ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
サントリー ALL-FREE
酒ではないが、酒のカテゴライズで書いてみる。

今年の秋のサントリーは、BOSSの新作もそうだが、白で攻めていくのだろうかというパッケージ。
そこに金色のタイトルラベルで、結構見た目にも高級感がある。

天然水で麦芽を仕込み、一番麦汁だけを~とあるが、アルコールもカロリーも糖質もゼロのビールもどき。
しっかりビールテイストとラベルにも書いてある。

でも、飲んでみたら、その天然水の口当たりが少しするものの、普通の第nのビールと変わらない。
その雰囲気からして、アルコールなしでも体が間違えて酔うのではないかと思うほど、結構ビールらしい。

これなら、夜中に帰って来て飲んでも、寝るまでに残らないので寝つきも良さそうである。
もう少し買いだめしておこうかなーと思える1本。
ピンクグレープフルーツのカクテル
カクテルパートナーの新作、秋限定。
パッケージほどショッキングではないにしろ、爽やか目のピンク色をグラスに注いで楽しむ事ができる。

で、主役はグレープフルーツのはずなのだが、一緒に入ってるクランベリーの方が、味も香りも勝っていて、これならタイトルはそっちも書いても良かったんじゃね?とか思ったが。

只でさえ2段組みの名前なので、表記を諦めたのではないかと勝手に想像しつつ。

酸味が若干強めなので、酢の物系には合いにくいかもしれない。
(と、マリネ食いつつ思った)

でも、それ以外の食事になら、この酸味と甘みは、食欲増進には結構いい役割を果たすんじゃないだろうか。
でも、何にならあうのかなー。
もしかしたら、ケーキかもしれない(笑)。
銀河高原ビール 白
正確には白ビールなのだが、ビールビールと続いてしまうのでタイトルは白にしてみた。

グラスにあけてみると、少しにごりのあるのがわかる。
そして、独特の香り。

んで、飲んでみるとかなり癖のあるビールだと思ったのが第一印象。
口当たりも既存のビールとは全く違う。

この濁りと口当たりは、ビール酵母がそのまま入ってるせいで、それだけでこれだけかわるのかという代物だ。
少し甘みがあるような気もするし、苦味があるような気もする。
そもそも、これはビールなのか?というほど。

ビールだと言わずに人に出したら、ビール以外の飲み物と思うかもしれない。
そんな新感覚のビールを試してみたい人にお勧め。
BMWプレミアムカーコレクション
コーヒーメーカーのおまけミニカー戦争のトリを飾るのは、このシリーズ。
こちら、リアル造形でダイキャスト製、その上プルバックである。

ダイキャスト故の塗装のダルさ、小さいのにしっかりとある重量感、そして往年のBMWの名車をある程度網羅したラインナップ。

見つけたのが遅かったので、かなり歯抜けで9種揃えるのは無理。
328や2002が欲しいが、そんなの見逃すマニアがいるわけないので、しっかりなくなってました。
で、買ってきたのはM1、1800、Z8。

残りも、頑張ってさがしてみるかなー。

ジャパンヴィンテージカーコレクション
時代を超えて愛される名車たち リアルプルバックカーとパッケージにはある、UCCのコーヒーのおまけ。

しかし、よくもまぁこれだけ同じ時期に同じようなモチーフが各メーカーからバッティングするものである。
造形は違えど、こちらは一部ラインナップまで重なっている。

版権もとの自動車メーカーの広報担当者も、同じ時期にアポあったりして、きっと苦笑いしているに違いない。

というのはまぁ置いといて、一応4種買ってみたが、全てが同一スケールと言うわけではなく、パッケージに収まる全長に、一通りのサイズ合わせがされている感じである。
そのせいで、432Zとエスハチでは、1.5倍くらいのスケール差があるんじゃなかろうか。

パッケージでは割とツヤツヤだが、実物は幌やカーボンがつや消しになっていたりと、塗りに関してはこだわりが見れるかもしれない。

しかし、実際このサイズでプラ成型、更にプルバック機構入ってるせいか、全体にモールドは甘めで、スケール以上に玩具っぽさが出ているのは否めない。

でも、スジ彫りはそれなりに入っているので、もしかすると、研ぎだせば見栄えのするものになるかもしれない。

昔はダイキャストのこのサイズのミニカーが、この缶コーヒー数本分のお金出さないと買えなかったことを思うと、走るミニカーとしては、小さいお子さんのカーキチ入門にはいかもしれない?とか思ったシリーズ。

最近のDIVA2など

他のゲームやってたりで、少々サボっておりましたが、ようやくアペンドをDLしてきました。

[最近のDIVA2など]の続きを読む
トリスハイボール
トリスと言えば、サントリーのウィスキーである。
独特のジグザグ顔でおなじみのキャラもあるので、目や耳にしたことがある人も多いと思う。

そんなトリスのハイボール、でも飲んでみたら少し柑橘系の風味で、ウィスキー臭さがあまりしない。
意識して飲むと、ウィスキーだなーと思える部分もあるのだが、これなら軽めに飲んで行ってもいいかも。

とか思ったら、この軽さで7度もあるとわ。
割と軽そうなパッケージですが、中身は結構重いです(笑)。
ASAHIくつろぎ仕込み
4VGとかいう、くつろぎ成分のある香りを配合した発泡酒らしい。

らしいってのは、ラベル全く見ないで買って飲んだので、そんなこと気にしてなかったせいだが(笑)。
それはさておき、普通にビール系の発泡酒として飲める内容で。

可もなく不可もなくの平均的な位置づけだと思えるが、そのくつろぎの香りがどこかで効いて来るなら、そこがプラスなんじゃないかと思う。

まだ買ってあるので、次に空けるやつはちょっと意識して飲んでみよう。
ワンダ蘇る名車コレクション

今度のはドア開かないのね。

エスロクヨタハチ2000GTにハコスカ、ミウラとストラトスの組み合わせ。
丁度入荷したてのところに出くわしたらしく、歯抜けもなくストレートに揃ってしまった。

こうやって積み上げてみると、実はケースから出さないで、そのままレンガ状に積み上げたほうが、見た目にも面白いんじゃないかと、この写真撮って思った。
前のシリーズは、棚の最前列でホコリ被ってるからなー…。

コレクションの仕方もちょっと考えてみよう(笑)。
いちばんくじのモンハン

というより、アイルー村?
当選一覧が半分近く埋まっていたので、それなりに当たるかなーとチャレンジしてみたが、結果は4回で2セット(笑)。

まあ、大きさの揃ったカップがあまりないので、これはこれで実用的なんだが。

ネタにしようかと思ったが、それ以上でも以下でもないので、お粗末さまでしたというところで。
ねんがんのもんはんきてぃをてにいれた!

というわけで、幾度目かのチャレンジの後、最後の最後で店頭に8つしか残ってない中に、1等がそのまま残っていて。
これはあれだな、オレに引けと言ってるんだな!と、4回引いたが相変わらずタンブラーとクリアファイルで(笑)。

そして、数をもう一度確認、店頭の商品と残りのくじの数が完全に一致。
これだけはやりたくなかったが…

「残り全部下さい」

あい、大人買いした時点で今回は完敗です。

あー。
でも、これ飾ってると癒される(笑)。
暫くは飾り棚の一等地を占領してそうです。
ほろよい ぶどうサワー
なんとも秋らしいさっぱりしたチューハイ。
パッケージもブドウ色で、秋を感じさせる。

飲んでみると、グレープのジュースを炭酸と酒で割ったもの、それ以上のものではないのだが、そのバランスが絶妙で、軽めのアルコールとさっぱりした飲み口で、ジュースのような軽い感覚で飲むことができる。

というより、酒として飲まずに、映画でも見ながらかるーく酔うのに丁度いい塩梅かもしれない。
秋物の中では、結構お勧めの1本です。
本日の収穫物

これ自体は再販なのかな?

同じ景品を床に敷き詰め、そこに少し隙間を空けて凹の場所を作り、そこに◇の状態で置かれた仕掛けの台。
斜めに捕まえる事になるので、箱の重さから一度掴むとかなり安定し、かなりイージーな設定となっていた。

しかし、最初の掴みのバランスが悪いと、すぐに前後にひっくり返ってしまって、そこから持ち上げるのは至難の技。
素直におきなおしてもらうことになるのだが、行った時間が遅かったので対応が間に合わず、結局この2個だけ取ってきた。

でも、ツリ目のこの2キャラは出来も良く、作者の作風に合っていると思う。
イージー台だったので、次に行くまでに残っているか判らないが、またあったら挑戦してみたい。

トラックバックテーマ 第1045回「今これが壊れちゃうと困ります」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「今これが壊れちゃうと困ります」です。日々生活したり仕事をしたりしてるときに便利なものたち。その中でも「これが壊れてしまうとヤバい…」そんなもの、ありますか?少し前までだと「クーラー!」って人も多かったかもしれませんね。今年の夏は酷暑でした...
トラックバックテーマ 第1045回「今これが壊れちゃうと困ります」



夏季の番組録り溜めてるHDDレコーダーかな。
仕事忙しくて見る時間ないのに、ほとんどの番組が佳境に入ったりしてるので、今壊れると途中から最後まで全部あぼーんしちゃいます(笑)。

笑い事じゃなく、見る時間作らないと…。
バットマンビークルコレクション

腹に磁石の入ったプルバックカーで、バットマンに出てきた乗り物(主に車両)をモチーフにしたもの。

変わったところは、車体の腹に磁石が仕込んであり、スチール缶の横にくっつけて走らせることができること。
勿論普通の鉄の柱なんかにもつけることはできるが、動力が弱いので垂直には10cmも登れば良いほうかも。

しかし、これが冷蔵庫の扉に付いている様は、まるでゴキさんのようです(笑)。
くれぐれも、その状態で放置しないようにしましょう。
でないと、叩き落とされて壊されるかも…。
直搾り
が冠で、あとは長野産黄金桃期間限定ストレート混濁果汁と続くので、どこまでが商品名なのかよくわからない(笑)。

中身は黄桃系の品種の果汁が入っているのだろうが、先に飲んだまったりとした白桃のものとは違い、かなりあっさりした印象。

そりゃ、あちらの果汁に比べると果汁分が少ないのもあるが、その分こちらのほうが飲みやすいと感じる人もいるかもしれない。

あっさり系といえば、そのさらさらした飲み口で人気をはくした天然水があったが、そういう印象に近いかもしれない。
なので、こってりな桃ではなく、あっさりした桃を楽しみたい人にお勧めの一本です。
キティxモンハン
IMGP3195.jpg
通勤途中のコンビニで、行くたびに2回ずつやって確保した数々。

大きいぬいぐるみが欲しかったのだが、結局テーブル止まり。
ミニぬいぐるみは、ストラップになっていて、後頭部が液晶クリーナーになっているとのことだが、この容貌でその通り使う人はどれだけいるだろうか(笑)。

そうこうしている間に、ぬいぐるみはアイルーがキティ被ってる方だけになってしまったので、このあとやるかどうかは考え中(笑)。
そんなこんなで

買い置きから買い足しまで、いろいろとっかえひっかえしてようやく動くようになりました。

[そんなこんなで]の続きを読む
梅酒ハイボール
国内の梅酒メーカーの雄、チョーヤの新製品。

ハイボールといいつつ、中身は純粋に梅酒のソーダ割りのようで、他のウィスキー系のハイボールとは趣旨が違うかも。

味は、割と濃い目な梅酒独特の「粘り」もすこしあって、梅酒が好きな人ならそういう喉越しも楽しめると思う。
また、アルコールは7度と高めだが、これまた梅酒の甘さでアルコールの辛さが相殺されていて、気が付いたらガッと回ってくる感じがする。

夏バテ気味な人にも、一部健康に良いと言われる梅酒のハイボールで、残暑を乗り切るのはいかが?
MOVE Anim.o.v.e 02
Lilyの歌が入ってるアルバム。
「恋しさと~」がお気に入りの曲でもあるので、ジャケ買い以外の要素もかなり入ってますが、なかなかに熱めのアルバムだった。

そして、Lilyはというと、こういう声質なんだ~というのが最初の感想で、まだ音源としての熟成度がたりないのか、もう少しパンチのほしいところ。

とか思ってたら、それのハウツームービーとLily自体の体験版?が入ってるようで。
どうりでコンピレーションアルバムにしては、少々値が張ると思ったら、そういう仕掛けだったのね。

そっちのほうは、今は忙しいので手をつけられないから、またいずれやってみたいと思う。
09.11に思うこと
ある国の大都市で、この日1日で5000人以上の人が亡くなった。

自分は阪神淡路大震災を経験した身なので、そういった沢山の人が一度に死ぬというのとを、よく考えさせられることがある。

しかし、09.11のそれは天災ではなく、人の手によって起こされたものだというのが、同じような死者の数字でありながら、考える上で明らかな違いを持っている。


今日、会社の近くで工場か倉庫の火事があった。
もうもうと巨大な黒煙を上げるその様子を、1キロほど離れた高台から見下ろすような感じになっていたのだが、それを見ているときに、「そういえば明日がそういう日だっけ」と思ったのも、こんな記事を上げようと思ったきっかけかもしれない。

火事も、つめていけば人の手で起きるものだ。

あの日、深夜のニュース中継で、TVの向こうで起きている非現実的な光景が、人の手で起こされたものであるのなら、2度と起こしてほしくないものである。

エビス ASUKA CRUISE
大型客船の飛鳥IIの中で限定販売されているらしいビール。
限定販売で、船外でも飲めるようになったとのこと。

内容的には、長期熟成の赤缶に近い味わい、ハーフよりちょっと濃い目かな?というところ。
しつこさはないが、普通の生やドライとは違った風味を楽しめる。

しかし、缶が青いのは、やはり先行で出した赤缶が人気で定番化したのを受けてか、これも定番化する可能性はあるのだろうか。

ていうか、それだと船内販売の価値がなくなるので、やっぱ今だけこの味を楽しむとしましょう(笑)。
不二家ネクターカクテル
とろとろピーチと名がついているが、本物のネクターほどどろっとしていず、むしろ本当の桃の風味が前にでて、さらっとした飲み味になっている。

ラベルよく見たら果汁25%もあるから、お酒としての甘みが抑えられている分、桃が生きてきてるんだと思う。
そう思うと、本家のネクターもこういうアプローチならもっと売れるんじゃないの>とか思った1本です。

一応限定販売らしいので、試してみたい方はお早めに。
VOCALO LEGEND
AC版に載った曲もいくつか入った最新コンピレーションアルバム。
DIVA2にも入っているのもあるので、そのまま耳を鍛えるのに使えそう。

そして、何曲かは結構分厚い音でかき鳴らしていて、歌っているのが本当にボーかロイドなのかと思ってしまう。

それくらい、曲と歌声が馴染んでいるということで、単なるバーチャル音源の域を超えつつあるんじゃないかと思った。

そして、これに入っていた広告小冊子で、どうも買い逃しが1枚あることに気付く。

もしかしたら、買ってそのまま積んでどこかに埋もれているのかもしれないが、なにぶんジャケにしか覚えがなく、内容には記憶がない上に、買ったか同化も定かではない。

そっちは、またいずれ買いに行ける機会があれば。
ブラックロックシューター ねんどろ同梱版
いきなり何の気もなしに見出したら、終わりまでノンストップの本編1本丸まる入っていた豪華なおまけDVD。

なんとなくダイジェスト版に見えなくもないが、これがダイジェストなら通常は間延びしすぎて成り立たないんじゃないかと思う内容。

聞いた話じゃシリーズ展開も考えているみたいで、それならシリーズ展開前のプロモーションとしてみれば納得がいく構成だと思う。

作画の質は全体に高いが、引きの絵でキャラが溶けていたりと少し荒も目立つ。
オムニバスに進む内容が、現実の時間と同期しているのかちょっと分からない展開だが、これが始まりだとすればそういう見せ方もありなんじゃないかと思った。

なんにせよ、今後の展開が楽しみなシリーズです。
9月の最高気温
記録した日に。

※といいつつ公開日間違えて出てませんでしたが(笑)。

駄々こねたPCのパーツを、休日出勤の帰りにいくつか買ってきて、ばらしながらちょっとずつ組み替えていく。
元から用意してあったグラボ、メモリを換えてみたが効果なし。

更に翌日、本格的にメインのPC入れ替えるつもりで、i5で一式と電源を確保。
電源を変えてみたが効果なし、HDDはそもそも通電しているがチリチリという音すらしていないようで、CPUが動いていないか、BIOSが飛んだか。

もともと組み替えてから5年ほど使っているので、耐用年数もそれくらいじゃないかと思える時期。
HDDは既に2回取替え、メモリも3回入れ替わり立ち代りの容量アップのグラボなんか毎年のように換えている。
実はCPUも4400から6600に、電源も換えたりしているので、残っているのはマザボとマルチドライブくらい。

そうして余ったパーツなんかで2台目3台目を組んだりしていたが、根幹のパーツがダメならもはや子PCや孫PCなんて言ってられない。

予備で長らく置いていた775のマザボを引っ張り出し、完全にばらして組み替えるとさっくり動いた。
しかし、このマザボも壊れたやつからすると1年も変わらない時期に買っている。

もともとペン4から乗り換えたときに、発熱が下がったので静穏ケースに入れていたのだが、さすがに毎日使う上に今年の異常高温が止めを刺したのか、耐用限界を迎えたのかもしれない。

ちなみに、マザボ表面にはなんの異常も見られず、本当にどこが悪いのか見当もつかない。
まだ仕事が忙しくて帰りも遅いので、バラックで動いてるものを完全に組み替えるのは先になりそうだが、これでi5一式余ることになった。

これも、いつか組もうかと思う。
これでいいのか?(パンヤ)

というか、これで大丈夫なのか?のほうかもしれない。

相変わらず男の娘疑惑の残るネルだが、それに水着が来たと思えば白スクで、更にコンバートでセーラー白スクになるという…。

そうかと思えば、アリンでシークレットに紺スクって…
ねーさん、既にスク水着ていい歳越えてるんじゃないの?とか持論は置いといて。

ええ、両方狙ってたら全部揃っちゃいましたよ(笑)。
ネルはまだ能力上げてないので使ってないけど、素体の状態で大会出てる人もいるので、基本性能は高いのかな?

いずれにせよ一回40分近くかかるのを何本もこなせないので、今の仕事落ち着いてからかなー。
ANA版ガンダム

会社の後輩が夏期休暇でANAに乗って、申込書を貰ってきたと言うので一口乗せてもらった。
現状で、かなり申し込みが殺到しているらしく、次の出荷が10月以降だとかなんとか。

そんなわけで、フルメッキのガンダム(3000円也)がようやく届いた。
それにしても、箱が薄い。

元々機内販売考えてて、荷物にならないように薄くしたんじゃないかと思うほど薄い。
その分、なかみはみっちり詰まっていて、ほぼ隙間はない。

しかし、そのメッキの具合をみると、かなりダルい。
特に水色のパーツにはメッキに皺がよっているところもある。
この辺は、やっぱタミヤのほうに一日の長があるなーと思ったところ。

あと、ゲートの部分でメッキが剥げるので、組立てにはメッキと同じ色の塗装をうまくするか、そのまま諦めて素組みするかの選択を迫られる。

勿論、コレクターアイテムとして、積んでおくのもアリだとは思いますが(笑)。
メインPC逝ったっぽい
どこが原因かわからないが、帰ってご飯の支度をしている間に起動して、ご飯の前にブログだけ書いとくかとマウスを動かしたが、画面の反応がない。

とうとう熱でPCが先にいかれたかと思って、暫くしてから起動させてみたが、今度は画面が真っ黒のまま進まない。
とりあえずばらしてみないと分からないが、マザボかHDDかどちらかが死んだようだ。

それもこんな時間からだし、週末も出勤なのでパーツを買いに行く時間が取れるかどうか。
ブログは他からでも書けるので、詳細が分かったらまた書き込みます。
ラムトロピカルミックス&カルピス
これも冷蔵庫の奥から発掘したもの。
何しろ、缶飲料が大量に詰まってて、冷えが悪くなるほどだったので、頑張って消費しているものの、定番ものや限定で気に入ったものなどを溜め込んでいるので、なかなか買ってすぐに飲むところまで至らないのが多い。

まあそれはさておき。
最初はライチかな?と思う少しクリーミーでさっぱりした舌触り。
ラベル見ると、これがパインとカルピス酒とココナッツとかの組み合わせだという。

その前置きで飲んでみると、確かにパインの味が出てくる。
だけど、あの強烈な酸味とかではなく、もっと缶詰のような甘みのあるほう。
それで、甘すぎず、さっぱりした味わいになっているのだと思う。

しかし、完成度は前のオレンジのほうが高かった。
これも付け合せや肴で味も変わるかもしれないが、次に飲むなら?となるなら前者に一票。