ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
VTT905最終形態


奈良県某所での走行会にて。
この後、ハンドルの角度や保守部品の調整などを走る度に行い、来週の本番に備える形とした。

ちなみに、サドルについているのはジェル入りのカバー。
これをつけていても、1周11キロのコースを2時間も走れば尻が痛くなる。
こうなると、何をどうしても痛いものだろうと諦め、パッド入りのアンダーウェアなどでカバーするしかない。

しかし、やはり前サスのエアは30分と走らないうちに抜けてしまい、元のシャコタンに戻ってしまった。早くショックポンプ来ないかなー。
Hな箱


いや、見たまんまですが(笑)。

再販分で入手、箱に入ってると中はまともにみれないんですが、やっぱ4分の1はでかいなー。
最初の販売のときは、腰と足の接合部の出来が気に入らないのと、やっぱりでかすぎるのがあって手を出していなかった。

実際手にとって見ると、かなりでかいのが判る。
サイズは、箱正面の小さい方の写真くらいの方が、飾るにしてもよかったのではないかと思ったり。

しかし、これだけでかいとどこに置いておこうか迷ってしまう。
そう、既に飾るというより、置くというほうが似合ってるよな、やっぱり(笑)。

改造中


905のパーツが届いたので引き取りに行き、戻って改造開始。
ちなみに、写真は前にハンドルバー換えた時のものです。双方のパーツ構成が今となっては懐かしい(笑)。

SIDのサスは、エアを充填しただけで特に問題はなさそうなので、工賃なども発生せず。

しかし、やっぱりOリングの劣化が原因だろうとのことで、いずれは交換かサス自体を変える必要がありそうだ。
とりあえず様子を見るが、一応ショックポンプは注文しておいた。

こいつのハンドル基部を触るのは久しぶりだが、結構きつく締めてあって、折りたたみ式の万能レンチが分解してしまった(笑)。

その後、なんとかレンチを直して続行、幅を詰め過ぎたTIOGAのバーは、いずれまた使う機会もあるかもしれないので、とりあえず残しておく。

サドルはテールが長いものに交換、グリップは予定通りergonのLサイズのものをつける。グローブの上にプロテクターまで巻いて握るから、Sサイズでもいいかと思ったが、平時は細いと握りにくいだろうと思い、900も905もLサイズにしてある。

ここまでやったところで、試走にでかける。
グリップの角度は、もうちょっと走って調整したほうがいいかもしれないが、以前よりも幅も太さもアップした事で、かなり余裕をもって握れるようになった。

日があるうちに写真が撮れなかったので、これはいずれ載せるつもり。
秋月



チャリのパーツの買出しやらなんやらやってたら、すっかり遅くなってしまってふと見上げるといい絵があったので撮って見た。

カメラは、久々に持ち出したOptioS50で、サドルの上に置いてセルフタイマーにした以外は[P]モードなので、フルオート。
ちょっとピンが甘いが、割と綺麗に撮れるもんである。

こうしてみると、夜景に比べて月が明るいのがよく判る。
自分は月を撮るときは夜景とシャッター速度同じでもF8とかに絞ってるからなー。

よくあるアニメの背景の様な、夜景も月の模様も綺麗に~ってのは、多分難しいだろう。
そう考えると、人間の目がいかによく出来てるかわかる。
そのうち、画素や範囲で露光を変えれる様なCCDも出てくると思うが、まだもうちょっと先の話かな。
NEW GT-R
色々物議をかもした覆面商談など、色々あったが結局各車雑誌で出てたCGの形でFAという感じだった。

プロトからさほどデザイン自体の変更は行われておらず、目の下の黒い部分が普通にフェンダーから回りこむツライチのバンパーになっただけだった。

その辺最近の雑誌はCGがこなれてきているので、あそこまで覆面を押し通す意味があったのかどうかと言いたくなるのだが、ゲーム会社は先行してマスク無しの画を見てたんだろうなーというのが、最近画面写真で確認できる。

うちはPS3を来月買う予定なのだが、DL版のプロローグに間に合うかなーとか思ったり。
今更落としても色んなイベントは見れないわけですが、それならそれで最初からHDD増設してやろうかとか色々考えてる。

実車価格は777万から、これが高いか安いかと言えば、パワー対価格で見ると相当安いという友人もいれば、日本でその馬力は意味がないという人まで様々。

いずれにせよ、Zに変わってこれがサーキットで暴れる日もそう遠くはないだろう。そのとき、どんなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか。
GHOST HOUND
WOWOWなので、割と改変期から時期ずれで始まるものが多いが、これは先週から始まったもの。(これ書いてる時間には、まだ2話が放送されてません)

雰囲気は地獄少女+朝霧の巫女?
キャラデザインの印象からそう思うのかもしれないが、原作が士郎正宗&IGとはなっているが、作り方や見せ方からしてもあまりそうとは感じない。
幽体離脱を扱う内容だと思うのだが、画としてはすごく不思議な感じがする。

まだ面白いとか、そういったところまで話が進んでいないのでなんとも言えないが、木曜深夜帯も割と混んで来たので(特に衛星)そのうちどれか見れなくなるんじゃないかと心配になってきてる。

現時点で既に衛星チューナーが足りないので、いくつかは録画なしで直接見てるし(笑)。
代車
VTT905のサスの件でメンテナンスに出したのはいいが、出したっきり店から連絡がない。

更に、日曜のパンクで交換したRCのタイヤ、ホイールのアライメントが取れてないのでこれも週末に工場へ持っていって調整してもらう必要がある。
車のほうはすぐできると言っていたので大丈夫だと思うが、905のほうが怪しくなってきた。

そこで、900の改造に着手、ビニールチューブを履いていたタイヤを、1.75から2.0の太い物に換え、チューブもゴムに。
夜中にチャリで走り回ってると、職質受けかねないので走行テストは明日以降行うつもりだが、やっぱりタイヤを太いものに替えただけで明らかに足元の重量が増えた感じがする。

元々そんなに軽量化にこだわった改造をしていない車体だったが、やはり持ち比べて見るとキロ単位で重いのが判る。

買ったときから着けていたグリップは、真っ赤なゴム製だったが劣化や退色その他で凄い色になっている。
元々905に買ったergonのグリップを、これに取り付ける。

土曜までに905が帰ってこなければ、この900を走行会に持ち込む予定。
電プレ400号
暫く本屋に行ってなかったら、もうすぐ次の号が出るというところでこれを発見。

創刊から買ってたが、ゲームをしない時期は買わなかったりと、それでもこのうち7割近くは買ってたんだよなーと。

主だった広告が、揃って祝辞を送ってるのもなかなか見れないものかもしれない。
何周年、何百号記念と色々な雑誌が通る道だが、13年というのはやっぱり長い道のりだな~と、いつものジョギング中、十三夜の名月を見ながら思ったこと。

自分は13年休まず続けてきたことって何かあるだろうか?
そう考えるとその重みが判るってもんです。
チャリの車高
しばらく乗ってなかったので、最近また持ち出してシェイクダウンしている間には、あまり気にはなってなかったのだが、一昨日ブログに写真を上げてから気が付いたこと。
[チャリの車高]の続きを読む
出走できず
今日は昨日の続きで、改造中のパーツの具合など、色々書くはずだったのだが。

行きは、普通に行ってた。
前日からVTをばらして後ろに積み、ダンボールで周りなどへの当たり対策も施し、パーツの予備や工具、飲み物も積み込んで神戸を出発。

滋賀に着いて、友人のVTをばらし、それを積み込んでいざ、奈良へ!
…と、車の右側からバタバタと異音が。

[出走できず]の続きを読む
VTT905改造開始


というか、全然乗ってないのでメンテも兼ねて色々いじってます。

[VTT905改造開始]の続きを読む
オトメディウス
ケイブ&AMIの横シューやりに行ったら前のはロケだったらしく、撤去されていたので他のを探しに駅前うろついてたらこれを発見。

前に見たのはロケバージョンだったので、それからすると大分変わったなーという印象。
とりあえず使ったことないエモンでスタート、キャラの数は変わってないが、南極のステージが増えていて、やってみたらここが一番面白いかなと思った。

壊せるところが多いので、稼ぐならここでしょうか。
まだ経験値低いのかアイテムが足りないのか、あのキューブを全滅させるにはもっとパワーがいる。

エジプト面のいわゆる「恒星ステージ」も稼ぎどころなのかな?
そして、スプレッドはどのキャラの装備なんでしょ(笑)。
エモン自体はオプションがサンダークロス状態なので、防御はいいが攻撃が若干低めなのかな。
その状態でテイルガンあるんで、土地にさえ気をつけてれば初見でもノーダメージ行けそう。
そうそう、土地の(というか時機の)当たりがよく判らん。いつのまにか「うっ」とか言ってシールド削れてるし。

しかし、1P200円はちょっとやりこむには躊躇するかなー。
でも久々に難易度が自分でもついて行けるレベルなので、続けてみたい気は山々。
これもロケじゃないよね?(笑)
秋の新番4
今回はキミキス、ef、獣神演武、クラナド。
[秋の新番4]の続きを読む
変わりゆく?コンビニ
最近夜に走る量を増やそうと、それまで2駅手前で降りて走っていたものを、一度家に帰ってからちゃんと着替えて別ルートを走るようになった。

そこで気が付いたのが、1・2年くらい行っていなかったコンビニが、生鮮も扱う「+」付きの店に変わっていたことだ。それも、2件も。

片方は通りかかった事はあるが、入った事は無い店。
もう片方は、コピー誌をコンビニで作っていた頃によく使っていた店で、家からだと他に近い店はあるのだが、なにより坂を下りなくていいという立地の為、好んで使っていた。急な買い物に出かけても、坂のあるなしでチャリでの時間も労力もかなり違う。

少し前に、TVで特集があって、徳島かどこかから試験店舗を始めるとか言ってたやつだ。それが実際に近所にあると、看板の色の違いもあってかなり印象が違う。

今は2駅先までの往復を走っているルートだが、もう少し足を延ばせばまだ見つかるかもしれない。
立体パズル
360(略)のハンドル(略)に不具合があるとかで、交換の方法が告知された。
それによると、業者による回収と着払いで送付とあるようだが、一式そろっていることが条件ともなる。

しかし、回収してもらうにも、送付するにもあの開けるのにさえ一苦労した難易度の高い箱に、もう一度収めないといけないと思うと頭が痛い。
それ以前に、忙しくて散らかり放題のこの部屋の中から一式を探し出さないといけない。

一番難易度が高いのは取り説だろうか。
なんか、ペラかったので一度さっと見ただけで、雑誌などと一緒に積み上げたような気がする。
そして、その雑誌の山は今は解体されて、捨てられたものと保管棚に入ったものと、行き先はなにがどこにいったかまでは覚えていない。

夏に大量に棚を買って整理したせいで、大片付けをしたのだが、いまとなってはうらめしい。
まあ、時間はありそうなのでぼちぼち探すとします。(笑)
どハマリ
なにがって、ディスガイアポータブルに。
一般的な生活時間と勤務時間以外は、他の何もしないで延々やってます。
そりゃもう、ブログのネタに困るほど(笑)。

既に開始から数十時間過ぎてますが、未だにラハール含めたメインキャラは20台、一番上が星魔の30とえらいのんびりやってます。

「魔王さまのお仕事」の辺りから敵のレベルが20超えてくるので、戦闘職と魔法職のバランス見ながら少しずつ進めているが、新しい職業が出るたびにアイテム界に潜ってるので、なかなか先に進まず。

実はPS版では時間が取れなくて最後までやってないので、こっちの方がいつでもどこでも出来る強みを生かして育成がかなり楽しいというのもある。
こんな調子でやってたら、エトナ編なんて一体いつになったら始められるやら。
秋の新番3
今回は素敵探偵ラビリンス、げんしけん2、ドラゴノーツ、みなみけ。
[秋の新番3]の続きを読む
秋の新番2
今回はガンダム00、プリズムアーク、レンタルマギカ、ユート。
おまけはRD-A600の使い勝手など。
[秋の新番2]の続きを読む
ポット洗浄


たまには俺式生活の知恵などを(笑)。

特に電気給湯式のポットに多いのが、給水口の塩素詰まり。
これを、レモンの輪切り入れて再沸騰させてやるだけで綺麗に取れる。

専用の洗浄剤も売ってる様だが、1回1個で十分だし簡単にできるということで、いつもこの方法を使ってる。

終わったあとは念入りに洗浄するが、空焚きしても少し匂いが残るので、暫くは紅茶などの香りが合うものに使うといいかも。
アルカナハートPS2版
作画も歌も微妙な出来のOPのあと、アーケードの外周が始まるこのソフト、業務用は一体何をしたらあんなにロードで重くなるのかとまことしやかに言われたものだが、PS2版はロードであんな酷い処理落ちもせず、普通に動いているように見える。

しか~し、うちの液晶だと画面が少し縦長になってしまい、そのせいか感覚がかなり違う。
ブラウン管でやりこんだ物をD2液晶で見るとこうなるというところか。
3DやRPGなら気にならないが、アップスキャンの2D格闘はサブモニタに入れたほうがいいのかなとも思ったり。

あと、気になったのはステージ後のデモの際に真っ黒画面でLOADINGの文字すらないこと。止まったかと思ってしまった。

モードも色々あるので、外では使わなかったキャラも一通りは使うことになりそうだが、最弱2キャラをどう料理しようか考え中。
イージーにすればそれまでですが(笑)。
モーターショーに向けて
国内の各社が一斉に出展車種を発表、新聞などでもその姿を見ることができる。
しかし、それだけでは情報量はまだまだ少なくて、実際映像として見ないとコンセプトやカテゴリがわからないものも多い。

変り種は、やわらか戦車ならぬ柔らか車。
車体にシリコンなんか使ったら、重くなってぶつけた時の応力がかえってやばくないの?とか思ったりしたのだが、今の車検制度ではゴム車体は通らないかな?

トヨタの410kgの車はかなり燃費もよさそうだし、アルコールにも対応してるので今後はこういったのが増えていくんだろうなとか思いつつ、カーボン多用で価格は数倍とかなってそうで、価格までエコというわけにはまだまだでしょうか(笑)。

あとは市販間近のものも出るようだし、海外のモンスター級のやつも滅多に見れないのが増えてきたので、それだけでも観に行きたい気は山々なんですが、いかんせん仕事が忙しくて休みが取れそうにないので(休日に行くような真似はしない)、外車が減った大阪モーターショー待ちになるのかなぁとか思ったり。
本物がやってきた


しかし、他のボーカロイドやアマゾンとかのパッケージの写真見慣れてたので、メール便がポストにねじこまれていた時には「なんじゃこりゃ?」と思った。

まさか、DVDケースサイズで来るとは思わなかったので、追加生産分からパッケージが変わったのかしら。
ケースの初音ミクのイラストは、DTMマガジンのそれとほぼ同じ大きさです。
現存する中では、チラシが一番大きいんでしょうか。

まあ、パッケージの話はいいとして、体験版をアンインストールした上で起動ディスク以外の場所にデフラグをかけ、そこにインストール。
体験版に比べて随分早く終わった気がするが、気のせいだろうか。

認証をかけて早速起動。
メニューにグレーの項目がなくなって、あ~ちゃんとセーブができる~とか一息。
これからは急いで作る必要もなく、時間のあるときにぽちぽちやっていけばいいので気が楽である。

それでも、体験版のスコアをSS撮って残してあるので、それを見ながら今度はいきなり日本語歌詞で打ち込んでいこうと思ってます。
経過はまた後ほど。
謎の球体



というわけでもないが、チャリのサドルにカメラ乗っけただけの、半手持ち状態で撮って見る。
夜間に、しかも鏡面ものなので露出もフォーカスもかなりシビア。

結果、3枚目にしてようやくいい感じのものが撮れた。
しっかりと三脚に固定して、もっと絞り込めばシャープなものが撮れると思うのだが、光源の関係からフィルタかまさないとCGに見えるかもしれない。

しかし、地元に10年以上住んでいて、これが目立って汚れたり傷ついたりしているのを見たことがないように思う。そういう意味でも、結構謎な球体かもしれないです。
一応形になってきた

最初衣装合わせた時、似合わね~とか思ったが、動かしてみるとそれなりに見れたのでこのままモーションはこっちでつけることにした。

曲に関しては、ここでは500kBまでのファイルしか置けないので、3分超でそんなサイズのMP#は到底作れないから、ムービーなんてもってのほか。

頭の部分だけですがこんな感じ↓
知り合いに聞かせたら、初めてカラオケに行った子と言われた

ファイル容量の関係でアカペラ、冒頭部分だけです。
体験版で作ってるので、もちろん譜のセーブはできないし、何日もPCつけっぱなしにするわけにもいかないので、これはいずれ製品版が来たら作り直す予定。

最終的にやりたいのはこっちですが↓
初音ミクに日本語alwaysを歌わせてみる計画

しかし、まともにビデオやオーディオ編集しようとすると全然ツールが足りないなー。
PRIMIEは古いMAC版なら持ってるが、今ならAEとかも結構いいのかな?
FLASHでムービー作ると、音が段々ずれてきたりするのでやっかいです。
これってCS3のバグですかね?
秋の新番
先週から色々始まってますが、本格的なラインナップはこの週末を越えたあたりから。
今回はシャナ2、スケッチブック、マイセルフ~。

[秋の新番]の続きを読む
DTMマガジン11月号


つーわけで、記事の分類は本にしてますが、初音ミクの体験版の為に買ってきました。
ソフト・ツールかなんかでカテゴリ増やそうかな。
早速解凍してインストール、なんか初期化か設定かでえらい時間かかったが、無事完了。

その後、記事を斜め読みして大体の操作方法を頭に叩き込み、用意してあった曲と歌詞を読みながらD5の鍵盤叩いて、同じ位置に音を置くだけでいいから凄く簡単。

その後歌詞を流し込んで微調整を入れ、WAVに出力。
まだ音程とかしっかりみてないので、これであってるかどうかわからないがとりあえずちゃんと歌ってくれるようだ。

体験版では10日間の使用期限と、プロジェクトの保存ができない制限があるが、音声ファイルとして書き出すことはできるので、その間は飽きるまでやってると思うが、これは面倒なりにもかなり楽しい作業だ。

後は、製品版の入荷を待つだけなんだが、さてさていつになるんでしょうかね~。
ViZiMO


どちらかといえばオンラインゲームと言うよりは開発ツールみたいなもんですが。

テスターの募集があったので入ってみた。
まだ何かを作るとかそういう段階にも行ってないですが、とりあえずサンプルを並べ替えたり物理演算のシミュレートみてるだけでも結構楽しいです。

ソーシャルなツールとして考えているようですが、何となくコンセプトがPSのパネキット(だっけ?)に近い感じがするかもしれないと思ったり。

簡単なところだと、崩れかけのダンジョンから脱出するようなのも作れると思うのだが、果たしてうまくいくかどうか。
将棋崩しのほうが簡単かな?
足場が崩れるレースゲームもありかもしれないけど、ビリヤードサッカーがいいかなぁとか、考えてる時間が一番(略
レクサス VS GTR
いよいよ、ゴーン社長が予告した07年モーターショーも近づいてきた。
既に予約も始まっているようだが、それに対抗するかのようにトヨタがレクサスの新型を発表、こちらは既に全身が写真として存在している。

もちろん、車雑誌のスクープなどで、マスク付きの写真は色々出てたりするが、GTRは公式サイトででもマスクつきというのは、あるいみ趣向があっていいかなとも思えるのだが、実際はまだ完成してないんじゃないの?とか発売2ヶ月前にしてそんなことはないと思うのだが(笑)。

いずれにせよ、排ガス規制、温暖化ガス、天井知らずのガソリン価格、そんなことどこ吹く風と5リッターの車出すのは、やっぱブランド戦略なんだろうか。

もし自分がこの2台を選んで買える様な立場でも、流石にガソリン撒きながら走るような車に乗るのはちょっと躊躇するかも。
相当、色んな意味で太くないと乗れない車でしょう。
ソウルキャリバーIV トレーラー
予告編らしきものが上がっていたのでDLして見てみた。

あー、遂にキャリバーも画像効果を持て余す様になってしまったのか…というのが第一印象。
この「キラキラ肌効果」はカットできるんでしょうか(笑)。

少なくとも某格闘みたいに、ワセリン塗りたくってネオンの下で戦うような絵にはしてほしくないと思っていたのだが。

これも流れなのかなー。
ユーザーは(というかそのファンは)綺麗な絵が見たいんじゃなくて、面白いゲームが遊びたいんだということを理解して作ってるんだろうか。
システム的には既に完成の域に達しているので、なんかストラテジーモードとか迷走してたりしましたが、はてさてとうなることやら。

それこそ、オンラインで4色の勢力争いとか最強自分クローンとかみてみたいものである。
こちらは収穫物


ほっときゃ市場からすぐなくなるだろうし、レアカラーがあるみたいなんで「開いてる箱」には目もくれず、10箱入りの奴を大人買い。

今まではそれができないほどしか残ってなかったりしたのだが、今回は豊富に詰まれていたものの、かなり虫食いが進んでいたのでカートン買いした。

一通り開けて見たが、バニー衣装の色が3人でローテーションした分で終わりかな?
それならこれでコンプだし、追加で買うこともないので、今回の買い方は成功だったといえる。
最近のは小さいなりにもよくできているのだが、これもそのひとつ。
後から出せば出すほどこのクオリティのスパイラルに入れないものが淘汰されていくと思うのだが、実際店頭で未だに詰まれたままの他社のシリーズをみると思う次第。

しかし、ハルヒって一体何社から出てるんだ?