ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
PSU

始めて2週間経ったが、のんびりやってるのでまだレベルもそんなに上がってません。

一般クエをするに当たってなんとかレベルを11まで上げ、それで1つ目をクリア。

しかし、レベルがまだまだ適正ではないので、フリーをやってあげることにしたが、強化はなんかしらんが受け付けてくれないので、メセタ溜めて武器と防具を揃える事にした。

それで買ったのが相変わらず双剣である(笑)。
ぶっとい剣も捨てがたいが、やっぱりリーチがそこそこあって手数が多いので、これが自分には一番あってると思う。
特殊技も入手し、それらの装備で挑んだらダメージが100分の1くらいになって、随分と楽になった。

それでも、ボスは攻略法があるのかないのか、結局ボスよりレベルが低いのか、歯が立たなくて回復アイテム尽きたところでリタイア。

連休中に20までは上げたいなー。
うしろノしんでれさん
佐藤友生:作 KCDX

理由を覚えていないが死んでしまった少女と、それが普通に見えてしまう少年。
お互いが好きでいられる間は命の保障がなされるという、死神との契約(ゲーム)に巻き込まれてしまった主人公の運命やいかに?

というのが簡単な内容なのだが、しんでれさんはツンデレさんでもあるようで(笑)。

幽霊と引きこもりと生霊とうそつきの4人に挟まれ、段々女難の相が濃くなっていく話の展開は、どこかで収拾つくのかと心配になったりもするが、そういったところが割と楽しめる作品です。
きぐるみけいおん!

そういやこれも買ったのに記事にしてなかったなーと思いつつ。

約4.5頭身のきぐるみセット。開けてないので中身があるかどうかは判らないが、多分ソリッドだろうなー。
んで、この大きさなのに顔はしっかりと描かれていて、シルクの技術も高くなったなーと思うところです。

しかし、一体あたり1kの値段はなんとかならなかったのか…。
出来がいいからそういうものだと思っておくとします(負け組)。
ねんどろいど けいおん!

の、ローソン限定Verが出てたので取りに行ってた。

しかし、メールが来るわけでもなく、電話が来るわけでもなく、しかもねんどろは発売日に出た試しが無いので、そういえば4月中だよなーとか思いつつ調べてみたら、ちゃんと発売日に入荷していたようで。

奇跡だ…。

しかし、予約から半年は長いよなー。そういうのがあったのを忘れてしまうほど長い。
普通のぷちの価格を考えると3個セットでこの値段も少々高い。
そしてローソンのイメージカラーのせいか、青いパッケージは少々合わないような気もしないでもない(笑)。

まあ、コレクターズアイテムになってしまうのだろうが、残りのキャラはださないのかなー。
なんか長い間緊急メンテやってたと思ったら
記事がいくつか消えてるわ。

PSUとFNOの記事で、アップした画像ごと消えてるし。
メンテの保障がないのなら、時間のあるときにまた上げなおします。

-----------------------
追記
消えた記事を思い出しながら、その後少し遊び進めた分も含めてアップしました。

その後色々調べていくと、先週の金土にアップした記事と画像がすっぽり抜け落ち、その上それ以降の訪問者リストのログも抜けていました。日月に公開したものは普通に残ったりしているので、どういうエラーなのかよくわからないのだが…。


パンヤ

新しいステージ入ってからやってなかったのだが、お知らせとか全然読んでないのでどこにあるのか判らず。

ランダムの時にだけ発生するのね。
最終18Hで、ホール1という名前で出てきました。
アイス系で、スパと似たようなステージながら、滑り台とグリーンの間には谷があって、そのままだと1オンしないようになっている。

それにしても、このランダムの空の色は独特で、これだけでも結構新鮮味があるなーとか思ったり。

pangyaGU_323.jpg
そしてエリカのバースデーイベントは完全に出遅れて、7回ログインが達成できないのが現時点で確定しているので、そのほかの取れる分だけ全部開けておいた。

これが角とか真ん中でなくて良かったわー。

pangyaGU_324.jpg
それで貰ったものが、誰だオマエシリーズ第2弾(笑)。

クーのお面は少し平目っぽかったけど、これはお面自体を小さくする事で、目が広がらないようにしてある。
やっぱ、数がこなれていくと良くなっていくのね。
クーのお面も作り直してくれないかしら。



金本の記録
1766試合連続出場で途切れた。
チームの采配ミスのせいという、本人の意図しないところで終わると言う最悪のものだった。

故障しながらも、なんとかほぼ意地だけでやってきたようなものだったのに、なんというおろかな結末なんだろうか。

こりゃ今年の阪神もダメだなー。
アイドライジング!
広沢サカキ:著 CUTEG:画 電撃文庫

今より少し未来で、アイドルが格闘技をするのが人気番組となっている世界。
138cmのプロデューサーと、181cmのアイドルがその世知辛い世を渡っていく物語。

なによりそのアイドルたちのアクションや仕草の描写が上手く、読んでいてもかなり文章がこなれていて、これが新人のデビュー作とはとても思えない。

かなり映像向きの作品だとは思うのだが、その魅力を十二分に引き出すイラストの上手さ。
って、絵のほうは連載持ちの作家さんなのね。

プロローグは、一回全部読み終わってから読むと、それが誰だったのかわかると思うが、初見では時系列もキャラの描写も曖昧なので、少しわかりにくいところがあるかもしれない。

それでも読むに連れてぐいぐいとその世界に引き込まれていく気持ちよさがある。
新人アイドルのサクセスストーリーとなっているが、これだけで終わりでなく、トップアイドルとの間にいる中間層も黙ってはいないだろうし、続きが結構楽しみな作品です。
FNO

※この記事は、サーバーエラーで消えてしまった記事を、後日再アップしています。

某情報サイトの広告がずっと気になっていたのだが、仕事が忙しいのもあって手を出せずにいた。
ようやくオープンベータになったので、それを機に入ってみたのだが、ベータの段階でインストーラーのDLが2時間半とは、かなり凶悪なファイルを落とすようで。

とりあえず放置して、DL完了後インストールして始めてみる。

ジョブフリーと謳っているが、実体は転職がいつでも制限なしに(戦闘中以外という制限はあるが)できるというもので、明確な職業の上に成り立つ仕組みなので、魔法剣士のようなものは作れない様子。

しかし、武器にも魔力があったりと、装備に関しては柔軟で、最初のうちは僧侶に双刀とかやってたりしました。
2個武器を持つと、2個分の魔力が出るため、杖と比べても遜色なく、更に殴りに入ると剣の攻撃力と振りの速さで殲滅も早いと言う状態にできる。

レベルが上がってくると、メイス二刀状態がシーフでもかなり強い状態になったため、剣士の斧、バードのギター以外はこの装備で通した。

キャラは等身も低めで割と可愛いものが多く、今の人気はこの辺にあるのかもしれないと思いつつ。

ゲームバランスに関しては、クエの発生レベルでPTクエを受けると、とてもじゃないがボスに太刀打ちできないというバランスが少々気になるところ。

snapshot_20110419_120718.jpg
何度も全滅しながら3人でなんとかクリアしたが、このPTクエが発生してもしばらくは放置して、+8~12レベル上げてから挑んだほうがいいみたいです(クリアした時のレベルは9)。

それ以外だと、砂漠に行ってからの雑魚のバランスが、見た目と強さが釣りあっていないのではないかと思えるものが多い。

敵の魔法耐性にもよるのかもしれないが、ドラゴン系が魔法2と剣の一振りで沈むのに、羽の生えたサルがそれを2セット必要としていて、みた目とのギャップがある。

まあ、それでも繰り返し受けれるクエの相手がその龍なので、稼ぎにはもってこいなのですが。

そんなこんなで、こいつも時間があったらぽちぽちやっていこうかと思います。

PSU

※この記事は、サーバーエラーで消えてしまったものを後日再度書き込んでいます。

PSP2∞をやってて、少々興味を持ったのでオンラインもやってみた。
イサオネットにはIDあったような気もしないでもないが、とりあえず今のメアドで新しく作ってログイン。

無料コースなのでオンラインしかなく、しかもマイルームも使えないので持ち物に制限も多いのだが、とりあえずお試しで遊ぶ分には問題ないだろうと言うことでトライ。

PCに繋いだパッドはMHFのものを使ったのだが、暫く使っていなかったので、アナログのセンターが出ていなくて、勝手に前に進んでしまう。
そんな状態で1クエやったが、通りざまから降り向きをL1でという操作が、そのまま振り返ってすぐに振り返って、元の方向を向いてしまって、折角の早いザンゲキが活かせない。

一旦終了して、コンパネからキャリブレーションして、ようやく立ったままでも勝手に歩かなくなった。
それでも、PSPと操作が同じだからなんとかなったものの、全然違ってるのに勝手に歩いたりしてたら、投げ出していたかもしれない。

画像に関しては、遠くにあるものを被写界深度でボケて見せているような処理が入っているようだが、それが空にもかかってしまっているので、折角の夜景もボケボケになってしまってもったいない。

名前に制限が無いのか、よく取られる名前でも簡単に取れたので、暇があったらぽちぽちやるかもしれません。

果実の瞬間桃とさくらんぼ
って、去年もあったような気もしないでもないが、一応春の新商品と言う事で買ってきたもの。

まず、缶をあけてみるとほんのり桃の香り。
そして、飲んでみて少し違和感を感じる。
桃の甘さは少し抑え目で、さくらんぼも酸っぱいほうのさくらんぼが使われている(というかそういう味付け?)ようで、かなり酸味があるように思える。

しばらく飲んでいて、途中で気が付いた。

これって梅の味じゃん(笑)。

まあ、確かに梅も桃もさくらんぼも同じ仲間って言えば仲間だろうが。
少なくとも、梅の味にならないくらいに酸味は抑えて欲しかったと思える1本。

果実の瞬間沖縄産タンカン
春限定とされた瞬間シリーズの1本。
タンカンというのは初めて聞いたが、プルを引いたときに香ったそれからすると、オレンジに近いのではないかと思った。

飲んでみると、柑橘系のしつこい甘さはなく、少しバヤ○ースっぽいジュースのようなすっきりした甘さ。
そのせいか、かなり飲みやすいジュースのような仕上がりになっていると思う。

薄味に仕上げられているので、料理はどれにでも合うと思うが、その分お酒として楽しむには少しパンチが足りないかな?と思った。
白鶴大吟醸
と銘打ってはいるが、値段も手ごろであまり抵抗なく買うことができる。

グラスで飲んでみたが、やはり吟醸らしく少し甘めですっきりと飲みやすく、清酒が苦手な人でもこれならそんなに苦にならないんじゃないかなーと思った。

軽く感じるせいか、本当に軽いのか、抜けるのも早くて、いい酒は抜けるのが早いと言うが、それをそのまま体言している。
飲み方は、冷がいいとラベルにはあるので、常温で飲んだから甘かったのかもしれない。

もう少し小さい瓶で出てれば、少しだけ飲むのには向いてると思うのだが、冷蔵庫に寝かしておいて、時々「吟醸」を楽しむという飲み方がいいかもしれないと思った1本です。
収穫物の2
IMGP3432.jpg
こんな春先に、別にスク水が欲しかったわけじゃないよ?きっと。

アームが長くて、出口側の方が握力が強いという、いつもの仕掛けの台。
しかし、箱の断面が真四角なのと、人形が手前側に偏って入っているということから、転がすのは簡単にいきそうにない。

普通に上げようとすると、初期位置からどんどん出口とは反対側に行ってしまう。
かといって、爪で押して引きずるのも、出口側が強いのでそこを梃子に滑って反対側に流れてしまう。

大分あれこれやってみたが、途中から弱いほうの爪を窓の端に引っ掛け、そこを梃子に滑らせて出口に持っていく方法に切り替えたら、強いほうのアームに何度か邪魔されつつも出口に向かって少しずつ移動を始めた。

こうなれば、あとは縦横の向きが変わらないようにバランスを取るだけで、ほどなくして2個ともゲット。
この台は大分慣れたつもりだったが、景品の種類によってはかなり難易度が変わるんだなーと思った。
本日の収穫物

ラブ+は全く手をつけていないのだが、キャッチャーに入ってたこれはちょっと気になったので取ってみた。
ソリッドモデルはコナミから出るのに、ぬいはバンプレというのも面白い。

そして、件の台はメッシュのダムに堰き止められたその端に、頭を向こうにして足だけこっちに出ている感じの仕掛け。
そして、横移動に制限がかけられていて、その上アームは短め。
でも、握力はそこそこあったので、掴む事は出来そうなのだが。

ポスターと同じ並びに配置されたその間隔が微妙で、両端はほんの少し届かないくらい、爪を滑らせて引き寄せようとすると、隣が邪魔で間にアームが入らない。

あれこれ考えながら、何回かやった後で、手順を組み立てて実行。
まず、真ん中のを取って、その後両端の攻略に入るという手段に出たが、一番右がポニテのせいで持ち上げようとすると後ろに返ってしまい、かと言って頭を直に狙うとダムの溜まっているほうにアームが行って、そのまま押し込んで沈んでしまう。

かなり攻略のし甲斐のある台で、途中から景品が欲しいのではなく、本来のキャッチャー遊びである、「ぬいぐるみ取り」を楽しんだ1日でした。

しかしこれ3つ並んでると何か癒されるなー(笑)。
ソウルマッコリ
自分的禁酒期間が終了したので、お酒の話をまた始めます(笑)。

さらっとしてあっさりしているようで、実は6度と調子に乗って飲んでると回ってくるタイプのお酒。
ほんのり甘くて甘酒のような感じもするが、餡かけなんかの濃い目の味に合わせるといいかもしれない。

なんでも抗がん物質がビールやワインよりも10倍ほどあるとかいう研究成果が出たりしているが、効果を出そうと思うと、それなりに飲まないといけないようで。

それでも、この甘さに飽きなければ、割と楽しんで飲めるお酒ではないかと思います。
春の新番3
戦国乙女
CR機が原作で、内容としては女人化武将モノ。
でも、他と少し違うのはそこにタイムスリップ?してしまった現代の少女がいること。

ドジで勉強もできなくて、ケータイ無いと生きていけない根っからの現代っ子が、果たして魔人信長のもとで生きぬくことは出来るのか。
最初の社会科準備室?には既に甲冑が揃っていたような気もするが、神社から飛んだのは誰なのか。
って、大体見えてるけどねー。
でも、赤鎧って武田のシンボルじゃ?

ロッテのおもちゃ
やっぱ、この通りには取れなかったのかなー。
作画はピカイチ、声優陣も豪華で、新房監督が何故か参加しているのも気になるところだが、入浴シーンでの隠しっぷりがなかなか良いところをついていて、そのフレームやカメラワークが楽しい。

ちびっこの下着に興味は無いが、原作通りに行くとすると、どこまでやるのやら。
そして、夏の都条例の施行下で、ソフトは無事出せるのか?!

ちょっと寄り道して けいおん!!番外編
海外旅行の為に、パスポートを取りに行く話。かなり巻き戻って夏の話。
でも、最終回っぽいのは、その前の「訪問!」だよな、やっぱ。
話数からすると、こっちは後から特典で作ったのかもねーとか思ってしまった。

しかし、劇場版はその旅行をテーマにしたものになるのなら、それはそれで狙って作ったものになるし、大学生編が始まった原作も、溜まったところで3期目のアニメもやるのかなーと思いつつ。
トロクロクエ(PSP2∞)

レベル上がってLv15の武器が持てるようになったのでやってみた。

敵自体はそんなに強くなかったが、トロを助けられなくて(残り1匹倒したと勘違いして進んでしまった)評価下がったものの、ラストの経験値は1000も貰ってレベルが更に一個上がった。

その後評価取りに再戦してみたが、敵が急に強くなって手がつけられない。
Lv20武器もてるまでは封印かなー。

今はそのトロクロ連れてフリーミッションやってます。
20110413234035.jpg
多分、殆どのクエはそのとき持てる最高の武器を、最大まで鍛えてやるのが正解なのではないかと思い始めた。
トゥルーエンドは見れるのでしょうか?!(笑)
自分的お花見スポット

新神戸からJRの高架を越えて阪神高速の手前まで、生田川沿いにかなりの桜のスポットがあるが、そっちは花見シーズンだと宴会で人だらけ、落ち着いて桜を見れる状態ではない場合が多い。

しかし、新幹線の駅のすぐ傍に、1本だけ枝振りのいい桜が咲く場所がある。
隣に背の高いマンションが建つ前は道路側からも見えたが、今はその影に隠れて、ひっそりと、しかし豪快に花を咲かせている。

IMGP3429.jpg
その桜の下で見かけた野良の黒猫。
しばらくにらめっこをしていたが、飽きたのか立ち去ってしまった。

本当はにらめっこを取りたかったが、去り際の1枚。
春の新番2
DOGDAYS
暑い日という意味らしいが、犬耳ネコミミうさ耳織り交ぜたケモノ耳の中に、人間の勇者が一人。
1話からすれば王道的な異世界召還物かと思ったが、2話でいじられ役が決定した一人の存在感が大きいが、今後どうなっていくのか楽しみな作品。

豪華な声優陣もこれから登場するキャラに多く、メインビジュアルを羽々氏が描いてるのも個人的にポイント高し。

アザゼルさん
品のないギャグを下品な作画で展開する中、唯一の常識人だった彼女までそっちの世界に引き込んでしまったある意味救いようのない世界。

ピーならぬ銃声は、あの意味も含んでいるとすればスタッフのこだわりはかなりイッてると思う(笑)。

変ゼミ
これをアニメにするという時点でかなりの驚きであったが、全体にキャラがちょっと太めなのを気にしなければ、原作のシュールさとは別次元のアニメになるのではないかと期待できる。

しかし、ス○○ロや釣りなんかの話、放送にできるのかなー。
色々な意味でやばそうな今後に期待。
春の新番1
番組の年度末調整とかでかなりずれ込んだやつがあって、それの影響で予約が目茶苦茶。
仕事が忙しくて帰れなかったり、遅くて何もできないとかで番組表も確認できなかったりで。
既に1話を逃したのが数本あるが、見れたものから書いていきます。

日常。
ひたすらシュールなギャグをほのぼのした絵でパワフルに動かす。
原作は見てないので判らないが、多分それ以上でそれ以上なそれ以上の演出が施されているんだろうなー。

通常時の動きと、そうでないときの動きのギャップが凄くて、そこを楽しむものなのだろうが、やりすぎると飽きられるのではないかと心配したり。

シュタインズゲート。
ゲルバナナ、HDでみるとその不気味さが増していて良い(笑)。
タイムパラドックスの名作を、どこまで見る人に理解可能な範囲で伝えていけるか。

その展開次第では、原作を超えることも可能じゃないかと思う。

俺たちに翼はない。
キャラ多すぎ(笑)。

元を知らないのでどうなるか判らないが、あの電波君の考えた世界がエンディングで動いているのを見て、このあとどうなるの?とか思ったが、予告見ても普通に現代ものみたいなので、あれはあれで遊びなのかなと(笑)。


この後も、震災の影響で放送できなかったマギカの残りとか、あちこちW録でも追いかけきれないくらい重なるのが多くて、今から対策方法を考え中。
とある双剣の修道士(PSP2∞)

ちょくちょくDLC落としながら遊んでます。
カークのクエで、仲間に入れてどっか行けというのが最初どこか判らず、あちこち走り回ってましたが無事クリア。
クエの名前だけで、どこの、とか情報ないからなー。セガらしいといえばらしいけど。

この一連のクエは説明がくどいが、これのおかげで大分システムが理解できてきた。
しかし、相変わらずどこまで行っても敵の攻撃の理不尽なこと。

突進が緊急回避でもサーチしてきてもらってしまうし、巻き込まれるとカメラがおかしくなってどこに何があるのか判らなくなる。

トロクロのクエも落としてきたが、レベルや装備が整ってないのでまだやってない。
DLした装備にも、まだレベル足りなくて使えないのもあるし、その辺は買うときに書いて無かったよなーとか思いつつ。

インデックスやったなら次はホロかデュラかなー。
くずし葡萄
JTの春の新物。
カテゴリとしては、夏みかんゼリーと同じかな?と思って、あれと同じくらい振ったらサラサラだった(笑)。

最初から刻み果肉とクラッシュゼリーとあるので、振らなくても(混ぜる程度で)飲めると思う。
あまりにサラサラすぎたので、これの食感を楽しむ事はできなかったが、普通にさっぱりしたグレープ系といった飲み口です。

うちの会社の自販機に今週入ったものだが、初日の昼には売り切れていたくらい、新しもの好きが多い会社でもあります。
おかげで、自分が買うまで3日かかりましたが(笑)。

コンビニで売ってたらすぐに買えるんだけどなー。
もっと取り扱いが増えてほしいものです。
また大きな地震
今度のも本震に匹敵する規模だとかで、被害が大きくないのを祈るばかりです。

ところで、どこかに避難先にお酒を持っていくのがいいとかいう記事を見たが、自分なら絶対持っていかない。
お酒に頼らないといけないほどの寒さだと、かなり酔うのではないかと考えられる。

揺り返しや余震がいつあるか判らない状況で、酔っていては正確な判断もできないかもしれないし、避難に車を使うこともあるだろう。

だからと言って、大人の楽しみの一つであるお酒を飲むなというのも酷な話だ。
でも、だからこそ言わせて貰うと、本当においしいお酒を楽しみたいのなら、安全が確保された状況で、震災も津波も忘れて気持ちよく飲んで欲しい。

現地はまだまだ色々な状況が予断を許さない状況。
美味しいお酒を、本当に楽しめる日が来る事を待ち望んでいます。
Seize the Days
ECOの5周年記念シングル。
いつ買ったか全然忘れてて、つんである本やCDなんかを漁ってたら、コードの期限が今月末までだったんで開けるに至った。

ボクが君の盾になる~から数えて何曲目になるのか判らないが、ゲームシステムは一部殺伐としているものの、3曲とも優しい雰囲気に纏まっている。

もう少しポップな方向に振ってもいいんじゃないかなーとか思うが、これがこの世界観なのかなーと思う。
コードって言えば、入力が面倒で入れてない50ポイントが何十枚も期限切れしてたなー。

あの辺もQRかなんかで簡単に読めるようになってればねーとか思ったり。
バレンタインのイベント以来ご無沙汰ですが、また次の休みにでもゲーム入るかなー。
ファンタハニーレモン
ファンタと言うと、関東で無くなった後も関西や北海道で売られてたり、逆に関西で無くなったものが関東であったりするのだが。

そんなレモン味のファンタが、装いも新たに復活。
それが、ハチミツレモン味のファンタとして。

しかし、無果汁のファンタであの味は再現しきれなかったのか、少し甘いファンタレモンという感じに落ち着いている。
缶の印刷ほど濃いという印象もなく、かなりあっさりと飲み安い味付けでもあるのですが。

これって、また関西だけとかじゃないでしょうね?
それならそれで、お土産とかにはいいのだが(笑)。
帰宅難民
山奥に勤めているのでこんな時間だと帰れません。
今日に限って車じゃないんだよなー。
という携帯からの書き込みです。
屋根の犬の飼い主が見つかったと聞いた。
本当に地震の日から漂流してたのだろうか。
なんにせよ、明るい話題があるのはいいことです。
現地の方々も、原発の最前線で戦っている人たちも、本当に頑張って欲しいと思います。
今日はこの辺で。

というのを下書きで保存してました(汗
携帯から書いた意味ねぇ~
桃の天然水SPARKLING
桃天の炭酸バージョン。

しかし、一番最初に飲んだ頃の桃天ほどの驚きは無い。
あのすーっと染み込むような、桃の上品な甘さが、炭酸でショワショワと(笑)。

勿論口当たり以外の部分では、れっきとした桃天らしさが出ていてそれなりに美味しいのだが。
これを、桃天の亜種と見るか、新作のモモサイダーと見るかは飲んだ人次第。

ちなみに、カロリーは18kとかなり低い。
ノンカロリーのサイダーの不思議な味に比べると、それよりは遥かに美味しいとは思うので、それらが受け付けない人でもいけるかなーと思う1本です。
MUSICMAN
桑田節炸裂のアルバム。

幾つかのシングルと新曲の構成で作られたもので、去年の紅白で歌ったものも入っていたり、放送では流せないフレーズの物もあったりで、結構バラエティに富んでいる。

買ってきたのはDVDつきの豪華版。
ジャケを知らなかったので少し探し回ったが、これはこっちを買って正解だったと思っている。

曲のいきさつや思いなんかが細かく書かれた少々厚めのムックも付いていて、これを読むだけでも結構時間かかったりする。

サザンのころよりも、ソロでの声質が今の曲にも良く合っていて、いよいよ熟してきたかなーと思える1枚です。
Today Is A Beautiful Day
ここ数年のシングルなんかを集めたアルバムで、今回もムックが付いているのを買ってきた。

supercellの、というよりは彼女のアルバムかなーとか。
ある意味集大成なのかもしれない。いや、終わってないけどね。

DVDの方はまだみてないが、センコロールとかこっちではやってない(やってても行けなかったが)作品のトレーラーとかは見てみたい。

なんだかんだで夜の歌も多い気もする。
もしかしたら、そういう方面が空きなのかなーって思ったが、ミクの曲なんか考えるとやっぱ歌い手に合わせた曲作りにしてるんじゃないかなと。

まだ聞き足りないので、もっち聞き込んでDVDも見てやるー。
そして仕事を忘れて聞きほれていたい。許されるなら(笑)。