ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
切り取った青空

これは少し前にネタとして撮ってあったもの。

雨空をふと見上げると、雨が降ってるのに正面のビルの上には青空が映っている。
中々に面白い画だったのだが、カメラ探してポジション取ってる間に青みが薄れてしまった。
なので、あえて一切の補正無しで載せてるが、青みがわかるだろうか?

下半分の黒い部分は山の陰で、このときはまだ降り始めでそっちの方は晴れていたんだろう。
この写真を撮った場所からは、その山は見えないので、本当に暗澹とした空を切り取ったように青く映える壁面は、不思議な絵面だった。

もうちょっと、普段から取り出しやすいところにカメラしまっておこうと思った次第。
背比べ

写真はoptioS50で逆光の設定無しで撮ってみた。
このレンズだと広角側が少し樽型になるんだな。

最近新神戸駅前周辺が高層化の一途を辿っている。
元々ランドマークだった旧オリエンタルホテルが売却で改名し、その頃から高層マンションなどが建ち始めた。

うちの近所にある14階建てなんて既に可愛い部類に入るくらい、10階単位で高層化していってるわけだが、芸術センターが完成してビルに灯が入るようになると(夜に見ると結構綺麗)それを待っていたかのように40階建てのマンションの土台が地上から見える高さに成長してきた。

毎週の様に、そこの分譲のチラシがポストに入っているが、最上階の1億近い部屋は誰が住むんだろうかと思いつつ、神戸で一番高いビルになるであろう(建造物の最高は明石海峡大橋の橋脚だったり)この建物が、BSの影にならないかと今から気になってたりしてます(笑)。
パンヤよくばりキット
pangyaGU_106.jpgこれだけ並ぶと壮観だな

なにやら、クロポン帽とシラタマの能力がいいとかで、通常版を買ってきた。
相変わらずセットにはクーとその衣装が入っていて(今回はPP還元なし)、これから始める人にクーが行き渡る事で、またクー率が高くなるんだろうなーとか思いつつ。

実際使ってみると頭のスピン+3はかなり使える。
しかし、シラタマの能力発動の確率にかなりバラツキがあり、ここぞ、と思ったときに発動せず、ピン寄せなんかの時に発動されてもあまり意味がない。

それでも、一回発動すればアイテム使おうがパワーショットにしようが、その効果は残るのでラキパン要らずになるのは大きい。今はチュートリアルでパンヤゾーンの広いクラブが貰えたりすえうらしいが、恒久的に使えるという意味では、常に連れまわしてPPを地味に稼ぎつつ、効果が出たときは最大限利用するといった使い方になるか。

ところで、カディエっていつから月給いらなくなったのかな?
月2万は払えんなーとか思って使ってなかったのだが、今なら初期投資だけで済むので使おうかとちょっと考え始めてる。

しかし、ネコクラブのパワーアップでかなりPP使ったので、24h耐久もかなりこなしたが貯金残しつつ雇うにはまだまだ足りない。平日は1日1コースが限度なので、はたしていつになることやら。
ユグドラ・ユニオン PSP
N天機に出たときからちょっと気になってたソフト。
まあ、タクティカルシムが好きなんで、機会があったらやりたいとは思っていた。

んで、早速ゲットして立ち上げてみる。
OPストーリーらしきものが流れ、歴史的背景などが語られた後、本編スタート。
なにやら「CHECK」の文字とカーソルが次々に表示されては消えていくが、なんの説明もなし。
そして、いきなり戦闘開始。ここで、全然やり方が判らないのでマニュアルを開く。

読まないほうが悪いとか、そういうのではなく、読まなければ判らないルールならゲーム中にチュートリアルでも入れればいいのに、かなり突き放したシステムだと思った。
このあたり、日本一のソフトを良く遊んでると、他の会社のと差を感じる部分。

そんなわけで、最初の戦闘からまだ進んでません(笑)。
ディスガイアが天使捕まえるために最終章止まりで、そっちが終わってからになるかもしれませんが、ポチポチやって行こうかと思ってます。
世界樹2までに終わるかなー。
最近読んだもの
探偵綺憚 石黒正数 徳間書店
ワルキューレの栄光1 冨士宏 マッグガーデン
エアリセ3 楠宮祐 メディアワークス

帰りの電車(終電)で、降車駅で寝過ごさないようにするために積んであったものをカバンに入れておいて、ちょこちょこと読んで行ってる。

探偵綺憚は、「それでも~」と同じ名前のキャラが出てくるが、どうやら別人らしい(笑)。
でも、その行動力や行動そのものは、受け継がれてるんじゃないかと。
全体にあっさりした感じの短編集となってるが、お気に入りは「南国~」。
ところで、石黒氏は卓球経験が好きなのか、経験があるのかな。

ワルキューレは、前作「降誕」の続編の位置づけとなっているが、よりゲームの「冒険」に近い所から始まる。それでも、「冒険」とはストーリーの本筋は同じでも、展開が別となっている。
相変わらず本編外で解説や入らなかったエピなんかを紹介してるが、加筆修正とかでもいいから、「完全版」が読みたいと思う人は少なくないと思うのだが。

エアリセは、大分前から登場していたネコロボのエピがほぼ中心となって、巻の引きもそれで終わってる。
大ゴマを駆使した描き込みは、相変わらず色が付かないとパーツの判別が付きにくいが(この作者の場合、色が付いた方がわかりにくい?)、一番描いていて力の入った時期じゃなかったかと思う。縞々は別にしてね(笑)。

月刊で読んでる人は既に先の話を知ってると思うが、単行本で追っかけてる方としては、次の巻が出るまでこの最後のコマで時間は止まったままである。
はよ続きが読みたいわぁ。
初雪

ではないが、今年(というかこの冬)初めて雪を見た。
日中は晴れてたので積もらなかったが、通勤路の坂道にもこんな積雪で滑った跡があり、仕事が詰まってキュウキュウの状態で怪我でもしたらたまらん、てな感じでソロリソロリと駅まで向かった。

元々、暖冬のほうが雪は多いと聞くが、前にTVで見た「地方から東京に出た理由は?」の問いに「雪が降らないから」と答えたのが結構いたようだが、実際は名古屋大阪神戸に比べて東京の方がはるかに雪は多い気がする。

自分も滋賀・東京・京都・神戸と移り住んだが、滋賀はともかく京都と東京はいつも同じくらい雪が降った様な記憶がある。
大阪に勤め始めて、ある年に「数十年ぶりの大雪」とかいうのに遭遇もしたが、それとて東京では一冬に何回も積もる量だった。

雪慣れしていないせいか、その時の雪では完全に大阪の交通は沈黙したが、それに輪をかけて雪が少ないのが神戸で、ここ数年はまともに積もったのは数えるほどしか無いんじゃないかと思う。

温暖化と暖冬でどちらが勝って雪が降る降らないになるかは判らないが、暖冬と言われつつも雪が少ない事を考えると、やはり温暖化の方が勝っているんだろうか。
ちなみに、さっき帰ってきたばかりですが、月が見えてるのにまた雪がちらついてました。

同じ降るならどかっと降ってくれた方が風情があるんだがなー。
そんなわけないって?(笑)
ローソン限定消防車コレクション
IMGP1628.jpg
4社の缶コーヒー2本のセットに、合計6種のミニカー付き。
いままでもミニカーつきは色々あったと思うが、異なる会社の商品に(一応2本づつは同じコーヒーだが)それぞれ共通のおまけを付けるのは珍しいんじゃないだろうか。

小さいんだが出来も細かくよくできていて、これなら並べて飾ろうと思ってしまう。
なので、一気に缶コーヒーを12本も買ってしまった訳ですが(笑)。

こんな夜中に帰って来て、いったいいつ飲むのやら。
エミルクロニクル・オンライン外伝 デルタサーガ
フレックスコミックス 津々巳あや 全3巻

ゲームのイベント進めてて元ネタがあるのをかなり後に知り、最近そろえてようやく読んだもの。
丁度3巻発売直後だったので、大きな書店で買うことができましたが、そこでも全3巻は揃ってなかったので、なかなかレアな本かもしれません(笑)。

内容は、ECOの世界観をなぞって外伝的に話が進んでいくものの、本の厚さの割には(紙質が厚くて軽いもの)なかは200P前後しかない。なので、載ってる話数も少なめで、一気に読むと3巻で1時間かからないんじゃないかな。

そうなると、サーガと謳ってはいるものの、なんとか纏めてはいるが終わり方が中途半端な気がするのも、本当はもっと壮大なストーリーになるはずだったんじゃないかと思ったり。
個人的な感想としては、ちょっと血なまぐささが全面に出すぎていて、作品全体を重くしてるのが敗因じゃないかと思う。

ところで、ECOってアンソロとか出ないよね。
それがオフィシャルコミックであるこれのせいだとは考えにくいが、既に「世界一アイテムの種類が多いMMORPG」の道をひた走りつつある中で、外部とのコラボもいいが、そっち方面からもっとユーザーを取り込むとかは考えないのだろうか。
ひととき 六華仙
清酒なのに炭酸でピンク色。
飲んでみると、少し甘いが確かに日本酒の味。
底に少し沈殿物が出るので、グラスに空けて綺麗な色を楽しみながら飲むのがいいかも。

これ自体が甘いので、おつまみとかなくてもいけますが、甘くてもしっかり清酒の度数があるので飲みすぎは禁物。

とはいえ、1本180mlの小瓶で、これが凄く細い瓶で(最初は瓶の為に買った)何本も空けないと飲めないからその心配はないか。
1月のアニメ 3
今回はみなみけおかわり、破天荒遊戯、フルメタルパニック3.
[1月のアニメ 3]の続きを読む
MISIA 8th WORLD
タイトルロゴは非常に読みにくい置き換え文字の羅列なのだが、タイトルは多分これで合ってると思う(笑)。

一般のアルバムは何か気に入ったのがあったりすると買うのだが、MISIAはMoter~からずっと買ってきている。
歌唱力があるので安心して聞いてられるのがあるのだが、iPodの占有率が10分の1超えると、流石に沢山あるなーとか思ってしまう。シャッフルにしてても数曲に1回かかる計算だし。

CCCDになったアルバムもちゃんとした音質のCDで買いなおしたいなーとか思ってるが、実際あれの音は酷かった。結局あの方式廃れたしね。

MP3とかでメモリに入れて聞くのが主流になりつつある中で、今のユーザーがどれだけ音質にこだわるのかは置いといて、少なくともアルバムを買うユーザーには最高の音質で世に出してほしいと思うものだがどうだろうか。

月の笠
IMGP1622.jpg
週末から天気が悪くなると聞いていたが、特に雨も降らずに土曜は終わった。

しかし、空はそれなりに雨の前兆を催していて、薄く霞みのような雲がかかった周りには、見事な光の笠がかかっている。

これを撮ってみようと色々やってみたが、まずデジタルの18mm(35mm換算で28mmくらい?)では全体が入らない。

あと、こういうときに人間の目というのは良く出来ていると思うのだが、月を暗くすると笠が写らず、笠をはっきり映るようにすると月がフレアで形がわからなくなる。
月の形がまともになるようにするには、明るめの室内照明下で写真を撮るくらいの設定にしないと綺麗に撮れないが、そんな設定では輪が全く写らない。

なので、この写真はバルブで適当に何枚か時間変えながら録った奴で、輪が比較的綺麗に出ているものを、月にマスクをかけて増感状態にしたものである。

満月じゃないので画としての価値は低いかもしれませんが、これが投稿される時間でもまだ見えると思うので、自分の住んでる地方でもこの月の笠は見れるかもしれませんよ(笑)。
オリオン いちばん桜
最近は帰りが遅いのでコンビニ食生活を送ってるわけだが、地元のスーパーよりも酒のラインナップがマニアックというか、自分好みのものが良く入るので、酒の棚は毎回覗くようにしている。

そこでみつけたのがこれ。普通のオリオン置いてもいないのに、季節限定のこれだけが鎮座する棚はやはり先のスーパーにはなかった。

オリオンの三ツ星を冠しているものの、飲んでみると凄く切れがある。
ホップから違うようで、ある意味オリオンじゃないオリオンを楽しみたいなら試してみるといいかも。

あと、白地に桜色のイラストが描かれた缶は、ビールというよりはカクテルのイメージがある。
中身はしっかりビールなので、桜の香りがしたりはしませんのであしからず(笑)。
1月のアニメ その2
今回はシゴフミ、True Tears、狼と香辛料
[1月のアニメ その2]の続きを読む
1月17日を考える

今年もこの日がやってきた。
数千人の犠牲者を出し、都市機能を崩壊させ、幾つもの街を瓦礫と焦土へと化した震災の日である。

あれから13年が経ち、その年に生まれた子も中学生になる歳になる。
記憶は薄れ、街は直っていったが、傾いたまま使われる電柱や、更地のままの土地、段差が出来たままの歩道など、ちょっと脇を見ればそういった場所は幾つも見つかる。

あのとき住んでいたアパートは2棟の構成だったが、完全に空き家だったもう一棟は赤紙が貼られ、倒壊する前に解体された。

近所には完全に倒壊する建物は無かったが、芦屋に住んでいた友人は、1階が全壊したアパートの2階に住んでいて助かった。
当日の朝、連絡が取れなかったので様子を見に行ったのだが、既に自力で脱出していて別の場所で見つけたときには暢気にタバコを吹かしており、思いっきり気が抜けた瞬間だった。

そんな時には体が危機感から新陳代謝を強化するのか、擦り傷なんかも数日で治ったりしていたから、人間の適応力と逞しさを感じたのも事実である。

大きな災害は、いつどこで起きるかわからないが、自分の体さえ無事ならば、割となんとかなるもんである。

しかし、暫くは余震も続くし、夢にも見る。体は何とかなっても心まではとはいかないかもしれないが、何事も慌てず諦めず、ある意味開き直っていれば、ストレスも無く暮らしていけるものである。

これはあくまでも持論であるが、次代に震災の記憶を伝えていく、残された者の使命なんじゃないかとも思っている。
カルーア
IMGP1618.jpg
ここで一番最初に記事にしたのがミルク入りのリキュールだったが、これはコーヒーそのもののリキュール。
名前も割と知られていると思うが、実際口にする機会はそんなにないかも?

というわけで、会社の同僚にミルク焼酎の話をしたら「カルーアでいいやん(笑)」とか言われて、いつものスーパーの酒コーナーに行って見たら、普通に売ってるのね。

んで、真っ先に試したのがコーヒーに投入。
すると、なんともいえないカラメルの香りが漂い、元々甘いのでそれが砂糖の代わりにもなって凄く風味のいいコーヒーになった。

感じからすると紅茶にもいけるんだろうか。
それでも結構アルコール分は高めなので、どばどば入れて飲むもんじゃないから、ちょっとコーヒーを優雅な気分で飲みたいときにお勧めかも。
1月のアニメ その1
1月スタートのアニメから、ガンスリ、ペルソナ、ロザバン。
[1月のアニメ その1]の続きを読む
WELTENBURGER HEFE-WEISSBIER HELL
とかタイトル書いても、普通は読めないわな(笑)。
これは、ドイツの白ビールで、実際に白いんじゃなくて、酵母の沈殿物が綺麗に混ざると白っぽく見えるところから付いてる名前だと思う。

普通の瓶ものよりも高いのだが、珍しいのでお試しに1本買ってみた。
飲み口は、オリオンに近いだろうか?
以前買ったことがある陶器の瓶に入ったビール(1500円位する!)にも近いかもしれない。

あれは瓶にもそれなりに価値があったと思うのだが、こいつは普通の茶ガラス瓶に入っていて、高級感とかそういうのよりも、中身で勝負?してるんじゃないかと思う。

それにしても、ドイツのビールのラベルはエンブレムタイプのが多いんだが、これもそのエンブレム模様のラベルを踏襲しているとは言え、説明書きがないとビールに見えません(笑)。

月桂冠が輸入販売していて、地域によってはオリオンよりも入手が簡単かもしれないので、見つけたらお試しにどうぞ。
最近のECO

デルタサーガ進めてて、興味を持ったのでコミック版も買ってみた。
すると、進められなかったイベントの合言葉と、アイテムチケットが付いている。
うーむ、もうちょっと早くに買うべきだったか。

というわけで、ネズミに化けたり盛大にスカート翻す背後霊連れまわしたりと、年末年始はイベントの事欠かないのですが、その後何のイベントか知らないが、随分と粘土の買取が高いようで、久々にタタラベ持ち出してクリーンアップ骨を進めながら峠を駆け回ってます。

それで潤った財布は緩みっぱなしで(その前からかなり使い込んでるが)、ほしいものをあちこちからかき集めて来たはいいが、もう設置する隙間も無くなる位家具が増えていた(笑)。

ss20080107_023124.jpg

そこで、2件目の家用に回転帆を作ろうとしたら、完成品がかなり安く売ってたので6枚一気に購入して、早速庭を確保。
しかし、箪笥が全然売ってなくて収納スペースとしては使えず、季節を外した家具なんかの倉庫にしようかと画策中。

テーマ:エミルクロニクルオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

キリン一番搾りスタウト
コンビニ寄って目に付いたこれを試してみる。
キリンの一番搾りと言えば、「キリンのビールは苦い」のイメージを覆した商品だと自分は思っているが(正直ラガーは苦味が先走って美味いとは全然思わない)、その流れを汲むものならと。

一番搾りの名を冠するだけあって、飲み口はマイルドでさっぱりしている。
その上で、黒のコクが出ているので、これなら常備しておいてもいいんじゃないかと思える出来。
ギネスと一番搾りをハーフにしたらこんな感じになるんだろうか(今度やってみよう)。

ただし、サテンの缶は、冬場の乾燥している時期だと滑って持ちにくい(笑)。
まあ、黒なんだからその色味も楽しむうちと思うなら、グラスにあけて飲むのが正解なのかも。
ワンダ ブルバックスーパーカーコレクション

いきつけのコンビニで見つけたもの。なんだかんだで、最近はミニカー付き缶コーヒーが増えてる気がしたが、こいつは自分的にHITしたので買ってみた。

全何種類あるか確認しないで、とりあえず片手で一つかみ分の3個を購入。
内訳はシロッコ、ミウラ、LP500。

帰って開けて見て、他のラインナップも確認したが、イオタはないのね(笑)。
ミウラもう一個買って改造もありかなーとか思ったが、材質がラメ入りなので掘れないかなー。

次に行ったときに、豊富に残ってるようなら揃えてみようと思うが、やっぱりこういうデフォルメが一番似合うのはミウラかな。
黒松剣菱
今年は久保田が適正な価格で見つからなかったので、正月に飲むために買ったのがこれ。

もともと焼酎とビールがあれば1年過ごせるので、清酒を買う事はあまりない。
なので、地元の酒でありながら買って飲むのは初めてだったりする。
とはいえ、大手から個人まで相当な数の酒造があるので、一通り飲もうと思えば自分のペースでは数年を要するだろう。

んで、お味の方はというと、ちょっと辛めでコクが凄くある。
ラベルには濃厚旨口とあるが、そういう分類があるのだろうか?
辛めなので卵や牛乳を入れるには向かないが、日本食によく合うんじゃないかと思う。

普段買うものより量があるので、色々工夫したりつけあわせを選んだりしてるが、珍しく今年は買った小さな御節の詰め合わせと、塩辛とか入ったおつまみ4種の詰め合わせが一番合ってた。

今なら焼いた鯖や鰤なんかにも合うかもしれない。
というか、試したいのだがスーパー開いてる時間に帰れないので、実現はちょっと先かなー。
angela 宝箱
ステルヴィアの主題歌買って以来だったのだが、あの独特の言い回しが耳に残っていて、それが店頭デモで耳に入ったので、アルバムなら~と買ってみた。

まず、化粧箱を開けると仕掛け絵本の要領で写真が飛び出す。
と同時に、オルゴール風の音でいきなり曲が鳴り出す。
これが割と大き目の音なので、自宅以外で開ける場合は注意した方がいいかもしれない(笑)。
この音は、箱を閉じると鳴り止む。

曲は、インディーズ時代のカバーとデビュー以来の詰め合わせ、冒頭の数曲以外はほぼ聞いたことが(多分)ないのでどれも新鮮。

他にこういう歌い方をする歌手はかなり少ないと思うので、もし興味があるなら一度聞いてみて、それで気に入ったら買ってみると世界が広がりますよ。
OB決定
まあ、アレが終わってから一息ついたところで開始とするようですが、平日スタートなので自分はCB時の名前ではキャラ作れそうにありません(笑)。

何時開始なのか告知ないのですが、普通に考えて15時~17時位じゃないかと思う。
どのみち仕事あるので夜中にしか入れないから何時でも同じ。

割とみんな使いたがる名前を付けるのが悪いのですが、Mixiも入れないのでCBクランのメンバーとも連絡取れずじまい。
開始時にお金配分するとか言ってたけど、違う名前で入って信用してもらえるかなー。

いかんいかん、お気に入りの名前が使えないだけでモチベーション下げてどうする。
それにしてもうーむ、名前取りのバイトでも雇おうかしら(笑)。

テーマ:夢世界 - ジャンル:オンラインゲーム

YUJIN パンヤ Vol.2
IMGP1557.jpg
前のは箱入りのを買ってたのだが、今回はガチャで。というか記事にしてないのでどうでもいいか(笑)。
出来は、相変わらず微妙なのだが2回で目的のカディエが出たので、そこでストップ。

組み立ててみると、少し後ろに反ってるようなので、そのうちヒーターつけたときにでも直してやろうと思ってる。

顔の造形はちょっと幼すぎるかなーとか思ったが、帽子と組み合わせるとそうでもないのでこれでいいのだが、問題はその帽子が固定でないため、ちょっと揺らすと簡単に落ちてしまう事か。
あと、台座は透明のほうがそれらしかったんじゃないかなーと、そこがちょっと残念。

ロロは羽髪(?)がもう少し大きい印象があるんだが、立体ではこんなもんなのかなーと。
ゲーム中ではパタパタ動いてるが、あれに厚みがないせいで、厚みがある分ぼったりと小さく見えるのかもしれない(笑)。
メガタマゴに挑戦

既に定番化して挑戦でもなんでもないのだが、今度はタマゴの話をば。

前回のトマトがかなりあっさり系だったので、今度は普通にバリューセットでポテト→サラダに変更で受け取り。
ポテトはかなりカロリー高いし、腹にももたれるので、バリューで買うときはサラダに変えるとバランスがとれていい感じになりますよ。

閑話休題

今回はサラダとセットだったので、最初からフォークが付いていたが、パックをあけても崩落している事はなく、綺麗に重なっていた。
それでも、全部にかぶりつくには口の大きさが足らないので、上から順に食していくことにする。

組み合わせは、トマトがタマゴに変わった分、周辺の順番も変わっていて、タマゴを先に食す感じになる。
これが意外とあっさりしていて、これならバクバクいけそうだなーとか思っていたら、その下のベーコンが意外に塩辛く、肉と組み合わせるとかなり味が濃くなる。

このあたり、ベーコンまでを第一陣で攻略するのが良いかも(笑)。

なんとなく、メガシリーズとは言え一般向けになってきてるような気がしないでもない。
次は多分チキンじゃないかなーとか思ってるが、そのまま恒久メニュー入りを狙ってるのかもしれないので、更に食べやすい味と組み合わせになってくるんじゃなかろうか。
VIC-VIPER(スカイガールズ版)に挑戦! その3
職業モデラーなら完成塗装仕上げまで3日位なんでしょうが(笑)。
[VIC-VIPER(スカイガールズ版)に挑戦! その3]の続きを読む

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

鏡音リン・レイ
買ってきました(笑)

って、年内に買ってたのですが、入れたのはつい先ほど。相変わらずマニュアル読まないほうなので、入れた後起動したが、歌手の切り替えが判らず、結局マニュアル引っ張り出して対応したという経緯もある。

今までに作った歌をそれぞれに歌わせてみたが、微妙にイントネーションなんかも変わるようで、通り一遍等のままではすまなさそう。

とりあえず、「にゃー」と鳴くのはリンの方が得意なようである(笑)。
しばらくはツールとして楽しんで、そのあと歌わせるかなー。

テーマ:鏡音リン・レン - ジャンル:音楽

VIC-VIPER(スカイガールズ版)に挑戦 その2
今回は機首とコックピット周辺を進めていく。

[VIC-VIPER(スカイガールズ版)に挑戦 その2]の続きを読む

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

VIC-VIPER(スカイガールズ版)に挑戦!その1
アトリエ彩 1/60 インジェクションプラスチックキット
1/60とノンスケールの零神付き


そう、挑戦というほど難易度が高いんですこれが。
[VIC-VIPER(スカイガールズ版)に挑戦!その1]の続きを読む

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用