ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
スポベジ

なんか、発売は来週らしいのだが、会社の自販機に入ってたので買ってみた。

先週から入ってたのだが、後輩がTVCMでやってるーって教えてくれたもので、新製品好きならと早速買ってきて飲んでみた。

まあ、味は普通のスポーツドリンクに、少しニンジンの風味があるかなーといったところ。
柑橘系の味が主流の既存のカテゴリで、これは一風変わったものと捉えられるかもしれないが、こういった切り口もありなんじゃないかと思った一本。

あの自販機、ときどきロケテストやってるんだよな(笑)。
supercell
店頭で見かけたのは発売直後で、そのときはパッケージの構成が某動画サイトのアニメのパッケージに似ていたので、内容知らなかったもんだからスルーしてた。

んで、後からオリコンなどの話題が上がってくると、ようやく内容を理解。
少し前に買ってきて、聴いてみてこれは凄いと納得。

作り手のコンセプトもさることながら、ツールとしてのボーカロイドをよくぞここまで自然と呼べるまでにチューニングしたものだと。

そして、曲も詩もいい、これならHITして当然とまでいえるんじゃないだろうか。

それでもやっぱり、キーの高い曲は電子的な音になってしまうので、その辺も本当に自然に出来るようなチューニングが、今後出てくるかもしれない。

それが、この続編なら、今度はパッケージ構成に騙されず、見かけたら即ゲットしたいと思う。
ディスガイア2 ポータブル
早速やってますが。
[ディスガイア2 ポータブル]の続きを読む
ねんどろぷち アイマス01
IMGP2095.jpg
なんで最初にあずささん出ないんだぁ~!とか叫びたくなるのを抑えつつ、早速買ってきました。
[ねんどろぷち アイマス01]の続きを読む
電撃学園RPG文庫
著者:電撃学園RPG関係の方々 イラスト:その挿絵の方々 電撃文庫記念企画

これも、電撃コラボの1冊になるのだろうか。
今までに出た付録冊子に対して、かなり厚みも内容もある1冊となっている。

同名ソフトのおまけに付いてきた冊子で、タイトルがそのまま文庫のブランド名になっている。

普通に自作の世界観の一部にしてるひと、RPG世界に住んでる人、その世界を旅する人など、割と好き勝手に書いてるところがまた楽しい。
他の作品のキャラをよく研究している人も多く、割と違和感なく複数の作品のキャラが同居してるのもいいところ。

でも、一番のお気に入りは(構成だけなんだけど)文庫紹介ページに似せた後書き。
以前時雨沢氏があとがきでやった手法ですが、ここでまた見れるとは思わなかった。

そういうところでも、節々でニヤリとできるところがまた楽しい1冊です。
久々に

信号で止まったら、なんかアラートが出たので見てみると、ひぅーえるろぅぁーってガスかいな。

そういえば、最後に入れたのはまだハイオクが180円以上、ようやく下がり始めた頃じゃなかったか?
そこまで前とは思わないが、忘れるくらい前だったのは間違いない。

ガソリンメーターの下のランプが点くのを見るのは、ミッション直した車を持ってきてもらったとき以来だろうか。

ともあれ、給油に行って満タンにしてみる。
セルフで、46lも入った。店員のいるスタンドなら、もうちょっと詰め込んだと思うが、それでもよく入ったもんである。

それで走った距離は約461km。
ほぼ街乗りしかしてない割には、結構伸びてるほうだ。
高速で東京から無給油で帰れるので、悪いと言えば悪いのだが。

もうすぐ走行3万キロ、まだまだうちの白猫は元気です。
本日の収穫物

真面目に狙ってればそんなに投資しないで済んだものを、凶悪設定の店と言う先入観の元、大阪までの交通費とグッズ屋で購入するのを上回るほどの出費で1個、その後200円で1個。

トータルではまあそれなりに納得いく金額だが、久々に入れたてのものを山積みから切り崩すのが、割と楽しかったです。

あと、最近は水玉なんて??と思ったのだが(何が(笑))。
RD-X8

X6が駄々こねてドック入りしたので、代わりに用意したもの。
[RD-X8]の続きを読む
PMのティナ+1

どこぞにアップしたもののラフ段階。
[PMのティナ+1]の続きを読む
電撃文庫ねんどろいどぷち4体セット

ソフトの初回版についてきたもの。
ソフトの発売翌日午後でも、まだ店頭にあったりしたので、探せばまだあるかもしれない。

出来は、キノの帽子がちょっと大きくてバランス悪いのと、シャナの髪の上部分がちょっと多くて頭でっかちに見える以外は、顔のできも良くて、ソフトのプレミアとしてはいいかもしれない。

巷には改造でキノとエルメスを作った兵もいる様だが、そっちは見てないのでこれを見て出来をどう思うのだろうか。

なんにせよ、今まで出たキノ系のフィギアは、出来がお世辞にも良いとはいえないものばかりだったので、自分的にはこれで満足度がそれなりにあります。

ソフトを遊ぶのはちょっと後になると思うので、そっちのレビューはまたそのときにでも。
Slat ~レモン
グレープフルーツに続いて買ってきたもの。

しかし、かなり甘みがある上に、果肉が入ってるせいで、何故かこれがグレープフルーツのような気がして仕方ない。

かといって、はちみつレモンのような甘さでもなく、レモン水とはまた違うのみ口。
なんとも不思議な味である。
アルコール分が少ないのも、その風味をそのまま活かしてるんじゃないかとも思える1本。

でも、グレープフルーツと並べてグラスにあけて、利き酒してみると面白いかも(笑)。
トランジスタティーセット~電気街路図~
里好:著 KRコミックス

祖父のパーツ屋を継いだ主人公(本業:女子高生)の元に、古い幼馴染が店の向かいにメイド喫茶をオープンさせて帰ってくるという、のっけからカオスな内容。

伏線もちょこっとあるようですが、1巻の中ではその片鱗が見えるだけで、意外とあっさり流されている。
何話進んでもずっと夏というのも思い切った展開で、割と古めの秋葉原知ってて、最近のアキバも知ってる身からすれば、結構懐かしい風景や知ってる街角が出てきたりして、そういうところでも楽しめる作品。

でも、表紙は「木グリップ」の半田ごて見つけて~ってほうが、それらしいんじゃないかなーと思った(笑)。
とある中古車フェス

明日から開催ですが、この時間でもう降ってきてます。
予報では明日も雨。

本当に雨の週末を狙ってスケジュール組んでるんじゃないかと思うのも無理はないです。
まあ、このネタは今回までで。

他にもこういう雨率の高いイベントってどこかにないですかね(笑)。
氷結ZEROアセロラ
アセロラのチューハイなので、もっと酸っぱいものを想像していたのだが、果汁分が少ないせいか、ちょっと甘めで、アセロラのジュースのような強烈な酸っぱさがないから、その辺苦手な人でも安心していけると思う。

糖類ゼロとなってるが、甘味料が入ってるので、その分甘みがあるようで。
んー、これは自分だけの考え方なのかもしれないが、甘味料使ってまで甘さを出しながら、糖類の摂取を抑えたところで、アルコールの分はどうなの?とか思ってしまうのだが。

それを言い出すと、吸収を抑えるためにご飯に雑穀混ぜたものを摂るより、最初から量を減らせばいいじゃんとかいつも思ってる(実際そうしてるし)ので、普通のチューハイのカロリーがいかほどのものなのか良く知らないのでなんとも言えないのだが。

話が逸れたが、最近カロリーオフのチューハイやカクテルが良く新製品で出るから、ちょっと疑問に思ったことを言ってみただけなので、この製品に対する不満とかを述べてるわけではないです。

でも、他にはない味なので、こういうのもありかとも思います。
自分としては、もっとアセロラの酸味が前に出てきたほうが好みかなーと思った。
セイバー・リリィ

なんでソフトじゃなく、ホビーカテゴリなのかというと、買った目的がこっちだから(笑)。

元の値段が結構するので、これのためだけに予約もなぁ~とか思ってしなかったのだが、先日中古のタイムセールのワゴンに1つだけポンと乗ってるの見つけて、それを押さえて来たもの。

でも、人形付きで手放す人がいるとは、ソフトのほうの出来はいかほどのものなんでしょ。
セブンス ドラゴン

通勤の電車と、昼休みにぽちぽちやってます。
[セブンス ドラゴン]の続きを読む
PMのティナ

ペラペラのゲームなのに、あえてソリッドで(笑)。

公式のイラストも、描かれる度に細部が違ってるので、キャラセレの時のを参考に作ってみました。
等身も、イマイチバラバラなので、ベースにしたモデルの等身のままとしています。

M10は手元に資料があるので、かなり細部まで作りこめるのですが、この解像度だとそこまで出ないから、その辺は追々追加作成していくとします。

公式の絵板に持っていってもいいけど、ミリィ作ってからかなー。
その前に、テリシアにいきたいけど、3Dであのモフモフ感を出せるかどうかが課題。
某中古車フェア

今回も雨でした。
次回は??!
自家製ヨーグルト

豆腐みたいに見えるが、一応ヨーグルトらしきもの。
[自家製ヨーグルト]の続きを読む
MMS3 ポモック &パーティオ

武装神姫の新型素体第一弾?
おまけのシールは、既になかったので入手できず、残念。

初代のマオマオからオトメディウスとスカガの2nd、そして今回の3rd。
色々出てるのに言うほど買ってないが、今回の2~3の変化はかなり大きい。
特に股関節が新造になり、いかにも出来の悪いロボットっぽかった部分が改善された。

エリーゼの寸詰めやったのも、もはや過去のものにしようかという、頭身低めの素体も出ると言う事で、今後のラインナップにバリエーションも増えていくだろう。

それでも、BLADE氏のデザインには、今のラインナップのどちらもまだ体形が合ってない気がする。
んー、暇見てまた切り詰めてみるかなー。
ストロングゼロ ダブルレモン
-196℃シリーズで、アルコール分が8%という文字通りストロングなチューハイ。
内容は、レモン酒にレモン絞って炭酸割りというもので、ダブルレモンの命名はそこからだと思われる。

飲んでみると、一口目からそのレモンの強烈なパンチ&炭酸で喉をガツンと叩いてくる、今までにないレモン系のチューハイの感覚。
それを更にキムチ食べながら行くと、もう最高(笑)。

飲み終わった後、息が熱いと感じるほどで、すぐに回ってくる。
そうか、前にレモン酒作ったことあるけど、こういう使い方もあるんだなーと再認識。

またレモン酒漬けようかな~。
M【MOE】*A【AKIBA】=MAPOP
どう読むのかよく判らないタイトルだが、5bpレーベルのキャラクターソングコンピレーションアルバムということらしい。
その後に、5pb. キャラソンWORKS 2006~2007 Vol.1と続く。

んで、HQCD仕様なのだが、うちのはノーマルプレイヤーなので、その差はわからず(笑)。

内容的には、2枚目の「O【OTAKU】*」のほうが、歌ってる人も上手くて安心して聴いていられる。
というか、もう一つ歌いきれてない人が目立っちゃうのかなーと思った。

歌詞と曲の調子から、どうしてもそうなっちゃうのかもしれないのかなー、とも思える。
なので、これは1と2セットで聴いてなんぼのもんじゃないかと。

OPxEDで分かれてるのもあるし、そういう聴き方がお勧めかも。
しかし、1枚目のパッケージアート、ベースでボーカルってのもなかなか渋い。
個人的には2枚目のほうが、艶やかで好きですが。

んじゃ、2008~もあるのかなーと、次も楽しみに待つとしましょう。
春の新番 ハルヒ
なんでまだ始まってないのを書こうかと思ったか。

次期ハルヒ(2期ではないらしいが)の放送が、うちの地元が全国で一番早いのだ(笑)。
と言っても20分ほどだし、木曜夜なのでその前にスポーツ中継が入れば、一気に3番手くらいに落ちてしまう、そんな微妙な時間帯なんですが。

NT誌には、かつての放送時のような、ビラ配りの書き下ろしイラストが大々的に載っている。
公式ページでも、この10日からなにかするみたいだ。
原作も既に2年待ち、TVの方もよくここまで引っ張ったものだと思うが、ようやく観念したようである。
これで原作も吹っ切れて、早く出ないかなー。

さてさて、どんな新生ハルヒを見せてくれるのか。
はたまた、予想を裏切って普通に2期やっちゃうのか。
その辺は、「封印作品の~」あたりの記事を読み返しつつ、楽しみに待つとしましょう。
Akasha 奥井雅美
最新アルバムにして15周年記念ライブのDVD付き。
ダイジェストだけど(笑)。

これ聴いて思ったのだが、彼女のアルバムは書き下ろしのものと、収録のもので音の明るさが違うなーというのに最近気が付いた。

外に出てるのは、キャッチーなものを求められるのもあるかもしれないが、かなり音が明るめで歌詞もはっきりしている。
一方アルバム書き下ろしのものは、大人の味というか、深みのある音と歌詞で攻めて行ってる。

今回のアルバムは、収録が4つになったことで、その差がかなりはっきりと判る内容に感じた。
JAMのほうの活動もあるから、色々やりたいことも多いだろうけど、どっちが本当の奥井節なのか。

自分も付き合い結構長いほうだと思うけど、まだまだ知りえない部分も多い人です(笑)。
Slat グレープフルーツ
Asahi すらっと Slat 88kcal チューハイ 果肉入り グレープフルーツ 糖質70%オフ(当社比※)スピリッツ(発泡性)①果汁3% アルコール分3%
と、ラベル正面に情報が多すぎて、どこまでが商品名なのかよく判らないお酒(笑)。

グレープフルーツの果肉も入っているのだが、発泡酒なので振るわけにも行かない。
ここは、素直にグラスに開けて飲むといいかも。

アルコールの度数は3度とかなり低め、そういったところからもグレープフルーツのスカッシュのような飲み方が出来る。

糖質をかなりカットしているとあるが、味自体は少々甘めなので、お酒としてよりも、清涼飲料として飲むのもアリかも。
シルクエビス
通称「白エビス」?
いや、最初にラベル見たときにそう見えてしまったので、オレの中では、こいつは白エビスに決定(笑)。

というわけで、普通のビールであるが、エビスブランドにしては、ちょっと苦味が強いかなと思った。
絹のように~とあるが、これだけビールビールしていては、その辺の差があまり感じられないんじゃないかと思った次第。

もしかして、ギネス並に泡が細かいとかそういうのだろうか。
焼き加減を失敗してウェルダンになってしまった肉を肴にしたので、普通にカプカプ飲んでいたのだが、2本買ってるので、そっちはグラスに開けて飲んでみるかなー。

ギネスもキリンに行っちゃうし、これも限定だから、いまのうちにサッポロギネスとの相性も見とくかなー。
ANSWER アンジェラ・アキ
ヒットチャート首位のアルバムを、その時に買うのは実に久々である。
13曲も入っていて、更にDVDもおまけについている。

元々「手紙」は配信ででも買おうかと思っていた曲で、FM聞いていたらアルバム出るというので楽しみにしていた1枚。

いや、もう何も言わずに聴いてくれといった内容。
「ながら」じゃなくて、ステレオの前に座椅子出して、正面に座って、久々に「音楽鑑賞」モードで丸々聴いてました。

こういうのをいいなー、と感じちゃうのは、最近疲れてるのかなーって思うところ。
いや、思い当たる節が多すぎて、まんまストライクなんだろうけど。

という、そういうのに思い当たる人は、ぜひ丸々1枚聴いて欲しい1枚です。
ようこそ青春世界へ!
淺沼広太:著 すまき俊悟:画 一迅社文庫

天使の飼い方~の浅沼さんであります。
次の本が、更に他社から出るということで、結構精力的に活動してるなーと思いつつ、これはちょっとボリューム不足かなーと、最初に手に取った印象。

しかし、他の文庫と行数は変わらないのに、ページの端までみっちり字で埋まってるので、本の厚さ以上に中身が詰まってる気がする。

また、登場人物それぞれの視点に、コロコロ切り替わるのでちょっとややこしいところも。
そして、一番気になったのが、ストーリー展開。

主人公に関係する一番の大ネタを、本の半ばでやっちゃうとこで、そのあとの展開が希薄に思えてしまった。

それは、ラストがそれ以上の盛り上がりに欠け、尻すぼみに思えてしまうところからも、もっと引っ張りまくって、ラスト近くで男子の誰かが告ってしまうところまで行って、初めて爆発させられるネタだったんじゃないかと思った。

おしい、凄く惜しい。
引きからすると、ちょっと続きそうな気もするが、それならもっとはじけた内容を次回に期待して。
アサヒ クールドラフト
カテゴリは発泡酒なんだが、一口目で「なんやビールやん」って思ってしまった。

しかも、少し淡白でそのうえ切れがあって、十分ビールとして飲めるレベル。
これがビールじゃないなら、自社で作ってる本物のビールの立場はどうなるんでしょ(笑)。

そういう点では、各社ともいろんな切り口があるよなーって思う。

このカテゴリですら、生き残りをかけて戦っているんだな、とも思うし、それによって消費者の喉を楽しませてくれる競走なら、おおいに盛り上がって欲しいものです。
純米焼酎 白岳 しろ
米の焼酎。
米で作る酒で、清酒と焼酎の造り方の差がよく判らないのだが、今月のセールに乗ってたので買ってきたもの。

香りは清酒に近い。しかし、独特のきつい香りではない。
飲んでみると、芋よりは癖がなく、ちょっと辛め。
お湯割りにして飲んでみたら、わりとマイルドであっさりした風味になって、かなり飲みやすくなった。

自分は焼酎では芋系を好んで買ってくるのだが、麦ほど癖もなく、芋ほど臭くも甘くもないので、時々飲むにはいいかなーと思った1本。

肴が普通の弁当だったので、今度はちゃんとつまみを用意して、味わってみたいと思います。