ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
本日の収穫物

シングルのジャケットイラストバージョンの桐乃と黒猫の大型フィギア。
ペアで欲しかったが、こっちはスーパーボールで、黒猫は例の沼仕様たこ焼き台だったので断念。

ジャケ絵には結構似せてあるが、顔をよく見るとちょっと平面っぽさが出てる。
顔自体は黒猫の方が出来はいい感じ。

キャラ人気からすると、人気の高い方を難易度の高い台に入れるのは当然なので、別の店で狙うしかないかも。
しかし、この店以外だとこのサイズは1回200円なんだよなー。

運がよければどこかで狙えるかも?
機動戦士ガンダムサンダーボルト立体作品集
太田垣康男:原作 ホビージャパン:著

太田垣版モビルスーツの立体造形集。
本屋に行けなかった時期に、HJ誌に連載されていたものを収録したムック。

カテゴリ的にはホビーにしたほうがいいかもしれないけど、記事としては本の紹介なので。

自分でも連載当初から、フルアーマーガンダムを立体化しようと画策し、ベースとなるキットを買ってきたりもしていたのだが、初期はなかなか全身像が現れず、ようやく背面が出たときには忙しくなって手がつけられなくなり、作り始めるかーと思った頃にはHJ誌で作例連載が始まっていた。

こうなると、普通?の社会人がプロの造形屋と張り合っても勝てるわけがない(何の勝負だ)。
なので、おそらく収録した別冊が出るだろうと、1年待っていたもの。

見所は、やはりFAガンダムのバストアップの重厚感、サイドビューの兵器としての美しさ。
そして、サイコザクの圧倒的な駆逐感。

原作掲載誌の最新号では、ゲルググも出てきているので、もしかしたら続編もあるかもしれないが、太田垣版ガンダムの設定資料集としての読み応えもあるので、ホビーから入る人も漫画から入る人も、これを橋渡しにして両方に興味を持ってもらえたらと思える一冊です。
レイキャシール赤

シリーズ追うごとに、段々進化して行って、今回は低身長のモデルも選べるようになった。

身長の調整自体は、自分が以前エリーゼでやったのと同じ様な感じで、足のパーツのだるま落としなどで実装されてる。

でも今回の一番の目的は、横にひっついてる方だったりw
Orion麦の雫
さて、これはアサヒなのかオリオンなのか。
オリオンブランドのビール系発泡酒。

香りもよく、程よく苦味も効いていて、その上でさっぱりしている。
沖縄生まれの新ジャンルとラベルにあるが、そういう割には普通のビール系発泡酒なんだけど。

これだけ味も香りも強いのは、沖縄のこってりした料理に合わせるためなんだろうか。
オリオンのあの独特のクリーミーな味わいとは、また別物の味が楽しめる一本です。
初音ミク2.0
IMGP0844.jpg
ちょっとセガ顔になった、リニューアルのねんどろミクさん。
顔パーツも豊富で、それだけでも色々楽しめそう。
くしくも二次出荷で数量限定でしか買えなかったので、これがサイトの開始時期に予約入れれたら、限界まで買ってたかなー。

でも、これは全額納金予約だったので、引取りの際に2割引で700円ほど返してもらいました。

300種記念なのか、パッケージもリニューアルされているので、再販されたものも変わってるから、最初はパチモンかと思ったのもあるほどw

それにしても、ねんどろ買い始めたのはハルヒからだけど、沢山出たよなー。
最初のころはカバー率高かったので、全部買ったろか!ってなってたら、今頃100万以上貢いでることになってたのか。
あなおそろしや。
Asahi Bitter Premiun
限定のアサヒのプレミアムビール。
そういや、アサヒはプレミアムグレードは無かったよな。

缶の印刷の金色も、淡い感じの金色になっていて、上品な感じ。
それを赤で囲んだビビッドなデザイン。

飲んでみると、ホップの香りが結構効いてる、苦味の強いビール。
色も少し濃い目で、味も濃い気がする。

他のブランドのものとは違う、今だけのプレミアムを楽しむなら、今のうちに買うべし。
本当に、よくここまで個性を出したなーという味わいです。
本日の収穫物

残りが大分少なかったので挑んでみたが、見事に3つともI賞(末等)を引き当てる。

んで、開けてみたらパッケージにないカラーのシェリルが。
ほかの二つは、中身を外箱で写してます。
狙えるものではないが、ある意味狙った通りの中身が出たので、末等でも満足してますw
田植え

観賞用だと思って買った稲の苗が、実はガチで稲作用の稲だったので、頑張って植えてみた。

しかも、陸稲だと思ってたのにしっかり水稲で、栓のできるプランターを買ってきて土を詰め、そこに水を貼って数日置いて、やっと植えた。

だけど、もしかしたら一箇所の苗の数が多いかもしれない。
ポット一つでプランター2個分とか書いてあったので、もしかしたら失敗に終わるかも。
とりあえず、今までは5階で蚊がいなかったのだが、今年は発生源をすぐそばに置くことになるので、要注意かも。

スキル振り(RO)

2次職来たので転職を視野に、どのタイプにするか悩み中。
パッシブでクリ型もありだが、AGI型に振ってるので連打型にするべきかなーとか悩み中。

画像はスキルシミュレータのサイトのもの、これで見る限りはjobは50まで上げてもIAが8止まり。
どのみち支援型ではないので、IAは移動用途に割り切ってすぐに転職もありなんだが、AGI型である以上やっぱり速度は欲しい。

こんだけ悩み悩んで阿修羅型になってたら笑ってくださいw
洗車
してる時間がないのと、まとまった風を伴う雨が来るというので、連続で車通勤してる。

この雨に降られる前までは、きな粉を吹いたのかと思うほど黄砂を纏ってたので、まずは洗い流そうと。
雑巾でガラス拭いたら、パチンコ玉位の団子が作れるほどきつかったからなー。

雨風以外のものが飛んでくるほど荒れてると、洗車どころではないのだが、ポリマーしてるのでスタンドなどの洗車機は通したことがない。
全て自分で手洗いしてるものだから、まとまった雨は水を用意しなくていいから良く洗車がわりにしてたり。
これが中途半端だとかえって汚れるので、雨が降るから車に乗らない、なんて日もあるくらい。

普通に洗うときは、マンションの5階からバケツで水を下ろしてちまちま洗ってる。
ここは一階に水道がないので。

でも、そのポリマーも5年って言われたのに、もうすぐ10年だよなー。
流石に艶が落ちてきたので、どっかでもう一回コートしてもらわないと。
魔法の使えない魔法使いの物語
花凰神也:著 木場智士:画 富士見ファンタジア文庫

もしかしたら、タイトルは豚のしっぽの矢印までがそうなのかもしれないw

素質はあると言われながら、全く魔法が使えない少年と、彼に対して発動する魔法だけが数倍の威力になる幼なじみ、腹黒いブラコンの妹と優等生のクラスメイト、どこか気が抜けない担任教師。

どこまで行っても女だらけのハーレムの中心にいる、そんな魔法が使えない彼が、いかにして魔法学校の優等生クラスに編入されるか、そんないきさつが描かれている。

描写が少し拙いところもあるけれど、台詞回し中心の話なので、行間を読むつもりでいくとスイスイ読める。
少し薄めの本(あっちの意味じゃない、多分)なので、ちょっと物足りなさも感じるが、1冊できっちり纏めてるので続きがあってもなくても軽く読み切れるボリュームかも。

一番絞り
今さらだけど、実は定番ものはここでは紹介したことがない。
スーパードライしかり、黒生しかり。

サッカー日本応援のラベルのがあったので、思わず買ってしまったが、なにげに一番絞り買うのは結構久々だったりする。

これが最初に出たときには、生ビールが変わった、と思えるほど衝撃を受けたものである。
それから大分年月も経ち、嗜好も変わってきたところで、たまに飲むと、最初に衝撃を受けた時の感覚が蘇る。

色々好みはあると思うが、やっぱり基本を押さえたこの飲み口と味は他の追従を許してないんじゃないかと、今でも思う。

自分の好みはサッポロやエビス系なんだけどね。
やっぱ違うなにかがこれにはあるわ。
パイナップル

片手で抱えるのに丁度いい大きさのが200円で売ってたので買ってきた。
しかし、入れた買い物袋から突き出す尖った葉っぱ。

投擲武器にパイナップルの愛称のものがあるけど、これだって投げて刺さるかこの重量が当たれば、十分武器になるんじゃないかと思えたり。

丸く芯を抜く道具は持ってないけど、短冊に切って冷凍しようかと目論んでます。
ボス狩り(RO)

魔をやってると比較的楽に倒せるゴスリン、レベルも50になると積極的に探して倒しに行くようにもなった。
んで、クエ受けて倒して、そのあとからクエ受けてくるメンバーの為にまた倒して。

何しろ、ポリン島で稼ぎはこのボスの経験値無くして語れない。
特にゴスリンは足が遅く、取り巻きも結構美味しいので、平均50以上のパーティに入ってると、沸く時間になるとわらわらと探しに出かけていく。

そうこうしている間にも、エンジェにも手を出すようになって。

screenBreidablik053.jpg
しかしあいつは一筋縄ではいかない。
打撃ならレベルで耐えれる量も多いのだが、HLが一発2000オーバーのが来るので、1次職しかいない世界ではこれに耐えれるキャラは、そうそういない。

そんなわけで、あっさり崩壊して散り散りになったところでリベンジを誓って、お開きになりました。
あまりにやられてると、赤字になるからねー。
本搾りライム
最初見たとき、11度とはまたえらく度の高いの出したなーと思わせた渋い缶が特徴のチューハイ。
11%なのは果汁の方で、アルコールは6度と普通だった。

でも、そのライムが結構効いてて、アルコールの辛さに酸味を足して、糖類無しというかなりドライな飲み物。
甘くないので、料理自体は何にでも合いそう。
辛さを活かすなら唐揚げとかがいいかなー。

先行なのか本当の期間限定なのかはわからないけど、置いてる時期が限られるので、試すならお早めに。
本日の収穫物

とあるコンペに作品出して、入賞したので貰った景品。

でも、Vは一番見てないんだよなー。
あと、1/144はしばらくやってない。
腕が鈍った訳ではないが、やっぱり小さいもの作るのは少々辛くなって来てるから、作るかどうかは微妙。

それでも、ネタで作った原価35円の紙人形が、ガチで作った初号機より評価高いのは、恐ろしいレベルのコンペであることに違いはない…。
氷結ピーチ
このシリーズは、プルを引いた時の「ぐわらんっ」って音が好きだ。
本当は、開けた缶を持った時のペキペキいう音が、氷を思わせるようになってるのだろうけど。

そのシリーズに、期間限定で桃の果汁入りが出た。
某桃天ほどサッパリはしてないが、風味は似ている。
というより、こっちのほうが果汁分が前に出てる感じもする。

果汁もアルコールも4度ずつなので、いいところにバランスを持ってきてるのかもしれないけど、それが狙った比率なのかはさて置き。
ちょっと甘さが残るかなーとか思うけど、辛さを打ち消すにはこれくらいが丁度いいのかも。
本日の収穫物

壮行会の帰りにゲーセン寄ったら、アーム式の台が幾つか復活していた。
さすがにダメだろうと思ったのだろうか。

アーム式があるなら、多少は投資してもいいと思えるのがキャッチャラー(そんな単語あるのか?)の性。
でも、最初のひと振りで斜めにかしいだので、そこから突っついたり押したりして何とか予算内で確保。

他にもたこ焼き台にハマってる人がいたが、まるでカイジの沼のように、周りは全部埋まってるのに見事に真ん中の一個だけ入らずというのを見た。
あな恐ろしや。

ちなみにこのタマ姉は、出来はもう一つかな?
作りかけ

昨日書いたのに下書きのままだし…
というわけで気を取り直して。

コンペ用に用意してたが、結局間に合わず。
結構いいところまで出来てたが、顔の作り込みが進まなかったので制作を断念。
サッカー見ながら、グラフィグの方を仕上げてました。

キャラはかなりマイナーなので知らない人も多いというか、ほとんどだと思う。
でも、個人的には結構気に入ってるキャラなので、次のコンペに向けてちゃんと完成させたい。
だがら、誰か私に無理の無い締切をください(笑)。
締切無いと作らなくなるので~
なんか作ってます

当初はとあるコンペの作品を作ってたのだが、どうも間に合いそうにないので保険の用意を始めた。

元々は、保険にはプラモの素組をしようかと思ってたのだが、週末にかけて天気が悪くなりそうなので(このコンペの開催日は、かなりの確率で雨)、天候に影響されないものを作ろうと思って。

キャラはどマイナーな奴なので、完成したのを乗っけても誰にもわからんと思うw
まだ作り始めなので、一回出力して組んでみて、そこから模様や微調整を入れていこうかと思ってる。
未完成でも(RO)

ポ臨に入るようになってからは、めっちゃ育成のペースが上がった。
メインの殴りアコも45、OC商人はCR覚えるまで上がり、DC商人もそれを追いかけてる。

screenBreidablik022.jpg
しかし40超えると島のポリンじゃないと効率が悪いので、そっちに行ってみるも支援アコにはポポは効率悪すぎる。
(ポリン、ドロップス、ポポリンどれも経験値は1)

screenBreidablik024.jpg
なのでAGI剣士の育成に切り替えると、今度はボス系に対して無力に近い。

screenBreidablik026.jpg
真面目に作ったマジで、ようやく普通に狩りができるようになった感じがする。
今はこのマジが一番レベルが高く、稼ぎ頭となってる。
マスタリンくらいなら、ソロでも撃破できるくらいにはなった。

screenBreidablik030.jpg
しかし流石にソロでゴス本体に挑むのは無謀なようでw
SS飛んでくる分にはダメ合計300ちょいなので、こちらのSS撃ち込みながら何とかなってはいるのだが、いかんせん殴られると500以上平気で喰らうので、布と一緒だとわずかなラグでも即死レベル。
そう考えると、一番の敵はボスじゃなくてラグか?
さっきは木の陰の草に誤爆して抜けられない間に死んだけどw

それぞれまだまだ上には遠いけど、それなりに楽しんでやってます。
一番くじSAO

当たりはきゅんキャラのパックという、上位の当たりだけで10種近くあるシリーズ。
それを5回の2セットやってきました。

最初にやったとこは、既に6割がた消化されてて、2周目の展示を見て「まだ大量にあるわー」って勘違いして挑んだもの。
そこでリズを引いたが、残りの当たりの数が読めなかったので(ハズレの4個も全部ストラップ)、店を変えて再チャレンジしたところ、のこり二つを引いた。

ちなみに内訳はきゅんキャラ2個、タオル2枚、ストラップ1個なので、どれくらい前の店に当たりが残っているか知れたようなもの。

代わりにストラップは、前の店でシクレの黒いほう引きましたw

世界征服
至道流星:著 霜月えいと:画 星海社文庫

2009年に別のタイトルで講談社から出ていたものを、こっちで再販したもの。
経済で世界征服が可能か、そんな大それたテーマを掲げて、一冊にした物語。

実際に、ここに書かれていることは、資金と運と人脈があれば、おそらく可能であろうという、割とリアルな内容じゃないかと思った。
まあ、その人脈と運ってのが誰にでも揃って有るわけじゃないので、そう簡単にはいかないのが世の中な訳ですがw

ここには、一人の天才とDMサービス代行会社社長の出会いから、それも偶然に近い所から始まっている。
それが必然だったならば、この世はとっくにこの二人に征服されていたかもしれない。
でも、この物語の先にあるものはなんだろうか。

あと、この本の特徴について。
中の挿絵が全てフルカラー印刷。ラノベだと巻頭のフルカラーは常識だけど、本文のイラストが全部カラー。
それから、文庫サイズなのに、スピン(栞にする紐)が付いてる。

内容的には、普通の小説のちょっとラノベ寄りくらいなのだが、カバーかけてるとこのスピンのせいで、もっと上等で上品な書物を読んでいるように、周りから見られるかもw
ガチャ2種

100円玉が少なかったので、それぞれ一回ずつやって、それぞれ目的のものを引いたので満足の一品。
いろは知らない人にはまくり上げてるように見えるかもしれないが、下はキティのベルトのホットパンツ。

それにしてもこの、忍の悪そうな顔www
この顔があのワンピの上に乗ってるのだから、世の中分からないものである。
S.K.SERIESすーぱーそに子

箱が傷んでいるせいか、半額で売ってたので買ってきた。
とは言っても、元々この商品見たの初めてだったので、それなりの値段なら手を出してたと思う。

顔はちょっとより目だけど、可動フィギアにしては全体のバランスはいい。
ニーソの足を表現するために、細くなった膝裏の球体がちょっと気になる程度。

何だかんだでそに子グッズに手を出してるけど、PC版ソフトを持ってるのに封すら切ってないw
他にもなん本か、パッケージ買ったまま積んでるのがあったり。

そう思うと、PCでゲームしなくなったなーと思う今日このごろ。
オンゲーはやるんだけどね。
終わりを見たくないからだろうか。
ちょっと考えてみてもいいかも。
ABSOLUT VODKA
ちっさな小瓶に入ったウオッカを見つけたので買ってみた。

ストレートを口の中で転がしてると、ラムの様な甘さが楽しめるのだが、それを喉に通すとかなりむせるくらいきつめw
そりゃ、40度もあるからねー。
平日の深夜にストレートで飲むには勇気がいるので、炭酸で割ってみる。
普通に飲める位にするには4倍くらいがいいのだが、それだと炭酸に味がついてるとそっちの味が勝ってしまう。
よくある発泡酒は、炭酸の苦味消すのに糖類多いのかもしれないとか思ったり。

コーラがその代表みたいなもんだしなー。
そのまま飲むにはきついですが、わずか50mlの小瓶なので、趣味として集めるのもいいかも。
ホワイトブランデーサワー
サッポロの発泡酒(ビール系以外)も珍しいよなとか思いつつ。

ホワイトブランデーとは、ホワイトリカーとは別物なのかしら。
糖類入ってるせいか、クリアな見た目にしては割とカロリー高め。
100mlあたりって表記なので、これ一本で170kカロリー以上ある。

味はホワイトリカーの様な変な癖も無く(当たり前)ブランデーの甘さというよりは、糖類の味がする。
でも、それは7度と高めの度数を消す方に使ってるかもなので、甘くしたいからというわけでもなさそう。
そもそもブランデーって結構度数高めだしね。

チューハイとはまた違う、そんな発泡酒探してる人にどーぞ。
GMとボーカルとスキルNPC(RO)

今日がツアーイベント最後のチャンスなので、虎の子のSPD剣士で参加。
攻撃速度が30台で200超える可愛いやつです。

昨日は完全にランダム沸きだったけど、今日はGM制御で沸き場所が任意。
まあ、そういうイベントなんだから、そういう風にしたのだろうけどw
30分沸きの制限はあるので、それまでGM取り囲んで民族大移動。

screenBreidablik013.jpg
倒すまでの時間は、40人近くが一斉に殴るので一瞬。
そしてイベントラスト3回目の沸きでようやくクリア。
しかし、FAだったPTの一人が倒れて、その子だけクリア取れなかったのが残念。
ありがとう、君の犠牲は無駄にはしないw

screenBreidablik018.jpg
そんなわけで、無事にエンペリウムゲット。
これでギルドが作れるわ~。

んで、このクエのNPCの向いに、拡張スキルをくれるNPCもいる。
そっちは、まだクエが実装されてないホーリーライトやラウドボイスなんかを、面倒な手続き無しに、レベルさえ上げればその場でポンとくれるもの。
本当に、あれは一体なんだったんだろうと思うくらい、あっさりと。

こちらはいつまでの実装かわからないけど、ポ臨に入れば目標のレベルまで1時間もかからないから、取るなら早めに行ったほうがいいかも。
とりあえず、当面の目標は達成しました。
猫耳とうさ耳とバッタ(RO)

うさ耳ゲットのキャンペーンに時間を使えるのもわずかとなってきたが、幾ら青水晶倒しても猫耳は落とさず。
その間にも商人はOC10のDC10まで完成し、チャージ売りしたり露店開いたりでいつの間にか資金も40万オーバー。

猫耳も大分値段が下がってきて、下は8万くらいから見るようにもなった。
一度チャ売りで2万ってのもあったが、速攻成立してたし。
そんなわけで、露店で買っちゃいました。

screenBreidablik006.jpg
他の材料はドロップで揃えてたので、早速アルベルタへ行って交換。
猫耳以外の材料は2セット分あるw

screenBreidablik007.jpg
今のところは、サブの支援アコにつけてます。
メインは未だにアカデミー帽子かぶってるので。
安い猫耳見つけたら、もう一個分作ろうかな~。

screenBreidablik034.jpg
そうこうしてると、今日の冒険者ツアーはボーカル退治ということなので参加。
専用の討伐クエ受けて成功させると、エンペリウムが貰えるので行かない手はない。
しかし一度発見したものの、他のメンバーに報告している間に倒されてしまった。

screenBreidablik039.jpg
その後1時間粘ってみるものの再び遭遇することはなし。
時間がきたので恒例の記念撮影。
今日はGM3人体制で、男1女2の組み合わせ。
討伐中もブレスや速度のサポートをくれて、積極的にイベントを運営してました。
月間アクション
双葉社の新しい漫画雑誌。
表紙がいきなりアクション仮面。
そう、あのクレヨンしんちゃんのアクション仮面なのだ。
それも、リアルな話で、劇中劇のようにはなっていない完全に独立したストーリー。

この本、とにかく分厚い。
値段相応と言えばそうなのだが、最近の雑誌にしてはかなりのボリューム。
中身は、数本置きに有名どころで固めて、後は間を埋めてる感じ。
カラーをもらってるのがそのへんなのかな?

ターゲットは、少年誌と青年誌の中間位を狙ってるのだろうか。
移籍物を除けば、全部が新しい作品なので全部読んでしまうのだが、電車の30分では1/3も読めなかった。
1冊買えば数日は楽しめそうな内容です。