ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
NEW BLUE SKYY
なんというか、瓶も味も例の「ポーション」そっくりな感じ。

それでもお酒なので、どちらかというと滋養をどうのというよりは嗜好品として纏まっているのではないだろうか。

食事の合わせにはちょっと微妙な味。
それこそゲームの合間にでも、おつまみ片手にやる感じがいいのではないかと。
TWO DOGS
オーストラリアの果汁発酵系の酒。

4度と非常に軽めで、レモンとグレープフルーツを飲んだが、レモンはよくあるレモン清涼飲料水の様に、一口目を喉に通した時にすーっと流れるような感じだった。

対してグレープフルーツは、ソルティドッグに近いんかなーとか思ったので、市販の果汁系酒で変わったものを試したいと思ってる人には、レモンがオススメです。

あと、レモンの方は何にでも合うかも。
これ何本か備蓄しといて人が来たら出そうと思ってます。
RO2やってきました
Ro2Shot_20070828_002545348.jpg

しかし、負荷テストといいながら3サーバー5チャンネルであれだけ広い場所で、何の負荷をテストしたかったんだろうか(笑)。

あと、操作性最悪、インターフェイスもわかりにくい、アニメーションは中途半端と、これで週末にOβ開始って何の冗談でしょうか。

更に、ブログのネタにとSS撮ってたんですが、BMP無圧縮で保存されるので、大きい画面でやってる人は注意が必要です。
ええ、19枚で100M近く行ってるのみて笑いましたよ。
しかも何故かマイドキュメントに保存してるし、一体どこの素人さんが作ったんでしょうかねこれは。

あと、名前取りキャンペーン…
グチばっかりになるんでもういいです。
職人の粋
IMGP1266.jpg

ホビー系各雑誌が発売されて、ワンフェスのネタも紹介されている中で、何故かこの大作がどこにも見当たらないので不思議に思って載せて見た。

環境的に撮影が難しい展示であったのは否めないが、その大きさは両翼で裕に1mを超え、更にこれが展示だけでなく量産され、一般販売もされるという凄まじさに肝を抜かれる。

経験者ならわかると思うが、これだけのモノを抜こうと思ったらどれだけのシリコンと労力を要するのか、想像に難くない。

今回はワンフェスの扱いも雑誌では少々少なめだったために、こういったものにまで脚光が行かなかったのかもしれないが、こういった造形を生で見れるイベントとしても、ワンフェスの楽しみ方はあると思う。

IMGP1263.jpg

この写真も本体にピンが合ってませんが(笑)。
本日の収穫物

物自体は少し前のもののようですが、取れた(というか店で見たのが)のが昨日だったので、自分の中ではまだ鮮魚です(笑)。

自分はケロロちゃんと見てないのですが、色んな意味ででかいですな。
まあ、あの世界ではちゃんとこうなるのが道筋なんでしょう。

しかし、釣られてる自分が言うのもなんですが、リペで全2種ってのそろそろ止めにしてほしいわな(笑)。
いや、まじで今回は1個でいいかなーと思ったんだけど、そのまま取れそうだったんで2個そろえました。両方3回以内です。
ベースが箱の上から下まで占めてるんで、全体のバランスはいいようで、捕まえるとそのまま真っ直ぐあがって運べました。

そうでなくても、箱自体が大きいのでゴロゴロ転がしたり押していってもいいかもしれません。難易度は低めの部類かと。
時代錯誤?時空錯誤?

タチコマが欲しかったので発表された時からずっと狙ってました。
[時代錯誤?時空錯誤?]の続きを読む
やつらは大事なものを盗んでいきました

というわけで、夏のシールはイベントも盛りだくさん。


[やつらは大事なものを盗んでいきました]の続きを読む
パンヤ250人大会

初めて参加してきました。


[パンヤ250人大会]の続きを読む
水出しコーヒー
IMGP1326.jpg
手順や豆は全然違うが、その辺にある道具と材料で適当にやってみた。

ポットにアイス用の挽いた豆をそのまま適量入れ、そこに水をダバダバ入れる。
5時間ほど放置して、その後金フィルター(正式名知らん:薄い金の板に髪の毛より細いスリットが開いてるフィルターの代わりにするやつ・洗って何度でも使える)で濾しとる。

普通はホットを氷で急冷したり、お茶用のパックに入れたりするのだが、この方法なら捨てるのは豆糟だけ。水全体に粉が行き渡るので、抽出も早い。

写真だと、そのままホットで出した様にも見えるが、これは既に濾したあとのもの。
ホットで出す時は、これをコーヒーメーカーに乗せる。
味はホットのを冷やすよりは味がまろやかで、風味は劣るが手軽でいいかも。
雷を撮る

ついさっきまで凄まじい雷の応酬。
雷がまるで滝のように降り注ぐ中、デジカメで写真を撮る事にチャレンジ。

フイルム写真の頃は撮る事が叶わなかったものであるが、今日のは5秒に1本くらいの勢いで落ちまくってたので、MF、F16、バルブ設定で、開けて光ったら下ろすという感じでとりまくってた。

これはそのうちの1枚。
しかしCCDにホコリ乗ってるなー(笑)。

普通のコンパクトデジカメでも、マニュアル設定があるなら絞りをF22~F16相当くらいまで絞込み、15~20秒くらいシャッターが開く設定にすれば、今日みたいな日には何回かに1枚は撮れるのでお試しあれ。
N700系
実物をついさっき、初めて見た。

以前700系の試運転を見たときは、カモノハシだなーと印象を持っていたのだが、Nは色んな写真を見ると「今度はカバか」と思うような絵面ばかり。

しかし、実際に見てみると鼻面はもっとスマートで、どちらかというとバクやアリクイに近いんだろうか。

そういや、「ネコミミ」はもう走ってるんだっけか?
どのみち東京まで出ないと見れないが、それを撮れば全国の歴代新幹線全制覇となるので、そのうち狙ってでも見る時間を作りたいものである。
TV見てて

やたら胸の大きいハルヒを見て、そういやこんなの買ってたなと思い出した。

中身は緑茶で、デフォルメハルヒと鶴屋&みくるの2種の絵柄。
今のところまだ1本も開けてないが、こっちじゃ聞かないメーカーだよな。
お味の方はいかがなんでしょ(笑)。
とある部室SHADE版

建造物などをSHADEで作るようになって、ようやく慣れてきたのでまたぽちぽち作業を進めている。

これはアニマス版では完成していたものを、SHADEで作り直している途中のもの。
そこそこ仕上がってきているが、まだ小物や椅子が足りない。

今これを作る必要はないのだが、うちの友人は漫画の背景に使うからと、2500万画素のレンダリングを平日の夜中1時に依頼してくる。
それに対して予め素材が揃っていれば、あとはレンダリングする時間だけである。
しかし、モデルの製作よりもこのレンダリングの時間だけは縮めるのに物理的な手段を要する。

なので、今まで作業用機に入れていたE63を予備パーツのE66に換装、もともと長時間作業するために、あまりPCにパワーをかけないで電気代を節約していたのだが、1時から先のレンダリングを4枚とかやり始めると、終わる頃には3時半とかになるので、翌日会社がある場合などは洒落にならない。

時間を金で買った格好になるが、これならレンダリング専用に1台組んだほうがトータルの電気代は安くなるのかなーと、1台分+α揃っている「予備」パーツ群を見て思う次第。
日よけ


自分は今週から遅れて夏休みを取っているので、出かけていれば別だが日中家にいないわけではない。
夜用に大型送風機を導入したものの、元の熱源(昼の暑さ)がそのままでは意味が無い。

そこで、台所と書斎のベランダに葦の日よけをずらーっと並べる。
観葉植物があるところだけ空けておき、他は完全に日陰になるように組み付けた。
このままだと布団が干せないが、干す時はどければいいように、手前側は固定していない。

その効果はというと、昼でも少し薄暗くなったもの、明らかに以前のような日中のうだるような暑さは無くなった。
また、これ自体が目隠しにもなるので、夜カーテンを開けていても外から丸見えという事はない。
そうすると、風の通りも良くなるので相乗効果は大きい。

んで、例の送風機はというと、室内干しの洗濯物がいつもの3分の1ほどの時間で乾くので、少々気温が低くても使うことが多くなるかもしれません(笑)。
34度線
別名34度の壁とも言う。
それは、うちの居間と寝室の間にある台所のこと。

居間はクーラーを入れないと、PC数台分の熱を相殺できないのでいつも30度設定で回している。

対して、寝室は北側にあり、窓を開けていると山からの吹き颪が入って結構涼しい。
そして、その間にある台所は…

まず、最大の熱源である冷蔵庫が、その全身から熱気を発しているのがそばに寄るだけでわかる。更にこの台所、窓が南側にしかなく、日中暖められた分が夜になってもそのまま残っている。

ここが、夜中の2時を過ぎても室温34度あり、寝るために移動するだけでその
熱の壁を越えなければいけない。
今年の夏は特に暑いとは思うのだが、温暖化が叫ばれる中、今年だけのものとは思えない。

そこで、最初は話のネタにでもしようかと思っていたブツを思い切って購入。
[34度線]の続きを読む
マンゴーその3+α
今回はサンガリアのクリームソーダ、バヤリースのナタデココ入り、そして噂のマンゴーリキュール「マンゴヤン」を試す。

クリームソーダは、風味がよく出ていて果汁1%とは思えない味わい。
バヤリースのナテデココは、果汁分が30%もあることで、かなりマンゴーらしさが出ている。
その上で食感も楽しめるので割といいかも。

そして、たまにはウォッカでも凍らせてソルティドッグのシャーベットでも~と思って洋酒のコーナーを覗いたら、見慣れない黄色い瓶が。

なんか、どっかで紹介されてたような気もするのだが、面白いので買ってきた。
早速、ミルクで割って飲んでみる。
甘いです。(笑)
食事には合わないと思うので、パーティなどで色々つまむ時に出すといいかも。

ミルクといえば、梅酒をミルクで割って飲むのも結構いけますよ。
そのままだと凝固して分離するので、シェーカーでたっぷり振った後で、氷をドカドカ入れて飲むと最高です。

うちはこの辺のを楽しむために、きつめの酒が何種類か冷凍庫に入ってます。
梅酒は凍らないのですが、ウォッカの一部はシャーベット状になるのもあります。

そこで思いついたのが甘めの酒は、カキ氷にかけても美味しくいただけます。
梅酒なんかだと夏バテ予防にもいいかもしれませんが、酔って倒れては本末転倒。
後半は酒のカテゴリに被ってますが、暑いからこそ美味しく頂きたいものです。(笑)
LUCKY★MANIAXXX!

というわけで、あちらのサークルさんと連携で1台作ったものです。

[LUCKY★MANIAXXX!]の続きを読む
RO2
クライアントのサイズがベータから1G超えてるってどうなんでしょ。

[RO2]の続きを読む
にゃがと?

というわけで、この記事が見れる頃にはクライアントにモノが届いているはず。

今までぽちぽち上げていたネタの正体はこれ。
装着してみたら、オレも欲しい~とか思ったのだが、型取りしている時間がなかったので、完全なワンオフとなってしまった。

それでも破壊力はかなりあるので、いずれ何らかの形で再現したいと思っている。
白吹き

本当はこの時間はペルセウス流星群のデジカメ写真でも撮って生中継しようかと考えていたのだが…


[白吹き]の続きを読む
本日の収穫物

市場には出回ってるようですが

[本日の収穫物]の続きを読む
素材いろいろ

最初はWiiコンだけ作ってたのだが、結局耳も作る事に。

んで、エポキシをあるだけ使ったら大きすぎると指摘され、素材がなくなったので買いに出る。

先週買ってた軽量粘土も含めて、粘土系で作ってみたものの一覧。
なんか、白いのはさわり心地も見た感じも美味しそうなので、この粘土は小さい子供には向かないだろうなとか思いつつ。

エポキシやファンドを練っていて思ったのは、握力が減ったなーということ。
前はスチール缶を丸めて遊ぶほど握力を持て余していたのだが、考えてみればその握力は、この粘土系の素材をこねくりまわしていたから培われたんじゃないかと、今更ながらに思ったり。

しかし、引渡しまで4日しかない。
はたして間に合うのか?!

ワンフェスから帰ったら、ポリパテを練ることも考えてます。
しかし、ポリパテは固まるの早いが仕上げのプラパテが乾くの遅いしなー。

つづく
萌えドリル旅立ち

まさか今頃店頭で新品が手に入るとは思ってもみなかった。
多分予約流れだとは思うのだが、そう考えると取り置き期間長すぎじゃないかとも思ったり(笑)。

ほかがちょっと忙しくてパッケージの中身確認しただけですが、これは「7」をちゃんと認識してくれるのだろうか。

これやる前に前作を買ってきてプレイしといたほうが寄り楽しめるのだろうか。
とりあえず暫くはこんな感じで、プレイは当分先になるかも(笑)。
カクテルパートナー
たまにはリキュールでもと思い、4種買ってきて順に飲んでみた。

まずはソルティドッグ。
実際にグラスの淵に塩をつけようかとも思ったが、うちには料理用の粗塩しかないのでそのまま缶で飲む。

そして、スクリュードライバー、ピーチ&オレンジ、カシスオレンジと飲んでみたが、アルコール度も低めで、炭酸もきつくなく飲みやすい。
1日でこれだけ飲んだらそれどころじゃないが、飲みたい時に1本づつあけるには軽くていいんじゃないだろうか。

以前はウォッカを冷凍室に入れて、シャーベット状にした所にグレープフルーツ100%のジュースをだばだばと注いで飲んだりしていたが、果汁分は少ない上に糖類を含むため、その風味は薄れるもののソルティはそれなりにいけるんじゃないかと思った。
他のは飲んだ後に甘さがちょっと残るかも。それも好みですが。
久々にシール

入ってみたら、なんかテクスチャ壊れてるようで。

[久々にシール]の続きを読む
ゲーム専用2号機沈黙
今年の春までは、バリバリというほどではないがオンラインゲームをしまくっていたので、複数のゲーム専用機を毎日のようにフル稼働させていた。

[ゲーム専用2号機沈黙]の続きを読む
HGIFハルヒⅡ
全8種といいつつ色パーツ替えで実際には4種ですが、3回ひねって眼鏡と白と赤。

長門の脚にちょっとヒケがあるのが気になるっちゃーなりますが、顔の造形はK社の箱入りに比べると遥かにいいので、最低全員はほしいかなと。

しかし、白はハルヒに合わないかもというのが自分の頭の中身なわけでして、次に小銭があるときにまた台を見つけたら、黒目指して頑張ってみようと思う次第。
頑張ってどうなるもんでもないですが(笑)。
コミスタ連動


SHADEだけに頼らず、手持ちのソフトを組み合わせて色々やってみる。

[コミスタ連動]の続きを読む
夏のECO

また去年と同じく水着売ってたりしてますが。

[夏のECO]の続きを読む
マンゴーその2
JTの缶入りマンゴープリン、バヤリースの紙パック、伊藤園のミニペット。

このなかでは、JTのが一番マンゴーらしいと思った。
腹にも溜まるので、夕方の空腹を紛らすには結構いいかも。
この3種は会社の自販機で買えるもの。
メーカー違いでこんだけマンゴー入ってるのは、やっぱ流行ってるから?

んで、色々飲んでみて果汁分が少ないとどうもピーチっぽくなるのが、この果物の特徴なんだろうかと思ったり。

だからかと、ピーチとのミックスが多いのも勝手に納得してみたり。
最近みつけたマンゴー系はこんなもんだろうか。
また見つけたら試してみます(笑)。