ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
本日の収穫物

先にショップで見つけて、そのあと出回ってるのを確認して、ショップの値段を参考に予算を決めてチャレンジ。
重り景品交換型と、たこやき型と、スーパーボール型が近所にあった。

重り景品交換の方は、自分の前に一人やってたが、30回近くやってもまともに落なかった上、完全に落とさないとダメとかで、出口に詰まった状態でもゲットにならなかったので、その人は落胆して帰って行った。

それならスーパーボールの方がまだ回数は少なく行けるのだが、よく見るとアクリルの定規で補強されており、ボールからいつまで経っても離れない仕掛けになってる。
定規のおかげで、引っかかる長さが多めになると喜んでやる人もいそうだが、騙されてはいけない。

一方のたこ焼きは、囲いが小さくてたこ焼き器に球が乗りやすく、これなら沼方式で確実に取れると踏んで実行。
結果、予算の半分でゲット。

そのあと色々買い物したせいで、ほとんどスッカラカンになった状態で、普通のアーム式の所に遭遇。
8回やって、あと2回ほどで落ちそうだったが、完全にオケラになったのでそこで残念。
あれは惜しかったな。次行ったらもうなくなってるだろうなー。

で、久々にフィギアの出来に言及すると、正確なモチーフがあるにもかかわらず、随分個性的な目の表現をしている。
そして、体型が割とリアルで、CGモデルに比べて水着のトップがかなり小さい。
セガ純正にしては、変わった切り口だなーと思って原型師見たら、なんと宮川武/T's systemのお仕事。

それだけでも人気になりそうだが、今後もこういった路線で行くのかなー。
それならそれで、原型師の競演として楽しめるシリーズになりそう。
永遠の0(ゼロ)
百田尚樹:著 講談社文庫版

先に話題にはなっていたが、映画の予告を見て興味を持ったので、小倉に行く前に買って、読み始めた。
戦争で、特攻で亡くなった祖父の足跡を、それぞれの戦争体験者の語りとして綴られていく物語。

構成的には、祖父のことを知っている人を探して、それに会って行くという形だが、何故かほぼ時系列順にあっていくような形になっているのが、作為的というか。

でも、そのおかげで、開戦から終戦、戦後までのかつての日本の戦争の悲劇と本質が次々に暴かれていく。
内容は史実に則ったものであり、実在した人物もそのまま多数登場する。
どこからどこまでがフィクションなのか、読んでるうちにわからなくなってくるが、読んでる間はその世界に没頭することが出来る。

そして、映画では端折られるだろう一部表現なんかも、本だと全部読めるからと買ってみたが、非常に読み応えのある内容だった。

自分の祖父は、特攻ではなかったが、終戦の直前に戦死している。
詳しくは知らないが、自分の家族が鹿児島にいる状態で、それを背に戦ったのだろう。
程なくして戦争は終わったが、果たして家族を守れたと言えるのだろうか。

色々な問いかけもされている本ですが、戦争を知らない世代にこそ読んで欲しい本だと思います。
V3初音ミク
結局優待版申し込まないで尼でバンドル版買った。
今回は、最初からアペンドさんより抜きと英語版のセットになってる。

この流れはリンレンにも行くのかな?
だとすると、ACT1しか持ってない自分には結構嬉しいのだが。
まあそれ以前に、また仕事が忙しくなってきたんで曲作る時間あるかだよなー。

こういう時こそ、モチベ維持するために趣味に時間割いたほうがいいのだが、日が変わっても会社にいる状態続けてると流石にねー。

あと、このV3版はまだインストールしない。
メインマシンのXP機をWIN7機に移行してからを考えてるので。
初回に一回、V3発売時に一回アクティベーションしてるから、あと1回しかないはずなので、移行は慎重にいかないといけない。

今回はDAWも付いてるので、ある程度音源に関する問題も解決するかなーと考えてるが、それより持ってるだけのギターをいじったほうが、いい音作れるようになるかもしれないなw
上手くなるとかそういう方面じゃなくて、本物の「音」としてね。

前に持ってた音源が、本当にギターは弱かったので、このあたりは本気で考えたほうがいいかもしれない。
セイバーオルタ

ビーチクイーンのシリーズで、あぐら座りのオルタ。
これも小倉で見つけたもの。

元々作例を雑誌で見たときに、結構出来がいいなーとか思ってたのだが、実物見て小さすぎるかな?と思って買って無かった。

それから暫くして、小倉の店で見てみると、やっぱり出来もいいし、ここで逃すと次に会えるのいつかなーとか考えながら、選別中に昇格。

他にもSAOのきゅんとか、保管ではなく遊ぶためのねんどろとか色々あったが、結局この店ではプレネールさんとこれの2個を購入。
あそこは宝の山どころか宝の大陸だったので、選別しないで買ってたら金も荷物もいくらあっても足りないだろう。

それも、都会よりも比較的価格が安めなので、迷えば迷うほど危険度が増す。
休み中の片付けでスチールの5段ラック+4段カラーボックスを新設したばかりだが、既にそれですら収納不可能で溢れてる部屋の中、これ以上増やすのもそっちの意味で危険w
でも、このサイズなら?とか思ってしまううちはダメかも…
プレネールさん

小倉で見つけたもの。
セーラースク水バニーというとてつもない破壊力を盛った(いい変換だ)フィギアで、とある雑誌のイラストが元になってる。

で、それの白版ということで、確か紺バージョンは持ってた筈だが、思わず買ってしまった。
多少箱が傷んではいるが、モノはもう手に入らないケースが多い。
価格も手頃だったので、3~4つほど買うものを選別中に、これを残した次第。

こんなのが、ワゴンで雑に積まれているなんてもったいない。

こじつけになるかもしれないが、このあと艦これでスク水セーラーの潜水艦娘、伊168を入手。
幸運の女神になってくれましたw
プレミアムモルツ コクのブレンド
24日発売の新商品。
予告が出てたが、前日にもう売ってたので買ってきて飲んだw

プレミアムらしい、飲みごたえのある内容で、ハーフなのか色は濃いめ。
でも、味が濃いわけではなく、色の濃いプレミアムモルツといった感じ。

個人的な感覚だが、他のビールに比べて、この系統はしっとりした感じがすると思う。
ビール系発泡酒には絶対真似のできないものでもある。

秋らしい色味と風味を楽しむのに、最適の一本です。
iOS7
IOS701.jpg
機種変したりするのに、データのバックアップなんかも考えてアップグレードしてみた。

いつも謎エラーで100%アップグレードに失敗するのと、iOS6のマップ騒動もあって、6にもあげてなかった状態。
マイナーバージョン上げるだけであれだけ苦労するのだから、メジャーバージョン2個も上げたらどうなるんだろうと、寝る前にバックアップして次の日に作業することに。


そして次の朝から作業開始、同意画面を過ぎたらあとは何もすることなく、一発でアップグレード完了。

あれ?
なんでこんなに素直にアップできるの?

かえって気持ち悪いので、しばらく設定見たり、放置したりしたけど変わるところはなし。
今までやってたのは一体何だったんだろうか。
悪い夢でも見てたんだろうか。

なんにせよ、これからもこれくらい(というかこれが当たり前)素直に更新作業ができることを祈りたいものです。
小倉に遊びに行ってきた
IMG_1310[1]
夏休みの総仕上げとして、ぷち旅行してきましたw
ほんとはもっと先に予定が立ってたら、その足で鹿児島の実家に帰るつもりだったのだが、色々あったのだ。

そして東方関係のイベントの手伝いの名目のもと、完全日帰りを遂行するために朝の5時半から起きて準備し、始発から数本あとの新幹線で出発。
9時前には着いたので、駅構内のサ店でチケット持ってるツレまち。

そのあと合流し、会場入りして設営開始。
しかしこれが意外に手間取り、開場しても設営が終わってない状態。
それでもなんとか終わらして、やっと販売開始。

中略

アフターの大ダンスが始まろうかという所を横目に見ながら撤収。
駅前の商業施設に入るオタゾーンを堪能したあと、晩御飯食べに繁華街へ繰り出す。
色々興味をそそられたが、結局地元の回転寿司屋に入って、割と珍しいメニューを腹いっぱい食べて、いい時間なのでここも撤収。

京都行きとしてはほぼ終電ののぞみで帰って来ました(ツレが京都行き)。

それにしても、小倉は新幹線止まる駅なのに、中規模のイベントができるホールと旧ラジオ会館のような複合ビルと、主要駅がそれぞれ100m圏内に集中しているすごい場所。
これほどの条件が整った立地が、ほかにどこにあろうか。

イベント中は全然ブースから動かなかったので、むしろこっちの「アフター」のほうをたっぷり堪能してきましたw

色々お宝も掘って来たので、その辺はまた後ほど。
隔週刊ラリーカーコレクション

全部は買わず、欲しいのだけピンポイントで狙っていくこのシリーズ。

まずはランチャストラトス。
小柄なボディにフェラーリのV6をミッドに配置したモンスターマシン。
ラリーのために作られた車だが、市販車もいくらか現存してて、イベントなんかでも見ることが出来る。

くさび型のボディに、空気抵抗を減らして視界を得るために極端な曲線を描くフロントガラス。
こんなのが40年近く前に、世界の峠走ってたんだよなー。
今見ても抜群にかっこいいです。

で、このミニカーのついてる「本」ですが、14ページの薄い中綴じで、更に本文は10ページ、内容もラリー好きなら(この本買う購買層なら)誰でも知ってるようなことばかりがちょっとだけ載ってる。

まさしく、ミニカーのためにある本です。
全部集めればそれなりに壮観なんだろうけど、年代も車種もバラバラ。
他のシリーズみたいに、どっか抜けると完成しないとかそういった企画もないので、好きなのを選んで買うのが正しい買い方かと。

だって、2190円する本を120冊も買えませんってw
NAVAL WAR

アバロンヒルが20年以上前に作ってた海戦カードゲーム。
艦これが人気を得る中で、こういうのがあったよなーとか考えながら部屋の片付けをしてたら出てきた。

名刺より少し小さい位のカードに、第二次世界大戦当時の戦艦のシルエットが印刷されてて、これを運用して相手と戦う。
ゲームシステムとしては、メインは戦艦どうしの砲撃戦だが、艦によって撃てる弾が指定されており、この砲弾カードが無いとそもそも攻撃できない。
大和を手に入れても、18インチの弾がないと撃てないのだw

このゲームで、戦艦の国籍と名前覚えたと言っても過言ではない。

当時は仲間内で結構色々なボードやカードゲームを遊んでいて、英語だろうが何だろうが買ってきては、情報誌や自分たちで訳したりしながら遊んでいた。

D&Dも最初は英語版やってたくらいで、人間その気に(こと遊びに関しては)なれば、学校で全然英語ができなくても覚えるもんだと思ったものです。

この頃見つけたミルボーンという踏破型のゲームが、後に国産でモンスターメーカーというヒット作を生み出し、その流れは探検ドリランドに続いたりしてるんで、色々原点を探してみるのも面白いかもしれません。

このパッケージはまだあけてないけど、また遊びたいなー。

ちょっと気になってアマゾン見てみたら、この新品は5万以上の値が付いてる…
中古でも2万以上とか~
買ったときはワゴンで1300円だったのに。
開けるのが勿体無くなってきたww
松竹梅白酒蔵澪
IMGP1332.jpg
商品名は、澪の一文字だと思う。多分。

発泡性の度数の低い清酒。
お月見のお酒に買ってきたが、まさかサイダーだとは思わなかった。

糖類やそれに類するものが入ってないのに、とにかく甘い。
それが炭酸発泡してるもんだから、ほんとにサイダーみたい。
サイダー割りだと言っても信じる人が多いだろう。
カリカリに冷やせば、もう少しマシになるのかな?

瓶の大きさは何種類かあるが、度数を見て300mlのにしたが、ビールのグラスに注ぐと丁度いい。
注ぐと、香りが弱いのもあって、本当にサイダーみたいだ。

これでも清酒だと言うなら、日本酒苦手な人でも全然行けるだろう。
アルコールや炭酸の辛さが全然ない日本酒として、おススメの一本。
風立ちぬ
ようやく見に行った。

印象に残ったのは、震災のシーン。
これは、作ってるあいだに東日本のが起きて、公開が伸びたんじゃないかとも邪推できるが、内容は阪神淡路の震災に近い。
大きな揺れが陸地を襲い、次いで火災で被害が拡大する。
人々が集まる中、余震に怯える。
そして、焼け野原になった街が映し出される。

時間にすると数分の場面だが、2つの震災の後に見ると、その怖さが伝わってくる。
実際に被災していない人には、史実としての関東大震災に映るだろうが。

そして、次郎が短い新婚生活の中で完成させた試作戦闘機。
様々な人に支えられ、ようやく羽ばたいたそれは、ラスト近くの色々なセリフで戦争の虚しさと悲しさを伝えてくれる。

平日の昼間だったので、客の入りは少なかったが、年配の方が多かったのが印象的だった。

いい映画でした。

これが長編最後となるなんて、まだまだ監督の世界や引き出しを見てみたい。
劇場公開は無理でも、豚が操る戦車の話なんかも見てみたい。
興行を考えず、自由に作った作品が見てみたいです。

何年でも待ってますw

続き

夏休みが取れたので、艦これやりつつ、メンテ時間が暇なので続きやってた。

頭と首をくっつけて、顎のラインを調整して顔が柔らかく見えるようにした。
胸は控えめにして、最中状態を解消。
ボーンを仕込みつつ細部の調整していったけど、腰周りのスプライン編み直したので、今までのボーン構造だと足を前に上げれなくなった。

なので、ここは新規に組み直す必要がある。
肩周りは網は変わってないので、逆に新しいボーンで肩のウェイトどうにかできないか模索中。

ボーンに飽きたら、表情やリップ作ってた。
その中で、目の大きさ変えれるやつも作ってみた。
SSはそのスライダの70%くらいのところ。

目の大きさは、これをデフォにしたほうがいいような気もするw
でも、トゥーンレンダすると目が小さく見えるから、スライダは有効にしとこう。

目はアニマス目をポリゴン対応させるために、巨大な球の一部を切り取ってテクスチャ貼って、それをスライドさせることで目線作ってるけど、後で瞳だけ切り取ったものに置き換えるかも。

あと、輪郭の調整はどうしようかなー。
あれはかなり組むの面倒なので~
でも時間はたっぷりある…
新モデル

色々いじりすぎて、おかしくなってきてたので、新しく作り直してみた。
で、大分形になってきたので出してみる。

右が今までのモデルで、ウェイトその他割り当て済み。
左が新モデルで、まだノーウェイト。
しかも、まだ最中状態。
水着もそのまま持ってきたので、実際のプロポーションには合ってない。

あと、モデルのサイズ自体もいじってる。
ここでは並べるために同じ大きさに調整してるが、新しい方は150cmくらいの身長になってる。
等身が変わらないので、実感は無いと思うがw

model130916.png
大きく作り直したのが顔から肩周りにかけての上半身。
水着が合ってないので輪郭がわかりにくいが、ご容赦をw
言い換えると、水着のある位置に、もとは体があったことになる。

いままでのモデルがちょっと猫背気味だったので、骨格を考えながら首の位置なんかも調整。
顔は横顔の顎のラインを大幅にいじって、人間らしい骨格にした。
それに伴って細部を色々いじってるので、顔つきも変わってしまった。
首を大分太くしたので、頭はもうちょっと前にしたほうがいいかな?

表情や口は、今まではボーンのスマートスキンでやってたが、これはポーズに置き換える予定。
目の大きさも変えれるように考えてるので、何かを作るときに汎用顔ではなく、イメージを合わせやすくなるかもしれない。

肩から胸にかけては、胸の筋肉に膨らみが乗ってる感じにしようとまだ調整中。
ここは、ポリゴンにしてからいじったほうがいいかなー。

手はポリゴン向けに一旦爪を無くしてシンプルにし、大きさはどうするか考え中。
手の大きさもポーズでいじれたほうがいいかもなので、ここは最後までこのままかも。
欲を言えば、手足の太さや長さも自由にスライダでいじれるようにするのがいいのだが、現状のMMDではまだそれは難しそう。

このモデルに関しては、追々ボーンとウェイトを切り分けて、それができるようにしようと考えてる。
うまくいくかはわからないけど、できたら他のツールでも応用を考えて行こうと思う。
初音ミク鏡音リン・レンアクセ

正確には、キャラクターボーカルシリーズイヤホンジャックアクセサリーと、商品名が非常に長い。
大きさは25~30ミリほど。

狙いはレンか、ぶら下げる方のふわふわVerだったがあご乗せが出てしまった。
ちょうちんとは言え、丸見えなんで、人前で使うのはねぇ。
もう一個も前傾なので、自分からは見えないけど、実際に使ってるところを見ると、やっぱり丸見え。

実用性(アクセに実用も何もないが)は乏しいが、小さなコレクションとしてはいいかもしれない。
でも、ちょっと高いかな~と思う。
この大きさで、ブラインドのねんぷちより高いのよ。
艦これ缶バッジ

おそらく、商業ベースで公式画を使用した初めてのグッズじゃないかと思う。
とはいえ、自分の見えてる範囲でのものなので、世の中には既に色々出回ってるのかもしれない。

アンソロは本だから、グッズとは違うよな。

シークレットが一つで、全部で12種類だったかな?
左から引いた順。
ちょうど、自分がゲーム始めたのが五月雨からで、島風は大分後に出たので、その通りに並んでるのが面白い。

島風がシクレかと思ったが、あっさり出たのでわからず。
ラインナップには空母がいないので、そのうちのどれかかもしれない。

店の人曰く、意外なのがシクレとか言ってたので、はてさて。
増殖(ファミマみく)

前日夜にA2B1C2D2という状況だったので、次の日が勝負と見て朝から待機w

[増殖(ファミマみく)]の続きを読む
紀州南高梅にごり梅酒
似たような名前のモノが多いので、自分の記事を洗ってみたがまだのようなので、書いてみるw

瓶の口をそのまま2倍にしたくらいの、ほっそりとした瓶に入ったにごり梅酒。
7度と非常に軽く、甘すぎず、梅の味がしっかりしている。

大関も梅酒やるんだなーとか思いつつ飲んでたが、ちょっと前に梅酒の飲みすぎでン年ぶりに二日酔いになったのを思い出して、半分位にしておいたw
あんときゃ、ワイングラスにいっぱいのストレートを二日連続でぐいぐい飲んでたからなー。

毎日あんなに飲んでたら、アルコールもそうだが、糖分もかなり怖い。
何を飲むにもほどほどに、というところで、ちょびっとさっぱり飲むのに丁度いいサイズの一本です。
七夕
特集棚にあってタイムリーだなーと思って買って、冷蔵庫に寝かしてて(どんだけ)。

鹿児島の芋焼酎で、香りも味も普通に芋焼酎。
一升瓶をミニチュア化したようなデザインの小瓶に入っている。
ラベルをよく見ると、「くろたなばた」とフリガナが振られている。

黒麹を使ってるからその名がついてるようで、なら、黒じゃない七夕もあるのか?
いまとなってはわからない一本です(ナニ
時渡りの紅女神騎士団
諸星 崇:著 パセリ:画 オーバーラップ文庫

ファンタジーでタイムリープとか、ちょっと訳のわからない帯が踊る作品。
でも読んでみると、文体はかなりしっかりしていて纏まっており、結構読みやすい。

主人公一味がちょっと強すぎる感もあるが、勧善懲悪を目指す内容ならそれもありか。
また、この文庫の特徴というか、色気方面も忘れてないとか、結構色が固まってきているような気もする。

ただ、タイムパラドックスについては言及されていないので、そのあたりをどうしていくのか気になるところ。
そこに気づくと、次巻以降はおろか、最終巻まで展開が見えてしまいかねないのが、この手のネタの怖いところ。

そのあたり、どうしていくのか見ものです。
TANGOLUM
きよみオレンジと紀州南高梅のお酒。
って?

梅とオレンジの組み合わせだけでも十分珍しいと思うが、それで果汁が40%もある。
しばらく置いておくと、そこにドンドンそれが溜まってくるw

飲んでみたら、オレンジの風味はするものの、勝っているのは梅の味。
梅酒の味ではなく、梅サワーなど酸味のある方の梅。
それをオレンジで中和しようとしてるのかもしれないが、実際味がかなり濃いめ。

度数は8度と、それほどではないのだが、この濃さは炭酸2~3くらいの割合で割ったほうが飲みやすいかもしれない。
でも、ちょっとほかにはない味わいが楽しめるので、興味があればw
yellow tail MOSCATO
オーストラリアのスパークリングワイン。
抽象的なカンガルーのラベルが印象的。

でも、度数が低いせいか果実酒扱い。
飲んでみると、その通り甘くて飲みやすい。

香りそのものは、マスカットのジュースに近い。
飲み終わって気の抜けたグラスを嗅ぐと、ようやくワインらしい香りがする。

なので、ワインではなく本当に果実酒として楽しむのがいいみたい。
無理して飲まなければ、チューハイやビールよりは美味しくいただけるんじゃないかと思います。
ワイン初心者にオススメの一本。
アルファロメオ×京商歴代名車コレクション
なんか凄い誤変換をしてたタイトルをお詫びしますwwwww

缶ボトルのコーヒーに付いてるミニカー。
駅前のコンビニでは早々にジュリアが消えたので、それだけ探して数日さまよってました。

そうこうしてる間に、全部揃ったのでアップw
あとの3台は会社に起きっぱなので、ここにはないです。

ホイルまでそれぞれ個別に造形されてていい感じ。
しかし、ほんとこういったミニカーって、コーヒーと合わせて原価いくらなんだろうw
もののけ島のナキ
WOWOWでやってたので見てた。
出会いは劇場の予告編だったが、そのときはまだ日本のCGアニメだろー?とか思ってたのだが。

ちゃんと見たら、結構面白い。
原作は泣いた赤鬼、割と有名な童話だ。
だからある程度内容はわかってたが、いい感じに誇張も効いてて見ていて楽しい。

和製ピクサーを目指してる感は随所にあるが、モデルも綺麗だし動きもよく、リップシンクも完璧で日本向けに好まれるようにも作ってある。
これだけのものを作れる制作力が、ちゃんと育っていることが嬉しい。
興行的にはどうだったんだろうか。

金太郎や桃太郎に一寸法師、八郎や猿蟹なんかのメンバー集めて、日本版アベンジャーズ作ってくれないかなw
お月見とウマウマ(PSO2)

新スクラッチが来たので早速やってみた。
最初に出たのは白のバニースーツ。
次がたれウサミミ。
そしてボイス40と、このダンス。

他?
しらんなぁ~

てなわけで、早速装備して巨大うさぎたちの間で踊ってみた。
ウマウマダンスかと思ったが、どうも微妙に違う気もする。
DIVAのやつが結構似てたかと思ったけど、一番似てたのはルーセント~のかなー。

しかしこれ、永久ループじゃないのね。
SSが暗いのは、お月見のせいで周りが常時夜だから。
スーツは結構安いので、欲しい色があったら買えばいいが、普通のウサミミが高すぎて手が出ない。
このたれうさは、髪型によっては結構ハマるので、シーズン終わっても使えるかも。

足の羽と合わせて、頭の羽だと言い張るもよしw

------------
(C)SEGA PSO2
ミッションコンプ(ふぁみまみく)

2日目が3件回って散々だったので、1日アルバムを聴きながら帰りに備えて。

そしたら、一件目でD賞確保。
ついでに寄った2件目でも確保。

一件あたり5回しかしないのを守って、述べ5件目でミッション終了w
しかし当たりに対する一個あたりの単価が高すぎるよなー。

A賞のねんどろだって、定価でも3000円くらいだし、今回くじを見送った人が多いのも頷ける。
グラフィグが下から3番目に昇格、そのせいでその下が余計にしょぼく見える。
トートバッグや器でも800円はしないだろうし。
このあとどうするかなー。

ファミマミク

初日の成果はこんな感じ。
狙いは勿論まるくなるヌイなんだが、微妙に外してるよなー。

開いたばかりの店行かないで、ある程度減ってる店に行ったほうがいいのかしら。
でも、近所の店は空いた直後に5回でA持ってっちゃったしなー。
甘いこと言ってる場合じゃないのかしらw
SMIRNOFF MOJITO
三本買ってきて、その最後。
シリーズの中では、これが一番メジャーなのかなー。

ミントの香り、程よい甘さと酸味。
ストレートもソーダ割りもどちらもいける。
僅かに着色料が使われてるけど、そんなの入れなくていいのにw

付け合せを選ばない味もいい感じ。
今回の三本の中では、一番一般向けにオススメできる1本です。
SMIRNOFF COSMOPOLITAN
スミノフの瓶入りカクテルの赤。
さすがにこれは読めるよな。

クランベリーの香りがするけど、果汁分の表記はなし。
見れば材料は赤40とカラメルとか、何もかも人工物かもw
色もそうだが、ちょっと濃い目の味がするので、これも炭酸で割るといいかもしれない。

ストレートで飲もうものなら、舌が凄い色になって笑えますw
パンヤ

そういや、水着とった時に記事あげてないかな。
この他に、アリンと姉御で、目標とするキャラの分が取れたのでそこでストップしてます。

でもやっぱり腰周りの造形のせいで、一番見栄えがするのがスピカかなー。

pangya_13059.jpg
で、今週になって頬線が欲しかったのでガチャ回してみて、これが出てからPPだったと間違いに気づく。
PPはオートで100回回したけど何もでず、相変わらずの難易度である。

で、その間違ってとったのを一つつけてみる。
効果はパンヤショットのゲージアップ、新モーションの追加。
このモーションも、PSO2の多彩なダンスアクションを見てるので、結構地味に見えるw

もう一個の方は、ランダムで風向きを縦方向にするというもの。
でも、発動率は多分シラタマと同じくらいか、それ以下と見てるので、スキルアップを取るか、ギャンブルで風を無効化するかだと、選択肢は限られてきそう。