ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
超・大河原邦男展行ってきた

入口では1/1ガンダムの手がお出迎え。
階段上がると、壁一面のザクの線画が見下ろしている。
そこから先は撮影禁止。

中身はタイムボカンシリーズからの、タツノコプロ全盛期の作品群、サンライズのロボットアニメの歴史、それ以降の仕事などの分類。

この催しの最大の目玉は、個人が趣味で作った鋼鉄製の1/1スコープドッグ。
展示会場の真ん中に鎮座(立ってるが)するその勇姿は一見の価値あり。

会場限定のガンプラなどの記念品も多いが、基本的には「一人のデザイナーの仕事」の歴史を紐解くもので、一つのロボットのデザインでも、紆余曲折しながら完成させていく過程も見れたりします。

約3時間半かけてじっくり見て回りましたが、また行ってもいいと思う内容の濃いイベントでした。
5月までやってるので、近畿圏でアクセス可能なら見に来ることをオススメします。
ゲート
原作:柳内たくみ 漫画:竿尾悟 アルファポリスCOMICS

原作はシリーズ45万部突破の人気小説。
それを現代戦争漫画の第一人者とも言える竿尾悟氏によるコミカライズ。
軍事考証がしっかりした世界観に、解ってる人が作画をしてるので、戦闘描写などにすごく説得感がある。

迷彩君にしろコンビニ~にしろ、結構好きな漫画家さんなので、カテゴリにマッチした最強タッグではないかと個人的には思う。


描写的に結構えぐい所もあるが、それが戦争としてのリアリティだと割り切れば、全ては必然のなかから生まれた描写なのだと納得できよう。
でも、やっぱ米軍にしろ自衛隊にしろ、オタな人は多いのかしらw

うちの同級生も、官舎に居ながら同人活動してたしなー。
そういう意味でも、結構リアルな作品だと思います。
ただの戦争漫画ではない、戦国自衛隊ともちがう世界観を楽しむのにオススメです。
花見と温泉(PSO2)
pso20130328_001746_003.png
中規模のアップデートが入って、vitaではDLにも結構時間かかるなーと思ったが、今後もこのペースで容量増えてくと、あっという間にvitaのメモカ食い尽くすんじゃないかと心配したり。
ちゃんと要らなくなったファイル入れ替えて行ってるのかなー。

そんなわけで、今年もこの世界に花見がやってきました。
PSUの桜よりも遥かに大きな木が、ででーんと小さな丘の上にそびえています。
これで花びらが散ってたらもっと綺麗だったのにね。

pso20130329_000341_003.png
スクラッチは温泉用のアイテムが多数。
チームルームも巨大な温泉地となり、バスタオル巻いて皆で談笑してました。
砂風呂に足だけだしたりとか、変なSSもあるけど、今のところそれ以上に変なものはなし。
脱衣所がちゃんと男女分かれてて、異性の方には入れないとか芸が細かい。
そして、この濡れたバスタオルはいいのか?
大丈夫か?セガ。

pso20130329_013236_008.png
無料のFUNスクラッチでは湯船と桶が出るようになってて、うりゃーーーーっと40回ほど回して(本当は桜の盆栽目当てだったが)揃ったので、ベランダに設置しました。

しかしこの湯船もお湯が深すぎて、顔まで沈んでますw
夏のプールなんかまでは、取り敢えずこれで行くとしましょう。
---------
(C)SEGA
飴とアイス(ふぁみまみく)
IMGP0608.jpg
しかし商品の売り時期が微妙なのを毎回だしてくるよなー。
雨はともかく、春先にアイスって。

関東ではもう夏日を記録したとかで、桜も10日以上早いところもあるとかだけど、関西はようやく咲き始めたばっかりで、夜にはコートが要るくらいの気温なんです。
でも売ってるのは今しかないだろうから、買ってきて冷凍庫に保存。

こっちでも早く夏日になってほしいものですw
セカンドさん(PSO2)

vita制限が無くなったのに暫く忙しくて遊んでなかったけど、ようやくサブ垢作りました。
元々余ったキャストパーツをまわそうと思って作ったのだけど、プレ垢じゃないからトレードできず…

うーむ、これなら普通にキャスト以外で作ったほうがよかったんじゃないだろうか。
そんなわけで、取り敢えず20までは行ってみようと思ってます。
100%MALT COOLED&DRY
サッポロとセブンアンドアイが共同開発したPB商品。

これも契約栽培なのかどうかは分からないが、ちょっとでも安くいいものを提供しようという姿勢は歓迎である。
まあでも、飲んでみたらホップの香りもよく、ごくごく普通の生ビールって感じでしたがw

氷点下熟成とあるので、製法自体にはこだわってるみたいです。
この手のは、凍らないギリギリに冷やして飲むとめっちゃうまいので、夏まで野菜室に寝かしとくのもありかもです。
傾物語
西尾維新:著 VOFAN:画 講談社BOX
シーズン2の2作目にあたる作品。
「白」でこの大冒険の振りはあったが、それを続けて読めるのは追っかけで買ってる人だけ。

というわけで、積んでる本の山を崩して行ってますが、これはその山の中にあったもの。
しっかり調べて買わないと、間飛ばしたりして盛大にネタバレしかねないから危ない。

表紙にもあるように、真宵の話。
でも、実は皮を被ったSFもどきの展開をしていく物語。

そして、なんとなく気がついてたけど、ここにきてようやく忍の命名規則が理解できた。
なんとなくそうだろうとは思ってたけど、気がついてなかっただけだという。
確かに、「傷」でそんな下りが一文書かれていたような気がする。

それにしても、全物語シリーズ映像化というが、これはこれで壮絶な内容なので、本当に映像化可能なのだろうか?と思ってしまう。

まあ、多少マイルドにはなると思うが、一方で是非とも彼女の晴れ姿は見てみたいものである。
ちなみに、サブタイトルにまよいキョンシーとあるが、真宵がリビングデッドになるわけではないのでw

ではまた次の話で。
てか、「花」は持ってないから買ってこなくては。
WINE SPRITZER・はるいろ
期間限定のワインスプリッツァの新作。
いつもの飲みやすいワインカクテルに、さくらんぼの香りが入ってるという触れ込み。

しかし、成分表記ではさくらんぼは乗っておらず、ぶどうの果汁が入ってるという(笑)。
確かに似てると言えば似てるけどねー。

香りのせいか、いつもの飲み味とはちょっと違う気もするが、大きく変えるなら違う製品として売り出すと思うので、これくらいの変化の方がいいかもしれない。

春色のパッケージがお酒の棚に増えてきたけど、ビールとかじゃなくて、普通に春らしい飲み物なのではないかと。
ディスガイアD2

正当なディスガイア1の続編。

他のナンバリングが正当でないと言ってる訳ではないが、ずっと10年間ゲスト扱いだった彼らが、主役に返り咲いた記念すべき作品。

システムは大分いじってあって、遊びやすさを重視した作りになってるようには見えるが、積み重ねてきた「慣れ」の部分がそれを邪魔して、ちょっと操作がおぼつかない所もあったりw

そして、一番変えたほうがよかったのは魔王城の構造ではないかと思ったりして。
なにげに移動がしにくいんだよね。

それでも、遊び始めると懐かしさと新しさと、そしてまったり感があって。
イベントのシーンでは久々にゲームやってて、声を出して笑ってしまった。

メンバーの構成は、相変わらず格闘家中心で槍と魔法職が脇を固める布陣。
ゆるいせいか、なかなかレベルが上がらないので、シシリーのドラゴンで手こずったりしてたが、2次職も作り始めて、チート屋でEXPとWMドーピングしながら育ててまます。

今作ではデフォルトで魔法に反撃したり、タワーでも反撃したりするので、以前のように取り囲んでフルボッコしようとすると、反撃くらって魔法職がやられることもしばしば。
より攻撃の順番が重要になってきてる感じ。

まだまだ序盤だけど、1年は遊べるソフトなので、じっくりまったりやっていきます。
クリアアサヒ[プライムリッチ]
ニューなのかリニューアルなのか、クリアアサヒの新製品。

コクとクリアな後味を売りにしているようだけど、どれと比較してなのかが分からない。
まあでも、発泡酒の中では、しっかりした苦味もあるし、キレに関してはアサヒらしいキレだと思う。

欲を言えば(好みの問題?)もうちょっと辛口でも良いような気がする。
でも、発泡酒だと辛口は難しいかな~?

キレッキレの辛口をこのシリーズで出してみたら、結構売れたりして。
チャーハン(ファミマミク)
IMGP0604.jpg
ようやく弁当の一つをみつけた。
今日のお昼に頂きました。

ふわふわの卵と肉の乗ったチャーハン。
割とボリュームはあるほうかな?
桜ミクまん
IMGP0603_20130320062814.jpg
朝帰り(仕事だよ~)でコンビニ寄ったら、この子がいたので買ってきた。
明け方でも帰った部屋は20度以上あるのだが、昨日はどれだけ暑かったのだろうか。

前のネギ塩のときも、大概暑い時期だったが、今回はなんとか暑くなる前に出したかっのだろうけど。
もしかして、ミクまんの発売後は暑くなる気候なのだろうかw

そんなわけで、レンジであっため直して頂きました。
今回は特にひねりもなく、普通に井村屋のあんまんです。
パーツごとに食べることをしなかったので、細かい装飾にそれぞれ味があったかもしれないけど、あんが熱くてあんまんの味しかしなかった気がする(ォィ

個数も時期も制限されてるので、食べれるのは今のうちだけど、これで花見の団子代わりにできたら面白いだろうなー。
傷物語
西尾維新:著 VOFAN:画 講談社BOX

物語シリーズの原点とも言える作品。
そして、登場人物達がなにげに青春してる話。

ここまでストレートではないにせよ、こういうときもあったよなーと仄かに思い出してしまったり。
人間追い詰められると何をしでかすかわからないよねw

これを読んでからアニメのフラッシュバックを見ると、あああのシーンかとよくわかるのではないかと思う。
そして、持ってる中ではこれが一番分厚かったのだが、結構読みやすかった気がする。

言葉の応酬は相変わらずだけど、テーマが青春してる分なのか、かなり文体も柔らかい。
シリーズの原点であるということで、これを先に読むのも後から読むのもありだと作者は言ってるが、むしろここから入ったほうが入りやすいかもしれないと思った一冊です。
DearPink
カクテルパートナーの新作。

桃とワインのカクテルで、とろりんピーチとラベルにはあるが、粘度が高いわけではない。

初めはネクター酒のようなもんなのかなーと買ってみたが、白桃の果汁をワインに足した、さっぱりした舌触りと飲み口になってると思う。

ただ、桃の風味が弱いのか、味がパッションの様な感じになってるのかな?
香りもパッションっぽいw

白桃をお酒にすると、そういう風になるのかもしれないな。
でも、桃は水分が多いので、自分で作るのは難しそう。
なので、ここは出来合いのものを楽しみましょう。
メイコの日本酒
1週間ほど禁酒してたので(帰るの遅かったりそもそも帰れなかったりで)、久々にお酒飲んだ。

新潟の酒造の、精米歩合65、度数15の普通の清酒。
クセが全然なく、辛くも甘くもない。

誰にでも飲めるようにそうしたのかもしれないが、かえって特徴がなさすぎて、このキャンペーンで初めて日本酒飲む人に「日本酒ってこんなものなのか?」と思われてしまうかもしれない。

でも、次に飲むのが何であれ、それらは甘くも辛くもあるのだから、最初に飲んだやつの印象が強すぎてもダメなのかもしれないw

そんなわけで、特徴がないのが特徴とも言えるお酒です。
普段から飲んでる人には物足りないかもしれないけど、これを入口に日本酒人口が増えてくれればなお良いと思う。
新曲作ってます
vc3edit8.jpg
GUMIネイティブ誕生祭枠聞いていたら作りたくなってきたので、久々にVC立ち上げてます。
でも、日曜も出勤なので、1日でできるかどうか微妙。

アレンジだからそんなにかからないと踏んでたけど、甘くはない…
構想自体はあっためてたのだが、いざ作り始めると簡単ではなかった。

4拍子を3拍子にしてる時点で、かなり無茶してるしなー。
無事にできなければ、上げるのは来週か御蔵入りかもwww
DIVA-F(PS3)

PS3版のDIVAなのだが、やっとこ数曲やってみた。

レイアウトやオブジェクトの大きさや比率が、ほぼvitaのままなので、大きいモニターでやってると、画面が近い気がして微妙にやりにくい。

それでも、あの小さなボタンが普通のパッドのボタンに変わるので、まだやりやすいほうかも。
最近はニコ動もサボってるので、新曲も旧曲も全然入ってきてないので、バクのほうは初見。
でも、すごくリズムが取りやすくて、ノーマルだけど一回目でほぼPペース。

逆にテディベアのほうは、AC版でも手を焼いてるので、パッドでやっても苦手なのは変わらない。
他の曲は有名すぎるので、割とスコアは伸びやすい。

曲の開放と衣装の互換性はあったけど、PS3で出した衣装はPS3でDP稼いで買うしかないのね。
vitaのほうは結構たまってるからなー

そして、ROM版購入特典でvitaの楽曲セットが安く買えるのだが、もうちょっと曲数増えてからでもいいかなーとか思ってたり。

今はちょっと忙しすぎて、家で遊ぶ時間が全くないので、数日に一回帰ってくるのを、これを楽しみにしていくしかない。
がんばろう。

ふぁみまみく(のみもの)

ぽっぴっぽーは背が伸びて、ワンカップにはめーちゃんのイラストがあしらわれたつや消しのラベル。

夜遅くて朝早くに車で出るので、流石にポン酒は飲めないが、野菜ジュースの方は絵が大きくなって嬉しいやら恥ずかしいやら。

いや、既に行きつけのファミマではミク星人として認知されてるから、特に気にはしてないけどね(開き直り)。
特にA賞持って帰ったことで、かなり顔覚えられてるしw

さて、お弁当もあるようだけど、まだ見かけないな。
入る時間と買う時間が合わないのもあるけど、数は少ないんだろうなー。
小林可夢偉&フェラーリ
F1での復帰を目指してたはずだが、叶わないと方向転換したのか、はたまたオファーがあったのか、詳しい話は知らないが、なんにせよ4輪のシートが今年もあってよかったです。

集めた資金はF1復帰まで取っておくのかな?
その辺の動向も知りたいところだけど、今ちょっと情報が入れにくい場所に隔離されているのでw

それにしても、最初フェラーリに乗るのか!と息巻いて記事見たらハコだったんだけどね。
まあ腕を磨くには、ある意味いい場所かもしれないです。
桜ミク

木曜に来てたけど、受け取りも取りに行く時間も無くて、更に連出中だったので休みにも受け取れず。

日曜の夜中に、ようやく受け取ってきた。
メタリック吹いた半透明の髪が綺麗で、服にもメタリックが吹いてあるのは、今後のVer2なんかにも共通する天か。
でも、初代の雪ミクからそうだったので、いまに始まったことではないか。

あとはあ、珍しい「こんな口(俺妹)」と、泣き顔が付いてることか。
一個しか買わなかったので、箱から出すことはないと思うが、この顔を付け替えて遊ぶならもう一個行っとくべきだったかなー。
WBC
仕事そっちのけという訳ではないが、日曜に仕事中にネットの速報やらツイッターやら見ながら、野球好きな同僚達とソワソワしてましたw

しかし、得点のほぼ全てがホームランってどーよ。
あれでも強豪破ってきたチームなのに、それを7回コールドって。

そのなかの2~3点ずつでも、他の試合に取っとけば余裕で三連覇できそうな勢い。
よくあるのが、これで燃え尽きちゃってねぇ…ってならなければいいけど。

まあそれにしても打率0割だった鳥谷を、よく我慢して使ってくれたものです。
彼もきっとそれに答えたんだと思うと、感慨深いものがありまして。

花火大会にならなければ、その感動をずっと持ってられたのに(笑)。
DIVAおおもじF

ようやく取りにいけたものの、休日も夜も無いのでいつ遊べるか分かったもんじゃない。

でも、追加アイテムは先にDLしてあるので、それ使って遊ぶのもいいかもね~とか考えてたら、モジュールが増えるわけじゃないのね。

開けたらコードが入ってたので、それを当てるとようやく一個モジュール使えるのか。
DTと同じように同期ソフトがあるようなので、それで曲やモジュールの解禁してくのだろうと思う。
てか、少しは情報入れようね<自分

そういやまだvitaとPS3はつないだ事無いな~。
遊べるようになるのは来週以降かも。
ホワイトデー(PSO2)

今回は、課金した分で200円11枚のチケットを買い、それで回してみた。
そしたら出るわ出るわ、男物ばっかり。

なのでもう11枚買って回して、ようやく自分で着る分を確保。
でも色が微妙っぽいw
これの他に青の制服もある。

余ってる分は全部自分の店で売って、ほかが買えるくらいの資金になりました。
ダンスの5狙いってのもあったけど、装備に両手ネギでも来ないと、様にならないかなーとか思いつつ。

貯めた分で、他の衣装も覗いてみます。
サラダとカステラ

行った時間が悪かったので、食品の棚はガラガラだった。
で、買ってきたのがサラダとカステラ。
同時に食べるには微妙すぎる組み合わせなので、カステラは明日の朝にでも食べるかなー。

ところで、クリームパンは神戸屋だけど、全国区で売ってるのかな?
弁当も地元で提携してるとこで作ってるっぽいので、全国で同じとは限らないか。
オレンジハート
カクテルパートナーの春物。
オレンジといいながら、アップルのリキュール割り。
こういうのもスプリットっていうのかな。

果汁分は少ないけど、味の濃い果実の合わせものなので、結構多めに入ってるように思える。
その上で3度と軽いので、ジュースのような飲み口と後味。

これの合う料理は何だろうと、模索しながら鳥モモのソテーを食べるのであった。
意外と合ってるかもw
vita特典(PSO2)

どれを貰うか散々悩んで、一個はこれを選んだ。
人気は大体2:2:1くらいで(お察しください)、一個はそのうち安く買えるかなーと思って先に交換した。

普通の?服では一番面積が少なくて、穴まで開いてる。
かなり衣装としての機能を果たさず、ファッションアイテム専用だろうね~。
選んでるけどw
まあ、ようやく拾った✩10の武器に合うってものあるんだけどね。

しかし、専用の髪型がメダル一個使わないと交換出来ない仕組み、キャストのパーツを選ぶと一個余るから、それ用だとは思うけど、これって2つ買えってことなのかねー。

武器は全職装備のものが付いてるけど、相変わらず銃はナシ。
先日メールの整理してたら、ようやく見つけた期限切れのブーケライフルのコードが恨めしい。
春のキャンペーン(ファミマミク)

残業で午前様だったので、帰りにファミマに寄ったら陳列されてたので、早速買ってきた。

今回は桜ミクとのコラボということだけど、ねんどろの出荷は明日くらいかな?
どのみち今週中に受け取りは無理だと思うけど、いまから楽しみ。

んで、めーちゃんのワンカップは来週かな?
そっちも楽しみです。
EUROHOP
あまり見覚えのない名柄のがコンビニにあったので買ってみた。
ベルギー産のビール系リキュールで、輸入もとも全然知らない。

飲んでみたら、結構ホップが効いてて、味も香りも濃い目。
ハイネケンほど苦くはないけど、結構近い感じかも。

発泡酒独特の軽さもあるので、そのへんビールと発泡酒の違いかなーとか思いつつ、結構飲みやすかったので、普段飲み慣れてる発泡酒に新鮮味を出したいのなら、割とおススメのラインかも。
レーミクAS

正式には「ねんどろいどぷち×ミニ四駆 レーシングミク2012Ver.drives アスチュートスペシャル」と、非常に長い。
しかし、ついにタミヤまでこのジャンルに入ってきたか。
って、もう痛車キットとしてプラモ業界は色々作ってたなw

いつ出たのか把握してなかったけど、予約してた分が流れることもなく普通に取り置きされてた。

箱を開けてみると、ねんぷちのレーミクさんと、ミニ四駆一式、専用のデカールが入ったもの。
ちょっと手が長すぎないかな?と思ったけど、ドライバーとして載せるなら伸ばした手は使わないので気にならないか。

作ったところで走らせる気は毛頭ないので、飾るために作ることになるだろうけど、その飾り場所がないのはいつものことなので、また当分は積みプラと化すのは目に見えている。
でも久々にプラモも作りたいなー。
猫物語 白
西尾維新:著 VOFAN:画 講談社BOX

黒に続いて白を読んでみる。
しかし、読み始めて最初に感じた違和感。

基本的に、このシリーズは主人公の視点から語られる一人称形式なのだが、この本に限っては羽川翼の視点で描かれている。
そして、何が違和感なのかというと、とにかく読みやすいのだ。

黒と白とで対を成しているように思ったら大間違い。
全く別の作品と言ってもいいかもしれない。
続編ではあるんだけどね。

この白に限っては、ガールズトークありの百合っぽいとこありの、結構ラノベに近い構成かもしれない。
その上で、文章ならではの「章」という単位での遊び的な表現も健在。
でも、今回はそれが結構重要な意味をなしている。

そして、もう最初の最初から次の作品への伏線が張られていて、読み慣れてきたのもあるけど、早く続きが読みたいと思ってしまう。
とかいいつつ、白黒合わせて2年以上積んでたんだけどねw

昨日、「傷」と「鬼」を買ってきた。なんでバラバラに買うかというと、他にも買ってるはずなので、発掘しないとどれを持ってるか把握できないから。
少なくともこの2冊は持ってないはず。

一冊あたり割と値が張るからねー。
時間見つけて読んでいくとします。