ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
本日の収穫物

GUMI POWERゲット。
神戸の別の店で見つけたもので、スリットに棒を伸ばして、向こうに落とすタイプ。
このタイプのは、操作感が非常にシビアで、失敗は即自分の腕ということになる、ある意味イヤなヤツw
それでも1回100円の6回でゲット。

1ミリ以上ずれると、もう穴を通らないというなかなか素晴らしいマシンで、本当に自分の操作だけで取るもの。
それでも、あまりにシビアなので、同じモノを狙ってるとタイミングを覚えてしまい、割と取れやすかったりする。
取れない人は、ボタン押してから頭の中で数を数えてみるといいかも。

これで、後はネイティブ取れればコンプなんだけど、あれだけ設定が甘いと次行って残ってるかな?
冬の新番その4
琴浦さん
最初の5分で見るの止めようかと、真剣に思ったよ。
自分はこういうの大嫌いなので。
でも、柔らかいキャラと、砕けた心の壁がリモコンの指を押しとどめた。

彼はかなりの妄想持ちのようだけど、幸せになって欲しいものですw

ささみさん@がんばらない
最初から飛ばしてるなーとか思いつつ。

自分はこの絵柄はボカロから入ったので、この絵をよくぞここまで動かしたな!と拍手。
背景なんかもかなり独特の色調で描かれてたりするが、世界観としてはかなり面白い。

しかし、同じ画に見えるのに、@があったりなかったり。
そして、エンディングの着替えでは見事にクレジットが邪魔してて。
いかにも「映像特典!ノンクレED!」が待ってそうな内容w

これは今期一番の期待作です。

幕末義人伝 浪漫
ルパン+次元顔のねずみ小僧が宇宙刑事になって京都を駆け回り、銭形顔の用心棒が立ち向かう不思議な作品。
トムストチ狂ったか!とか思ったが、作画が少々荒れ気味なのは置いといて、割と楽しく見れたのでそれでよし。

後は1話見逃した2本。三が日から始まるなんて想定せずに田舎帰ってたよ…
まんがーる
雑誌不況の真っ只中に、新規創刊しようとする漫画雑誌の編集部を描いた作品。
1話見逃したけど、5分という短編なので2話から見ても十分楽しめるわ。
ともすると、こういう作り方は大事なんじゃないかとも思ったり。

ヤマノススメ
こっちは、もうちょっとしっかりとウンチク含めて25分見せて欲しいと思った作品。
でもこれだと、原作がすごく気になってきたりw

そうか、そういう戦略なんだな!
とかいいつつ。

それではまた春に。
増殖気味X≒MULTIPLIES
HMOのアルバム。
出てから暫く経ってるみたいだけど、まだねんぷち付きであったので、ゲット。

しかし、なんつー豪華なスタッフ。
中の人そのまま呼んできてドラマとかw
最初はぼかりすスゲー!とか思ったけど、ノーツ読んで納得。

そして、ドラマの4がパッケージの顛末のようで(違
そのパッケージも、同じ表情(顔)が一つもないという、端から端まで細かく見てしまう。

付いてるねんぷちは、中華娘の格好で、緑の髪に真っ赤な衣装が結構新鮮。
それも、全部紙の割には凝った包装になっている。
残念ながら可動はナシだが、ぷちのはちゅねの顔交換で、改造してもいいかもね。
バレンタインイベント(PSO2)

今年もこの季節がやって来たわけでして。
イベントに合わせてスクラッチも入れ替え、ナウラ三姉妹の衣装や髪型の他に、色々取り揃えられている。
3回やって、赤のエプロンが出たので、そこでストップ。
ゴールドやってるので、他のアイテムは出ないのだが、これはこれで組み合わせは色々できそうなので、取っておく。

pso20130127_232855_001.jpg
しかし現在気に入って着てるのは、こっちのほう。
赤と黒が出たが、赤の方がアクセントの白と髪色と相まっていい感じになっている。

pso20130127_233708_005.jpg
そして、これと組み合わせると、まるで衣装の一部かと言うほどに綺麗にハマっていて、かなりのお気に入り。
レンジャーがあと2万ほどでLv40になるので、そっちを上げたいところだが、これで走り回りたくて、ずっとファイターばっかしやってる。

VH行けるのは、いつになることやらw
冬の新番その3
4作ずつやってると半端に終わりそうだが。

たまこまーけっと
京アニのオリジナルということで、かなり警戒されているようだが、1話を見る限りは商店街の日常の中の非日常を描いているようで。

というか、説明的にならず、自然な流れで主人公たちの立ち位置や関係を、柔らかい話で描いている。
主要スタッフに女性が多いのも特徴だと思うが、京アニのオリジナルに当たり無しのジンクスを敗れるか、見守っていきたい一本。

俺の~修羅場すぎる
長いのでw
出だしはかなりありがちな、普通の学園モノなのだが、そこにとんでもない仮面を被った真っ黒な天使が降り立ったとき、本当の物語が始まる。

というか、すごく怖いんですけどw
こんなのが現実にいたら、怖いどころの話じゃないよなーとか思いつつ。

ビビッドレッド・オペレーション
エネルギー問題がなくなった、少し未来での話。
でも、この設定だとそれを独占的に管理している場所に、外国が攻めてきてもおかしくないよなーとか。

自分は若干高村監督フィルタ入ってるので、若干説明的だろうが、過去の話に関してはおいてけぼりだろうが、今までの作り方を考えると、1話だけでは分からない事も多いだろうという風に考える。

問題児~そうですよ?
これも長いのでw
というか、俺強ぇぇーな主役が3人もいる、カオスな作品になりそう。

この3人が、いかにしてこの世界を渡っていくのか。
神にも楯突く傲慢さと実力を持ち合わせて、弱小コミュの救世主となれるのか。

1話から見た印象はそんな感じでした。
ずっとこの調子だと疲れちゃうと思うので、力だけでは乗り切れない所とか出てくるんだろうなー。

続く。
ねんどろいどGUMI

ボーカロイドのGUMIのねんどろいど。
他のラインナップからすると、出るまでに結構時間かかったなーと。

ともすればヘルメットになりがちな髪型も、割と上手く処理されていて、ゴーグルを載せていなくてもそれなりの造形になっている。
自分も3Dモデル作るときにここは悩んだからなー。

関東では既に品薄になってる店もあるのかな?
でも、神戸だと予約なしでも十分買える数が入ってたので、数を揃えて全表情を並べても楽しいかもしれない。

冬の新番その2
まおゆう。
女性型の魔王に言いくるめられた勇者が、一緒に世界制服を目論む話。
で、合ってると思うが、かなりこの勇者はハーレムの中心にいるようで。

もうちょっとシリアスかなーと思ってたが、割とコミカルな内容のようでもある。
まあ、平仮名4文字のタイトルなので、そんなシリアスでもないだろうと。

でも、平和を夢見る魔王というのも結構新鮮だったり。

みなみけ ただいま。
さて、これで何度目のアニメ化だろうか。
1話を見る限りでは、やはり作画はかなり原作に近いと思った。

それにしても、何も事件の起きない三姉妹の日常を描く物語、今までと違うところは見せてくれるのだろうか。

THE UNLIMITED 兵部京介。
椎名テイストも、最近は割とシリアス方面に行ってる感じがしないでもない。
元々の原作も、少しの差別社会を扱ったものと見ていたので、それなりに重い話もあったりするのだが。

テイスト的にはコードギアスにちょっと似てるかも?と思ったが、これはこれで、大人の鑑賞に十分耐える濃いめの男たちの話になってると思った。

今季で結構期待の一本です。

閃乱カグラ。
爆乳女子校生のバトル物というと、一騎当千があったりするが、暗がりで同じ色のセーター見ると、シリーズの続きかと思ってしまう人もいるのでは。

敢えて、そこを狙っているのかもしれないが、クセという点ではこっちも負けてないと思う。
元々がゲームなので、個性を際立たせるのは当たり前。

かなり重そうだけど(何が)、そのへんも楽しみに見ていきましょう。

続く。
本日の収穫物(GUMI)

これがちゃんと筐体に収まってたときは、調整中で取れず。
そのあと年があけて、動くようになったと思ったらつり上げ式で断念。
そして、ようやく紐に吊るして引き下ろすやつ(なんだっけ?)に入って、投資した分で取れるようになったのでチャレンジ。

しかし、この大きさのモノを一番下の段に入れてると、色々弊害があって。
そもそも、この大きさのモノは、あの筐体の出口を通らない。

更に、一番下だと筐体の奥の壁とアームの台に挟まれて、これを引き下ろすことが出来ない。
つまり、3度に渡って取らせる気が全然ないのだ。

普通に紐に爪がかかっても、下に下ろせないのでアームが折れて跳ね上がる。
それを店員に見せたら、流石にまずいと思ったのか、下げれるようにしれくれたりもしたが、挟まってることには変わりないので引き下ろすことが出来ない。

店長に無線で連絡して許可をもらい、ようやく紐の先までモノを下げてもらって、ようやく落とすことができたが、それまでに紙幣3枚消えてますよ。
「取れないモノを取れないと証明するための行動」にしては、ちょっと投資がすぎたが、これも抗議のためだと割り切っておくことにする。

まあ、いずれにせよこの近所では全然見かけないので、なんとしてでも一個は欲しかったものなので、一応は満足している。
業界の衰退から、稼げるところで稼ごうというものなのだろうけど、それにしても、世知辛いねぇ。

紀州の梅酒 にごり
紀州のシリーズはこれで最後。
買い揃えたのは結構前なのだが、残りの2本を開けたのがつい先日。

その最後の1本は、濁りということで果肉が混ざっており、透明度は低い。
果肉と言っても、殆ど見えないくらい細かいものだけど。
しかし、飲んでみると普通の梅酒と全く変わらない。

ラインナップからすると、最初に飲んだのが蜂蜜だったので、これがノーマルと考えれば、それでもいいかもとか思ってしまった。

小瓶なので、このシリーズの飲み比べのお試しにはいいサイズかも。
長靴をはいた猫
東映のアニメではなく、ドリームワークスのCG映画。
タイトルは同じだが、内容は全く別物。
たまたまWOWOWでやってたのを視聴。

それにしても、動物の毛皮のモフモフ感がたまらない。
昔のCGものに比べると、毛の細さがかなり本物に近いところまできてるんじゃないだろうか。

エンディングクレジットはしっかり見てなかったが、モーションキャプチャがあるとは言え、これ全部動かすの大変だったんじゃないかと思ったり。

割と子供向けに作られてはいると思うが、大人がみてもかなり楽しめる内容でした。
竹中直人の吹き替えがそうさせてるのかもしれないけど、結構渋くていい感じでしたよ。
イメチェン(PSO2)

そういや、ラッピーのきぐるみを受け取って無かったので、それをもらって着てみた。
しかし、着ぐるみと言いつつ足は人間の足の細さじゃない(笑)。

これでマグもラッピーなら完璧なんだが、樽背負ってるとめり込んでしまうので、歩いてる時しかちゃんと見えないかも。

pso20130121_004648_003.png
んで、vita版のテストで作ったキャラが、割と気に入ったので同じ構成にしてみた。
AC使ってないので髪型とアクセだけ変更だけど、結構雰囲気も変わって新鮮。

ちなみに、テストではキャストやってて、ネコミミの代わりに横に張り出すキャスト用のアクセつけてます。
あと、背ももう少し高くて胸は控えめ。

テストのSSはまだ出せないので、エステのSSでもここには貼らないつもり。
解禁されたら、ウェディングドレスのSSが貼れるんだけど。
すごく可愛かったので、PC版で見てみたら21Mとかしててとてもじゃないけど手が出ない。
でもいつかは手に入れたいなー。

トラックバックテーマ 第1590回「ケーキについてると嬉しいくだもの」
みかん。
ケーキの甘さの中にみかんの酸っぱさがあると、ケーキの甘さが引き立つから。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「ケーキについてると嬉しいくだもの」です。おいしいケーキを彩るくだもの見た目も鮮やかになるし、好きなくだものだととっても嬉しい。ほうじょうはショートケーキ大好きなのでもちろんいちごがもりもり乗っていたり入っていたりするとすごくテンションが上がります白いクリームに赤いいちごが乗っているだけでどうしてあんなにカワイイんでしょ...
トラックバックテーマ 第1590回「ケーキについてると嬉しいくだもの」

紀州の梅酒 紅茶
小さな瓶入の梅酒。
紅茶とのブレンドで、そのままだとちょっとエグさがあるけど、お湯割りにするとすごく上品に化けるので面白い。
紅茶の風味が前に出てくるので、そのへんを楽しみたいならお湯割りで。

そうでなく、濃厚な梅酒の感じを残したいなら、ロックやストレートでもいいかもしれない。
どのみち量が多くないので、一発勝負な飲み方になるけど、このシリーズ全部揃えてから飲み比べてみるのもいいかも。

リハビリ(DIVAf)

PS3版に備えて?リハビリを開始。
丁度ショップ見たらトロクロがあったのでDLして遊んでみた。
ノーマルから始めたら感触がよかったので、試しにイージーやってみたら、初回でパーフェクト取れた。

気を良くしてACに凸したら、気まぐれ~で玉砕。
てかあれ、ノーマルでも大概な譜だなー。

そんなわけで、パーフェクトの数を増やそうと現在はノーマルで練習して、イージーで実行を繰り返し中。
そして、モジュールは全部ゲットしたので、次はアクセ関係をコンプするべくせっせと稼いでます。

でも、揃えるとなると、意外に高いんだよなー。
まあ、目標があるのは良いことで(笑)。
本日の収穫物

大分数が減ってきたのでやってみた。
そしたら、5回で見事に全部バラバラ。

C賞は2個しか残ってなくて、2つとも唯だったので、前に梓を押さえていたのは正解。
そんなわけで、どれか一個でも揃えようという気は全くなかったが、C賞が揃ったのでこれでコンプかな。

さすがにラストはあと30くらいあるのでパス(笑)。
冬の新番その1
んじゃアニメの新番スタート。

AMNESIA
必殺記憶喪失で巻き込まれ型の展開。
でも、あまりにも視聴者突き放しすぎな気もする。
女性向けの匂いが沢山。
目の描き方が独特で、ともすればくどいと思うくらい。

あいまいみー
よくいえば個性的な、悪く言えば雑な絵。
短い作品だけに展開というかテンポがよくて、あまり苦にはならなかった。
でも、こっちではやってないので最初の話だけ。

ラブライブ
定番のアイドルもの。
まだちょっと硬いかな?と思う3DCGのキャラが踊るOPから、部分的に本編でも3Dモデル化が進んでる作品。
それでも、概ね違和感なく馴染んでる。
2D部分はちょっとチークが強すぎな気もするが、それはそういう個性だと思って見ればOK。

キューティクル探偵因幡
結構低年齢向けだと思うが、この時間にやってていいのかしら。
まあ、頭撃たれまくりなので、表現的には深夜かもね。
そして、ギャグが濃いめで見続けようかどうか悩んだが、不覚にも笑ってしまった。
こういうのは笑ったら負け。
なので、続けて見るとします(笑)。

つづく。
春の新番 番外
いきなり番外なのは、実写ドラマだから。
ビブリア古書堂の事件手帖。

期待半分の不安半分。
なんでかというと、この配役で?と思ったから。
そして、始まってみるとその不安が一層顕著に。

だって、前知識なしに見ると、栞子さん完全に電波さんだもの(笑)。
でも、話が進んでいくと、どんどん面白くなって、話に引き込まれていく。

そうすると、配役も気にならなくなってくるから不思議だ。
原作がかなりしっかりしているので、安心してオススメできる一本です。

アウトブレイク・カンパニー
榊一郎:著 ゆーげん:画 講談社ラノベ文庫

1年積んでて、5巻が出て創刊一周年かぁとか思いつつ、帰省時の移動などで時間が取れたので読み始めた。
普通はそれだけ開くと買わなくなったり読まなくなったりするのだが、これは読もうとずっと買い続けていたものなので。

ペース的には2~3ヶ月に一冊出てるくらいだろうか。
他にもシリーズ持ってる作家さんなので、結構早いほうだと思う。

とある場所にできた異世界への通路を使って、日本政府がサブカルチャーで異世界の国家を侵略しようとする話。
これだけ聞くとなんだかわからないと思うが、実によく練りこまれた舞台設定で、すごく納得感がある内容。

そして、自分が一番気に入っているところが、差別や偏見が当たり前の世界で、その社会と戦う様子が描かれていること。
テーマが「オタク文化で異世界侵略」なのだが、根底には結構大事な事を言ってる筋がある。

そんな大仰なテーマが、難しい小説ではなくラノベとして、若い人の手元に届けられていることが大事なんじゃないかと。

まあ、そういったことを気にせずに、普通に伏字だらけの商品や作品名のオンパレード、あるある状態を楽しむための作品でもあります。

そういった面もあるため、アニメにはなかなかしにくいだろうなーとか思ってるが、このテーマをもっと広く知ってもらうためにも、映像メディアに乗って欲しい作品です。
本日の収穫物

猫物語のスイング。
キーチェーンも溜まって来たので、今年も熊手作ろうかしらw
サンリオのミクさん

1回200円のガチャで、キティとミクの合わせもの。
異人館街の店先にあったので、パチモンかと思ったけど、ちゃんとサンリオ製でコラボ商品だった。

こうして見ると、かなり色んなコンテンツとのコラボが増えてるので、キャッチャーとかに入っててもそれがちゃんとしたものなのかどうか、見極めるのも難しい。

3回やってレンレンミクだったけど、どうやらこのネギ装備はシクレのようで。
基本はキティなので、白い顔にネコミミと小さな丸い尻尾はデフォで付いてます。
でも、レンの方はヘッドセットにネコミミついてるので、こっちはニセモノかもw

大きさは3cmほどなのだが、塗装ではなく造形で細かく作り込んであって、その分塗装に苦労している跡が見受けられる。

あとコラボ大好きコンテンツで、まだ出会ってないのはモンハン(アイルー)くらいか?
まどマギ(パンヤ)

そんなわけで、2着買える分だけ課金して買ってきました。
身長さえ気にしなければ、それなりに再現度は高い。
しかし、ほむらがルーシアのアクションでくるくるしてるのだけはどうしても納得行かないので、保留中。

少し余った分で、たいやき買って後はガチャに入れて、なんと4回で武器セット(笑)をゲット。

pangyaU_340.jpg
そして対戦部屋を立てては、皆考えることは同じ。
マスケットパー狙いで強風吹きすさぶ中頑張ってます。
でも、やっと成功してもSSがこんななので、何度でもやり直すのみ。

pangyaU_341.jpg
もうこうなるとスコアも何も気にせず、皆でイベントとして楽しんでる感じですw
アペロール・スプリット

流石に寒いので氷は入れてないが、作ってみた。
アペロールと白ワインを半々、それを炭酸で更に割って飲む。

出来上がりは綺麗なオレンジ色で、食欲というか呑み欲をそそる。
甘すぎず、辛くもなく、すごく飲みやすいカクテルになってる。
これなら、一部地域で人気でよく飲まれているのもわかる気がする。

炭酸の度合いによるが、アルコールもビールと変わらないくらいにもできるので、機会があったら試してほしい一杯です。
ノンアルコールのワインで試してみるのもありかなー。
新しいデッキを買った
田舎に帰省した際、持っていったHDDから焼いたDVDが再生できなかったので、自分の使ってるのをそっちに回して、自分は新しいのを買おうという計画の元、正月特価が残っている間に地元の電気屋を見てきた。

買ったのはソニーの3チューナー(制限なし)でHDD1テラのもの。
頑張って我慢して東芝のを使ってきたが、店頭でおばちゃんが「東芝以外のを」って店員に言ってるのを聞いて、ああ世間一般的にも東芝の評価は低いんだな、と納得して。

実際録り逃しは多いわBDに焼けないわで、最近買った2台とも大外れ。
撮り逃しは同じ局に同日3つとか連続になると、録り逃しが発生するようで、これはプログラムの問題。
BDに焼けないのは、H246でDVDには焼けるので、弱点と言われるドライブ部分で、DBが外れだった模様。

ドライブはともかく、深夜アニメだと同局連続は当たり前なので、それが録れないならそもそも自分の用途に合致しない。
そういった信頼性の問題と、W録でもBSが1チューナーで使い勝手が悪かったりと、そろそろ買い替え時だとは思っていた所。

ソニーパナシャープで同じくらいの機能のを1台ずつ候補を上げ、それを店頭で幾らになっているかで買いに出かける。
結果、狙っていたパナのものは型落ちで店頭在庫なし、シャープとソニーに絞られたが、スマホで予約が外からできる機能が、シャープは今月末実装でソニーは実装済み、更にPSPvitaへの取り込みが簡単なので、実売で1万ほど高かったがソニーを選択。

帰ってきてセッティングし、早速予約を入れていくが、「予約が重複云々」の警告が当たり前だが全く出ない。
今まで2台のW録を使って録ってきたものが、これ1台で問題なく行けそう。加えて予約の設定もかなり簡単だし、PS3でおなじみクロスメンバーも見慣れたもので、違和感なくそのまま操作できる。

とりあえず1話は全部TVで見ると思うので、PSP用の同時録画機能は今回使用しない。
幾つか連続や多チャンネル部分があるので、それらをクリアしたかどうかで、使い込みを進める予定。

てか、以前なら20万くらいしてた機能が、3分の1ほどで手に入るのだから、いい時代になったもんです。
とある空の写真

アレをやってみたくて、実験してみた。

インターバルで100枚ほど、15秒置きに露出固定で撮影。
とりあえずやってみて思ったのは、重ねるのは10数枚で十分だということ、空がある程度晴れていて、開けた場所であること、頭上に雲が無いほうが、コントラストの効いた画になること、などがわかった。

この年末年始はずっと薄曇りや雨ばっかりで、そういった空にはなかなか出会えていないのだが、そのうちズバッと撮ってみたい素材ではある。

これはそのうちで、一番色が面白くなった部分を合成したもの。
これはこれで、非現実的で面白い画にはなっている。
七草

いつもこのパックを買っているが、どうみても雑草の詰め合わせですw

TVで姫路の幼稚園での、自家栽培の具が出てたが、そこには普通のサイズの大根や蕪が写ってて、そう考えると小家族用とは言えこれはちょっとなぁとか。

でも、流石に出来合いのものを買うと風情がないので、やっぱりこれを煮込んで作るのが一番なんだろうなぁ。
本日の収穫物(けいおんくじ)

こちらはローソンのくじ。
実家の近くでは既に大物はなくなっていたので、こっち帰ってあるかなーと探してみたら、どうやら二周目らしき品揃えに遭遇。

とりあえず5回やって、C賞ゲット。
二択だったが、梓の方が残りが少なかったので、先に確保。

G賞は服違いで10種だが、4つでは複合でも揃ってないし、C賞ある内にもう一回行くかなー。
本日の収穫物

といいつつこれは実家の近くのゲーセンで取ったもの。
競合店がない(20km四方に一件のみ)ので、かなり設定は全台ともに渋め。
代わりに、一回するたびに補助券くれて、集めると福引ができる正月イベントやってました。

そのなかで、渋めであるが故に取りやすいものもあるわけで。
夜空は、シオマネキタイプのものから3回でゲット。
ゆるろぼは、強握力で弾くやつだったので、それで掴みに行かずに弾き飛ばして300円で4個。

クルマが無いと生活できないような田舎なので、でっかい駐車場があるのだが、割と親子連れも多くて、地域唯一のアミューズメントスポットとしては十分な役割を果たしている店。
とんでもない田舎だけど、頑張って営業続けてほしいものです。
しぶんぎ座流星群

撮りに行ってみたが、ピーク時間には曇ってて、11時半くらいから行ってみたが、収穫はなし。
いつもなら、フレームに入らないくらいで、肉眼では幾つも確認できるのだが、今回はそれすらない。

カメラはQ10にフィッシュアイを付けてみたけど、どうもピンが甘い。
モードの制限で2秒しか露出できないので、かなり一発勝負っぽいところがあったのだが。

電源は車のシガーにインバータかましてAC化、200枚以上連写してみたけど、そもそも流れてないのだから撮れるはずもなく。

そうこうしてる間に月が登ってきたので、諦めてオリオン座撮って帰りました。
なんだかんだで、短い露出でも結構綺麗に撮れてるよな。
大星雲もわりとはっきり写ってる。

これは、そのうちマウントアダプター介して超々望遠で撮ってみたい素材です。
320x3x5.5倍。
木星撮れないかなw
魔王
田舎に帰れば売ってるかと思いきや、生産数がそんなに多くないので、地元でもあまり買えない。
そして、逆に売っていても、そんなに高い酒を飲む習慣が無いので、そもそも買わないらしいw

それを年末に神戸の酒屋で見つけたので、720mlの瓶を一本買って帰省時におみやげに持って帰った。
すると、だばだばとお湯割りにして飲んでしまううちの親父。

1枚5000円する肉買って行ってもカリカリに焼いちゃうし、それ以上の値段する焼酎も、地元の安い焼酎と同じ飲み方をしてしまう。
もう高い肉も酒も、買っては行くまいと誓った正月であったが、ふと考えてみる。

どんなに高い酒でも、普通にいつものように飲んでしまうのは、ある意味最高の贅沢ではなかろうか。
流石に悪いと思ったのか、飲んだ感想はくれた。

その感想は親父のものなので、自分の感想を行くと、仄かなブランデーのような香りと、少し甘さを感じる柔らかい飲み口。
勿論焼酎なので、ガブガブ飲む訳には行かないと思うが、お湯割りだと少し風味が落ちたので、ロックか生で頂くもの思った。

なかなか手には入りにくいし、ほいほい買える値段でもないが、見つけたら是非試して欲しい1本です。
あまやぎ
黒松白鹿山田錦とそのまえに付くのが本来の名前かな?

地元の山田錦で作られた、かなり甘目の日本酒。
どれくらい甘いかというと、飲んでもアルコールを感じないくらい。
でも、しっかり14度近くあるので、綺麗な桜色と甘さに騙されると、飲みすぎてしまいそうな感じ。

逆に、その見た目からも日本酒の雰囲気が遠いので、日本酒苦手な女性にも少しだけ注いで上げると、意外にいけるので(多分)喜ばれそうな感じもする。

しかし、正月用に買ったものだが、少々甘すぎるかもしれない。
だからといって、いつもの金箔入りも芸がないので、今年はこれとあと一本買ってみた。

それはまた明日。