ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
ねんどろいど島風
IMGP1882.jpg
2次出荷分で注文してたので、TLで先行入手の写真や書き込みを横目で見つつ、いつかなーと楽しみにしてました。

届いてみたら、化粧箱がついててちょっとびっくり。
そのイラストは艦船模型のパッケージ風と、わりと凝ってる。
しかも後ろは海の絵だけという、ジオラマ想定した作りなのかな?

それにしてもおまけパーツが多い。
髪型除くとまるまる一体分別パーツが入ってる上に、連装砲ズまで入ってるのだから、髪だけ用意して他の組み合わせにしても遊べそう。

とりあえず会社に置いといて、周りの隠れ提督を釣るアイテムにしようと考えてますw
SAO HF

ようやく引き取ってきたので、さっそく開けてみた。
表面がザラザラするほど模様が印刷された化粧箱に、ムックや小雑誌やセルやサントラにBDにコードにと盛り沢山。

それぞれ見る前に、まずはROMをvitaに刺して起動。
そうすると、発売間もないのにもうアップデートがw
とりあえずそれを仕掛けてほっといて、買ってきた雑誌や入ってたムックで情報収集。

しかし、アクションゲームなので、やってみないことには要領を得ない。
このてのは、レビュアーのスキルやなんかで大分変るからねー。

起動してみて、最初のパートナーに新キャラ登場。
この最初のうちは、難易度はそうでもないかと思いきや、難易度は結構高め。
キリトの連撃が、最後まで進むと3秒ほど固まる。
その間、キャラが動けないならまだしもカメラすら動かなくなるw

そのせいで、乱戦になってくると周りが見えず、かなり大変。
更にターゲットを簡単に変更できず、遠くの敵にタゲったまま手前に敵がいると、まともな戦闘にならない。
最初からレベル100でHPも3万とかあるけど、食らうダメージが1900とかの単位なので、実質レベル1でHP15~20と変わらない。

アクションはテイルズを平面にした感じなのかなーと思いつつ、もうちょっとキーの割り当てや連携の仕方を詰めないと、かなり厳しい。
あと、1面クリアするのに結構時間もかかるので、電車の中や昼休みでは中途半端であまり進まなかった。

結構がっつり構えてやるタイプのゲームになってるので、今の仕事あけてからじゃないと本格的に遊ぶのは厳しいかも。
とりあえず、リズがいつも通り可愛いので、町をうろうろして癒される日々を送るかもw
カリブーン2種
トロピカルホワイトとパイナップル。
白の方は、ラムとパパイヤのヨーグルトテイストというよくわからないふれこみだが、よくあるヨーグルト系に近い、軽い感じの味になってる。
果汁1%切ってるからこんなもんか。

黄色の方は、最初からパインの味がしっかり効いてて、味に個性が出てる。
甘いけど甘すぎず、飲みやすい甘さなので、ジュースというよりはちょっとお酒の味がする飲み物という感じ。
こちらは果汁が7%もあるので、その辺で差が出てんだろうと思う。

2種飲み比べるのもありだけど、個性を求めるならパインの方をお勧め。
定番的な味わいを楽しみたいなら、白のほうもお勧めw
艦これ春イベントその2
艦これ春5
金曜くらいになってくると、情報も揃ってきてルートの固定も容易に。
それにそって編成し、出撃を繰り返す。

艦これ春8
で、なんとかクリアして明石をゲット。
これも遠征組の後ろにくっつけて、事故防止と自然レベリングを行う。
それにしても、最初から半脱ぎとは、島風の対抗馬か?w

艦これ春14
そうこうしてる間に、E2もクリア。
途中、着弾観測とかSS撮ってたけど、うまく撮れてなかった。
ペイントの限界を感じる。

艦これ春24
E3のボスも最初安めの編成で行ってたが、最終的には戦4空2でゴリ押し。
大破撤退のことを考えると、ガチガチで行った方が最終的には安く済む。

艦これ春25
日曜にようやくE3もクリアし、この先はうちみたいなぺーぺー提督には無理らしいので、このへんで小休止。

艦これ春28
でも、対潜艦隊の育成には使えるということなので、装備を整えて出撃の準備だけはしてる。
↑いまここ。

でもやっぱりいけるだけは行ってみたいなー。
GWも仕事かもしれないので、どこまでいけるか。
どちらかというと、そっちの方があんていしてないかも。

続いたら続く。
春イベント
弥生
といいつつ、建造してみたら最低レシピで弥生が来た。
いままでは狙っても出なかったのに、イベントのアップデートが来たとたん一発目で。
で、その次の日のデイリーでも出て、もうこれは普通に出る型になったなと。

艦これ春1
さっそく潜水艦ズの一番後ろにひっつけてレベリング~と思ったら、しょっぱなに4本食らって大破w

艦これ春2
ノートのペイントで編集面倒なので、もう名前消してないw

そんなわけで、弥生は遠征組に混ぜて出撃させ、本隊はこの日のために溜めた資材を持って特別海域へ。
まだ開始直後で情報がなく、とりあえず主力艦隊編成して出撃。
うちはこの辺がトップグループです。

初戦は簡単に取ったけど、そのあと流され蹴られ大破食らうわで全然進まず。
9回出撃でボスに着かず、時間も遅かったので諦めて就寝。

とりあえず続く。
ダブル酵母
カテゴリはプレミアムビールらしい。
消費税対策で、新商品ラッシュが続く中、発泡酒みたいなパッケージで登場w

味は、ちょっと濃い目のスーパードライという感じ。
その感想だと、パッケージに記載の謳い文句と自分の感覚が合ってると思う。
飲んでしばらくすると、段々苦みが効いてきて、濃い目のビールらしいと思うようになってくる。

プレミアム系は結構方向性が似てくるので差別化も難しいと思うが、良い意味でアサヒらしい仕上がりになってると思う。
セットアップ

いよいよ本格的な作業PCの環境構築を開始。
まずはお絵かき環境で、タブレットを繋いでみたが、対応するドライバが既にない。
そりゃ、B管の頃に、20インチの画面と同じサイズということで買ったようなタブレットだしなー。

B4の原稿用紙に近い感覚で扱えたので、結構重宝したものだが。

IMGP1871.jpg
そんなわけで、長いこと寝かしてた4代目をようやく箱から出して繋いでみる。
ドライバは最新のものを入れてたので問題なく動く。

元の方は、バックアップにしてるXPマシンにそのまま繋いでおこう。

IMGP1872_20140422001158ee3.jpg
おつぎはDTM関連。
まずはボカロのV3連中をまとめてインストール。
それにしても、アクティベーションの本数もこれだけあると結構面倒。

ミクV3がまとめて登録できただけでも結構助かったが、インストールとアクティベーションだけで1時間近くかかった。
QBのAI7を入れたので、DAWはやっと本格的なものが使える感じ。
でも、休みがないので曲を作るのはもうちょっと先。
構想はあるのだが、いかんせん時間がない。

IMGP1874.jpg
インストールしてる間に、オンラインゲームなんかもアップデートやプレイをしてみる。
モニタを完全に横並びにしたので、視界も良く並行作業がしやすくなった。

高いグラボ積んでたら、この横2.2mの画面に一つのデスクトップ出せるんだけどな~w
でも4画面一斉に見るなら、モニタアームで縦に積んだ方が見やすいよな。
ソードフィッシュみたいに、壁一面をモニタにするのも楽しそうだが、そんなの動かすシステム組めるのかしら。

IMGP1876.jpg
お次はグラフィック系だが、アドビ系はちょっとややこしいので、SHADEとコミスタ、メタセコから先にやっとく。

続く?
発芽

去年ベランダで収穫したコメを、できるかなーと思って水に浸していたら、3日目くらいになって芽と根が出始めた。
しかし、苗床の作り方なんて知らないので、とりあえずこのままほっといて、どうなるか様子を見てみるつもり。

もうちょっと大きくなったら、泥にでも埋めた方がいいのかな?

結果は来週くらいに出てるかもw
春の新番その7
ヒーローバンク
3DSのゲームのアニメ化。
ばーいSEGA。
劇中でゲームの解説もしてくれるので、元を知らなくてもわかりやすい。

駄菓子屋で乾杯10円とは、ほんとに子供らしい内容w
なんでそのへんを見てるかというと、答えはその次で。

それにしても小学生に100億も借金させるとは酷い設定だw
そして100万円札は子供銀行の定番アイテム。

オレカバトル&…
キッズ向けアーケードゲームのアニメ化。
ばーいKONAMI。

主題歌が串田アキラの割には、ちょっと濃さが足りない気もするが。
「とまー」と、(シャレではないw)もtのゲーム設定よく知らないが、ヒロバンとキャラ被ってる気もしないでもない。

それにしても、ライバル会社の2作品を並べて放送するとはなかなか楽しい枠だなw

ドラコレ。
とは言っても、ソーシャルの方ではなくオレカと同じシステムのアーケードゲームが元。
なのでアニメ化が決定したときにソシャゲコミック版のあっちかと思ったが、いざ始まってみるとこっちの方がよく動くし面白そうナリ。

でも一番笑ったのは提供のバックかもしれないw

ではまた。
白鹿すずろ
地元の清酒。
やや甘口とあるが、開けてみると日本酒独特の甘い香りが漂い、飲んでみるとやっぱり甘い。
しぼりたての風味をどうのとラベルにはあるが、軽さはなく割と濃い目の日本酒に甘さが乗ってる感じ。

香りと味で甘さが助長されている気もするが、これだけ甘めで濃い目だと、かなり冷やして飲んだ方がキレが良くなるかもしれない。

甘さから敬遠されるかもしれないが、辛い日本酒が苦手な人には向いてるかもしれない。
なにより、これなら玉子酒にはうってつけのような気もするw
春の新番その6
毎日遅いうえに休日も出てるので見る時間がないw

ノーゲームノーライフ
これはもう元も知ってるので、あとはどう見せてくれるかだけだったのだが、期待以上の出来だった。
残念だったのは、SUNの放送ビットレートが低かったことw
もうチャンネル枠一杯でBSのフォローもできなかったので、今後次第ではソフト買ってもいいかもしれない。

ダイミダラー
あらゆる意味で凄い作品。角川始まったな。
そして、よくこれを地上波に乗せたなとw
OP聞いたときからもう頬が緩みっぱなし。
でも、曲はランティスからなんだ。

チャイカ
今季の榊一郎枠。
これも原作はよく知ってるので、あとは~だったが。
たどたどしい喋り方とか、なかなかの名演技。
どんどん面白くなっていくので、あとは見てるだけの期待作。

今月中に見れたら続く。
和膳
和食の生ビールとあるが、夜中にがっつり食べるわけにもいかないので、軽く炭水化物抜きのメニューに合わせて。
サントリーの発泡酒によくある、天然水系の軽めのテイストだが、そこはビールらしくしっかりした苦みが効いている。

そうなると、ビールとも発泡酒ともつかない微妙な味になるのだろうが、薄味の日本食にはちょうどいいくらいなのかな?
少なくとも、肉じゃがやすき焼きのような味の濃いものには、もっと濃い目かもっと軽い方が合うだろうから、これくらいでちょうどいいのかも。
貴富の薫り
クラフトマンズビアと銘打った限定生ビール。
さっそく飲んでみたが、いかにもサントリーらしい軽めの薫りとキレがある。

ラベルには雑味が少ないとあるが、ともすればそれは発泡酒のような軽さに感じるかもしれない。
でも、ン出るうちにだんだんと苦みが増してくるので、そのあたりが発泡酒にはない飲み口なのかなーと思った。

毎日午前様なので、これくらい軽く飲めるようなのが、今の自分にはあってると思うw
ブレイドアンドソウルのキャラクリやってみた
スクリーンショット_140417_000
他のゲームのコミュで、自由度が高いとチムメンが言ってたので、とりあえずやってみることにした。
しかし、そのクライアントのサイズは11.2Gバイト。
初日だったので、午前様にも関わらずクライアントのアップデート予測時間が約11時間。

とりあえずほっといて寝ましたw

翌朝起きてみたら、WIN8の方がレジューム切ってたのに勝手に落ちてるし。
なので、WIN7の方でダウンロードしてアップデートしたら、約1時間とでたので、そのまま放置して会社いきました。

1日をあと30分残す時間で帰宅、さっそく起動して全部のキャラの説明なんかを見る。
そんで、一回やってみるかと作ったのが上のキャラ。

スクリーンショット_140417_001
そのあと色々調整して落ち着いたのが2枚目のほう。
ここでようやくセーブの手順が分かったので保存してみる。
サムネールのJPEGと、データファイルの2つができるので、解像度は低いがそのファイルがどんなキャラだったのかはわかりやすい。

スクリーンショット_140417_002
表まで戻って、今度はジンで作り始める。
しかし、人種による職の固定があるようで、この種族だと魔法職が選べない。
なので、キャラクリだけ遊ぶかーと作ったのが3枚目。

そうこうしてる間にこんな時間になってしまったので、とりあえず終了。
しかしそこで続行すると、キャラが固定されてしまったw
オープン時には消されてしまうので、名前取りができるわけでもないので、いくらでも消せばいいのだが、そこそこ出来がいいのでこれで始めるかもしれない。

あと、自由度に関しては、頭のサイズや首、腰の長さに骨盤の幅や厚さまで変えられる。
手足の末端の大きさも変えられるので、ホビット風からマッチョメンまで様々なキャラが作れそう。

しかし、耳の形やサイズは変えれない。
髪の毛も粘土みたいなのだが、これで動かすのだろうか。
あと、頭の大きさは変えれるが、周りのキャラとの対比でおかしな世界観になったりしないのだろうかw

パラが数値で出るので、種族が違ってもその数値をメモすることで、ある程度同じ体格に作ることもできる。
あと、キャラクリ時のライティングはもうちょっと考慮してもいいのではないかと思う。
化粧の色がよくわからないことになってるので。

PSO2でもかなり強力なキャラエディターを擁しているが、どっちも甲乙つけがたい。
これはこれでしばらくはキャラエディターとして楽しめそうです。
本日の収穫物

さて、ようやくファイルサーバーが復活したので続きをw

100円でモノクマとって気分がよかったので、別の台に入ってたこれが目に入った時、迷わずコインを投入していた。
ちなみに、近所のショップでは2500円前後。
普通の台なら、どんなに難しくてもそれくらいで取れるものなのだが。

これは、箱落としの台に入ってたのだ。

この景品も箱じゃないかと思うなかれ、偏った錘の入った別の箱を、出口に落とすタイプのもの。
錘の重さとアームの強さによっては、数万かけても落ちないような台も多い。
そういう台には、プライズ専用景品ではなく市販のフィギアやゲーム機が入ってたりするのもある。
そこまで行くと、景品表示法に抵触してそうなものだが。

で、これは箱自体は偏りがあったものの、アームも片方が弱いだけで何とか箱は動かせるレベル。
5回で半分くらいまでいったので、元々の予算が2000円と、モノクマで浮いた分あったので、行けると思ってそのままやってたのだが。

ふと我に返ると、なんか4回くらい両替した気がする。
でも、確保したのでまだいいが、結構危なかったかも。

ちなみに、この景品自体もかなり前後バランス悪いので、平行棒や段差付の台でやるときは、それなりに苦労するかも。
ショップで値段見て、財布と相談してから挑みましょう(遠い目
春の新番その5
昨日の続きを書こうとしたら、ファイルサーバーの調子が悪いので、新番の続きを。
実際、いまこれ書いてる時間、ブログに写真1枚も表示されてないw

星刻の竜騎士。
アニメ化までだいぶかかったなーという印象の一本。
ちょうど手元にコミック版1巻があったので見てみると、発行は11年10月。
そんなにかかるもんなのかなーとか思いつつ、原作では色々見えちゃってますが(何が)、深夜枠なのにその辺は自制入ってるのねw

魔法少女大戦。
5分枠でソシャゲーのアニメ化。
どうなるかと思ったが、1話見る限りは普通にアニメしてるな。
こんな短いコンテンツに、ガイナのパワー注入するにはちょっと枠が足りない気もするが、その分みっちり作ってくれることでしょう。

ピンポン。 
実写映画版も結構好きだったが、アニメはタツノコで原作の程よく崩れた絵柄を見事に再現。
これはこれでアリです。
というか、この絵のまま動くと、かなりスタイリッシュな映像になるよな。
原作の迫力を動かすには、この方がいいと思うが、どこまで再現できるか楽しみな一本です。

七々々。
PSO2の中で宣伝PV流れてたのでスポンサーかと思ったが、入ってないのね。
制作委員会のほうかしら。
原作には興味があったが、手を付けれずにいた作品。
アニメ化が決まった時に読もうかと持ったが、時間なくて追える数ではなかった。
なので、結構楽しみにしてた一本です。

続く。

と、これ書いてる間にサーバー復活した模様。
でも、アップロードはできないのでまた明日チャレンジ。
本日の収穫物

何かえらくイージー設定な台に入ってたので、いくらで取れるか試してみたら、一発でとれましたw

これは、奥にアームが伸びて行って、手前に引き寄せるタイプのもの。
いつも余った景品や、安いストラップサイズのぬいぐるみが入ってるのだが、今回はこれが入ってた。
余ってるなら1個なんだろうけど、まだ複数個あったので、人気が無かったのか、台が空いてなかったのか。

これに気を良くして、この後…
入れ替え作業
こたつPCから通常モードへ移行するため、1日かけてレイアウトとPCの環境構築してました。

そこでの作業の一環として、引退させたXPの筐体と、新しくメインで使うPCの筐体を入れ替える作業。
Abeeの箱使ってるので、引退したPCにそれはおったいないと思い、モニターなど配置が終わった後から作業開始。

しかしこれが一筋縄ではいかない。
マザボを外そうとしたら、いくつかのスペーサーがビスと一緒に回ってしまい、筐体から離れてくれない。
高さを合わせながら順番にゆるめていって、筐体から離れた後にボックスつかってスペーサーとビスを分離。
移植先のスペーサーもボックスで増し締めしておく。

メインにするPCはRAID含めてHDDが4発、光学ドライブが2発入ってるのだが、これを移植するにあたって、Abeeの箱にはHDDを普通に入れられる場所が3つしかない。

RAIDの順番を間違えないようにHDDにナンバリングし、ケーブルにシール巻いて、ポートの写真を撮って分解。
引退する方は最悪動かなくてもいいので、適当にバラしてパーツを積んでおく。


でも、片付かないので先にそっちを組み立てる。
この箱ももう10年近く使ってて、組み換えの度にグラボの位置や大きさが違うので、切り取り式の拡張スロットはフルオープン。

特にエアフローしなくても、フロントだけファン回せばあとは勝手に対流して抜けていくという、なんともぼろっちい箱ですw

IMGP1862.jpg
次にAbeeの箱にいろいろ組み付けていく。

総アルミのフレームに、各部はどんどんバラしていけるので、マザーボードも専用の背板に組み付け、それを入れてみると、システムスイッチのポートと筐体の柱の隙間が1ミリ切ってる。
もし次にマザボ変えることがあったら、この場所に気を付けないと。

シャドウベイが足りないので、HDD1台は3.5インチのスロットにむりやり突っ込んで組み付ける。
フロントパネルと完全に接触し、それでも入らないので、パネルを1ミリほど浮かせてある。
いずれ整理して、ここはSSDに置き換えるかした方がよさそう。

逆ATXなので、メモリのすぐ横にHDDが来てるのも気になるところ。
遮熱のシート入れた方がいいかもしれない。

次に光学ドライブだが、1台がIDEだったので、こいつは引退。
残った1台だが、SATAのエッジの部分が異様に狭く、ノッチ付のケーブルだと入らない。
これも大概古いからなー。

元の筐体の方からケーブルを持ってくると、ノッチのピンが外れたケーブル使ってた。
なるほど、それであの狭いエッジに入ってたのか。
このケーブルを使うのはよろしくないと考え、ノッチのないケーブルを探す旅に、我が家の魔境に突入。

30分後になんとか1本見つけ出し、これを刺してドライブの組み付けは完了。
空きができたので、パーツ買ってきてここにHDD移動させようかな。

後は、箱が小さいので長いグラボは入らない。
作業PCに使う分には、HD7990あれば十分なので、当分変えないけど。

IMGP1864.jpg
組み立て終わって、元の位置に並べる。
無事起動したのでこれで完了。
モニタは1600x1200のものを、1920x1080のものに入れ替え。

ピボットができる1600のほうを立てて空いたスペースに押し込み、これをXPのモニタにする。
起動してみたが、ケーブルか電源か、起動HDDを認識してないので、またバラす必要がある。

各種ツール類のインストールもあるし、まだまだ完了には程遠いが、これでコタツで寝落ちすることもなくなるw
春の新番その4
僕らはみんな河合荘。
女尊男卑な勢力図をもつ下宿先で、彼は無事に高校生活を全うできるのだろうか?
とにかく住人が濃い。
ついでにお巡りさんも結構問題ありそうな濃さが滲み出してるw
そして、魚で作った親子丼の味は(違う
なんかそこだけで、この後も見ていきたいなーと思えるシーンでした。

神々の悪戯。
のっけからスレンダーマッチョ男の全裸変身シーンが最強のインパクトで、一回見るの止めてしまったw
もうちょっと元気のある時に見ないと、最後まで耐えられないかも(マテ

1週間フレンズ。
設定だけみると、なんて切なくて悲しい物語なんだろうと思う反面、そこに主人公が挑んでいくというのなら、これほど先が見たくなる作品はない。
とりあえず1話だけではその辺の判断が付かないので、続けてみていきます。

ソウルイーターノット!。
マカちゃん、台詞上手くなったなーと年月を感じる作品ですw
それは置いといて、本編に比べてかなり女子力高めの作品になってて、原作も進行真っ最中。
どこまでをどうやって見せていくのかが楽しみな一本。

ブラック・ブレット。
現代ファンタジーモノとして、結構明るめの作品。
すごく若者向けの作品だなーというのが、主人公とその周りの年齢層からアタリが付く。
でも、その根底には差別や偏見などが見て取れる。
そういった部分をいかにうまく、そしてこの明るいテイストに織り込んでいくか。

ブレイド&ソウル。
今期「ぶ」の付く作品多いよなとか思いつつ。
この春にサービス開始?のオンラインゲームの世界観を題材にした作品。
今まで人気からアニメ化されたりタイアップするのはあったが、まさかの開始前からの放送。
そして、キャラデザがキムヒョンテとかもう。
相当力入れてるなーというのが見て取れる。
そのキャラは、アニメになって濃い目の塗りが減っても、あの独特の鼻の上のグラデを再現してたり、割と頑張ってる。
オンラインゲームのアニメ化に当たりなしというのが、自分が今まで見てきたものに多いが、これはそれを覆せるか。

続く。
春の新番その3
蟲師。
やさしい音楽と静かな物語。
結構好きなシリーズで、年末の特番から楽しみにしてたもの。
前のもWOWOWかどこかでまたやってくれないかなー。

悪魔のリドル。
こちらは全く正反対の路線。
周りは全員敵ということだけど、見た感じターゲットが誰かわからなくなってきてるような。
そこが狙いだとしたら、結構うまく作ってるということかな。
展開的にきつそうなら途中でやめようかと思ったけど、どうなるのかも見てみたい。

がおられ。
さらに反対向きになって戻ってきた感じ。
フラグの立ち方が尋常じゃない上に、けっこうハーレム的な展開にもなたりして。
それにしても、他人の運命を操って自分の身も守れるとは、便利な能力だと思いつつ、鏡だと自分の頭の上も見れるのね。
どうなっていくのか、非常に楽しみです。

ブレイクブレイド。
やっと地上波に降りてきた感じ。
スチームパンクとも剣と魔法の世界とも違う、新しい概念。
でっかいくせにエアガンみたいな射程の大砲や、いかついくせにすぐに壊れるロボの外装とか、結構リアルでいいなーと。

でも、人物の作画はもうちょっとほしいところ?

続く。
春の新番その2
30分もので、見た順に行って見ましょう。

selector~
タイトル目茶長い。
今期の深夜カードゲーム枠。
巻き込まれ型に近いけど、最初から味方になる友人が出来たりで、かなり影のありそうなイメージからはちょっと和らいでる感じ。
元のゲーム知らないが、結構広いフィールド使うのね。
学校でやるには、ちょっと机の面積使いすぎるような。
紙のカードゲームのほうよ?w

ジョジョ3部。
個人的にも原作で一番好きなシリーズ。
それにしても、キャラも作画も展開も濃いこと濃いこと。
原作もかなり濃かったが、漫画の線画の密度と対照的な太目の輪郭とがっしりした塗り、塊感のある体の描写で映像的にも凄く楽しめる。

ここから色んな格闘ゲームキャラが生まれていったなーとか。
最終的にはジョジョ自体が格ゲーになったが。
それはさておき今期割と期待の1本。

魔法科高校の劣等生。
年子のブラコン妹と能ある鷹な兄貴の組み合わせ。
最初から割と登場人物も多いが、あまり破綻するほど全員が主張してないのがいいかんじ。
原作もしっかりしてるので、どこまでを放送とするのか楽しみな一本。

キャプテンアース。
とにかくスタッフが豪華。
巻き込まれ型ではなく、自らの意思でその道を選んだ少年の物語。
情報遮断してるので、元も先も全然見えないw
まだまだ謎は多いけど、今期一番期待してる一本です。

つづく。
春の新番その1
まずは短編から。

霧クマ。
まさかの再放送に、新作パート(CMだけど)追加。
位置づけはタチコマな日々みたいな感じかと。
それにしても、見た目がほぼ全員同じなので、声だけ聞いてたほうが理解はし易いかもw
今期はこの1分のCMのためだけに土曜の夜の枠一個取ってます。

召しませロードス島戦記
こちらも番宣なのかな?
ロードス島のシリーズ知らない人には、それこそ何がなんだかのスピーディすぎる展開。
ロードス島ってラノベだったのか。
当時はまだそのジャンル名無かったと思ったがw

更に、そのジャンルを確立させた元はクラッシャージョウやARIELとかじゃなかったかと。
まあ、そんなうんちくは置いといて、ただの同人的な作りで終わるのか、まともに展開していくのか、5分間気楽に見て行きましょう。

短編だけだと2本しかないな。
続くw
VILLA MOLINO BIANCO
ラベルに色々あって、どれが本当の名前なのやら。
やや辛口とある、安めの白ワイン。

東京の会社が輸入して、仙台の会社が取り扱って、それを神戸で飲んでる。
辛口とのことだが、非常にライトで飲みやすい。
もしかして、白って辛口と書いてるほうが飲みやすかったり?
ワイン通ではないので、その辺は個人的な感想ですw

まあ、自分も日本酒は甘いのから辛いのまでなんでも飲むけど、辛口の方が好みだしねー。
安いので、お試しにどうでしょうw
バドワイザー・ハイネケン
昔、ガルディーンという小説があって、アニメや漫画界の面子が集まって作った作品だった。
ラノベというジャンルはまだ無く、アニメーターや漫画家が挿絵を書く小説が世に出だした頃の話。

それに感化された少年たちが、自分たちもそんな世界観の作品が書いてみたいと、プロットを立ち上げた。
主人公の名前も性別も決まらないうちから、何故か敵の名前だけが決まっててw

レーベンブロイというガルディーンの敵に習って、バドワイザー・ハイネケンという名前と西部劇かぶれということだけが決まってて、そのあたりで頓挫。

まだ酒の飲める年齢ではなかったので、ブランドとして知ってただけの名前で作ったキャラの名前。
何が言いたいって、酒飲んでなくてもその名前は知ってたということ。

缶のデザインも何世代にわたって変わってきて、今ではバドは紅白のおめでたいものになってるけど、味はどれくらい変わったのだろうか。

バドは、自分がビールの味がわかるようになってからは、そんなに変わってない気がする。
ハイネケンは、キリンのラガーより苦いという印象しかなかったが、今じゃいくらでも苦い系はあるので、特に珍しいものではない。
でも、なんというか、独特の風味があるように思う。

でも、昔と違って両方ともキリンが取り扱ってるんだよね。
その中で、自社のビールとの差別化もあるだろうから、世界的ブランドの味を相手に、自分自身でも戦ってるんだろうなー。

消費税上がる前に、最後に買ったビールでした。
PSO2es

OB始まったのでやってみた。

αのころはiPhoneが対応してなかったので出来なかったけど、ようやく遊べる。
色々遊べるように去年アンドロイド端末買ったので、最近はちょくちょくゲームアプリを漁ってます。
ドコモのiPhone?なにそれ。未実装でしょ(震え声

で、入ってみたらPCの方入ってるとダメだといわれた。
使いたかった機能の一つに、緊急予告があるのだが、PCでプレイ中に使えないとあまり意味がないような。
だって、外でes遊んでる時にPCの緊急知っても、家に戻れるとは限らないし。

Screenshot_2014-04-05-23-28-25.pngpso20140405_232955_000.png
その後緊急もこなかったので、入ってみたがPC版の簡易描画ぐらいの画質。
アクセも1個しか表示されないので、眼鏡がないと印象がかなり変わるw
これがデカリボンじゃなかったら、もっと印象変わってたかも。

それはそうと、ほむら衣装もちゃんと表示出るのかしら。
後で試してみよう。

クエは、マップ移動は選択式で操作に迷う事はない。
戦闘はフリックで移動、タップで攻撃、メニュータップでPAやサポートキャラの攻撃となってる。
敵もちゃんとPC版と同じ動きや攻撃してくるし、完全にソロプレー専用だけど、まあこれはこれでありかな。

ただ、かなり頻繁に通信が発生するので、都心以外の移動中はちょっとプレーがきついところもあるかも。
特にLTEと3Gの切り替えが起きるような場所だと、諦めたほうが早い。
ていうか、レベル0のLTEは要らないから、安定した3Gでやらせてほしいわ。
まあこれはゲームとは関係ないけど、一応念のため。

PCとデータの連動もしているという事なので、ダブルカンストしてるメインの法撃系から育ってない職にしておいたものの、esでフォース撰んでるし、序盤は武器が無くて切り替えもできないしでw

結局は家にいるときが一番快適に遊べるので、用途は今のところPC立ち上げてない時の緊急予告とマグ育成くらいかなー。
もっと内容が充実すると、結構化けるんじゃないかと思ったり。
ウソもホント(パンヤ)

エイプリルフールネタかと思ってたら、しっかり絵も声も流用するとは。
ということは、あれ自体がそれをネタにしたステマだったのかと。

でも、1日に見た絵とは構成が違ってる。
キャラが全員パラドックスバージョンになってて、流石に格ゲーみたいな構成ではなくなってる。

普通のポンタガチャならやろうかと思ったが、出現率めっちゃ低い箱での実装なので、これはやらないつもり。
ガチャならクラブは10回(2000円)あれば出るけど、箱だとめっちゃかかるので。
鶴翼の絆
内田弘樹:著 魔太郎:画 ファンタジア文庫

艦これのノベライズで、瑞鶴が主役のもの。
まあとにかく、目力のあるイラストで、キャラが凄く立ってる感じ。

本文は、わりと正統派のシリアスでギャグやコミカルな要素はほぼなし。
登場する人数もうまく絞っていて、誰が誰だかということはない。

とにかく、戦闘の描写がしっかりしていて、その辺りに読み応えを感じる。
その戦闘や工廠の解釈も独自のものがあり、裏の設定なんかも行間に見ていくと面白くなってくる。

それにしても、この構成うちの主力とよく似てるなー。
うちは、赤城が真っ先に沈んで、そのあとすぐ瑞鶴が出て、唯一の正規空母として長く一線で活躍したので。
そういったところからも、親近感を覚えた作品ですw
花見

提督室も桜の様相で、うちの桜モチーフの艦娘で1枚。
内装に合わせて机もダンボールにしてみた。
本との桜な艦は、あのでっかい戦艦なんだろうけど、まだ手に入れてないし、作るだけの余裕もないw

IMGP1850.jpg
こちら本物の桜。
朝から見に行ったけど、周りに高層建築が増えてすっかり影になってしまった。
でも、これはこれで立体感のある画になった。

今が見ごろで、週末にはちょっと過ぎてるかも。
それ以前に週末休めるのかしらw
ワタヌキ
とかいいつつ夜は結構冷え込んで、帰りが遅くなるので、まだまだ綿入りが手放せない4月でございますw
で、もう昨日になるのだが、エイプリルフールのネタを探してちょっとだけ夜中にネットさまよってた。

20140401.jpg
がめぽは相変わらずの力の入れようで、あいれむが大人しくなった後を継いでいるよう。
今回は格ゲーのティザーサイトのようになってたけど、音声付の本格的なもの。

巨乳ネルやチビセシリアなど、絵としてもちょっと楽しめる内容。
これくらいのほうが軽くていいかもね。

4gatuPANGYA.jpg
紙男の方にもネタが仕込んであったけど、あっちは遊べたのかな。

Screenshot_2014-04-01-07-13-47.png
あとは、モバイルで遊んでるやつが、表紙だけ変わってるのを発見w
男装してるかと思って見に行ったが、普通でした。

こんかいあまり見て回れなかったなー。
また来年に期待しましょう。
4月1日までにしておきたかったこと

DIVAf2のエンディングを見ること。
宿敵のこの曲を最後にクリアし、電車のなかでスタッフロールを見ました。
今回はシューティングになってるのねw

電車降りて吉牛みたら、なんか割引券配ってるみたいなので、買い物帰りに寄ろうと思ったら、そのスーパーが切り替えのためか、いつもの閉店前なのにもう閉まってる。

仕方ないのでコンビニで買おうと思ってたもの買って、その足で吉牛に。

食べたのは牛丼ではなく豚丼大盛りにごぼうサラダ。
しかし、このごぼうサラダ、ごぼうが減ってキャベツばっかりだった。
この辺でコスト削減してるな。

IMGP1849.jpg
で、割引券げっと。
これで、値上がりしてもそれより安く食べれる。

他にもやりたいことは幾つかあったが、メンテ中だったりアプリ更新が必要だったりと、外では無理なのでそのまま帰宅。
あと30分で、録り溜めたレコーダーから最低2枚分の追い出しを出来ればいいなーとか。

寝るまでが今日ですよ!