ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
ぎごしょくマスターやってみた

ベータは忙しくて手が出せなかったので、オープン後の参加です。

基本的な構造は、FNOや晴空と同じ。
等身も晴空と似ていたので、同じようなの幾つも出してどうするんだと思ってたが、実際遊んでみると、結構色々変わってる。

モチーフは、三国志の魏呉蜀をファンタジーにしたもの。
このシリーズのいいところを皆持ってきて、マニュアル無くても取り敢えず遊べて、能動的に戦闘しなくてもクエ進めてるだけで勝手にレベルも上がっていく。

Shot2013-4-24-160093.jpg
大筋は劉備たちの出会いに立会い、一緒に冒険をしていく感じになっている。
仲間として行動し、時々別れたりまた会ったりを繰り返して進んでいく。
ということは、大ボスがいてエンディングもあるのかな?

Shot2013-4-27-1818174.jpg
そんな感じでまったりとプレイしながら、犬を仲間にするところまで行きました。
暇を見てちょこちょこやっていきます。
リボルテックSNAKE

「こちらスネーク、ブリスターと箱の中に潜入することに成功した」

というわけではないが、一番元気なスネークのモデル化。
手のパーツも多く、ぶら下がりアクションまで再現できる上に、ダンボール箱までついている。

サンプル写真に比べて少し顔が赤く、ヒゲも濃い気がするが、眼球まで動かせるこだわりの可動。
飾るなら勿論ダンボールウオークだが、かなり遊べそうな一品です。
CeVIOいじってみた
sato.jpg
話題の?CeVIOをDLして、早速いじってみた。
基本的に今の段階では、ただの読み上げソフトなんだけど、かっちりした会話であれば、それほど違和感なく喋ってくれる。

しかし、ちょっとフランクにしてみると、色々いじらないとアクセントがおかしかったりする。
それにしても、これをフリーで配布するところがすごいよな。
研究の一環とは言え、それなりにコストもかかってるだろうし、いずれ有償化するとは言っても機能的には無料版で十分足りている気もする。

インターフェイスはシンプルで、VCのようなクールさはないけれど、マニュアルがなくてもすぐに分かる。
ただ、再生をループにしてエディットしてたら、操作不能になってしまった。
安定さはこれから上がっていくだろうけど、保存はこまめにしたほうがいいかもしれないw
鉄人の国
広島東洋カープの廣瀬選手が、連続出塁記録のプロ野球新記録を樹立した。

主力を欠く中での、4番に据えられた責任と立場がそうさせたのか、何が何でも塁に出るというスタンスか、素晴らしい記録を打ち立てた。

その記録に含まれる四死球の数。
去年怪我をしているだけに、どれだけの精神力を持ってそれらを受けてきたか。
3試合で3つの死球を受け、1試合は4打席すべて歩き、最後はヒットで決めた15打席連続出塁。

なにより、最後は楽しんでいたところが凄い。
そして、次は連続安打の記録がまだ待っている。

広島には、数々の鉄人を生み出した土壌がある。
決して裕福ではないチーム事情で、地元に愛され、強い選手を産み続けてきた鉄人の国。

これからも、様々な記録がこのチームから生まれるであろう、そう期待せずにはいられない。
ほろよい麦とレモネード
なんとも不思議な味のチューハイである。

ビールっぽさがありながら、甘くてジンジャーエールでもない。
ちょっとの酸味と苦味もあって、お茶のような味にも感じる、本当に不思議な味。

この不思議感を楽しむ為のお酒のような気もするが、ちょっとはまりそうな感じがするw
もう一本買ってみて、こんどは冷やして飲んでみると、印象も違うかも。
春の新番その4
最後は一気に。

やはり俺の青春ラブコメは間違っている
長いよ。てか、今期なにげにタイトル長いの多い気もするが。

人間嫌いの主人公が、自分と同類とも言える仲間たちと触れ合うことで、ちょっとずつ良くなっていく、そんな感じの話だと思う。
しかし、展開される怒涛の会話劇を楽しむのが本質何だろう。
そして、どこか温かい気持ちになる話でもあります。

デビルサバイバー2
いきなり関東が地震で壊滅してる世界に、理不尽な自分の死に顔を先じて見せる謎のサイト。
そして召喚プログラム。
時代は変わって端末がスマホなどに変わっても、おなじみのアクマは出てくるし話の本筋は変わってない。
あるいみ安心感とも言える世界観で、どんな終末世界を見せてくれるのか楽しみな一本です。

RDG
絶滅危惧種の名前を冠した少女の物語。
でも、1話見る限りだとそんな感じもあまりしないような気もしないでもない。

奈良の山奥の神社を中心に描かれる物語だけど、まだこれから展開していくであろう先が、ちょっと見えなさすぎなのが~

ニャル子さんW
相変わらずなハイテンションなノリで、初っ端から全開ぶっ飛ばしてる一味。
そう、一味というのがふさわしい面々が織り成すドタバタ喜劇。
TRPG持ち出したり、他社のアニメ作風持ち出したり、他の映画なんかのネタ持ち出したりと、細かく突っ込むとキリがないのもいつものことか。

惡の華
いまのご時世には、これはかなり斬新な映像表現だと思う。
新人の声優使ったり、意欲的な作品ではあるのだが、このリアルな風景画風が、作品世界の怖さを醸しているのかもしれない。
ただ、ついていけない人には徹底的に嫌われるであろう作風なので、どこまで行けるか。

カーニヴァル
最初っから美少年美青年祭りで、対象は女性向け。
でも、アクションもしっかりしてて、割と見ていて面白かった。
エンディング見ると女性率も高そうなのだが、今のところは登場人物も少なめ。
ただ、世界観がもう一つ見えてないので、もうちょっと背景世界の説明がどこかにあってもよかったかも。

クライムエッジ
とにかく滝のごとく豊富な量を誇る、それこそ流れるような綺麗な黒髪が、本当にきっちり書き込まれた作品。
それだけでも結構な作画スタッフを使っただろうと思うけど、あっさり切っちゃうのね。
まあ、毎回あれを作画してたら動画代で制作コスト飛びそうだけどw

それではまた夏に。
野球見に行ってきた

会社の野球好き同僚グループに誘われて、ほっともっとの巨人vsDeNA戦見に行ってきた。
なんでも、巨人のオレンジユニフォームで行われる試合で、来場者全員にレプリカのそれも配られるというので、興味が湧いたので行った次第。

IMGP0701_20130423231156.jpg
その球場はほぼ全面がオレンジに染まってて、神戸にもこんなに巨人ファン多いのかと思った。
なんだかんだ言って、ほぼ満員の球場の9割近くがこの色だったので。

試合はDeNAのスミイチで始まって逆転され、1対8になった時点で雨も降ってきて寒くなり、ぱらぱらとお客さんも帰り始めた頃。

ブランコの一発から始まった反撃で4点を返し、雨も止んだ次の回。
IMGP07010.jpg
画像はその動画の一部。
なんと2打席連続のホームランで、俄然試合が面白くなってきた。
そして、7点差あったところを1点差まで詰めて9回2死で一打逆点のシーン。
ここで、最大のチャンスが訪れたものの、代打はなし。
実は、ここで代打出してしまうと、勝ち越しても次の回ファーストを守れる野手がもういなかった。

なので、ここは仕方なくそのまま行ったのだけど、結局凡退して試合終了。
果たして、最終回含めて采配は合っていたのかどうか。
そもそもラミレス下げるの早すぎたんじゃない?

それでも、ピッチャー宮國が2点タイムリー三塁打とか、野手のファインプレーも何度も飛び出し、最後もつれて接戦になるところまで、生の野球をみる楽しさを堪能してきました。
やっぱ、野球は最後までわからないのが面白いよね!
15点も取られて惨敗したチームがある中での1日でした。
本日の収穫物
IMGP0662.jpg
umieにできた新しいセガのゲーセンで確保。
1回100円なのにアームがそこそこ強く、コツがわかれば即ゲットなサービス台だった。

モフモフなので、そのまま掴もうとすると、爪が滑って持ち上げることはできない。
しかし、お尻が重くて頭が軽いので、それを利用して取る。
滑り止めのついた少し斜めの台に寝かせてあるのを、そうやって立たせてやると、バランスを崩してそのまま出口へ。

まさかそんなに簡単じゃないだろうと、最初にお試しでやったら一発ゲット。
本当は3つも取るつもりは無かったが、他の台で少しスッてたので、これで補完しておいたw

毛並みはそんなによくないけれど、お腹はフカフカで触ってて気持ちいいです。
欲を言えば、品質にバラつきがあることだけど、何を考えてるか分からないこの表情を見てると、結構和みます。

一匹(一羽か)会社に持っていこうかなーと考えたけど、もみくちゃにされそうなので考え中。
umieに行ってきた
IMGP0657.jpg
ハーバーランドの新しい商業施設、umieに行ってきた。

三宮にも大型複合商業施設はあるが、位置づけとしては、新宿に対する渋谷や原宿のようなもの。
距離的にも、役割的にもそんな感じかな。

阪急が撤退した跡に大型複合施設を作り、モザイクを統合し、映画館も場所を変えてリニューアル。
規模で言えば、センタープラザのアーケードに匹敵するくらい大きくなった。

違いと言えば、車が沢山とめられることと、最初の1時間は駐車無料というのが大きい。
別に車じゃないと行けない訳ではないけれど、これは結構便利な点。
しかし、その駐車場への誘導がまだまだ慣れていないのか、曲がればすぐの所をわざわざ遠回りさせたりとかしてた。

写真は、阪急跡にできた南館のホール。
6階までぶち抜きの吹き抜けで、こういうのを撮るのに魚眼は向いてるなーと思った画になった。


そしてリニューアル前は閑散としていた広場?も、人でごった返している。
奥のほうでは整理が行われてるくらい。
阪急があった頃も、そんなに人が少なかった訳ではないが、それでもここに、こんなに人が一杯いるのを見るのは久々である。

南館はまだ開いてない部分もあるが、ここから、これからも街が元気になっていってほしいものです。
春の新番その3
ヴァルヴレイヴ
巻き込まれ型のメカ物。
そしていきなり人間やめちゃう主人公。
それをあっさり倒しちゃうライバル。
人物の作画がちょっと粗めかな?と思いつつ、メカの描写はかなりのもの。
メカものとしての期待が高い一本。

変態王子と笑わない猫
1年も同じ場所で覗きやってるのに、覗かれてる方は気がつかないのだろうかw
そして盛大な勘違いとしてはいけないお願いのせいで、色々歯車が狂って行く様が描かれている。
ともすれば痛い子の集団喜劇になりそうだが、割と美味しいとこに行きそうなので、結構楽しみに見ていきます。

進撃の巨人
濃いめの作画が、巨人の気色悪さと不気味さを上手く助長している。
1話見る限りだと、どうみても絶望しかない状態で、どういった展開をしていくのだろうかと。

それにしても、なまじ巨人の顔が結構リアルなので、そっちのほうが怖かったりするのだが。

今回3つしかみてないのでそのまま続く。
リンちゃんなうver.0
原案:sezu 漫画:田村ヒロ 監修:ガルナ(オワタP)REX COMICS

かの電波な迷曲のコミカライズ。
それも、本人達の手によるガチのアンソロジーとして、確固たる存在感をもってここにある。

曲自体は、相当聞きこまないと歌詞が聞き取れないのだが、これはそれぞれのつぶやきを分かりやすく短編漫画のオムニバスとして構成していて、これ読んでからだと歌詞もきちんと覚えられるのではないだろうかとw

DIVAにも出てくるが、あれはあれで映画泥棒と同じ動きをしてるキャラ達を入れ替えて遊ぶのが楽しい一本になっているのだが、真面目にリズムゲームをしてると全く歌詞が入ってこないので、もったいないというか。

もう一冊同時刊行してるみたいだけど、いきつけの店には無かった。
今度探してこよう。
春の新番その2
デート・アライブ
パートまたぐと色々とキャラが豹変するので、だれが誰だか分からなくなるけど、話数が進むと更に混沌を極めるという、なかなか乙な作品。

原作は言わずと知れた人気作なので今更言うまでもないが、実は未読だったりして、メディアで触れるのは初めてだったりする。
スタッフにも結構恵まれてるので、行けるところまで行っちゃう作品になるのかしら。

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス
てかタイトル長いよw
平井キャラがめいっぱい崩された1話を見る限り、結構コミカル方面に振ってるのかとおもいきや、軍事考証が専属でいたりするので、真面目な作品なのかもしれない。

でも、ザンネンファイブとか言ってるから、どこまで真面目なんだかw
今期はメカモノ多いけど、これには結構期待してます。

レヴィアタン
GREE原作のせいか、ドリランっぽさが少し出てる作品。

キャラはそんなことないんだけどねー。なんとなく雰囲気というか、ターゲットというか。
これなら深夜にやらないで、ニチアサ帯とかのほうが向いてると思う。

アラタカンガタリ
いじめのせいで現実に絶望しかかってる少年と、異世界で無実の罪を着せられて追われていた少年が入れ替わってしまうという、視点が両方から描かれているが、1話ではその片方が覚醒するところまで。

この展開だと、いじめられる方に入れ替わった彼がすごく気になるのだが。

あまりじっくり見る時間がないので、ほとんど流しっぽく観ただけ。
続く。
メルセデス・ベンツ ダイキャストオープンカー
IMGP0648.jpg
こちらはボトルコーヒーのおまけで、オープンカー限定のメルセデスシリーズ。
ラインナップも何十年も前のものから、最新のものまで。

ただ、この包装だと、そのまま飾るには積み上げることもできないので、はがしてどっかに並べる必要があるよなー。
スターアライアンス プルバックプレーン

with 客室乗務員、と続くタイトル。
小指の先ほどの大きさの、こけしのような客室乗務員付きのデフォルメ旅客機。

それにしても、12も種類があるんだな。
まるで鉄道会社の車両並み。
とりあえず、なじみの無いのは避けて、知ってるものを2つ買ってきた。

しかし、乗せて走らせるのに、パイロットじゃなくてアテンダントというのが、斜めってるというかなんというか。
そのアテンダントは、短いストラップがついてるので、載せるよりもぶら下げて使うほうが主体なんだろうな。

春の新番その1
最初に予約ミスで直にみたものから。

むろみさん。
アニメ化するということで、あの独特のノリとスピード感ある話を、どうするのかなーと思ってたら、結構ハイペースな会話劇として作られてた。

程よく崩した絵柄と、聴きやすい方便で、結構ついていくのも楽そう。
番組表の更新が、放映始まってからだったので導入は見てないけど、割と楽しく見ていけそうです。

団地ともお。
CGで作ったサザエさん的な内容。
ほのぼのしてて、事件らしい事件も起きない。
てか、マジでそこ目指してるのかしら。

キャラは割とよくできてるけど、休みの朝にやってるやつのほうが、まだCGっぽさはなくなってきてるかなー。
特に動きの面で。

こっから録画で、働く魔王さま。
強大な力を誇った異世界の魔王が、現代日本で落ちぶれていく様が描かれている。
馴染んでいるというか、適応能力が高いというか。

そして、魔王といえど結構いい人っぷりが出てるのが、平和ボケした日本での毒され方なのだろうかw

ヤマト2199。
作品自体は去年からあるもので、若干変わってるらしいが、元を見てないのでどこが変わったかは分からない。
その上で、メカがCGだと知ってたが、どうだろうこの重厚感は。

アップで見せるところでは、しっかりした描き込みが行われてるせいで、すごくカッコいい。
そして、初代のストーリーをトレースしつつ、新しい考察と視点で進んでいく物語。
今期一番楽しみにしてる一本です。

なので、この後出る予定のソフトのCM、おもいっきりネタバレになるので、CMは速攻チャプター飛ばししてますw
こういう時に、アニメだとオートチャプターしっかり効いてていいよなー。

続く。
PREMIUM FRUIT WINE & 完熟いちご
完熟いちごをいかほどかブレンドしたワイン。
イチゴは完熟のものを100%使ってるらしいが、果汁分が表記なし。

味はほんのりとした甘味と酸味、3度と低いアルコールでシャンメリーのような飲み口。

今日は藤波のプロ、そして甲子園初勝利に、これ一本空けてご機嫌ですw
一本空けてもビール1缶くらいなので、ワインとしてたっぷり飲みたい時にもいいかも。
雪ミク電車
IMGP0643.jpg
ラッピング電車?のコラボプラモ。
春先にはこれが走ってたのかな?

なんか、新作の棚にぽつんとひとつだけ置いてあって、サンプル入荷なのか売れ残りなのか判断できず。
前の週に行った時には無かったので、新しいものだとは思うのだが。

しかしフジミは電車や建物も作ってるのね。
神戸だとなかなかそういったプラモ扱う量自体が少ないので(城とかは普通にあるのだが)、見かけたこと自体がレアだったのかもしれない。

勿論コレクターアイテムとしてじゃなく、ちゃんと作りたいところだが、やっぱり作る時間と飾る場所を確保するのが最優先の課題です。w
ひさびさにでっかいのきた
最初がたがた音がして、そのあとゆさゆさと揺れだして、目が覚めた。
数秒して意識がはっきりして、大きめの地震だと認識して、まだ揺れている間に周りを見たが、特に何か落ちてくる様子もなし。

飾るために空になってたねんどろの空箱が、いくつか落ちたくらい。

前の時は、縦揺れがきつかったので、家具が縦に飛んでダダダって鳴ってたけど、今回はそれもなし。
でも大きい地震だというのはすぐにわかったので、すぐにテレビをつける。

そうしたら、東京の放送局から緊急地震速報が出てて、揺れが来るとか言ってる。
その時には、既に揺れは収まってた。

スマホの緊急地震速報は、その後鳴りだした。
そして、エリアメールは更にその30秒ほど後に着信。

関西では、この手の速報系の情報は、あまり早く来ないのかな。

電気や水道が止まってる様子もなし。
ガスは余震のことを考えてまだ開けてない。

鳥の声がしだしたのはその15分ほどあとから。
祭壇(PSO2)
pso20130412_015343_001.png
なんだかんだで、もう一個白ミク髪に似合う衣装があった。
地面に着くほど長いツインも、地面に擦るようなドレスならバランスもいいw

pso20130413_000529_002.png
そして、オーバーエンドを拾ったので、久々にハンターやって見た。
ヴィタの赤エッジシリーズが3種あったので、それぞれ+10にして持ち出し。

属性がないので、黒相手には光のこれ使ってますが、ホイホイしてまとめて切ったらめっちゃ気持ちいい。
気を良くして祭壇の攻略に着手。

pso20130413_012826_004.png
しかしレベルは41なので、ハードを選んでスタート。
順調にクリアしていって、いよいよカエルさんと対峙。

しかしここで問題が。
闇属性の武器を持って行かなかったので、切っても切っても30~60くらいしかダメが入らない。

30分かけて「体力低下」のメッセージ見て、そこで集中力が切れました。
5回バリアはがしたところで、ヴォルのブレスと光弾のコンボ食らって昇天。

その後店で闇のクレイモア買って+10を作ったけど、流石にもう遅いので(さっきまでやってました)離脱。
でも、こいつは素のハンターだときついかなー。
闇魔法仕込んだフォースかテクターをサブに入れたほうがいいかも。

それより先に、レベル上げかしら(笑)。

-------------
(C)SEGA
ふんわり
アサヒの発泡酒。
ビールの味がするけど、アルコールは2度とかなり低い。
ゆっくり飲んでると、あー来たかなーと思ったあとにはすぐ抜けてしまうくらい。

でも、味はビールなんだよなー。
以前京都の南に住んでた時に、近くのビール工場に見学に行って、昼に色々飲んだことがあるのだが、その時は1度5度9度と色々な度数のを飲んだ。

そして、1度のは「甘かった」という印象がある。
なので、これが苦さを前に出してるのがちょっと不思議に思ったのだ。

だから、今になって思うのは、甘いビールが普通に売られれててもいいんじゃない?
ということ。
その工場は今はないので、また飲みたいと思っても手段がないんだよね。
みっくみく(PSO2)
pso20130411_004827_005.png
スクラッチで、どんだけ高騰するんだろうと戦々恐々として帰ってきたら、意外に安く売られててちゃちゃっとセットで買ってしまいました(笑)。

しかし、うちのキャラだと白髪な上に大きいので(何が)あまりそれらしく見えない。

pso20130411_004836_006.png
そこで選んでみたのがこの衣装で、結構合ってる。
そう考えると、ミク衣装にもカラバリで青やピンクがあれば、コーディネートはできそうなんだけど。

髪のボリュームがある上に、物理がおかしいのか、なかなか落ちてこないので、走ってる時にすごく重そう。
さらに、武器への干渉なんかも含めて、常用するにはちょっと難ありかなーとか?

pso20130411_015250_019.png
で、結局スクラッチで引いたこの衣装とのセットに落ち着きました。

まあでも少し衣装と髪型、ダンスも増えたので、コミュニティでは色々できそうです。

--------------
(C)SEGA
琥珀のよかいちハイボール
琥珀のといいながら、飲み終わるまでそれを確かめなかったが、かなりクリアな色だと思う。
でも、味はいつものよかいちではなく、かなり飲みやすい。

麦焼酎はあまり率先して飲まないが、これは焼酎なのに吟醸のような芳醇さがあるんじゃないだろうか。
そのせいで、麦のハイボールで7度もあるのに、非常に飲みやすく美味しくいただけた。

これの原酒だけ瓶で打ってたら、迷わず買ってしまうだろうというくらい、今は気に入ってる。
どっかに売ってないかな。
スーパーだと無理かねw
連射王
川上稔:著 電撃文庫

電撃文庫版として出版されたものを読んでみた。
きっかけは、WEBニュースでの紹介記事。
それ見てなかったら、多分見落としてたシリーズだと思う。

何事にも本気になれない主人公、本気とは何か?という巨大なテーマにぶち当たっていた高校3年の春。
とあるきっかけで、縦シューの魅力?に取りつかれ、次第に上達していく様が描かれている。

作者の縦シューに対する造詣と背景世界を文書化したものだが、前世紀はこんなんだったかなーと思わせるフシもある。
こちとら根っからのシューターで、特に縦シューには少々うるさいきらいもあるw

初めてワンコインクリアしたのがタイガーヘリで、移動は遅いし射程は短いし連射も効かないし、難易度は非常に高かったのだが、ある程度極めるところまではいった。
危ないと思ったら、自機の横に付いてるボムに当ててそれに敵を巻き込むとか、自機とボムの間に敵の弾を抜けさせる曲芸までやった作品。

それがいつごろかは歳がバレるので言わないが、初めてクリアした時は夜のゲーセンに友人呼び出して、証人になってもらったりもした。
なので、初めて一つのゲームをクリアするという感覚が、じわじわ伝わってくる感じがいい。

自分の場合は完全に独学で進めて行ったので、サポートする人はいなかったのだが、その辺で縦シューに目覚めてからは、割とコミュニティが拡がって行った気がする。

特に京都に住んでいた頃には凄まじい個性の友人が多く、大旋風を初日にクリアとか、雷電を片手でプレイするとか、全国トップレベルのシューターがいたんだなーと今になって思う。

この作品の各章のサブタイが、往年の名作シューティングの名称にあやかっていたりと、解ってる側からするとかなりニヤニヤするところも。

古き良き時代のゲームの達人達の物語、まだ上巻ですがこのあとも楽しみです。
ねんどろいどアスナ
IMGP0642.jpg
店頭で見たときに、割と積まれていたのだが、見ている目の前で複数個買いする人がいて。
あっという間に残り2個になったので、一個買ってきましたw

行きつけの店の店頭売りは、盗難防止タグをパッケージの中に埋め込んでくれるので、基本的に価値が下がるのを嫌って、買おうと思ってるものは全て予約買いするのだが。
こればっかりは、買っとかないと次がないかなーと、予定外だけど買ったものです。

小説版では、一部のマニアにしか知られていなかった作品ですが、アニメになった途端に人気が爆発。
前から知ってる側としては、何で?と思う過熱ぶり。

でも、こうやって前から知ってる作品がメジャーになっていくなら、それはそれで嬉しいもんです。
STRONG ZERO DRY
糖類ゼロ、プリン体ゼロという触れ込みのチューハイ。
よくある柑橘系チューハイの甘いやつではなく、ライムの風味がかなり活きてる辛口のお酒。

度数が8度あるのもそうだが、基本柑橘系の酸味だけなので、辛さに酸味が加わって結構口にも喉にも来る。
市販されてるチューハイ系は、比較的甘いのと全く甘くないのと両方あるが、これは甘くないので料理自体は何にでも合いそう。

そして、スーパーでこれを買ったら割引券もらって、更にそれを使って買ったら次は3本で安くなる割引券貰ったw
なんかずーっとループしそうな気配だけど…
コスモゼロα2
IMGP0629.jpg
コスモゼロの2号機で、いわゆるヤマモト機。
パッケージだと見た目色の変りが無いように見えるが、エッジが白なので「工事現場」的な感じが薄れてるのがいい。

しかし、バンダイの成型技術で戦闘機が出るようになったんだなーとしみじみ思わせる造形。
パッケの画に比べると、若干スジ掘りが太く見えるが、ここはバンダイの0.3ミリの伝統なんだろう。
太いなら、色を落とせばいいだけの話なので。

それでも、23cmの機体すら飾る場所がないなー。
それこそ、立体的に飾れるように、何か大型のガラスケースでも導入を検討したほうがいいのかもしれない。
そして、作る時間を我に与えたまえ~(笑)。
GRANDRY
サントリーの発泡酒。

ドライというから、6度以上あるのかと思ったら、5度と普通。
しかし、飲んでみたら一口目から結構来る。

炭酸がキツめなんだろうか?
それに慣れてくると、発泡酒独特の水っぽさが出てくるが、結構この最初の喉越しを楽しむものなのかもしれない。
苦味もそんなにないので、軽い感じで刺激が欲しい時にオススメかも。
ねんぷちTYPE-MOON COLLECTION

普通のアルク狙いだったが、見事に斜めに外してシクレの猫アルクでしたw

ほかはバイクセイバーとリリィなど。
普通のドレスセイバーも欲しいけど、また斜めに外すのかなー。
クロームドラゴン(PSO2)

キャンペーンもあるので、とりあえず倒しとこうと思ってやって来た。

それにしてもキモイこと。
暴走エヴァとティガ足したような感じだと誰か言ってたけど、エヴァにしか見えないw

ノーマルならダメも1なので、軽くクリアしたけど、これで対象になるのかな?
ついでなのでサブもやってみたけど、Lv22の近接では全然攻撃が当たらないので、ガンスレイヤーでちまちま70ずつくらいダメージ与えて、10分ほどかけて倒しました。

そう思うと、適正レベル前後なら誰でも倒せるようになってるのかな?

pso20130331_001727_006.png
こちらはチムメンが例のコンサート行ってきたので、それの特典で貰った楽器のセットを皆で演奏してるところ。
ギターとベース、フルートとバイオリン、ドラムとピアノ、指揮者の7個セット。

音のでるやつは、それぞれ個別に演奏することで、ひとつのバンドとしての曲になるんだけど、組み合わせでベースとバイオリンのみとか、色々やってみると風情があって面白かった。

楽器はマイショップでも出回ってるけど、1個14Mとかするらしいので、とてもじゃないけど手が出ないw

でも、いつかピアノだけでも欲しいなーとか思ったり。

MG RX-78-2 超・大河原邦男展Ver
IMGP0628.jpg
展覧会の物販で限定販売されてるガンプラ。
正式な名称は「REALTYPE COLOR」で、いわゆる各部位が深緑のカラーリングのもの。

専用の整形色と、専用のデカールが入ってて、更にBOXアートも書き下ろし。
それを大きく見せるために、箱の裏以外の全面に回り込むようなデザインになっている。

それ以外は普通のMGなので、定価でしか買えないこれに、どこまで価値を見出すかは個人差がある。
最初は記念品ともう一個組立用として2個買おうか考えたが、まあいつものごとく忙しい上に飾る場所もないので、記念用の1個だけにした。

数自体は結構用意されてるようなので、もし展覧会見に行く機会があるなら手にとってみてはいかが?
結構テンション上がったところで物販のブースを通らないと外に出れないので、自制心がどこまでもつかの勝負ですがw