ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
カリ城
TVでやってたんで久々に見たわー。
何回見ても名作はいいねぇ。

乱闘シーンの細かいセリフなんかも、改めて気づいたり。
「足を踏むな!」とか。

セルの線もいいけど、今のアニメの解像度でリメイクかリマスターがみてみたいなー。
やっぱ、見てると見慣れてるせいか、線がボソボソしてるのとか、振り向きから口パクに移行するときのセルの濃さとかが気になっちゃう。

それが味と言えば味なんですけどねー。
でも、そんなことを気にしないで大いに楽しめる時代に、劇場でこれを見れたのはある意味幸せなのかなー。
劇場パンフレットとか、今でも宝物ですよ。
とあるキャラたち

これは自分のキャラではないのだが、とある計画を進行するにあたって作ってるもの。

とりあえず3人目が形になってきたので、一回合わせて見ようとおもって乗っけてみたらあまり絵にならなかったので、今日も会社あるというのにこんな時間までかけてモデルやらポーズやらいじってました。

ただ、見えないところは作って無いので、このアングルからしかカメラ置けないのが難なんですが(笑)。
しかも、元にしたモデルのタトゥーがそのまま残ってたり、髪がめり込んだりしてますが(今気がついた)。

車の方も、もう少しデティールアップして、ボーンの埋め込みとかしないといかんなー。
あしたの今日子さん
いわさきまさかず:作 電撃コミックス

1000年に一度復活する魔王を倒すために、同じく1000年に一度聖なる剣を抜きし者が勇者に選ばれるという。
千葉県の一部を舞台に、色々残念な勇者や魔王が活躍?する話。

とにかく、出てくるキャラが全部普通じゃない。
一番まともなのは、魔王の従者だけじゃないかと思える全キャラの壊れっぷりで、こんな一行に世界の行方が握られているかと思うと、いやもう本当に残念としか思えない(笑)。

ケメコも結構こわれっぷりではイっちゃってましたが。

一本が短いので、なかなか本にならないみたいですが、気長に待つか、連載の乗ってる本で追っかけるかしないというのが、本気で楽しむ読み方かもしれない。
打ち込み

このツール使うのも本当に久々なので、まともな使い方すっかり忘れてたりするのだが(笑)。
今これってバージョン7行ってるよね。

一旦はじめると段々思い出してきて、そうなってくると楽しくて楽しくて、寝る時間惜しんで遊んでしまう。
とにかく、やってると知ってる曲が「音」から「曲」に変わっていく様がめっちゃ楽しい。

見つけたスコアはドラムパートがなかったので、自分でそれなりにアドリブで打ち込んでるが、それもまた楽しさの要因かも。
版権の問題もあるので、これを一般公開することはないかもしれないが、いずれ自分の曲もこれくらいカッコよく鳴らせるようにしたいもんです。
イカ娘 組まなイカ?

予約なしだと売り切れの憂き目に合っていただろう、意外に売れてる?キット。
3.5等身なので、実際のスケール感とは違うのだが、それなりに良く出来ている。

蓋を開けてみると、やはりというかホイホイさん似の輪郭の顔がこっちを見ている。
髪の毛に関しては、もう少し柔らかい素材で再現してほしかったところだが、コスト考えると無理かなー。

腰のパーツは水着のラインなので、下に着込んでいるのかと期待すれば、実際は腰から下だけだった(笑)。
なので、水着を再現するなら、ホイホイさんの拡張キットを使う必要がありそう。

そこまでするには、もう一個無いと手が付けにくいかなーとか思いつつ。
合同イベント
京都のみやこメッセで、ボカロとROとけいおんとまどマギとその他音楽系の、5つのイベントが同じ会場で行われた。
友人が出店するのと、ボカロイベントには行ったことがなかったので、とりあえず行ってみた。

しかし朝の6時過ぎまで、MIDIのスコア打ち込んでいて徹夜状態、意識が回復した8時半位から出かける準備を進め、9時前には家を出る。
そのあと、できるだけ乗り換えの回数を減らそうと、JRを使うものの信号故障で遅れて、結果会場最寄駅に着くまでに1時間半を要した。

そして、着いてみたら今にも泣き出しそうな空模様。
神戸出るときは寒いなーと重装備で出たが、雨の事は全く考えていなかった。

そのあと雨は、会場の中にいる間に降って止んだらしく、特に影響は無かったが、天気が変わりやすい時期なので、折りたたみだけでもカバンに忍ばせておこうと思った。

合同イベントなので、一般の待機列は1つだけ、入口も一つでうまく誘導されていたが、地下1階から入って、最初の目的地のボカロイベントの会場は3階にと、入場した途端のひと働き。
入ってみたら既に人だらけで、今回のイベントで一番スペースを割いているだけの事はあった。

何人かTL見てると関東からの一般参加もあったようだが、結局誰が誰だか何の面識も情報も目印も無いので(たこルカは探したが見つからなかった)、会うのは諦めて買い物に専念する。

とはいえ、CD中心に買ってると予算オーバーするので、程々にして下の階のイベントに向かう。
そしたらこっちは人の密度は低いが、暖房が入っているのか暑い暑い。

友人のブースを見つけて裏に潜入、ひとしきり話してる間に汗が出てくるほどだった。

こちらのイベントでは数冊本を買っただけで、あとはブラブラしたり見本誌を見て回ったりしていた。
午後になって人が落ち着いた頃を見計らい、またボカロの方に戻る。

すると、列のあったサークルも解消されていて、一部売り切れも見られたが、大体めぼしいものは手に入れて、またブラブラしていた。

ニコ動で見たことのあるPVの設定資料や、ちょっと興味を持ったCDなんかを購入して、後は閉会まで下の会場に戻る。

マイナージャンルや規模の小さいイベントを、こうやってまとめて同じ場所で開催するのは、会場確保やパンフレットのコスト削減にもなるし、管理もしやすいだろう。
更に、自分の目的のジャンル以外にも、興味を持って貰えれば、それはそれでツナガリが広がっていくのではないかと思った。

日が落ちたら随分冷え込んだ京都を後にし、割と充実した1日を過ごせたと思った。
また同じような形態で、関西で開催されるなら、是非とも参加したいと思った。
ミサカ盛り2

ああ、ミサカ盛りが再販されたんだ、的な考えしか無くて、大量にあったのに4つしか買って来なかった。
帰って来て開けてみて、インデックスが出て初めて新作だと気がついて、しまった、もっと買えば良かったと(笑)。

流石にシスターズ5段は買いすぎだが、せめて3段に出来るくらいは欲しかったかなと。
前作のと全キャラ合わせても2段分しかいないので。

てっぺんにインデックス立たせて、黒子を段に混ぜてもいいなら3段にはできるのだが、流石に組み合わせが少なすぎるので、まだあったらもう少しだけ買ってみようかなと。

というわけで、パッケージの絵の上にインデックス立たせてみる構図にしてみました(笑)。
ブラックロックシューター
入っててよかったプレミアムというわけで、ニコ動のタイムシフトで、今までの分まとめて全部見ました。
最終回は、関西だと来週だけどねー。

DVD1枚丸々使ったプロモーションビデオと、内容が大分変わってというか、黒さが増しているような。
でも、戦闘シーンは圧巻。
2Dの作画と3DCGの無機質さをうまく使い分けて、ケレン味の利いた映像に仕上がってる。

戦闘シーンのキャラが3DCGだって気づかずに見てた人もいるんじゃないかな。
途中まではコメを横の窓に流しつつ見てたけど(解説にもなるので)、最後2話は全画面でしっかり見ました。

ホント、最初は何この欝アニメとか思ったけど、慣れたというか世界が分かってくると、全てが意味を持ってひとつになっていく。

その感覚が、段々面白さになってくるんじゃないだろうか。
でも、お子様にはおススメできません。色々ヤバイです、マジで。見せたら泣くぞこれ。

とりま、来週見てから結論かなー。
ストリートフェスタ開催記念ボトル
IMGP4091.jpg
中身は菊正宗。

だから買ったという話もあるが、そのあとまだあちこち動き回る予定だったので、他にワインなんかもあったが、この小瓶だけ買ってきた。

製造は勿論神戸だが、これを企画販売してるのは、日本橋の酒屋さん。
製造が3月なので、本当にこの企画のためにラベルの無い小瓶を出荷したのだろうか。

お店に行けばまだ売ってるかもしれないが、一応のプレミア物として、飲むのはもうちょっと先になるかも(笑)。

S2000 NEON Ver
IMGP4019.jpgIMGP4021.jpg
ストリートフェスタに展示されていた本物の車両。

「本物の痛車」としてもそうだが、やっぱり本物の競技車両としての迫力がこれにはある。
それはこれに群がる車好き、キャラ好き両方の顔を見ていても思う。

そして、フェスが終わってこれを車台に乗せる時、思わぬサプライズ。
車台に載せるために、エンジンかけて自走したのだ。

バックでトロトロ動くだけだったが、その図太い排気音を堺筋に轟かせた時、想わず周囲からおお~~っと、どよめきにも似た歓声が上がった。

パネルや柵を撤去している段階からビデオ回し始めて、しっかり乗るところまで収めたが、今再生してみたら、エンジン音に負けないくらいどよめきの方が大きかった(笑)。
資料として残したいなら、撮ってる時は静かにしようと誓った1本でした。
日本橋ストリートフェスタ2012

8回目にして、初めて遊びに行ってきました。
去年は震災の影響で自粛中止されたイベント。

とにかく凄い人人人。
この通りが人で埋まるところは初めて見ました。
ブラスバンド行進に始まり、地元商工会のデモ行進?やゆるキャラ共演、通天閣一号をはじめとする地元企業や学校のロボットデモ、近隣のメイドカフェのメイドさんパレード。

それらが数分のうちに終わったと思ったら、それからあとは恒例のレイヤーさん撮影大会。
プロアアマ親子に爺さん外国人まで様々なレイヤーさん達が、思い思いの格好でそのへんを普通に闊歩したり、写真のためにポーズとったりしてました。

東方とボカロの割合が比較的高く、特撮系はそれを追って、あとは平均的にアニメキャラが多い感じ。

中にはテムジンやもじぴったん、ぷよぷよなどのゲームキャラや、ジャックスパロウやアバターなどの実写映画キャラもいたり、擬人化したものやリアル化して怖さバツグンの国民的キャラクターまで様々。

肖像権あるので顔出しのものは載せられないので、それらをお伝えできないのが残念。
もし興味がわいたのなら、是非来年はさんかしてみてはどうでしょう(笑)。
アサヒ DRY ZERO
パッと見新商品に見えなかったので、見落としてたがTVCM見てああれ?と。
んで、早速買ってきて飲んでみた。

最初から、がっつり苦味が効いてる。
DRYと言うには、アルコールの辛さが無いせいか、苦味だけが前に出ている感じだ。

でも、それはこれをビールだと思って飲むからそういう風に思うのかもしれない。
他のノンアルコール系ビールに比べると、水っぽさがない分かなり本物のビールに近いと言えば近いのだが。

そして、今度はこれを清涼飲料として飲み始めると、何か酔ったような気分になってくるから不思議なものである。
でも、この味なら本当にビール飲みたいがアルコールは摂りたくないという時にいいかもしれないと思った1本。
Tell Your World
DVD付きの初回限定版。

たまたま録ってた報道特集番組のCMで、これが初めて流れたときはちょっとびっくりした。
大々的に、初音ミクを中心にというか、ほぼそのものの扱いでCMとして流れたから。
トヨタのCMなんかでも使われたりしてるが、まだ車がメインって感じだったし。

曲自体は、ツイッターでかなり前から話題になってたので、存在は知ってた。
でも、聞いたのはCMが初めてだ。

これについてるDVDは、CMのものではなく、店頭で結構繰り返し流されてたもの。
なので、あのCMはまた別にBDに焼いとくとしよう。

最近は歌手に歌ってもらうことが増えたKsさんの曲だけど、やっぱこの独特のミク声で聴くのが一番落ち着く感じもする。
最初はただのシングルかと思ったが、実際にはミニアルバムの装丁で、結構聞き応えがある。
もう初回版は入手が困難かもしれないが、結構おススメのミニアルバムです。
ちみギルティスイング

1個200円の小物。
集といのりのペア目当てでやってみたが、どうも斜め行ってるようで(笑)。

12ミリほどしかない首から下の造形が、かなり細かく表情付けされていて、結構な存在感を出している。
涯の手なんて2ミリくらいしかないのに、ちゃんと独立した指が5本あったり。

でも、元イラストの手はもっと小さいので、この大きさが量産するにも限界だったのかもしれないと思うと、造詣師さんの苦労がうかがえます(笑)。

これ見つけた店は来週で閉店してしまうので、つぐみ狙いなら今週中に手を打たないといけないが、さてさて。
WINE SPRITZER 白
白と銘打ってるので、ほかも有るかもしれないが、見かけたのはこれだけだった。
白ワインの炭酸割りで、そこにレモンを落とした上品な酒。

これの味が、また絶妙な感じで、白ワインの酸味とほのかな甘さ、レモンの爽やかさのバランスがすごくいい。
ラベル見ると、カクテルの表記も見れるが、唯のワインの炭酸割りなんかではない、まさしくその通りだと思う。

というほど自分は外で飲まないので、カクテル語れるほどではないのだが、これをきっかけに外のカクテルを飲みに行くのもいいかもしれない。

それくらい初心者にもおススメできるかもしれないと思った一本です。
といいつつ、気に入ったので記事書くまでに数回買ってきて飲んでます(笑)。
焼酎ハイボール ウメ
昭和20年代のチューハイを再現したという一本。
しかし、これは焼酎の炭酸割りで、かなり焼酎の癖も強めで、そこにほのかな梅の風味が香る。

ラベルをよく見ないと、梅酒のハイボールと勘違いするかもしれない。
甘味料ゼロ、その分本当に甘さはちょっとあるくらいで、焼酎が苦手だとかなり来るんじゃないだろうか。
アルコールも7度と高め、辛さは炭酸の苦味か、アルコールの辛さか。

ちょっと飲む人を選ぶかもしれないと思った1本です。
魔法使いなら味噌を喰え!
澄森彩:著 シロウ:画 講談社 ラノベ文庫

創設された新人賞で大賞を取った作品。
出たのは去年だが、どんだけ読む時間ないんだ…

現代社会に、魔法が少しだけある世界。しかしその魔法は味噌の香りで無効化されてしまうという。
なんともおかしな設定だが、のっけからスピード感のある描写と鋭い台詞回しで、物語に引き込んでいく力がすごくある。

それをエロ可愛い絵が引き立てて、相乗効果を生んでる。
ふたりともこれがデビューとは思えない。

絵の力、文章の力が行間の描写を読む者にどんどん想像させ、そしてページをめくらせる。
最近の新人賞作品の中では、ダントツに面白い作品です。
新しいパッド

今有る奴をジョイスティックの基盤に流用して、代替に新しいのを買うと決めて品定めしていたら、これを見つけた。
実は今、これの前の世代のものを使っていて、PCでも問題なく使えるので結構重宝しているのだ。

大きさも配置も同じなので、これなら違和感なく使えるだろうと買ってみた。
十字キーの角度や「効き」の範囲を変えられたり、即席連打設定ができたりと機能も増えているが、若干持っていて違和感が。

前のやつは、LRキーのストロークが短く、その分持っていてもしっかりホールドできる。
ところが、こいつはL2R2のストロークがかなりあり、全部のキーに指をかけて持とうとすると、少し安定性を欠く。
慣れれば大したことはないと思うが、さてさて。

それはさておき、前の世代のものもPC専用にするなど、まだまだあ使い道は広そうだ。
こんな感じで、ジョイスティック改造用のベースを手に入れるのは、いつになるのやら。
ねんぷちチアフルミク

フルサイズのものが予約開始されたが、それの出来が結構いい。
それをぎゅぎゅっと縮めたのが、ムックのおまけについて来た。
もとは表紙が目に付いて手に取った本だが、裏に何かひっついてるのに気が付いて、そのままレジに(笑)。

早速組み立てみたが、やっぱり気温の低いこの時期は組立がむつかしい。
特にこういった尖ったり細かったりするパーツが多いと、めげたり折れたりすることも多い。

なので、ここまで組み立て、ポンポンをつけようとしたが、かなり無理な力がかかったので、諦めてこの状態で撮影。
いずれヒーターかドライヤーであっためて、しっかり付けようと思う。
Project mirai
IMGP4010.jpg
3DS持ってないのに買ってきたのは勿論おまけの為だが、どのみちもったいなくて組み立てないなら買う必要ないんじゃ?
とか思ってる人は、まだまだ甘いかも。

好きなものは、どんな形であれ手元に置いときたい、それが所持欲というものです(笑)。
まあ、世界樹が出るの決まったので、いずれ3DS買うの決定してるのだが。

それなら今でもいいんじゃね?となりそうだが、1週間で寝る時間が20時間切るような多忙な状況なので、携帯機とは言えなかなか買えるものじゃないんです。

でも、いずれ買う。
そのときまでおやすみっく。
3.11
自分にとっては特別な日ではないかもしれないが、被災された方や関係者にとっては特別な日だ。
逆に、1.17は自分にとっては特別な日の一つなのだが、それも段々薄れてきている。

そんな中での去年の震災だ。
そういった意識を考え直させられる1日になった。
遠くに住んでいるし、使える時間も限られた生活状態なので、自分に何か出来ることがあるか?と考えてもほとんど無いのは良く分かっている。

なので、限られた範囲でしかないかもしれないが、ここで情報を発信できればいいかなとおもっている。

R1
初めて売ってるとこ見た。
もう暖かいから、需要下がったのか、供給が追いついたのか。

まあ、いずれにせよ珍しいものではあるので、いくつか買ってみた。
味は加糖で少し甘味があるが、香りはプレーンのヨーグルト。
この中で乳酸菌がどれだけ生きているかはわからないが、また養殖してみようと準備開始。

でも、今までは加糖のヨーグルトはやったこと無いんだよなー。
また底に溜まるくらいの元気のいいやつだと、育てがいがあるのだが。
あと、どの牛乳が好物なのかも結構成否を分ける。

とりあえず結果は数日後に(笑)。
50円でおなかいっぱい

昨日書きたかったネタ。PCモードで入ってたので、画像のアップができなかった。
なんとかできるように、色々実験もしとかないとなー。
24時に帰りつけなかったので、今日のネタにしてしまおう。

会社の購買部で売ってる10円のスナック菓子。
多い時は7~10本食べることも。

朝夕に補充されても、夜中にはほぼ無くなる残業の友。
味は補充次第で毎日のように変わるので、組み合わせて買ってれば飽きもこない。

でも、流石に連日午前様状態になると、毎日夜食がこればかりというのも無理がある。
なので、最近はチューブ入りの生姜と蜂蜜の練ったものを常備し、生姜湯にしたり、これにつけたりしてバリエーションを楽しんでます。
かえれーないー
ので、小ネタでも。
と思ったけど、あいぽん君から写真送れるモードじゃなかったので、断念w
今日帰れたら家から上げるかな。
おいしいマッコリ
輸入元がサッポロの、韓国一の食品会社らしい企業のマッコリ。
無添加で、グレープフルーツの果汁を15%も入れて味を整えたもの。

その酸味のせいか、少しダマがあるが、それもナチュラル所以だと思ってそのままグラスに注ぐ。

そして飲んでみると、なんとも絶妙なブレンドだ。
グレープフルーツが前にで過ぎず、かといって物足りないわけでもない。

ただ、どうしてもこのダマっぽさが目に付く(笑)。
せっかく美味しいのだから、もしかしたら注がずにそのまま缶で頂いた方が、より美味しくいただけるかもしれないです。
ジンジャーハイボール(ノーマル)
本当ならこっちを先に飲んで記事書くべきだったんだが、見つけたのがストロングのほうが先だったので仕方ない。
コンビニの棚スペースにも限りあるしね。

言い訳は置いといて、しょうがのお酒の炭酸割りを飲んでみた。
こちらは、ストロングに比べてあっさりしていて、まさしく甘目のジンジャーエールに少しお酒を垂らしたような感じ。
でも生姜の香りはしっかりしているので、別に薄いというわけでもなさそう。
あっさりして飲みやすいので、誰にでもおすすめできるかもしれない。

よくよくラベルを見ると、香りアップでさらにスッキリとある。
印象は間違っていない模様(笑)。
でも、ストロングの後だと少し物足りない気もする。
きっと、それは交互に買わせる為の戦略なのかもしれない。
ミクモデル

半日これいじってた。

最近上げたのが、どーも腕が細いような(そのせいで手も小さい)気がしたので、だいぶ太くしてみた。
すると、結構手前味噌だが、モデルとしての魅力が増した気がしたので、細かい調整しながら今に至る。

服を直してないので分からないが、鎖骨の位置を下げて、腕のつき方自体もかなり下げた。
そのまま太くしてしまうと、かなり怒り肩ですごいことになったので(笑)。

まだウェイトの調整してないので、レンダリング前にスマートスキンで破綻してるとこいじってます。
こっちが落ち着いたら、自分のモデルにフィードバックする予定。

mikubox1.jpg
ついでにこんなのも作ってた。
今週だけ、ツイッターのアイコンはこれにしてます(笑)。

トラックバックテーマ 第1386回「CDは買う?レンタルする?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の新村です今日のテーマは「CDは買う?レンタルする?」です最近はネット上で音楽を買えるので昔に比べたら、レンタルは減ってきたように思えますちなみに新村は「このアーティストだけは買う」って決めてる人のCDだけ必ず買います。シングルもアルバムも他のアーティストはほとんどレンタルが多いです�...
トラックバックテーマ 第1386回「CDは買う?レンタルする?」



買うー。
配信しかないのは諦めるけど、基本的に形として手元にないと落ち着かないので。
ちゃんと数えてないけど、そのせいで1000枚くらいあるかも(笑)。
GINGER Highball
ジンジャーエールなのか、生姜酒のハイボールなのか。
まず開けて香るしっかりとした生姜の香り。

そして、飲んでみるとこれまたしっかりした生姜の味。
それからやってくるガツンとしたアルコール。

ウィルキンソンほどではないが、がっつりしたジンジャーらしさが楽しめる一本だと思う。
ストロングのラベルに相違ないなかなかに美味しくいただけます。

そして、がっつり回ったあとは、意外にも抜けるのも早かった。
それって、いい酒ってことでOKなのかな(笑)。

JAPAN SLコレクション
BOSSの新製品についているおまけ。
別におまけついてなくても、コーヒーの新製品ならいつも試しに買うのだが。

まあ、そんなわけで、男ならデゴイチシロクニあたり押さえとけ!といいたいところだが、妙に短かったり四角かったりする機関車がおまけで付いてくる。

デフォルメの方は、腹に磁石が付いてて、いつものようにスチール缶のまわりをぐるぐる走れるようになってる。
長い方は、特にゼンマイなどの動力もなく、普通に小さな車輪で転がす程度のミニカー状態。

腹がダイキャストなので、少しだ朱重量感はあるんだが。
うーん、これならもう少し頑張ってもよかったんじゃないかなーとか。
せめて線路型の台を用意するとか、「台紙」にそれを印刷するだけでも結構様になると思うのだが。
前に飛行機のやつでそんなのがあったよな。

というわけで、小さいほうだけいくつか集めるかなー。