ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
収穫物

自分の目のまえで、何回やったのか大袋二つをお持ち帰りの方がいたので、自分も3回だけやってみた。
いやー、だって1回800円のをそうそう引けないって。

当選シールを貼る台紙見て、ABそれぞれ2個ずつあったので勝算があったのだが、AではなくBが来た。
それならほかはグラスとストラップではなく、末等でよかったのだが(笑)。

でも、このお店はくじ抜かないので、ちゃんと引けば当たるから好き。

あと、バックにデスクトップ出しっぱなしだったので一部ぼかした。
いつもはモニターの上に置いて撮ってるのだが、さすがにこのラインナップだと不安定だったので。
3DSLL

ようやく引き取ってきた。
そして、パッケージを見たときに随分小さいなーとか思ったが、実際DSLと比べると面積比で1.7倍くらいかな?

しかし、旧DSが筐体の半分くらいしか画面がなかったのに対して、これは上画面は8割ほどの幅がある。
だから、DSLの画面に対して2.5倍ほど大きいことになる。

流石にフタを開けて見たときには画面でか!とか思ってしまった。
ただ、立体視用のレンチキュラーが意外に曲者で、立体視をONにしてなくても、常に画面との距離をある程度保ってないと、ニラニラが気になる。

特に明るい平坦な画面だとそれが顕著で、世界樹みたいに画面の密度がある程度高いとそれほど気にはならないが、本体のメニューとか見てると結構目立つ。

あと、本体だけだと2万切ってて結構安いのだが、電源アダプター別売りってどーよ。
しかもDSLと互換性無いし。
あほらしいので、1.5mのUSBケーブルを買った。

んで、相変わらずまずやることは液晶面のフイルム貼り。
ペンでこするせいか、下画面のフイルムはちょっと硬め。
位置を合わせて貼ってから、ちまちまとホコリを撮るという作業には向いてないくらい。

そんなわけで、下画面は少しホコリ残したままだけど、まあ特に気にならないので放置(笑)。
仕事忙しくてあまり触ってる時間ないかもしれないけど、ほぼ世界樹の為に買った様なものなので、元が取れるくらいには遊ぶつもり。
今週の新曲アップしました
夏モード
16週連続、自分で言うのもなんだが、結構続いてるなー。
次に作るやつで、動画付けたいので公開順を入れ替えました。

そのため、若干調整不足かも。でも、明日休出なの。許して(笑)。
電車に乗ってからテーマ考えて、15分で歌詞完成。

残りの時間で曲のフレーズもある程度できてたけど、帰ってからサッカー見てそのまま寝たら全部抜けてしまったので、メモしてたキーだけを頼りになんとか思い出して曲にしました。

流石に仕事が忙しいので、時間調整をうまくしないと連続を維持するのはなかなか辛い。
ましてや休みの時間も限られる中で、どこまでいいものにしていけるかは、個人のセンスと力量を上げていくしかないよなー。

個人的には、今のところ貧弱な音源環境の中で、いかに自分で使いたい音を見つけて組み合わせて行くかが課題かも。

ではまた来週。
カロリ。トロピカルフロート
夏限定カクテルとかいう触れ込み。

味はマンゴーとオレンジらしい。
香りは、確かにマンゴーとオレンジ。で、飲んでみたらオレンジの方が勝ってるかな?
でもこのまったり感はマンゴーだな。

とはいえ、自分はマンゴーにアレルギーあるので最近食ってないんですが(笑)。
アレルギー出る前は良く食べてたなー。

こうして加工さてたものじゃないと口にできないのは残念ですが、おいしく頂ける環境があるなら、それに乗っかっちゃうのも手ですよ~。
ご飯もう一回いけそうw
でも、今のシュートなら、入るラインなら止められてたな。

というわけで、リアルタイム観戦中。
何かあったらこの記事自体更新するかも(笑)。

んで、今試合終了。
近所のセミも興奮して夜中に鳴き出すほど(笑)。

ツイッターは混んでて書き込みできないので、まあここで。
夏の新番その8
ドリランド。
ゲームにはストーリー性があまりなく、ユーザーが勝手に考えながら遊ぶというスタイルだとは思っていたが、まさかのアニメ化。

しかも、21世紀を10年以上すぎて、こんなキャラが動くアニメが見れるとは!(褒めてるんですよ?)
絵的にはすごく東映らしいキャラと動き。

頭が大きいので、動かしづらい所もあるんじゃないかなーと思ってたが、その辺がまだ駆け出し冒険者っぽい動きにマッチしているような。レアキャラがまだパーティにいないしね。

それにしても野沢さんいい声出してるなー。
個人的にはここが一番ツボかも(笑)。

カンピオーネ。
コミックから入ったので、その前日談のような始まり方。
もうあの猪の行く末も知ってはいるが、それがなぜ巨大な神との戦いの後で使役するに至ったか。

コミックでは結構構図や動きを頑張ってたとは思うけど、動く絵になると巨大なものはかなり迫力が違うな。
色が付いて、BGMが付いて総合的にボルテージが上がってるんだろうな。
展開上戦闘シーンが多く見れるとは思うが、そのへんにも期待です。

ところで、ED部分のクレジットはスクロールじゃないほうが良かったと思うなり。
EPで録ってると読めません(笑)。

ではまた。
初音ミクGTプロジェクトソングコレクション2012
タイトルは全部英語なのだが、あまりにも長いのでこっちで(笑)。
今年のGT応援ソング集8曲入り。

今年の傾向は、ギターがはっきりしてる曲が多いかな?

やっぱ、疾走感出そうとするとそうなるかなーとか思いつつ、逆に全部がその傾向だと今何曲目を聴いてるのかわからなくなって、あれ?もう8曲終わったの?というくらい。

仕事中にBGMにするにはそのほうが向いてるのかもしれないが。
それにしても、衣装は毎年透明度が増していくような…
XSIのリハビリ中

最後に触ったのが3年近く前で、もうすっかり忘れかけてる。

とりあえずは中途半端なモデルをAM→SHADE→XSIと持って行って、5点パッチの穴を修正しつつ、モデリングのリハビリ中。
次に考えてる曲にはなんとかモデルを使いたいのだけど、このペースだと一ヶ月位かかるかもしれん(笑)。
その間に夏が終わっては意味がないので、何とかせねば。

それはそうと胸が大きいまま持ってきてしまった。
いっそのこと髪どけて汎用素体のベースにしたほうがいいのかもしれない。

とりあえずざっくり作って、ボーンのテスト用にしたほうがいいかなー。
あれもしたいこれもしたい状態なので、着地点が全く見えてないのが、未完成で終わりそうで怖いのですが(笑)。
夏の新番その7
今日は3本。

うぽって!
これも関西では一期まるまる遅れ。放映から一ヶ月でソフトが出て、主題歌CDは既に発売中。
プロモーション考えると微妙に遅くない?

そんなのはまあ置いといて、射撃練習のシーンで全部わかる自分はそっち系。
でも自分はG3好きだけど、ちょっとキャラ違うかなーとか思ったり。
あと、スケルトンならTじゃなくてメッシュかレースじゃね?!などと別のこだわりを(マテ

そっちの話は置いといて、かなり好きなジャンルなので継続決定。
ちょいエロだからじゃないぞ。好きなのは銃器だぞ(笑)。

貧乏神が
可愛い顔して割と性格ブス(失礼)な主人公と、貧乏神の織り成すドタバタ。
アバンやOPED見てると、すごく仲がいいように見えるが、喧嘩ばっかしてるなー。

あと花澤さんはキレうまいなー。
見るのに結構頭空にしないと疲れそうだが、テンションあげたい時にはいいかも。

ゆるゆり2期♪♪
もうアバンとOPからしてかなりハイテンション炸裂。
というかこんなノリだったっけ?と前期脱落組が言うのも何ですが。

でもなんかわかる気もする。
これは見れないツレが見るのを楽しみにしてるので、あえて中身には触れない事にする(笑)。

ではまた。
今週の新曲アップしました

ルカソロがなかったので、ソロ目指してみたけど、やっぱコーラスあったほうがちょっとでも深くなるので、リンについて来てもらいました。

でも、合唱ではないソロは初めてで、モデルも作りかけのものを除くと初出。
大分柔らかくなったと思うけど、まだまだかなぁ。

モデルは服のウェイトまで入ってるけど、アクセがないので動画はこっちの衣装でいきました。

一番苦労したのは、ルカの篭もり気味な声質。
頑張って明るくしてみたけど、これ以上やるにはエフェクターかまさないと無理かな??

テーマは、かなり昔に出した自作漫画のタイトルから。
先生のお手伝いをして貰った本に、小さな妖精が住んでいて、色々な夢を見せてくれるという話。
でも、そのままだと歌にしにくいので、終始夢の中で完結させました。
おかげで、大分短い曲に。

夢を忘れなければ、その気持ちを忘れなければ、夢はきっと叶うよというところは、自分が一番好きな言葉の一つです。
それを描いた漫画も、90年代に出したものなのでかなり経ってるよなー。

あと、あまり詞を精査しないで音をつけたので、よくよく聞くと支離滅裂かもしれませんが、まあいつものことなんで気にしないでください(笑)。

ではまた次の曲で。
夏の新番その6
TARITARI
すごく何も起きなさそうで、すごく日常っぽいほのぼのとした印象。
背景は江ノ島かと思いきや瀬戸内っぽくもあって、どこかにありそうでどこか知らない街。

合唱部といいつつ割とポップな歌を歌ってるのだが、目指すところはどこだろう。
すごく迷走しそうな危うさが逆に面白いのかもしれない(笑)。

人類は衰退しました
まさかこれがアニメになるとわわわわ。
追いつかれる前に、積んであるの読みきらないと(笑)。

牧歌的な背景に独特のキャラ、原作小説のあの雰囲気を良く出したものだ。
そして、独特の世界観と台詞回し、これはひとえに声優さんのうまさがないと成り立たないのだが、これがみごとにハマってる。

なんども見たくなるスルメ的要素満載の作品。

妖精さんは割とシュールな笑いを誘う面もあるかもしれないが、それがこの世界の掟。
心してみていきましょう。

夏の新番5
アルカナファミリア。
女性向けかもしれないと思いつつ、登場人物の線が太めなので、男でも見れるかなーと思った一本。
見た目には逆ハーレムなのだが、今は比較的仲のいいメンバーが、いずれ戦うことになっていくのか。

絵的には結構好みの部類なので、ちょっと様子見。

トータルイクリプス。
マヴラブは買ったが(何年前だ)結局プレーせずじまい。
本気でやるつもりで結構情報集めたりもした。
なので、世界観はかなり理解してるが、細かいストーリーまでは把握してない。

こちらは別の意味で線が太め。
全体にキャラの線画が太いので、ひと昔前の作品の様にも見える。
でも、メカが動き出すとその辺はあまり気にならなくなってくるが、原作のキャラが結構尖ってる印象があるので、もうちょっとアニメのデザインも尖ってるとよかったかなーと。

でも好きな作品のひとつなので、これも様子見ながらで。

では。
ほろよい 冷やしあんず
久々に買ってきたほろよいシリーズ。
このあんずはそこそこ人気があるようで、某アプリ上では争奪戦が繰り広げられている。

んで、飲んでみた印象は、最初っからグイグイ行っちゃおう!かな。
一口目では少しだけ桃っぽい感じだったので、すぐに二口目行ったら杏の味がして、飲んでは味を確かめしてたら、半分位まで一気に減ってた(笑)。

本物の杏はもっと酸っぱいと思うが、どちらかというとビワかと思うくらい仄かな甘味と酸味が、3度と低めの度数も手伝ってかなり上品な味に仕上がってる。

途中に、味の薄い野菜類入れると、またこの味が引き立つかもしれない。
逆に、濃いめの味のものを口に入れてしまうと、単に甘いだけの飲み物になってしまうから注意。
夏限定らしいので、お早めにどうぞ。
夏の新番その4
ソードアートオンライン。
原作にかなり忠実なスタート。
いや、あの世界で横道は無いとは思うが(笑)。

そして、原作初めて読んだときに感じた「すっげー今なにか始まろうとしてる」感覚が蘇ってくる。
ED見る限り、あのへんまでやるのかなーと思いつつ、かなり期待してます。

ホライゾン2期。
こちらは前回の続きから。
てか、なぜマッパとか行ったら負けなんだろうな。
でも、引きに引きまくって続きがマッパからだったら、誰でも突っ込みたくなるわ(笑)。

こちらは戦闘シーン中心なので、最初から最後までテンション高め。
付いてこれないと思ったら、原作読んでみることをオススメ。
映像に圧縮されてる行間含めた膨大な情報が詰まってます。

ではまた。

梅酒飲み比べ
冷蔵庫整理してたら、市販の梅酒が出てきたのでそれを炭酸で割って飲んでみた。

それ自体は、以前紹介したことのあるものですが、炭酸が余るので(割ってもグラスに半分ほど)、じゃあもう一杯(それもグラス半分)と行ってみることにした。

対抗馬は2001年に漬けた砂糖が規定の半分くらいのもの。
先に飲んだのが黒糖漬けで結構濃厚なものだったのもあるが、炭酸で割ってみたら意外にすっきりした飲み口で、おお、これなら倍は飲めそう!とか自画自賛。

でもさすがに10年以上前のものなので、正確な分量とか使ったお酒の種類とか覚えてない。
既に備蓄が10本以上あるので、今年は新しいのを漬けずに、どれか一本空けてみようかと飲み始めたところ。

でも、毎日ガブガブ飲んでたら、アルコールよりも糖の方が怖かったりするので、飽きない程度にゆっくり飲んでみようかと思ってます。
新曲アップしました(14週目)


今回は、曲のフレーズやメロを割と早めに考え始めてたので、作曲自体は結構楽でした。
逆に、詞の方が方針転換したこともあって、少し難航。

元々の展開は、小さいラピスとリアル猫のペアが、夜な夜な縄張り争いを勝ち抜きつつ、お宝狙う怪盗として活躍するというもの。
最後の最後にはラバルも出てきてCONTINUE?!というものでした。
しかも、紙芝居でもいいから動く絵がないと分かりにくいという。

もちろん、続きの展開まで考えつつ、今のペースでホイホイ作れるわけがないので、歌だけでも分かるくらいの展開に、歌詞を編集しなおし。
すると、ドタバタ展開だったメロを一転ジャズ風味にしてみようとか欲を出し初めて泥沼化(笑)。
なんとか完成はしたものの、ちょっと調整しきれてないところが残ってる。

でも、一回ペースを掴むと完成までは早かった。
取っ掛りを、月曜には初めてたので、そのへんでも楽だったと思う。
今回もキャラ絵のリハビリをしつつ、全身像いれてみたりとか、段々自分の中でのボカロ生活が形になりつつあります。

ただ、相変わらず平日は午前様の方が多いくらい残業多いので、週末にどばーっと作業できないと完成は難しい。
まあそれも、週末にこれだけ好きなことを好きなだけするために、時間を勝ち取ってるんだと思えば、それがモチベーションにもなって、仕事にも精が出るというものです。

蛇足ですが、快盗時の二人の衣装は、王道のアレです。
動く絵だったら見れたかもしれないですな(笑)。

今回の動画置き場↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18353949
動画を見るにはログインが必要ですが、情報類はゲストでも見れます。

YouTubeは、色々ややこしそうなので(手続きよりもその後の方が)、今のところ投稿は見送ってます。
曲だけならピアプロにも置いてますが、ログイン無しで見れるのかな…?

ではまた。
琉球ハイボール
TAKARAのチューハイシリーズ。
沖縄の青いサワーとあるが、それってブルーハ…

というのは置いといて、ほんとに青いチューハイ。
泡盛を割ってるのだが、3%まで割ってるので、全然きつくない。

どちらかというと、この綺麗な淡い青を楽しむためのお酒かもしれない。
これなら誰にでも飲めそう。

でも、大元の泡盛は、炎の名前が付いてるところから、実際には火を噴くほどきついんじゃないかと想像してみたり(笑)。
夏の新番その3
もやしもんリターンズ
動くもやしもん見るのは実写版以来かな?
あれはあれでものすごいインパクトがあったが、こちらは原作通りに進んでいくようで。
しかも、カットの構図なんかもかなり忠実なので、そこいらにこだわりを感じる作り。

なにげに発酵なんかに関するウンチクも濃い目で、漫画を教科書にしてもいいくらいと思っていたところで、動く絵だともっと素材にはいいかも。
2期始まるんで原作読み直そうかと思ってたが、かなり忠実なんで逆に読まないほう面白いかもしれない。

DOG DAYS’
ドッグの2期。
暑い日という意味も持つタイトルから、夏に向いたテーマでもあるかと思っていたが、今回はいきなりのダブル召喚からスタート。
そしていざ行ってみたら、更に??な展開になっていくようで(EDでネタバレしてるやん)。

それにしても、ちょっと作画が崩れ気味かなーと思った。

そして、相変わらず1話から脱がしにかかってるのは、掴みをしっかりしようという意図が見え見えで、ご期待に添えてやろうじゃあーりませんかと目の保養(笑)。

どうせなら前と同じく三段カメラで…おっと誰か来たようだ。

夏の新番その2
見た順で行きます。

まずじょしらく。
原作では「おあとがよろしいようで」から始まる舞台裏の物語、それを大胆にアレンジ?した作りが面白い。
基本的な方針は、まったりとした女子5人の会話劇であることには変りがないが、話だけでなく絵でも見せていこうという試みがいい感じ。

なにげに落語界のウンチクも散りばめられていて、見てるとそっち方面にも強くなれるかも。
というか、日本独自の文化なんだから、もっとこういう世界が広まるといいのになーとか思った。

ココロコネクト。
原作追っかけようと思ったら既に~といういつものパターンで、手が出せてなかった作品。
印象からすると、けいおん!のキャラでハルヒやってる感じ?と思ったが、もうちょっと色々ありそう。

また、キャラデザインが一周して戻ってきてるのも面白いところ。
これが京アニだったら確信犯だったが、さすがにそこまでは仕込めなかったか(笑)。

帰り遅くて…本数見れないからペース遅いけど続く。
ICE+BEER
これは前にもあったと思うが、今年もまた期間限定で売ってたので一本買ってきた。

これのとおりに本当に氷をいれてしまうと、暑い部屋だとあっという間に氷が融けて、水くさくなってしまう(水くさいは関西弁で、味が薄いということです)。

なので、今回はストレートでやってみたら、意外にも濃いめの苦さというかコクが、濃いめの味に合ってたり。
ターゲットは、暑い部屋で熱いカレーうどんに合わせてみるという、食後にシャワーが欠かせない組み合わせです(笑)。

いやなかなかどうしてこれが合ってたので(カレーうどんの選別は個人の責任で)、意外とオススメかも。


あと、ツイッターに未成年のフォロワーが増えてきたので、今回からお酒の話はツイッターに流さないことにしました。
直で見に来るなら止めませんが、最低限大人の責任?は果たそうかと思います(笑)。
お酒は20歳になってからね♪
夏の新番その1
さて、結構豊作な夏が来ました。
見てる時間あまり取れなかったせいで、前期のものを追い出しつつなんとかデッキ2台を駆使して追っかけていきます。
初回からエラーとかは勘弁で(笑)。

んで、見た順で。
ラグランジェ2。
初回が総集編だったせいで、始まるのが1週遅い印象。
その総集編も比較的作画のいいシーンを選んでいたので、シーズン2の初回にしては、ちょっと作画が物足りない。

物語が前作から1年後というシーンで始まる。
なので、相変わらず常夏の鴨川が舞台。

間に何があったのかわからないが、なんだかみんなスレちゃってて、ちょっと仲悪いし。
前期の最後が嘘みたいな展開とも言える。
これは、その間を埋めるOVA付きゲームを見ろということなんだろうか。
まあ、前も結構浮き沈みあったので、長く見ていかないとならんのだろうな。

同じ枠から峰不二子。
関東に比べて一期遅れのスタート。
絵は原作にかなり近く、すごくダークで大人の世界観。

てか、地上波なのに全然隠さないのね。

前の会社に古いアクション誌があって、原作の絵を見たことがあるのだが、アニメの絵を見慣れてると、すごく尖ってて癖のある絵だった。
でも、今ならこういう絵の良さがわかる気がする。

声優陣はかなり入れ替わってるけど、小林さんはまだ頑張ってる。
それにしても次元渋いわぁ。

ルパンたちが出会う前の話から始まってるので、時系列はあやふやだが、かなり新鮮味のある話が見れるんじゃないかと、今季の中では結構期待株。
EDの不二子は段々退行していくような気もするが、毎回絵を変えてくるのかな?

んじゃまた見る時間とれたら、他の物に続く。
ディスガイア3Return
vitaオフライン時の暇つぶし用に買ってきた。
でも、買ってからDL版にすればよかったと思った。

ROMが一個しか刺せないので、起動ソフト変えようとすると、いちいちROM抜かないといけない。
ハードカバーしてると、スロットが奥まってしまって、意外に抜き差しがしにくい。
薄めのシリコンカバーとかに変えたほうがいいかな?

まあそんな感じで始めて見たが、マップのキャラに触ると、なんかピョコピョコ音がする。
何かと思ったら、向きが変わってるのね。
あと、背面パッドOFFにしても何か反応してるっぽい表示が出るのだが、きっと気のせいだろう。

一から育てて行くのは結構大変だが、それこそ暇つぶしなので、いずれはバールを!
というとこまでいきたいなー。

まずは、姫を仲間にするところまでは本気でいくかな(笑)。
ROLLING GOLD
よくよく考えたら、この記事ツイッターにも流してるから、未成年も見てるんだよなー。
酒の話ばっかだといかんと思いつつ。

好きなもんは好きなんじゃい!
大人になったらこの楽しみ方が分かるから、今はまだ我慢な!
と開き直って(ォィ

STONES BARのラスイチかな?
地元ではこれ以上の種類見かけてない。
んで、最後は何だろうと思ってたら、栄養ドリンク系だった。

これはガラスの瓶入りで、ラベルのジッパーの感じがなかなか楽しい。
思わず「外装」剥がそうと、無意識に境目触ってしまうくらい。

味は普通のよくある栄養ドリンク系の味。
とはいえ苦味が無くて、一番近いのはリアルゴールドかなー。
あれも栄養ドリンクというカテではないけど。

パッケージの意外さに比べて、あまりにも普通すぎて味に言及できない(笑)。
味はそのものなのだが、しっかりお酒なので、買うときには注意が必要です。
このラベルの「お酒」マーク、地味に目立たないんじゃないかと思ったりするので。
新曲アップしました

13連荘で何とか目標の1クール達成できました。
七夕合わせなので土曜にあげたかったけど、色々無理だった。

元々ラピス用に作ってて、調整はそっちメインでやってたのですが、変態進行のコードとちょい相性悪そうなので、急遽リンにして仕上げました。
ラピスVerはピアプロに置いてます。

んで、一番苦労したのがPVのほう。
今回のテーマだと、絶対に動く画があったほうがいいと思って、大分準備もしてきたのですが、いざ実制作の週末に作業を開始すると問題が頻出。

今回もFLASHで動画作ったのですが、拡大縮小させると、何故か動画状態では縁に線が出てしまい、これの対処に相当時間を取られてしまった。

あと、レイヤーが増えてくると、サウンドはそのままの速度で再生されるが、動画がもたついてくるので、プレビューで音合わせが段々とずれてくるという悪夢に。
しかも、FLASHだと途中からはサウンド再生されないので、毎回頭出ししてるから尚更。

最後の方は拍からフレーム数数えて、それで絵を置いて行ってました。
bpm120じゃなかったら、もっとひどいことになってたかもしれん。

なんかめっちゃ効率悪い作り方してるよなー、と思ったけど、作るものと作り方と作るツールがそれぞれ合ってないんだろうな。
どこか合わせればうまくいくはずだが、まだ見つかってません。

来週以降は、どうするかまだ決めてません。
13という数を嫌って連投を続けるか、そろそろ休むか。

ではまたいずれ。
七夕
七夕と言えば、10年に一回晴れるかどうかと言うくらい、毎回雨が降ってたもんだが、関西では珍しく今年は晴れた。
とはいえ、都市部なので天の川なんて見れるわけもなく、普通に夏の大三角を楽しむだけになるかな?と思ってたら。

21時過ぎから月が顔を出し、空の星をほとんど食ってしまった。

多分旧暦の七夕なら見れるのかもしれないが、雨に祟られ月に食われ、織姫と彦星は本当にこの空でちゃんと会えてるのか心配になるのであった(笑)。

そして、七夕合せの曲は盛大に遅刻、今現在フレーム数えながら方法の体でPV作ってます。
ラグナロクオデッセイ(体験版)
公開設定間違えて記事が上がってなかった(汗

ROの世界観を持つアクションRPG。
基本的に、宿屋でクエスト受けて実行し、ボスは皆で倒しに行くというモンハンスタイル。

シミュレーションRPGだった前作とはうって変わって、こちらはちゃんと遊べる内容になっている。
体験版だからか、商人やアーチャーは選べない。ないのかもしれないが。
また、ノービスではなく、上位職から始まるので、最初からある程度バリバリ戦うことができる。

操作はオーソドックスなもので、何も読まずに始めて、問題なく最初のクエクリアまで行った。
でもモンクがやりたいのに、アコがいないので作れない。
このへんは、配信で増やしていくのだろうか。(既にスパノビいるし)

なので、実ROではやったことのない、男アサシンなんてのを選んでやってみた。
最初からカタールでずばばばばっと、敵を切って行けるのが超楽しい。

囲まれると打たれ弱いのがアレだが、あまり気にせず進めていった。
そして、ボスオークのクエで撃沈(笑)。

意外と遊べるかもしれないので、もうちょっと様子見て、やるものなかったら候補に上げてもいいかもと思った一本。
シェルノサージュ
本当は4月頃に本体買うつもりで、これは限定版を予約して買ってた。
しかし、ちょっと物入りが立て込んで、なかなか本体を買うに至らなかったのだ。

そして、ようやく白本体が出ると決まったので、それを予約して待って買ったというのが最近の動向。

しかし、その間にもこのソフトに関しては、かなりややこしい問題や噂も聞きまくってて、自分が本体買うまでにちゃんと運営続いてるんだろうかと、結構心配していたのだが。

まず、ソフトを本体に刺してインストール。起動したら、本体のアップデートとソフトのアップデート両方しろと出た。
両方を済ませて、ゲームを起動。
ちゃんと動いているので、色々問題は去ったようだ。

そんなこんなで、シャールと契約して街の修復を開始したりもしたが、会社もあるので1時間ほどで休止。

しかも、自分はWIFIモデルを買ったので、基本的に昼間は全く手を出せない。
そんなわけで、1日放置して、2日目の夜に1.05のパッチが来てるのを確認。
早速DLしてインストール。

したら、コンティニュー時にC2エラーが出ました。
ネットで色々調べてみると、これがまた再現率100%のエラーだそうで、なんでそんなものをノーチェックで公開したのかと小一時間、対処法を調べてみたが、皆同じ症状で諦めムード。
どうやら、翌日アップされる追加シナリオのDLを待つしかないときた。

丁度代休消化で休みを取っていたんで、昼ごろに掲示板の情報を見に行って、追加シナリオの導入でOKとなるようなので、DLして対応。
無事に動くようにはなったが、入手していた服が全部消えてしまった。
これって、プロダクトコードもう一回入力して、ちゃんと貰えうのかね?

更に、起動したもののいきなり爆睡モードに入ってしまって、何も出来ない状態に。
待つこと10時間、起動してみたら今度は出かけてしまった。

更に待っていると、なんか胸のでっかいお姉さんがやってきて、カードをくれる。
まあ、これはあとで使うんだろうと待ってたら帰ってきた。

が、すぐに食事モードに。
食事中は触るなと言われてたので、できるだけまつことにする。
またこの時間が長いこと。放置してると、省電力モードが働いて本体がスリープしてしまう。
その間に呼ばれたらどうするんだろうか。
この省電力モードは、かなりこのゲームと相性悪そう。

食事が終わったら、今度は片付けに。
うーん、徹底してプレイヤーの何かしたい時に何も出来ない時間が多過ぎるな。
まあ、リアルタイム生活?シミュレーションなんで、実際のところはそうなんだろうが。

あと、デフォ衣装にナイトキャップ姿であちこちうろつくのも、早く直して欲しいわ(笑)。

そんなわけで、起動前には必ずデータのバックアップを取りつつ、今後も慎重に進めていきたいと思います。


Dokuro(体験版)
独特の世界観を持つアクションパズルゲーム。
ひたすら右へ右へと進む姫を、様々な仕掛けでエスコートして、脱出させるのが目的となる。
穴や障害物があると、ちゃんと止まってくれるのはありがたいです。

グラフィックも、これがvitaだ凄いだろう!っていうことも無く、すごく味のあるグラフィック。
むしろ凄い好み。

ステージ1は、チュートリアルの意味もあるのか、結構簡単に進んでいける。
アクション性はあまりなく、ちょっと落ち着いて仕掛けを見ればクリアできるレベル。

しかし、ステージ2からが本番と言わんばかりに、急にアクション性が高くなる。
それも、ステージの先を知ってないと進めないタイプのものだ。
このへんはプリニーで懲りたので、自分にとってはこのゲームここまでかなーと思った。
もうトシです(笑)。



…そして、次に遊んでいるあのゲームでC2エラーに遭遇するのであった。

GRAVITY DAZE(DEMO)
色々つまみ食いしてみようと思って、幾つかDLしてみた。
まずは重力娘の体験版。

完全オリジナルのACTということで、前評判も実際の評価も高い作品。
ただ、動いてる絵を見たときに、これ俺にできるんかなーと心配だったもの。

んで、遊んでみた感想としては、世界観は少しはしよられていて、何故か中世っぽい街並みにレオタード娘がいるという感じ。
記憶喪失という設定だからか、その辺を見せないようにしてるのかもしれない。

んで、本命のアクションシーン。
カメラ回して、動いて蹴るところまではまぁ、普通にできるわな。

しかし、本命の空中制御。
操作が独特で、3回ほど街から落っこちて、2回は空に落ちた。

その後のボス戦、浮いてる間に敵の弾を避けるのが難しいせいもあるし、モーションセンサーも効いてるので、敵のほうに突進している間にも微妙に向きが変わったりして、なかなか思った場所にキックできない。
しばらくやってたら慣れてきたが、それでも最初はHP切らしてゲームオーバー。

再戦でようやく倒したが、何も考えずに最初から買ってたら、多分投げてたかも。
2周目になるとそこそこ動けるようになって、ほぼノーミスでボスを倒せるくらいにはなったけど、この微妙な「できるんじゃね?」の感覚が、買わせようとするバランスなのかもしれない(笑)。

これはこれで、候補の一つに考えておこう。
白vita買ってきた

けど、昨日は忙しくてセットアップしてる時間なかったので、今日帰ってから開始。

まずは保護フイルム貼りから。
しかし、全面保護タイプのを買ったので、左右の切れてるところを合わせるのが大変。
仮置きして、ホコリをマスキングテープでちまちま取り除いて、気泡は潰せば消えるタイプなので、一度合わせてしまえば、あとはそんなに苦労はしなかった。

背面にも薄いのを貼って、ハードケースに格納して完了。
ここまでで1時間くらい。

さて、セットアップだ!と思ったら、電池が完全に抜けてて、充電するところから。
とりあえず10分くらいしたところでONにして、ようやく設定開始。

何はともあれネットから!と思ったが、なんかエラー出て入れないし。
PSPは問題なく入れるので、なんかどっかの設定がおかしいのか。

これは根が深そうなので、明日もちょっと早いし、今日はもう寝るから断念。