ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
RO
screenVali [Cha+Mag] 005
合併後のラグホーで確認の為に入ってきました。
案の定、いくつかはキャラ名の後ろにチャンネル付いてるし。

あと、どことどこがくっついて、どこに誰が収まったか把握してない(笑)。
なので、その変の確認はまた今度にして、メインキャラでオークダンジョンに潜ってました。

大体1時間に10%くらいで、何年ぶりかでLv上がったよ。
それにしても、効率はいいのだが敵多すぎて、モンクだとどんどん囲まれる(笑)。

パラはどこに振るか考え中。
というか、振ってる暇が無かった(笑)。

また5中のラグホーのときに割り振るとしませう。
アップしました
猫家縮小
とは言え、既に20時間近く経ってますが。

でも、上げたはいいが、音量低いんじゃないかと指摘があったので、おりをみて上げなおすかも。
そんときはラピス版かGUMI版かなー。

最後まで誰にしようか迷って(最初はGUMIで作ってた)、最終的にミクにした。
なんでかって、ソラで等身低いのこれしか書けないから、夜中に作業するにはこれが限界だったので(笑)。

あと、歌詞ツールは動いたが、吐き出す動画が色々問題あって使えなかったので、自動化は断念。
クリックすると歌詞を順番に表示するものに改造し、それのSSを撮って順に貼っていくという原始的な方法で完成させた。
この辺のムービーエラーの原因も調べないと、後々の効率に影響しそう。

そんなグダグダなクリップですが、見かけたらよろしくです。
4曲目準備中
歌詞ツール
歌詞を半自動で表示するツールを作って実験中。
ちなみに曲は上がってるので、あとは絵と歌詞を付けるだけ。
その曲も、既にPIAPROにあげてたり。

曲に合わせてボタン押すと、そのフレームを配列に格納する関数を作り、その配列をコピペして歌詞を表示するテーブルにするもの。
本当ならMIDIファイルから直で取り出せれば一番いいのだが、解析できるモノ持ってないので断念。

X68kで音楽やってた頃はmmlで直書きしてたから、あれならASでも変換ツールは作れるのだが。
なんか楽に出せる方法無いかしら。
SUSHI-BU!
西野吾郎:著 よう太:画 ファミ通文庫

積み崩しの一冊。大分積んでたなー。
何もかもがかなりアバウトでフリーダムな学園で、自分の名前の面白さだけで「江戸前寿司部」にスカウトされた主人公が、他の仲間たちと部成立の為に奔走する話。

登場人物それぞれの性格がかなり誇張気味にはっきりとしていて、名前のこともあって混同することはないが、途中まですっごく面白くてワクワクしてたのに、後半でちょっと嫌な面がきつく描かれていて、すこしめげた。

それでも最後まで読みきってしまうと、それを乗り越えて?となるはずなのだろうが、自分にはメンタルが回復することはなかった。
でも、すっきりと終わっているので、読みきらないと損してたかもしれない。

タイトルは寿司部だが、まだ部の成立に至ってないところからも、このあと紆余曲折して彼らも成長していくのだろうが、それはまた別の話。
自分は一巻目の印象をかなり重視するので、これはここで完結してもいいかなーと思った。

PSO2CBT

無事レベル10達成。
終盤は、クエを諦めて、ひたすらマルチパーティエリアで雑魚狩ってました。

だって、ダメの反映遅いからラッピー捕獲は滅多に成功しないし、他のだと効率も落ちてきたし、なにより鯖キャンが激しいので、ミッションの達成よりはEXP優先したほうがいいと判断したため。
ひどい時は、ミッション達成して、帰りのロードトンネル?通ってる時に鯖キャンしたりとか。

あと、空飛んでる敵も、ジャンプで空中連続切りができるので、それで効率上がったものある。
囲まれると、ガンソードの方が浮かせ範囲広いので使い出がいいのだが、やっぱ縦回転切りからピヨらせ、刺して投げのコンボがある、でっかい剣の方が楽しいかも。

でも、レベル10になっても次のクエが開放されないのだが、何か条件あるのかな?
ちなみにラッピーは2回成功させてます。
ザク豆腐

の、カラ(笑)。

食い終わった後の入れ物で、中身は枝豆風味の豆腐をヒートホーク型のスプーンで頂くもの。
勿論もったいなくてスプーンは使ってないが、うまく抜くとこの形のまま皿に乗るので結構楽しい。
写真撮るの忘れるほどに(笑)。

カラは、このあとプリンかゼリーの型にでも流用しようと思う。
LED仕込んで照明にするのもありだな。
色々できそうで楽しい(笑)。
GUMitive from megpoid
買ってから大分積んでたが、最近発掘して見つけたので聞いてみた。

自分もV3のGUMIは持ってるが、まだまともに一曲仕上げた事はない。
なので、今持ってるボカロ全員に一曲ずつ作るつもりなので、参考にしっかり聴き込んでみた。

すると、割と色々な曲調があるのだが、おもったより声質にも幅があるということ。
というか、こんな声にできるんだ、という別方面の関心してたり。

まずは耳コピで、それらの声を作ってみるのもありだが、うちにいる4人にその声ができるかは不明。
何とか男声が作れないかと色々やったりはしているが、可愛らしい声を目指すのはまだしたことがないので。

まあ、そのへんはいずれ曲の形で出せたらいいなーと思ってます。
3曲目はラピス
雨犬縮小
詞を先に書いて、曲を作りながら詞を直してのエンドレス作業からようやく解放された(笑)。

三拍子で作ろうと決めてから、歌詞を直してたからそうなったんだよな。
慣れない事はするもんじゃない。

でも、雨に合うのはピアノかなーと思って、超絶伴奏もできそうにないから、自分で弾ける程度のリズムにしていたら三拍子に落ち着いたという経緯。

キャラは鉛筆落書きをトレスして、久々にスキャナ引っ張り出して取り込み。
でも描いてたサイズが小さかったので、細かいところまで書ききれないから、色々省略してます。
でも、頭の指輪はあったほうがよかったかなー。

作り方は、いつものSinger Song WriterとVOCALOID3 Editor、今回はMAGIX Music Maker(JAMバンド)で音作って、動画の合成もJAMでやってる。
楽譜を使わないなら、JAMに直接打ち込んでも作れるので、安く始めたい人にもオススメかも。

ただ、動画の編集は少し癖があるので、ちゃんとした動画をしたいなら、最低限安くてもいいので専用ソフト用意するといいかも。
でないと、歌詞の打ち込みだけでかなり苦労します(笑)。
今回そこに結構時間取られてしまった。

次からはFLASHにスクリプト組んで流すようにしよう。
てか、今週はそれを作るかなー。
今日もPSO2CBT

(C)SEGA
日中は曲作ってて、夕方のメンテ終わるのを待って、飯も風呂も済ませてからガッツリログイン。

鯖1にキャラ作ってしまったので、アクセス過多や鯖落ちが頻繁に起きて、期間中にLv10は厳しいかな?
と思ってたが、マルチPT組めるくらいのクエまで何とか進めれば、割と経験値効率が良くなって今Lv8.5くらい。

何とかなりそうなので、いい加減目も疲れてきたから落ちてきた。
それにしても、PT組んでてもデモのあるイベントがクエ中に発生するので、じっくり読みたいが飛ばさないと置いていかれてしまう。

あれはシングルプレイのみに限定したほうが良いような気もするのだが。
まあ、テストなんで色んなケース試してるのかもしれないけどね。

あと、今回はルームグッズ売ってないので、くじで引くしかないのだが、そのポイントの貯め方も面白い。
くじはテーブルと椅子と植木鉢をいくつか当てて、シンプルながらマイルームがちょっと華やいだ。

ところで、武器強化はどこでやるのだろう?

いつもの
--------
「画像は『PHANTASY STAR ONLINE 2』クローズドβテストにおいて撮影された実機画像です。
開発中のため、正式版とは異なる内容であり、今後改良される可能性があります。」

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/
PSO2Cβ
pso20120420_201047_000.jpg
(C)SEGA

今日はまともに入れたが、なんか全体に重くて重くて。

クエストで敵にダメージを与えても、1分くらいしてから反映されて一気に倒したり、アイテム箱壊すと数十秒経ってから壊れて、更にそれを拾うのにまた数十秒かかったりとか。

なので、一回クエ終わらせて、人のいなさそうなチャンネルへ移動して遊んでました。

しかし、軽くなったのはいいが、今度は鯖キャン食らったりとか。
なかなか安定してない状況なので、どこでレベル10まで上げるかが課題になってくるかもしれない。
とりあえず、様子見ながら入っていくつもり。

いつもの
--------
「画像は『PHANTASY STAR ONLINE 2』クローズドβテストにおいて撮影された実機画像です。
開発中のため、正式版とは異なる内容であり、今後改良される可能性があります。」

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/
PSO2CB

せっかくちょっと早めに帰ってきたのに、結局日が変わるまで公式サイトに入れなかった。

実は、CB開始を1日間違えてて、20日からだと勘違いしてたのだ。
なので、まだクライアント落としてなかったり(笑)。

ようやく入れてDLし、インストールも終わらせたら、今度はメンテのニュースになってるので、それを見に行こうとしたが、やはり公式サイトはビジーで繋がらず。
なので、それを待ってる間キャラクリで遊んでました。

明日はちゃんと入れますように。

セイバー水着Ver。

なんでいつも買ってる雑誌があちこちで売り切れてるんだろうかと思ったら、おまけが付いてた。

水着だから欲しいのか、余計なパーツが付いてない、改造のベースにするためにモデラーが大量に買ってるのか、いずれにせよ品薄だったことには変わりない。

自分は買うまでこれがついてるのを知らなかった(次号予告とか見ないので)だが、帰ってからそういやベースに使えるよなーとか思ったものの、翌日行ったらその店からも消えてた。
みんな考えることは同じだなぁと(笑)。
春の新番その6
咲 阿知賀編
原作はアニメ化作家二人のコラボという豪華仕様で、和の小学生時代から始まるのだが。
その頃からその片鱗をいやおうなく発揮していたとは(何の)。

それにしても良く動く動く。性格がすごく動きに出てて楽しい。
裾は極端に短いのに、何故か中身は絶対見せないというお約束もしっかり守られていて、そのへんがこの世界観を表してるかなーと。
それにしてもCMしてるBOX高くね?!余裕があったら欲しいところだが。

這いよれ!ニャル子さん
あまり自分を上げすぎないようにはしていたが、先行する関東組のその時間のTLが怪しいったらありゃしない。
そして、関西では13日の金曜日の深夜という絶好の?放送開始日和。
実際は土曜だけどね。なんか狙ってるようにも思えたので(笑)。

しかし、TL封印してまでネタ入れないようにしていたのに、見るのが週明けとは。
でも、再生開始からOPにいたるところで、もうニヤニヤが止まらない。
なんというハイテンションな曲に動画なんだろう。
Aパートの作画も神がかってるし、実際かなり面白い。

クトゥルフ神話やゲームがこの作品によって、どれだけアニメファンに浸透したかは分からないが、相当貢献したんじゃないかと思う。
ちなみにSAN値とかは、主にTRPGのネタなので、どれだけ理解されてるかなー。
さんがぁ、さんがぁ!と言いながら夜中に騒いでた頃が懐かしい。

こいつは今期1番かもしれない。

あっちこっち
なんというほのぼのした優しい作品なんだろうか。
もうその一言に尽きる。

取りやすいとか言いながら、大物は普通200円設定だろうから、ちょっとは投資したんじゃないかとか、いらぬ所に興味があったり(ぉぃ)。
なにげに帰りに袋一杯持ち帰ってるとこ見ると、結構な腕前とお見受けする(笑)。

疲れた時に見ると癒されるかもしれないなーと思った作品です。

続くかも。
本日の収穫物

こちらは、スーパーボール台にはいってたもの。
誰かがやったあとか、少し動いてたので、それを引き継いでやってみたが。

結果、昨日上げた記事の収穫を帳消しにするだけの投資になってしまった(同じ日にやってます)。
でも、このデザインは可愛いので、キャッチャーの攻略というよりは純粋に景品が欲しかったんで(笑)。

予算オーバーが見えたのでもう一種は諦めたが、やっぱ揃えたほうがより見栄えしたかなー。

横のポスカとチラ見してるタオルは、模型屋でやったくじのもの。
もう歯抜けどころか残党狩りのような様相で、残り1個の貯金箱を狙ってみたが、20数分の1で敗北(笑)。

本日の収穫物

ちょっと間空いたので、その間にシリーズ抜けたかもしれないが、この前家の片付けしてたら、なにげにこのシリーズは結構やってた。

そんなわけで、今回も狙ってみたが。
まず台は段違いの台の上に置かれたものを、出口側の握力が強いアームで持っていくもの。
しかし、その台自体の段差がカギになってて。

まず一回目で、そのアンバランスな握力のせいで台からずり落ちる。
すると、階段状になってるところに引っかかって、そのままでは出口側(低いほう)には持っていけないように見えたのだが。

もしやと思って、握力無視してまっすぐ持ち上げてみたら、階段をテコにして、握力のある方だけで大きく斜めに持ち上がって、離れたら景品自身の重さで階段を滑り落ちて。
200円で取ってしまった(笑)。

キャッチャーの景品が結構充実してた店が一件無くなったので、まともに取れるところが2件になってしまったのだが、そんな中で仕掛けに懲りすぎて、かえってそれでとりやすくなってるとかもうね。
まあここはビデオゲーム中心の店なので、キャッチャーの売上はそんなにないかもしれないが。

客に経営心配されるような置き方はさすがにまずいのでは?(笑)と思った一個でした。
2個目の投稿
iseLine0.jpg
朝からメロディ作って、それをMIDIにしてVC3に取り込み。
実際に歌詞を当てて見ながら、メロディの調整。
一回作詞担当者に聞いてもらって、そのあと細かい調子や調律。

メロ出来たあとは、出かけて買い物終わらせてくる。

帰ってきて、今度は曲の作成。
相変わらずロクな音源持ってないので音が薄いが、自分の腕と趣味の範囲ならこれでもいいかなーと。
その音もちょこちょこいじって、背景のCGレンダリングして、ムービーにまとめてflv化。

iseLine1.jpg
使ってるソフトはこんな感じ。常に何か並行で作業してるので、そのままではないが、大体立ち上げた順に並んでる。

一回非公開で上げて、エンコの様子見。
ちょっとボーカルが弱い上に一部音域が抜けてるので、バランス取り直して、ビットレートも上げて再登録。

んで、さっきコメントも付けて投稿完了してきました。
下準備はしていたとは言え、なんだかんだで1日で作って上げるとこまで行った。
曲も短いし、絵も動かない(歌詞すらない)お手軽動画だからこんなものかな?

スゲー曲や歌が作れるようになりたいとは特におもってないが、自分の作ったものを世に出せるというのは楽しいもんです。
さぁて、次は動画か。
流石にこのあと仕事忙しくなるのは確実で、物理的な時間が足りなさそうなので、完成はかなり先になるかなー。
春の新番その5
今期かなり多いのだが、見てる時間取れないんだよな。

まずはエウレカセブンAO.
MBSが関東より1日早いので、これだけは1~数週遅れの新番の中で、全国でも早く見れる作品の一つ。
まどマギの時も、この1日の差が震災挟んで大きな放送スケジュールの差を生んだしなー。

それはさて置き。
前作の少し未来の話。
地球がある程度普通の日常を取り戻している世界、やっぱりコーラルなんかの影響もまだ残ってる。
そして、青い髪の…。

アオとの関わりは?というところだが、その回想シーンらしきところで何故か泣けてきた。
どういう感情なんだろうね、これ。
かなり楽しみな1本です。

シャイニングハーツ。
サブタイトルにパンの名を冠する、ひたすらパンが中心の話になってる(笑)。
というか、かなりのハーレム状態で、本人にその自覚が無いのはなんと裏山s(ry

スローライフを謳うゲームが原作だけに、のんびりした世界が展開されていくのだろうか。
ソフト出た当初に売り切れで、買える頃にはPSPが壊れて手が出せなかった一本。

アニメでその世界観を楽しむとしましょう。

続く。
春の新番その4
戦国コレクション
想像してたよりも、キャラが柔らかかった。

話は色々背負ってそうな戦国武将が色々登場してくる、オムニバスでいいのかな?
戦コレはやってないのでよくわからんが、現代に持ってくるとは思い切ったなぁと。

めっちゃ短いのに見えないようにしてるとか、気を使ってるのかそういう戦略なのか。
そして、なによりOSTERさんがEDやってるのが一番驚いてたり(笑)。

ヨルムンガンド
ステアー掃射する少女が頭をよぎったりしたが、あれも真っ当に見てないので比較はしない。

心に傷を持った少年と、武器商人の一味。
一癖どころか癖がありすぎて、全部のキャラまとめきれるの?という感じで始まったが、モラルとかそういうのは置いといて、銃器が使い方含めてしっかり描かれてる作品は好きです。

かなり面白そうなので、出てくる武器にニマニマしながら見ていくとします。

今日は2本しかみれなかったよ…

続く
春の新番その3
トランスフォーマープライム。
これを紙に鉛筆で動画でやってた頃が懐かしいとか思いつつ、時代は変わったなーと思う次第。

基本的に実写映画版の世代になるのだろうか。
初っ端から味方が敵にさらわれたりとかいきなりな展開もあったりするが。
バイク型はちゃんと人が乗ってたりとか、割と設定に無理がないような作りになってる。

古い世代を知ってるだけに、自分的にも無理がないなら見ていけるかもと思った一本です。

これはゾンビですか2期。
基本的には一期の最初を踏襲した作りにはなっているが、むしろそれをパワーアップしたような展開。
妄想は更に加速し、乾燥具合も加速して、更には謎の妖精さん?に、新たな登場人物。

EDは端的にその妄想爆発してるのだが、どこまで痛々しく弄ってくれるのだろうかと期待の一本。

夏色キセキ
スフィアの実写付きのあれは1話に満たずに脱落したが、今度はちゃんとアニメの中の人なので、安心して見ていられる(笑)。

前情報入れずに見たので、まさかファンタジーとは思わなかった。
そして、小4ののど自慢にしては、ずいぶんと声の完成されたユニットが出てたもんだと、いらぬツッコミを入れてみたりとか。

水島監督だからというわけではないが、今季期待の上位を占める一本。
このあと、テニスで全国目指すのか、アイドル目指すのかどっちにいくのでしょう(笑)。

つづく
夜桜

もうちょい露出抑えたほうがいいかなー。
フィルタではなく、オレンジの街灯に照らされて燃え上がるような一本桜。

風で若干揺れてぶれてる枝もあるけど、雨降ってきたので、途中で切り上げてしまった。

近所の川沿いの公園に、2キロ近くに渡る桜並木があるのだが、かつてはその一角を占めていたが、高層マンション建設で取り残されて、一本だけになった桜。

自分は一本桜と呼んでいるが、花見客の喧騒から離れてひっそりと、しかし豪快に咲き誇るこの桜が好きです。
春の新番その2
今回もみた順です。

聖闘士聖夜の新作。
まさかの日曜朝6時半とわ。

んで、まだレベルが低くて全身タイツ(笑)状態の主人公たちですが、既にゴールドへの片鱗は見せてるようで。
でも、初代以降は全く手を付けてないので、こればっかりは続けてみないと話が分からん。
これで、ニチアサの録画開始時間が30分早く&延長になるのであった(まとめて録ってるので)。

アクセルワールド。
原作を最新巻まで逐一追っかけてるので、内容は全部知ってる。
その文字と挿絵の世界が、絵として動くようになった。

ハルのアバターは、もうちょっと大きいかと思ってたが、子豚になってるのね。
でも、最後に流れたOPとか見てると、知ってるキャラが一杯でワクワクしてくる。
期待が大きいだけに、最後まで平静で見れるか心配な一本(笑)。

めだかボックス。
タイトルは知ってるが内容は、ツンデレ生徒会モノだということぐらいしか知らない。
それ以外の予備知識なしで見てみたら、意外に面白かった。

なにより、主人公の二人も、その周りも、巻き込まれる可哀想な連中も、みんなでバカやってる感じがすごくいい。
ちょっと見ていこうかと思った。

続く。
初投稿

結局1日調律やってた。けど、合唱から最後に使ったのは2トラックのみ。
そのあと背景と音合わせてflvファイル作成、アップのテスト。

vc3edit3.jpg
手順もそうだが、ビットレートやコメの打ち方とかもまだ詰め切れてないので、色々試行錯誤しながらやってみた。
既に、アカペラじゃないほう上げたつもりだったのにファイル間違えてたり。

曲はロクな機材もソフトもウデも無い環境で作ったBGMなんで、あまり合ってないかなー。
そもそも元の曲は歌いながら激しく踊るものなので、楽器を使う曲は無い筈なんだよね。

後で気がついたが、非公開設定も最初にできるんだよな。
落ち着くまでに何回米やタイトル直したか(笑)。

曲を広めるというよりは、この曲を知ってる人を探すのが目的なので、出来は悪いがしばらく置いとくつもり。
一応色々検索してみたが、調べた範囲では見つからなかったので。

蒼姫ラピス

んで、VC3エディタ買って半年目にして、ようやく手持ちの全VC2を、3にアクティベーション。

そのために、パッケージを探す旅…探検に半日ダンジョンに潜ってました(笑)。
おかげで色々片付いたよ…。

ラピスは、初回版のライブラリを確保。
地元の店ではそれぞれ1本ずつしか入らなかった様で、この週末逃してたら尼ぽちだったかも。

帰ってきて早速インストール。
その間に、特典のDVD見たが、内容は前の生放送でも紹介されたものだし、その生放送自体も入ってて、自分のコメを探してみたり。

最後にプロモビデオらしきものが入ってて、ARっぽさなのかARそのものなのかを取り入れた内容で、少々カメラが動きすぎてる感もある。
せっかくキャプチャーしたダンサーのモーションが、しっかり見れないんじゃないかと。

vc3edit.jpg
そのあと起動して、最近打ち込んだ怪しい歌を歌わせてみたが、キーが合わないのか少々機械っぽい。
でも、MIDIファイル取り込みに歌詞流し込んだだけなのに、あまり違和感ないのはさすがVC3特化というところか。

それにしても、ろくに歌作ってないのに(作っても表に出せるような出来ではないので)、これだけ歌手がいるとなかなか壮観。
今の歌も、VC3エンジンで回せば少し雰囲気変わるだろうから、ちょこっといじって気が向けばどっかに載せる予定。

別で動いてる計画のやつは、動画も作るので完成はもっと先だろうということで。
ビブリア古書堂の事件手帖
三上延:著 越島はぐ:挿絵 メディアワークス文庫

~栞子さんと奇妙な客人たち~と、サブタイトルも付いてる。
珍しく駅の本屋で見つけたもの。本屋大賞がどうのとか書いてて、興味を持ったので2冊同時に購入。

読んでみると、なるほど面白い。
物語は主人公の大輔の一人称視点で描かれていくが、文体が非常に丁寧。
そして、登場人物それぞれの個性が非常にはっきりわかりやすく書き分けられており、読んでいてストレスがない。

鎌倉にある小さな古本屋を舞台に、無職の主人公と重度の本好きの栞子さんと、他の登場人物との話が淡々と進んでいく。
内容としては、推理小説に近いかもしれないが、1本あたりのボリュームも、電車で読むにはちょうどいいサイズに収まっていて、この話の最後までは読んでしまおう、といった感じに読み進んでいける。

購読層が大人をターゲットにしているせいか、インパクトのあるセリフや過激な描写もなく、本当に読みやすい。
ラノベではないので、イラストは挿絵程度のものが、各話の間に収まっている程度。
その分物語の風景は、読む者の想像力に任せられるが、そういったところも丁寧な描写で綺麗に補完される。

気に入ったので、2巻も続けて読もうと思う。
割とおススメのシリーズになりそうです。
PSO2CBベンチ
pso2bc02.jpg
早速キャラ作ってみました。

とは言っても、前回のCA2でメイキング時に撮ってたSS見て、最終的にフォトショで重ねて合わせたので、ほぼ同じ顔と体型になったはず(笑)。

パレット位置は同じになるので、パレット出して、それのSS撮っとくだけです。
でも、そのSSが今回どこに保存されてるのか見つからなかったので、今回の分はPSDレイヤーにまとめてますが。

この手は今後も使えるので、キャラにこだわりのある人はやってみるといいかも。
でも、キャラはファイルで保存できるので、それも無用かなー。

pso2bc03.jpg
んで、作った後は一回抜けて、スクリーンサイズとかを初期状態に戻して、ベンチスタート。
中のモーションとキャラの職業の兼ね合いか、ただ走ったり歩いたりしてるだけの簡単なものだけど、処理はそこそこかけてるのかな?

pso2bc04.jpg
SS取ると如実にスコア落ちるので空回ししてみたら、この3~4世代位前の自作PCでも、一応快適には動くらしい。
ちなみに、1920x1200の最高画質にして回してみると、調整しろと言われた(笑)。

見た目の平均FPSが30前後でスコアは1264。アクションゲームとして見ると、ちと辛いかなー。
なので、実際のプレイは最大画面で、画質標準くらいが妥当かな?

いずれにせよ、CB始まるのが今から楽しみです。

--------
いつもの。

(C)SEGA
「画像は『PHANTASY STAR ONLINE 2』キャラクタークリエイト体験版において撮影された実機画像です。」

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
まるで梅酒なノンアルコール
飲み方思いっきり失敗したが、気にせず紹介(笑)。

ノンアルコールだけど、梅酒の風味と味がかなりしっかりした飲み物。
ストレートでグイグイやったら、味が濃すぎてなんじゃコラァ!ってなったのだが、普通は梅酒もストレートでコップ一杯なんて飲まないわな。

そんなわけで、清酒で薄めて飲んだので、それ以降は唯の梅風味酒になってしまったのだが(良い子は真似してはいけません)、パッケージにある飲み方だと、ソーダで半々にするか、ロックで4杯程に分けて飲むのがいいようです。

多分、そういった飲み方なら、かなり美味しく頂けるんじゃないかと思った1本です。
飲み方間違えなければ、かなり美味しいと思いますよ(笑)。
春の新番その1
相変わらずみた順番で。

まずはGON。
番組表でなんだ?と思って調べてみたら、あのGONかよ!ってなって、ちょっと嬉しくなった。
これが載ってた頃は掲載誌買ってたのだが、一体何年前だろう。

そして、内容は海外のアニメらしく、フルCGで作られていて、サイレントだった漫画にはセリフが付いた。
そらそうだよねー。夕方に放送するアニメでサイレントはありえないし。
で、何だかんだで結構楽しんで見てたり。

次にドッグスター。
こちらは海外のカートゥーン全開のデザインと動きで、それでいて内容は環境問題や家族、ペットへの愛が根底に流れる作品。

環境破壊で住めなくなった地球を捨てて、他の惑星に移住した人類だが、生物を輸送する宇宙船で、全ての犬を乗せた船だけが行方不明になってしまい、犬のいない星になってしまった、そんな世界での話。

独特の動きや言い回し(何故か関西弁が多い)が気にならないのであれば、割と面白く見れる内容だと思います。

最後にゆるめいつ。
5分という短編で、これなら朝起きて飯食ってる間に見れそう(笑)。
短すぎて、内容紹介すると全ネタバレになってしまうので割愛。

でも、東京で山が近いのに高層ビル群見える場所ってどこだろう?

そんなわけで続く。
アサヒスーパードライBLACK
あまりに定番なんでスーパードライの記事は書いてなかったと思うが、多分みんな知ってると思うので省略(笑)。

んで、今回はそれの黒があったので買ってみた。
これは自論だが、黒ってのはある程度まろやかさが出るので、ドライとは相性悪いんじゃないかと思ってたのだが。

これはそんなことがなくて、きりっと切れながら、黒独特の風味が楽しめる内容になってた。

ところで、黒だけど生なんだよな。
今まで買ってた黒って、生がなかったような気がする。
この風味の違いはそこにあるのかな?
四月なんちゃら
もうすぎちゃってますが、一応ネタで。
ここ数年で、一気に本当のネット社会になったような気もしてきたこのごろ。

相変わらずそのネットを宣伝や活動の場にしている企業や団体が、ここぞとばかりにネタを披露する日。

普通は、サイトのトップを変えてみたり、嘘の商品を宣伝してみたり、それどころかまるっきり入れ替えて別サイトになってしまう様な企業もあるが、ソーシャルゲームが普及した最近だからできたことがある。

ソーシャルゲームは、基本的にブラウザベースの物が多いので、ユーザーの端末に何かを仕込んで、その日に出るような仕掛けをしなくてもいい。
自前のサーバーに、データを置いて入れ替えれば済むだけだ。

昨日はちょっと忙しかったので、寝る前(31日深夜)にドラクエやったりモールス打ち込んだり、生放送を100分割したりしただけで終ってしまったのだが、夕方になってソーシャルゲームを覗いてみたら、あちこちで嘘ゲームが展開されていた。

IMG_0670.png
今はグリーの課金止めてるので、さすがにこれは引けなかったが、本当にクズばかり出たんでしょうか?(笑)

040101.jpgIMG_0677.png
他にはボスモンスター入れ替えてみたり、というかこのボスに遭遇したら、全員の名前やリクエストの文章内容まで変化してしまうという、二重化まで仕込んでたりとか。

IMG_0678.png
なので、ちょっと乗ってやって、自分のチームの名前をいじってみたりしてました。
メンバーで気がついた人いるかな?自分のは表示されないから気がつかなかったかも。
来年までこれが続いてたら、今度は0時から仕込んでやろうと、今から野望を持ってます(笑)。


もう少しはやくこの「イベント」に気がついてたら、朝から仕込んで「なんじゃこりゃぁあ!」ってできたかもしれないのに、ちょっともったいなかったかも。

とあるきゃらそのよん
iseda3.png
そして4人目がこれ。
見た目シンプルなんだが、意外に作るのに時間かかった。

まず頭。
こういうイガイガ頭は、絵だと簡単なんだが、モデルにするとバランスやボリュームが意外に難しい。
特にスプラインモデルなので、多面体から引っ張り出すという技が使えないので結構苦労する。

そして、ホットパンツ。
スカートは筒なんですぐできるのだが、こいつは体に合わせて作らないといけないし、ウェイトの割り当てもしないといけない。
で、ベルト付きだと更に頂点数も増えていって、結構時間がかかる。
その分、出来上がると見栄えもするのだが、そういった苦労は絵面からはみえないからなー。

あと、輪郭をはみ出すD口も結構作りにくいんだよなー。
うちのモデルは口の中に舌も歯もあるので、ここまで2D的に口が開くと歯の起き場所がなかったり。
なので、発想の転換で歯を歯茎ごと上あごまで回転させて、口内色の壁を口の中に作ってこの口を表現した。

タンクトップは肩が抜けるように、IK設定してふわふわ動くようにしてある。
そして今気がついたのが、この子は少し肌が浅黒いんだった。
もうちょっと作り込みも必要なんで、その辺は追追いじっていきましょう。