログとコミック一式でいいかなーと。
なので、細かいところとか目の感じとかは自分なりに解釈して、立体に起こせるように描いてます。
3Dモデルのほうは、いずれまた。
クリスタ買ってきた。
クリスタ
でも、安いほうw
だって、旧バージョンのコミスタEX持ってるので、カラーイラストのとこだけあればよかったので。

UIはちょっと独自だけど、使ってみると意外に分かりやすい。
ツールの配置や機能、ショートカットなんかはフォトショップ準拠なんで、なれた環境としても使える。
それにしてもブラシの機能の多いこと。
初期の種類だけでも結構あるけど、カスタマイズや追加もできるので、特定の分野を描くのはかなり強いかも。

個人的には、ブラシよりカケアミや効果線ブラシなんかがお気に入り。
しばらく白黒の絵も描いてないので、結構新鮮だった。
まだブラシしかつかってないけど、滲ませやぼかし筆など、フォトショップより「絵を描く」ことに特化してる分だけ、出来ることは多そう。

そして、久々にタブ直書いてみて思った。
下手やなーw
絵ってのは技術なんで、描かないとどんどん下手になっていく。
経験でカバーできる範囲もあるけど、やっぱりちゃんと毎日とは行かなくても、描き続けないとダメだなーと思った。
ミク誕

とりあえずなんか作ろうと思い立って、2時間ほどちょいちょいいじってました。
本格的に他のツールに移行しようとしてるけど、やっぱりモデリングのしやすさ、ポーズのつけやすさ、レンダリングの品質なんかの兼ね合いで、こっちになっちゃうんだよなー。

衣装はV3に合わせて少し肩周りをいじってるけど、テクスチャが前のままなのと、このパースなのでV2に見えるw
ただV3ミクは以前にもましてスレンダーでシャープな印象があるので、うちのモデルだと頭身からだいぶいじらないといけないなー。
その辺は、うちのはうち、ということで衣装だけ新しくしていこうと考えてます。

またいずれ。
PMD化

色々やってるけど、なかなか一筋縄ではいかない。
メタセコのモデリングはだいぶ慣れてきたので、そこそこ思った造形はできるようになってきた。
しかし、アニマスでやってた頃の、キャラの可愛さがまだ出せてないので、精進が必要。
今はモデルだけで目の表現もしてるけど、やっぱテクスチャ使わないと厳しいかな?

meta051602.jpg
そして動かすモデルを作ってて、紆余曲折の成れの果てがこれ。
メタセコからPMDファイルが直接出せるので、一旦アンカーなどを設定したものをテストで吐き出し、動かせるかどうかのチェックとかしてたら、どの段階からか、ボーンもアンカーもめちゃくちゃになってた。
作業ファイルとして、PMD形式を指定してたので、途中のファイルが無くて復元不可能。
手順的には、MQOで保存して、ボーンとアンカーを確実にしてからPMDでウェイトの調整なんかをしたほうが良いのか。

そんなわけで、モデリングの技術だけが蓄積していってる今日この頃ですw
新モデルのXSI版

リハビリ兼ねてこの前作った新モデルを、XSIに取り込んでみた。
モデルを分けなかったので、髪も口の中も一体化しちゃったけど、ツールの練習なんで特にキニシナイw

最初に裏返ってる面を処理。
全選択で全面を反転させ、裏返ってるところを処理して、また全選択で反転。
こうすると作業はすごく早い。
5点パッチの10面ポリゴンは、ポイントの集約ツールで5面化→3面化。

xsi1310132.jpg
サブディビジョンかけると、シワになってる所とか、面の流れがおかしいところで影響がでるので、モデルをぐりぐり回しながら修正していく。
今回はやってないけどw

やったのはこれだけで、あとは特になにもしてない。
このままボーン入れて動かすのもありだけど、このモデルは一部の関節に面を畳んでるところがあるので、大分面を整理しないと使えない。
でも、それもツールの練習用にやるのもありかなー。
続き

夏休みが取れたので、艦これやりつつ、メンテ時間が暇なので続きやってた。

頭と首をくっつけて、顎のラインを調整して顔が柔らかく見えるようにした。
胸は控えめにして、最中状態を解消。
ボーンを仕込みつつ細部の調整していったけど、腰周りのスプライン編み直したので、今までのボーン構造だと足を前に上げれなくなった。

なので、ここは新規に組み直す必要がある。
肩周りは網は変わってないので、逆に新しいボーンで肩のウェイトどうにかできないか模索中。

ボーンに飽きたら、表情やリップ作ってた。
その中で、目の大きさ変えれるやつも作ってみた。
SSはそのスライダの70%くらいのところ。

目の大きさは、これをデフォにしたほうがいいような気もするw
でも、トゥーンレンダすると目が小さく見えるから、スライダは有効にしとこう。

目はアニマス目をポリゴン対応させるために、巨大な球の一部を切り取ってテクスチャ貼って、それをスライドさせることで目線作ってるけど、後で瞳だけ切り取ったものに置き換えるかも。

あと、輪郭の調整はどうしようかなー。
あれはかなり組むの面倒なので~
でも時間はたっぷりある…
新モデル

色々いじりすぎて、おかしくなってきてたので、新しく作り直してみた。
で、大分形になってきたので出してみる。

右が今までのモデルで、ウェイトその他割り当て済み。
左が新モデルで、まだノーウェイト。
しかも、まだ最中状態。
水着もそのまま持ってきたので、実際のプロポーションには合ってない。

あと、モデルのサイズ自体もいじってる。
ここでは並べるために同じ大きさに調整してるが、新しい方は150cmくらいの身長になってる。
等身が変わらないので、実感は無いと思うがw

model130916.png
大きく作り直したのが顔から肩周りにかけての上半身。
水着が合ってないので輪郭がわかりにくいが、ご容赦をw
言い換えると、水着のある位置に、もとは体があったことになる。

いままでのモデルがちょっと猫背気味だったので、骨格を考えながら首の位置なんかも調整。
顔は横顔の顎のラインを大幅にいじって、人間らしい骨格にした。
それに伴って細部を色々いじってるので、顔つきも変わってしまった。
首を大分太くしたので、頭はもうちょっと前にしたほうがいいかな?

表情や口は、今まではボーンのスマートスキンでやってたが、これはポーズに置き換える予定。
目の大きさも変えれるように考えてるので、何かを作るときに汎用顔ではなく、イメージを合わせやすくなるかもしれない。

肩から胸にかけては、胸の筋肉に膨らみが乗ってる感じにしようとまだ調整中。
ここは、ポリゴンにしてからいじったほうがいいかなー。

手はポリゴン向けに一旦爪を無くしてシンプルにし、大きさはどうするか考え中。
手の大きさもポーズでいじれたほうがいいかもなので、ここは最後までこのままかも。
欲を言えば、手足の太さや長さも自由にスライダでいじれるようにするのがいいのだが、現状のMMDではまだそれは難しそう。

このモデルに関しては、追々ボーンとウェイトを切り分けて、それができるようにしようと考えてる。
うまくいくかはわからないけど、できたら他のツールでも応用を考えて行こうと思う。
あぶくま作りかけ

待ってる間暇なので、炎天下の部屋に篭って(なんか間違ってる)阿武隈作ってました。

まだパーツのボリュームやシャープさ、ボーンの入ってないところがあるので髪も串刺し状態ですが、一応形にはなったので上げてみる。

元のイラストが「本当にイラスト」で、髪なんかも勢いで書いてるフシがあるから、そこをどれだけ再現できるかが課題かな。

でも、うちの汎用モデル使ってるので、目の大きさを変える機能付けたほうがいいかなーとか思い始めてる。
究極は、腕や足の長さ太さ全部スライダーにできればいいんだけど、それをやるにはかなり組まないといけないので、いまのところ面d…時間が無いのでやってない。

というか、それするともうモデルをいじれなくなるw

もうちょっと立体を破綻なく出来てくれば、またあげたいと思います。
ぜかまし

ぜかましこと、一部で大人気の駆逐艦島風。
ようやく形になったんで上げてみる。

顔は似てないけど、そこは自分モデルを使ってのものなのでw

先週から作り始めて、平日は触らず。
んで、この週末に急遽別カットのレンダリングが必要になったので、大慌てで砲台君たちを作成。

それを出したあと、バックの5連装魚雷発射装置に着手。

shimakaze_back.jpg
あまり資料がないので、あちこち探し回ってかき集め、それらしく作ってみた。
しかし、後ろにあるものなので、ほとんど見えない状態w
まあ、そのへんはただのこだわりということで。

でも、作ってるあいだに思ったが、元のイラストの形だと、4連装じゃないのかな?

後ろを作って位置と大きさを合わせたあと、砲台君にも少し手を入れた。
あとは、これで脇の下に碇をぶら下げれば完成だけど、次なに作ろうかな。
暑中見舞い申し上げます

サイトは一昨日から公開してるけど、それとは別にポーズ変えであげときます。
この水着では泳げません。多分。

なんだかんだでまだアニマス使ってるなー。
肩周りいじってる最中なので、ちょっと腕が細い。
顔は舌を動かせるようにモデルを変えたので、大きく口を開けると印象変わってるかもしれない。
あけおめ
nenga30.png
今年もよろしくお願いいたします。
頑張って毎日更新していきタイト思います。
動画

本当に久々に本格的な動画屋やってますw

今日こなした枚数はそんなに多くはないが、やっぱりカンを戻すまでが大変。
下書きだけで結構な枚数になってるし、長い線がなかなか引けない。

あと、紙を重ねて暗いなーとか思ってたが、よくよく考えたらコピー用紙じゃなくて、なん百枚も動画用紙もってるやん俺ってのをさっき思い出した。
いちいちクリップで止めなくても重ねられたのに、なにやってたんだ…

とりあえず今日の予定分は終わったが、結構いい時間なんで残りの枚数と取り込みは明日以降に。
PVまでいけるのは火曜か水曜になるかなー。
ミク誕に2枚
直でなくリンクになりますが、ニコに2D落書き、ツイッターに3D版を上げました。
車を工場に預けに行ったのと、放送聞いてた以外はずっとこの辺のことしてました。

3Dの方は、最初盛ってる全モデルでトレインしてるのを作ろうと思ったが、色々都合があって取りやめ、先に書いていた落書き版を再現してみる方向に。

落書き版では塗りで表現していたフレアを、3D版は光彩のエフェクトで出してみたら、意外に綺麗に出たのでそのまま採用。
ていうか、2D版も背景抜いて光彩で何とでもなりそうなものだったが、それだとエッジにしか出ないから全部塗りでやってたという。

結果は見ての通りなので、もうちょっとスキルと実績の積み上げしないといかん。
でも、フォトショップもアップグレードしないといかんが、タイミング逃したので(うちはCS2)クラウドにするかどうか考え中。

他にもイラレとFLASHがあるが、どっちもCS3なんで年内に答えを出さねば。
なにより、OSの64bit化が必須になりそう。
そうなるとPCから組み直し。

その年末には車検が待っている。
うちの作業環境の運命や如何に???

2D版(ニコニコ静画)
3D版(Twitpic)