ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
キリン スムース
ビール系のリキュールもこれで何本目かわからないが、これもかなりビールそのまんまな味と飲み口だった。

サッポロのものと違って、こちらはもう少しドライな感じがあるのだろうか。
アルコール度数は低いけど、きりっとしていかにもビールらしい味に仕上がってると思う。

それで、よくよくラベルを見てみると、低炭酸とある。
ということは、アルコールや炭酸に頼らずこの風味と飲み口を実現してるんなら、かなり完成度高いんじゃないだろうか。

ますます、ビールの立場とビール以外の発泡酒の分類に、差を持たせてることの意味が薄れてくるんじゃないかと思わせる一本。
らきすたOVA
冒頭の犬の話、犬の生態と癖が良く出ていて、飼ってる・飼ったことある人には楽しめる内容。
RPGは、まあこんなものかな、と。

魔法使いの話、イヤイヤながらもネギを手放さないかがみが(笑)。
スポコンもの、これは普通過ぎるかなー。

遭難して百物語、この面子ならやりそうだよなーと。
カエルの話、そのまんまの姿と声でカエルAカエルBって、そこが一番吹いた(笑)。

後はEDと特典の実写部分は、画を見てなくて音だけでもいいかなと、実写ファンの人にはちょっと申し訳ないが、自分には痛いです。

あー、住民登録の白石君のわたわたっぷりはいけてた(笑)。

でも、今日は、今日も、いつも~は、番組聴いてなかったが、一つの終わりに立ち会った気もする。
のりだけで作った感が否めないので、もうちょっとボリュームあるとよかったかなーと思いつつ、次があったらまたそれにも期待ということで。
外注駆除隊(夢世界)
2008-09-28 00-23-00
β以来久々にこれに挑戦してきました!
[外注駆除隊(夢世界)]の続きを読む

テーマ:夢世界 - ジャンル:オンラインゲーム

ワンダプルバックカーコレクション
正式名称は
WRC Rally Japan公認 が頭に付いて、スペシャル壁紙プレゼントが後に付く。

まあ、そんなことは置いといて、ラリーカーのデフォルメカーですよ、待ってましたという感じか(笑)。
しかしこれを買った店では1周揃えるのがやっと、SX4だけ1個しかなかったので他でも見てみたが、もしかしてこれ人気あって、これだけ売れてるのかな。

自分的には、この中ではエボXのゼロカーがハコ車っぽくていいかな~。
後は新井カーを何台も並べて浸るもよし、シトロエンが出るまで気長に待ってどこかのラリーを再現するのもよし、これはこれで今後が楽しみなシリーズです。
ケメコデラックス!
いさわきまさかず 著 アスキー・メディアワークス 電撃コミックス
既刊4巻・以下続刊

原作は時々雑誌で追いかけていたのだが、アニメ放映も近いのでまとめて買って読んでみた。

展開の割に、物語の時間の進み方がスローで、3年経ってもまだ夏のままと、まあそんなことはどうでもいいのだが、話が進むにつれてキャラの個性が際立ってきている。

超天然の爆乳幼馴染、おませな小学生妹、2重人格な謎の少女、人の修羅場(特に色恋沙汰)を楽しむクラスメイト、いじられ役の公安娘、ホモ漫画家の割と壊れた母、えとせとら…
それぞれの思惑や関係が交錯しながら、すこしずつ謎が解かれていく。

まあ、最大の謎はと言えば、等身大の人間を飲み込む3頭身(といっても殆ど樽だが)のスーツなわけだが、同型が存在する以上まだ他にも出てきそうで、今後の展開が楽しみでもある。

最近だとゴス装備のリョーコの話が一番のお気に入りかな。
この話はまだ単行本には載ってないので、リョーコが気に入ったのなら本が出るまで楽しみにしてるといいかも(自分もか)。

後は、豪華スタッフで作られるアニメが、原作未完で謎も解かれて無いところを、どう展開していくのか。
そちらも楽しみに待つとしましょう。
瓶コーラ
IMGP1952.jpg
写真は既に飲んでしまった後だが、それはさておいて。

コンビニで買った瓶入りのコーラ、一時期は捻って開けるスクリューキャップタイプのものもあったが、正真正銘の王冠で蓋をした瓶コーラである。

空のビンはデッサンの授業などでも見たことがある人もいるんじゃないかと思うが、飲める(賞味期限とかね)中身の入ったコーラの瓶はかなり貴重じゃないだろうか。

限定専用の栓抜きも入ってるが、「当たり」が出たらTシャツくれるそうだ。
だからといって、Tシャツほしいわけではないが、もう2~3本買っておいてもいいんじゃないかという、懐かしくもあり、コレクションとして鑑賞するもよしの、これはなかなかの「めっけもん」です。
去る人と来る人
王監督が今シーズン限りで引退、あの体で手術後よく今までがんばってきたと思うものの、ON砲として一時代を築いた巨人(文字通りか)が前線から去る。

日本の陸上界を牽引してきた朝原、思えば10数年日本のトップアスリートであり続けたことの偉大さを賞賛せずにはいられない。

そして、新閣僚。
日本のオタクのトップとも言える麻生総理による内閣が誕生。
組閣は文化教育面を固めた感じもあるが、2度も投げ出された首相の座を、問題の山積する中でいかにこなしていくか注目したいところ。

それでも、最近の総理の中ではキャラクター性は抜群、あとはどこまでその仕事を完遂できるか。
しかし、総理になったら漫画読む時間あるのかなーと、もし読めないならちょっと同情したりとか(笑)。
ジライヤ(夢世界)
2008-09-23 02-07-45
花鯖で火の精を探していたら、スワロウテイルに遭遇。
後を着いて行って、叩き始めたところで大きな木の陰に違和感を感じる。

なんか、テクスチャが壊れてるような感じで(そのSSとっときゃ良かった)。
スワロウテイルは余裕なので、引き連れて近づいてみると、そこに明るいグリーンでジライヤの文字。

おお、初めて見た!とSS撮る為に更に近づくと、いきなりそいつが動き出してこっち向かってくる。
アクティブかい(笑)。

しかも槍娘にして1発でHPの1割喰らうし、スワロウテイル相手しながらだとやばいので、とりあえず引き離しにかかる。

このSSはそのときに撮ったもの。
レアモンス2匹を同時に相手するのは初めてだが、それなりにネタになるかと載せてみた(笑)。

ジライヤは、高画質のSS撮ろうと近づくと襲ってくるので、結局撮ったのはこれだけ。
早いとこ奇跡の光を完成させて、じっくり取り組みたいもんです。

テーマ:夢世界 - ジャンル:オンラインゲーム

今週はここまで(夢世界)
2008-09-21 23-26-01
夏休みを最大限利用して、好きな時に好きなだけ遊ぶ事ができました。
[今週はここまで(夢世界)]の続きを読む

テーマ:夢世界 - ジャンル:オンラインゲーム

午後の国物語 REMIX+
この本を手にするのは3冊目になる。
ラポート版、同人版、そしてこの徳間版。
間に新装版もあったような気もするが、思い違いかもしれない。

出るたびに少しずつ「今の午後の国」の解説を取り入れながら、まだこの作品を知らない人たちの目に触れてきたんじゃないかと思う。
最新刊となるこの本では、WEBコミック版の要素も取り入れている。

絵は20年も前のものなので、そのあたりについては特に触れないが、ストーリーテラーとしての冨士宏の原点がここにあると言ってもいい。

キャラクター人気としては、ワルキューレで有名になった人だが、漫画を書かせたときのその世界観、緻密な設定、そしてどこか芯の通ったストーリー。
それは今読んでも色あせていない確固たるものだ。

パラパラとページをめくり始めると、いつの間にか半分以上読み進めていた。
これだけの時間をかけても未だ未完の作品、作品の世界観に現実の世界が環境変化なども含めて追いつきつつある現在、追い越されるまでに完結するのかなーとか思ったり。
シューティングゲームヒストリカ 2SP
発売前に、大阪のグッズショップにはサンプルかガチャ版か判らないものが並んでいたりしたが、正式発売になったので、見かけたら即ゲット。

6個選ばずにさくっと箱から固めて抜いて、まず一番人気だろうオパオパをゲット。
その後サクサクとダブらずに出て行ったのだが、最後の6個目でスプリガンをダブらす。

出てないのはジオソード、これはこれで厄介なものを残した気もするが、また会社のホビー好き連中がこぞって買ってくるだろうから、その時の交換ネタにしようかと思うが、スプリガンだと弱いかなー。

あと2個くらい買っとけばよかったかねと思うのは、後の祭り?
ケメコ&エムエム


ケメコのスーツとエムエムが揃っていたので、ようやく購入。
ケメコ自体は大分前に見かけていて、その時に一回買おうかどうか考えたのだが、エムエムとの組み合わせができるとその場で知って、購入を控えていたもの。

しかし、その待ってる間に行きつけの店からケメコも姿を消し、いよいよ再販でしか揃わんかなーと、大阪に出た際にエムエムを発見、あちこち見て回ってようやく両方揃っているところで購入。

まだ組み合わせてはいないが、そのうち開けて楽しもうかと思っている。
しかし、これだけ組み替えパーツが色々ついていると、他にも何か乗るんじゃないかと思うのだが、その辺はまた何か面白い組み合わせを見つけた時にでもネタにします(笑)。
まもるクンは呪われてしまった
タイトルだけ見ると何のゲームかわからないが、一応ス可変クロールシューティングである。

プレイヤーが進んだ方向に画面がスクロールしていくのだが、キャラの向きを変えることで全方向にショット可能、更にその向きを固定したまま移動もできるので、うまく使っていけば物陰の敵なんかも簡単に掃除できる。

基本は地面のあるところを歩いて移動し、一見するとアクションゲームのようにも見えるが、ジャンプもなく、移動とショットだけしか動作がないので一応カテゴリはシューティングになるのだろうか。

んで、初回なのでまずは主人公をチョイス、ボスの難易度も高くなく、サクサク進んでいく。
そのあと一緒に行ってた連れが狐のキャラを選ぶと、クリア後の難易度の上がり方が半端無い(笑)。

のんびり楽しむなら、主人公で突っ走る方がいいのかもしれないが、最後まで見たわけじゃないので、どのステージにどのキャラが相性いいのかなど、まだやり込み不足な面も多々あるから、その辺はまた見つけたときにでも試してみます。
MMS エリーゼ改造 その2
IMGP1948.jpg
指がようやく治ったのと、時間が取れるようになったので改造の続きを。

[MMS エリーゼ改造 その2]の続きを読む
本日の収穫物


ポン橋出て、サンプル見てすぐに欲しいと思い、2個試しに買ってみてあけたもの。
一緒に行った友人は、絶対アースラを引くと予言してくれたが、1箱目は見事にそれが的中。

気を取り直して2個目に着手、こちらはジャックを引き当てる。
出来も悪くなく、もう少し化粧だけじゃなくて顔の影なんかも書き込んであれば最高なんだが、まあその辺は値段と量産効果を考えればこんなものか。

しかし、某お宝系のボックスに、同じものが10個近く並んでいた光景を目にして、この人は何を狙ってそんなに買ったんだろうかと。

まあでも、どこに飾っていてもそれなりに様になるので、ちゃんとディスプレイすれば会社にでも置いておけるかな。
ひさびさECO
ss20080915_112024.jpg
初夏に回したくじの期限が迫ったのと、月見イベント(今日は中秋の名月)やってるので、それの参加でログイン。

すると、ログイン方法が変わっていて、CCすると毎回クライアントが落とされるので面倒なことこの上ない。
結局、くじものを取った後は、ポーチと家具類は主要鯖のキャラだけに取らせて、他の鯖は画家のポスターだけ貰いにいくことに。

街の周辺歩いてるだけなら、いつもと変わらない光景なんですが、ドミニオンの世界とか、まだうちのレベル(というかスキル)では渡り歩けないなーとか思いつつ。

そういや新しいチケット出てるんだっけ。
地元の店では10が出てるだけで、他は売り切れてたのでイマイチ実感なし(笑)。
今週大阪出るからそのときにでも探してみるかなー。

テーマ:エミルクロニクルオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

夢の後先(夢世界)
2008-09-13 19-06-38

ようやく仕事も明けて、遅い夏休みに突入してますが。
大型アップデートも無事に?来たようなので、ご祝儀にスロットを回してみる。

すると、最初の5個でコルセットを引き当てたものの、下が出ない。
少しずつ追加していって、結局出たのはこれだけの結果がでてから(笑)。

なので余った分は露店に回して、とりあえず1セットは確保。
そんなこんなで倉庫整理などをしていたら、花鯖からクランのお誘い。
名前取りだけにキャラ置いてたけど、折角なんで入ってきました。

すると、出来て2日という若いクランながらもうレベル2になってて、ユーザーイベントもこれからやっていこうかという割と活発なところ。

自分の夢の遊ぶペースだと、どこまでこのアクティブさに貢献できるかわかりませんが、ここを見てたらまたこれからもよろしくというわけで。

テーマ:夢世界 - ジャンル:オンラインゲーム

カクテルパートナー ストロベリーバナナ
カフェオレに続いてこちらもお試し。
さすがに、甘い系なので1日で2本は無理だろうと分けたものだが、こっちを飲んでみてそれが正解だったと思った。

まず、凍らせたらそのまま愛すキャンデーになるんじゃないかという、甘くてイチゴ風味でクリーミー。
悪く言えば、溶けたアイス?って感じなんだが、こういう甘いのは食事時に飲むもんじゃないんで、こういうのもアリなんだろうな。

そして、甘いことを除くと非常に軽い酒になるので、1時間もすれば酒を口にしたことを忘れてしまうほどで、思わず車のキーを手にして出かけようとして、おっと(笑)。

これはこれで、キンキンに冷やして(むしろシャーベットに?)してもいんじゃないだろうかと思った一品。
カクテルパートナー カフェ&ミルク
リキュールで度数も4、その上でカフェオレのそのままの味がかなり勝ってるので、飲んでるうちはこれがお酒だとは全然思えない。

まあ、普通に甘めのコーヒー、ミルクの代わりにベイリーズを垂らしたときのものに似てるかも。

なのだが、何も気にせず普通に夜に酒として飲んでしまったら、コーヒー成分がきついので、下手すれば寝るために飲んだ酒で余計に目が冴えるなんてことも(笑)。

「これはお酒です」の表記は、もっと目立つところに大きく書いたほうがいいかもしれないと思ったり。
ウマウマできるトランスを作ってみた2
いやもう何が凄いって、4倍速のオラ東京さ行くだ。これにつきる。

元々が結構のんびりした歌なので、ここまで早いと別物になってるかと思いきや、本人の声質がちゃんと残っていて只の早回しになってない。

1度聞いただけだと、他の曲がなんだったか思い出せないほどインパクトは高い。
そう思うと、こういうオムニバス系のアルバムは、曲リストを見ずに、シャッフルで聞くのがいいかもしれない。いきなりインパクトのある曲に当たった時の衝撃も大きいだろう。

あと、PVとして入ってるウマウマ/フルーツバージョンだが、インパクトは初代の物が強すぎて、普通に動画としてのアニメで動いていても(画質がかなり低いのもあるが)もう一つといったところか。

それでも、ソラミミを日本人が歌うことで確信犯になり、更に他の部分でも新たなソラミミを生んでるんじゃないかというフレーズも多い。
このテンポの曲をスパッと歌ってるのも結構歌唱力要ると思うが、今後にも期待。

しかし、アルバム自体がバルサ巫女の物のじゃないかと思えるほど全面にプッシュしてるんだが、同じイラスト5回は使い過ぎだろうと軽く突っ込みつつ。
M18
早く帰れるようになった恩恵か、TVをつけたら阪神戦をやってたので、溜まりに溜まったHDDからDVDへの追い出しをしながら、試合を観戦。

観客の動きが(盛り上がりが)いまいちぱっとしないので、こりゃ負けてるかなーと思ったら、8回裏3-3の同点、金本から。

しかし、盛り上がりに欠けてることは、この後の展開を見たら納得。
あとね、1試合で3回も死球喰らったら、そりゃ怒りたくもなるでしょう。
これが押せ押せの展開での3回目なら、盛り上がる方向でいくんだろうけど、当てられる方はたまったもんじゃないよなー。

そして、最後の最後は2アウト満塁から押し出しでサヨナラって、どれだけ盛り上がらないのか(笑)。
試合後の岡田監督のインタビューで、見てるほうが胃が痛くなる展開だと切り込めば、やってる方はもっと胃が痛いですよと切り返す苦笑いが、この試合のグダグダぶりを物語っているんじゃないだろうか。

9連戦の始めの方でこんな展開だと、このあとがちょっと心配になったりするのだが、さてさてどうなりますやら。
サントリー ゼロ生
もう何種類あるのか判らない、ビール風味の発泡酒。
しかし、これは一味違った。

他のものがアルコール5度に対して、これは4度。
その度数のせいか、天然水の味わいなのか、非常に軽くて、そして後味がすっきりしている。

ビール味なんだが、苦味が全面に出ていなくて、ビールが苦手な人でも行けるんじゃないだろうか。
逆に、ビールのうまみを求める人には少々物足りないかも。

それでも、飲み口も後味もすっきりしているので、ちょっと引っ掛ける分にはいいかも。
狂乱家族日記(コミック版)
原作:日日日 漫画:エシカ/ショーゴ マジキューコミックス

色々メディア展開してる中で、これはコミック版。
どこでやってたのかと思えば、オンライン連載のコミック化とは、そういう形態の本を手に取るのは初めてだと思う。

その不特定多数を相手にする中で、元々過激な表現が多い原作のダークな部分を、きっちり絵にして見せてるところは評価できると思う。

しかし、1話2話は少し端より過ぎで、どちらかといえば原作知ってる人向けの内容。
その分、3話からの3連作は、まだ情報量(原作の文章に対して)が少ないものの、うまいこと描ききっているのでよいのではないか。

アニメだと、台詞の早口早回しや、動画の密度を上げることで時間当たりの情報量は増やせるのだが、漫画だとそうはいかない。

最近流行の一人称視点ではないので、状況描写が原作にある分まだ絵にはしやすいほうかもしれないが、パースのついた顔が少々苦手なところも、これからがんばって克服していってほしいものである(笑)。
懐かしい顔


出た当時は、主に関東の店にしか入らなかったので、まとめて見るのは始めてな気もする。
友人が見つけたオクの商品に便乗したものだが、これがこの状態でキャッチャーに入ってたら、さぞ難易度の高い景品になったんじゃないかと思う。

久々にゲームも覗いて見るかなー。
新作(パンヤ)
pangyaGU_119.jpg

豹柄の新作はこれ。
間にアリンのもありますが、そっちは公式のSS掲示板に3キャラ並んだのアップしてるので、そちらもどーぞ。

平日にちまちまと、ちょっとずつ作ってたせいか、上下で柄に少し差があったりしますが、問い合わせの多かったエリカの分をやっとアップ。

金曜の深夜に上げて、朝になっても落ちてなかったのでその後どれくらい無事だったかは定かではないですが、一応少しだけ売れてました。

でも、3週目なので、そろそろネタ的には本当にいいものとか、珍しいものとか、そういったものに淘汰されていき始める時期に、こんなデザインしかできないのはちょっと惜しいかも。

でも、もうこの柄で売れるのは、時期的にあと少ししか無いと思ってるので、早めに投入したかったってのもありますが。

というわけで、豹柄はこれで打ち止め。
次はカズでも作ろうかなー。
ラムネ2種
ソース風味 たこ焼き風ラムネと、水なすラムネ。
ええ、もう名前からしてあやしさ爆発なしょうひんですが、これも例のワゴンセールで買ったもの。

まあ、そのワゴンには、カキ氷のシロップや普通の冷やし飴の缶も乗ってたので、そういうのばっかり買ってきてるんは自分のほうです(笑)。

んで、お味はというと、たこ焼きはなんとも不思議な味。
たこ焼きというか、普通にソースの風味のあるラムネ。
だからって、ソースの味がするわけではない。
でも、原材料見ると塩が入ってるんで、やっぱソース風味なんだろうな。

続いて水なす、こちらはもう何も言わず普通のラムネ。水なすの搾り汁が1%入ってるらしいが、水なす搾った汁なんて味わったことないから、よくわからんとも言う。

両方とも大阪の会社なのだが、ナスは泉州産のものを使ってるらしく、一応大阪名物名産品をラムネにしてみたといった感じだろうか。

作るほうも作るほうなら、大手のスーパーなのに置くほうも置くほう、そして買うほうも買うほうと、エンドユーザーは何分の1になってるかわからない商品、見つけたら一期一会、ネタにどうですか?(笑)
MGS4
なんだかんだで、買ってから積んでたのを今頃になって起動(笑)。

何で今頃というと、一時期ちょっとハマったオンライン対戦の全国大会予選が大阪であって、それのレポート見てたら俺でもいけたんかなーとか思ったかどうかは置いといて。

とりあえず起動してみる。
インストールから始めんといかんのか。まあ、BDのディスクアクセスの頻度と速度考えたら妥当な措置だわな。

そして、長々と流れるデモだか本編なんだかわからない部分はざっくり飛ばして(おい)、早々と戦闘態勢に移行できるようスタートボタン連打。

そして、最初のタバコを吸うまでの間…
一発も撃ってない、というか、撃ち方が判らん(爆)。

これはまずいと、マニュアル広げて一通りの操作を試しながら、サルに遭うまでをひーひー言いながら進めていく。

なんか、撃つアクションで、ボタン押しっぱなしにすると武器かアイテムかのセレクトがシャーっと回って全然撃てなかったり、ちょっと操作に難ありなところも多いが、おかげで殺傷ゼロで進んでます。

しかし、これはナイフだけでクリアするのは無理かなー。
まあ、1周する頃には操作にも慣れると思うので、オンラインデビューはそれからかな(笑)。
サイダー2種
抹茶イダーと杏仁サイダー。
スーパーのワゴンに積まれていた、夏物一掃セールの品。

抹茶の方は、サイダーなんだが、薄めの緑茶の風味が口に広がる不思議な味わい。
不味いとか、そういう感じは全くしなくて、普通にお茶風味のサイダーとして飲むと吉。
逆に、名前を伏せて出した方が偏見先見無しに飲める分面白いかも。

一方の杏仁サイダーは、少しクリーミーな口当たりで、杏仁豆腐のシロップのような味が少しする。
これなら、杏仁のシロップの代わりに、このサイダー漬けにしても割と合うんじゃないかと思った。
それって、杏仁ポンチっていうんだろうか(笑)。
20世紀少年
なんと、これだけ話題になってても、自分は原作に一切手をつけてないにも関わらず、観に行って来ました。
勿論、どんな作品でどういう展開をして、誰と誰がどうでというのも、情報として耳には入ってくるが、原作をコマのまま読んだことは一度もない。

なので、今の日本で作れる一級のエンターティンメント作品として楽しんできました。
[20世紀少年]の続きを読む
スカイ・クロラ
やっと休みが取れたので観に行ってきた。
[スカイ・クロラ]の続きを読む