ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
KOBEぽっぷカルチャーフェスタに行ってきた

天気も良かったし、最初から行く気満々だったので、色々計画立てつつ行ってきました。
写真は人材支援センターの入り口で無料配布してた、地元の学生アニメ作品。
まだ見てないけどw

IMGP2255.jpg
まず、海洋堂コレクション展。
中は撮影禁止だったので、他のブースにいたケンシロウ等身大フィギアを掲載。
色々なお宝もののプラモデルやフィギア、映画ローレライに使った潜水艦模型(でかい!)、社長の2頭身銅像など、なかなか見れないものが盛りだくさん。
他にもキン肉マンに登場のキャラもあちこちに立ってました。

上の写真にもちょっと出てるけど、海洋堂ショップと併設でフィギアの塗装体験会を無料でやってたので、ちょっとやってみることに。

オール筆で、アクリル絵の具での塗装はあまり経験無かったが、色を混ぜるところから。
何しろ、赤青黄白黒しか絵の具が無いんです。
筆も、丸筆が太さ違いで3種類。面相筆なんてありません。
これは試されてるのかと思いつつ…

IMGP2281.jpg
結果、ちょっと本気を出しすぎて、バイトの学生さんがガン見で横から離れない事態にw
そりゃ、用意された素材でぼかし塗装にドライブラシ、ウオッシングまでやってたのだから、そんな人ここじゃ見れる機会ないでしょうw

周りはだいたい親子連れが多く、中には子供の素体を横戸しりて嬉々として塗りたくる母親とか、水色やピンクの水玉や緑のぶち模様まで、子供の恐竜に対する夢の一角を見た気もします。

自分がやってる間に素体が無くなって受付終了。
もらってきたこいつは、1週間ほどじっくり乾かして、フラット吹いて飾るつもり。

そして、そのあと痛車を見て回り、鉄人のいる若松公園に。
しかし、道中時間を取りすぎて、当初の目的だったカレーサミットの食べ比べをしようにも、軒並み売り切れてて計画は水泡に帰しました。

足がまだ治りきってないので、これ以上歩くのはやばそうだったので、ローカルヒーローサミットに「ゲスト」で来てた鎧武を横目に、おとなしく帰って来ました。

予定の半分も消化してない気がするけど、それでも充実した時間でした。
また来年も行きたいですねw
澄み渡る梅酒
サントリーの梅酒。
天然水仕込みという、サントリーのお家芸で作られたもの。

グラスに注いで、まず驚くのが、無色透明であること。
梅酒なのに色がないって、それ梅酒と違うんじゃ?と突っ込みいれたくなる色です。

飲んでみると、一応梅酒の味はしているが、どちらかというと梅の味のする甘いお酒。
味も濃いわけではないので飲みやすく、度数も10%とそれほど高くない。
濃い梅酒がダメな人にもお勧めできるお酒です。
大型アップデート(パンヤ)

秋が来て、パンヤの大型アップデートの季節がやってきました。
今回の目玉は、既存キャラのモデルリニューアル。

とまあその前に、ログイン後のエントランスが大幅に改善されて、使用中のキャラとキャディのみ表示されるようになった。
複数のモデルを読み込んでメモリも処理もカツカツだったPCにはうれしい改善かも。
これなら、うちのセレロンノートでもプレーできるかな?

pangyaU_030.jpg
んで、その新モデル。
ケンとエリカがちょっと成長した姿…とか公式は言ってるが、キャラとしては別ものとして用意されている。

そして、その造形はというと、体のほうはスピカなんかに合わせて、ボーンやウェイトの調整が行われて、いまどきのモデルだなーと感じる。
しかし、問題はその顔。
すごくコレジャナイ感がするのだがw

あと、新キャラとしてラインナップされたので、衣装も完全に別物。
ということは、今後のガチャでは狙ったキャラの衣装の当選確率が、相対的に下がるってことになるのかね。
そんなに高くないので、PPで買って使うのもありだが、しばらくは様子見かな~。
COEDO Beniaka
紅も赤も並べるほど色に違いがあるとは思えないが、それほど赤を表現したいのだろうと思われる一本。
その赤が、なんとサツマイモの赤だというからちょっと変わってる。

香りはビールとビール系じゃない発泡酒の中間くらい。
飲んでみると、ビール系の苦味の中に、ほのかに甘みがある。
そして、7度という濃さ。

飲み終わるまで、中身も赤いということに気が付かなかったので、色の確認はしていないが、赤みがかった琥珀色ということらしい。
甘いビールとしてはお勧めできないが、変わった味の発泡酒としてなら、ネタにどうぞw
インドの青鬼
スーパーの特集棚にあった長野のメーカーのペールエール。
コンセプトは、大航海時代のイギリスが、インドへの公開のために作った濃い目のエールということらしい。

まず、飲んでみてすぐ思ったのが、苦いってこと。
その苦味も、ただ苦いのではなく、苦みが濃いという感じ。
グラスに注いでみると、淡い琥珀色で、泡も少し色がついてる。
度数も7度と高く、何から何まで濃い感じ。

でも、すごく気に入った。
これは、ビール好きにはお勧めです。
熱中症
日曜に京都観光をしたのだが、そこで熱中症にかかった。
幸い重症ではないものの、予兆は朝からあった。

曇ってたので、それほど気温が上がらないだろうと、電車の冷房用に上着まで持参していったのだが…
まず、マンガミュージアムの外で待っていた時から、日向で影のない状態。
結構暑かったが、まだ大丈夫だろうとそこで1時間半。

そのあと平安神宮に移動して、そこで大体2時間半くらい踊りやレイバー見たりしてた。
ここでも結構晴れてて、影のない状態。
日差しは、腕が日焼けするくらいはあった。

ここまでで摂取した水分は、お昼のノンアルコール缶一本だけ。

そこからまた日陰のない道を、三条河原町まで徒歩で移動。
途中でラムネが安かったので、それを一本飲む。

三条大橋の手前で、熱中症の前兆が出る。
少しふくらはぎが痛かったのだ。
でも、これは立ちっぱなし、歩きづくめで痛いのかな?と思った程度。

河原町のアーケードに入り、番傘をさがしてあっちこっち。
キャッチャー見るというので、地下のゲーセンに突入。

そこで一回りした後、ツレがいなかったので探し、上に行ったのかと階段を上り始めて10段目くらい。
いきなりきた。

両足のふくらはぎが同時に攣って、歩けなくなった。
階段の途中で立ち往生、なんとか足を延ばして復帰を試みるが治らない。
しばらくそこでじっとして、痛みが引かないのでそのまま階段を降り、地下にあったベンチに座る。

メダルコーナーの奥に自販機があったので、そこでようやくペットボトルを購入。
一気に飲み干すが全然足りてない感じがした。
そこでようやくツレが戻ってきたでの、音ゲーコーナーで全く聞こえない筐体に悪態付きつつももう一本ペットボトル購入。

それを飲み終わる頃に、ようやく歩ける程度にはなったので、途中で見つけたエレベーターで上に上がる。
そのあと自販機でもう一本ペットボトルを購入、これを持ち歩く。

結局、日曜に攣った足の痛みは水曜になってもまだ残っていて、歩くとかなり痛い。
無理して歩いて、肉離れにでもなってるのかと疑うくらい。

自分はどうも熱中症の症状として、頭痛などの一般的なものはなくて、いきなり足が攣るのが主な症状。
今年は車の運転中にもその前兆があったりして、根本的な原因として運動不足があると踏んでいる。

まあ、なんにせよ最高気温よりも、体にため込む熱の処理方法を考慮しなかったのがトリガーになってるので、涼しくなってきたとは言え、まだまだ油断はならないのです。
雪ミク2014
IMGP2249_201409230152269d3.jpg
こんな時期ですが、友人から余分を譲ってもらった。
自分が申し込もうとしてた時は、既に申込み終了してた時で、さらに遠方のイベントなんて行ける筈もなく。

このシリーズはとにかく入手のタイミングがシビアなので、諦めていたのだがちょうどよかった。
持つべきは行動力のある友人ですw
TNG版98式AVイングラム
IMGP2250.jpg
京まふ会場横の、レッドカーペットのとこでバンダイ直の物販やってて、現地限定のグッズはすでに売り切れてたけど、プラモが幾つかあって。

その中で、このモデルに京都限定のデカールが付くというので、定価だけど買ったw
そのデカールは、普通なら品川ナンバーに警視庁のところを、京都ナンバーで京都府警のものになるシロモノ。
あと、京まふのロゴや京都の寺院仏閣のシルエットなんかも小さいけどついてる。

買う機会は他にもあるかもしれないけど、イベント中に、その場で買ったことに意味があるのではないかと思う。
もともとこのモデルは買おうかと思ってたので、その後押しもあるんだけどねー。
京まふ関連イベントに行ってきた

毎年行こう行こうと思って全然行けてなかったのだが、今年は都合がついたので行ってきた。
まずは第2会場の艦これ原画展。
会場は京都国際マンガミュージアム。
こっちは別に慌てて行かなくてもよかったのだが、期間中の先着特典のために行ってきた。

まあデジタル全盛のこの時代に、原画もなにもあったものじゃないが、普段雑誌で見てる絵がポスターサイズで見れるので、その迫力は結構あった。

IMGP2197.jpg
で、エリア3ではアニメ関連の出展。
こっちは撮影OKだが、キャラのポップが並んでて、あとは先行PVを流してるだけ。
展示というにはちょっと足りなすぎるが、まあこんなもんかなと。

IMGP2199.jpg
その後、京まふ会場前に移動。
狙いはここで11時から行われる98式AVイングラムのデッキアップイベント。
先月大阪でやってたのに行けなかったので、今回は外せないとばかりに、スケジュールもこれに合わせて動いてた。

IMGP2205.jpg
一応、今回のこのイベントの警備に来てるということになってるらしいw

場内アナウンスの後、デッキアップ。
首もちょっとだけ動くようになってて、起き上がった後首が少しだけ下を向いて、眼下を見下ろすかのような構図に。
上げてる最中は動画で撮ってたので写真はなしw

そのあと、しばらくレイバーの前で色々太鼓やダンスや色々パフォーマンスがあって、今度は寝かすイベントに。
でも、寝かすほうはちょっと静かにゆっくり寝かすだけだった。

ちょうど昼になったので、横でやってたB級グルメの見本市みたいなとこでおひるごはん。
特製ソースのカツ丼と、アユの塩焼きを食べて一息つく。
物販のとこで限定デカール付のプラモ買って、ふと横を見ると面白いものが。

IMGP2244_20140921214453efe.jpg
撮影に使った小道具らしき、でっかい薬きょうが。
一応確認して、写真を撮らせてもらいました。

そのあと、河原町に出て番傘や2000円のコーヒーを探してうろついたり、絶望設定のキャッチャーに3000円飲み込まれたり、熱中症で足が攣ったりと色々やって、最後に本物の瓶ラムネ飲んで帰って来ましたw

あれ?
京まふ本体は?
メタリック ナノパズル プレミアム ガンダム
IMGP2179.jpg
作ってから写真出そうとして、買ってからだいぶ放置してたw
薄いスチールの板を、レーザー加工で切り取り線と折り目を付け、それを組み立てるもの。

一応立体パズルということになってるが、さすがに取説入ってるよね?

しかし、パッケージの写真見る限り、顔の造形があまりよろしくない気がする。
流石にこれを改造とか修正とかは無理っぽいので、このまま組み立てることになるのだろうが、創通サンライズの証紙がDなんで、こんなもんなのかねー。

しかし、この手のものも遂にロボットまで出るようになったか。
次は何が出るのやら。
月の桂
京都の発泡性濁り酒。
沈殿してるもろみを静かに瓶を回してかきまぜ、グラスに注いで飲む。
度数8度と軽めで、少し酸味があるが濁り酒特有のあの甘さがあり、結構飲みやすい方。
酸味は炭酸由来なんだろうか。

擦りガラスに手書きの絵が印刷された瓶が珍しくて買ったのだが、300mlと2杯に注ぐのにちょうどいいサイズ。
1合にはちょっと足りないけど、泡が出るからね。
軽めなので、一人で飲んでも行けるかもw
常陸野ホワイトエール
最近会社の近くの駅前のスーパーで、ビール系が充実してきてる。
以前は家の近所のスーパーが、シメイやコロナはじめとするちょっとした珍しいのを沢山置いてたのだが、最近はワインに力入れてるのか、ビール系は国産のものばかり。

そんなわけで、ビール好きには結構おいしいラインナップになってるので、徐々に攻略していこうと思ってるw

茨木は那珂市のメーカーの地ビール?
検索すると、ちょっと珍しいのを色々やってるようで、位置的には銀河高原とかその系統というよりは、お土産屋さんに名編んでるやつかな。
栓を開ける前に、少しゆっくりビンを振って、中に沈殿してるのを浮かせてやる。
そして、グラスに注いで濁りのある白いビールを、見た目でも楽しむ。

柔らかめの泡と薫りだが、少し酸味も感じた。
酵母の味もしっかりしていて、いかにも白ビールという感じ。
赤いフクロウのラベルが目印の、小さなビンもいかにもお土産っぽくていいw
アトリエコラボ(チェンクロ)
Screenshot_2014-09-17-12-41-12[1]
チェンクロも色々コラボするなー。
どこかのグラップラーが出てきたときは何事かと思ったけど、ちゃんと個別にストーリー用意してるんだよね。
さすがのシステムだと思ったわ。

んで、石が4回分あったので引いてみたら、4回目でゲット。
でも、★4で剣士だからなー。
って、属性殴りか。
それはそれで使えるかも。

期間はまだあるので、あと何回かは引いてみるつもり。
ARミク
20140917_092140[1]
ジョージアのキャンペーンで、ARライブ付の缶が売ってたので買ってみた。
色々キャンペーンもやってて、ゲーム内アイテムや楽曲、AR用のモデルに曲、さらには抽選でピクチャー「レコード」まで当たるという。

…レコード?

完全にコレクターアイテムだなw
んで、それに応募しようとすると、最低3本は買ってこないといけない。
とりあえずと思って2本買ったが、足りないじゃないか。

だけど、このARアプリのモデルやモーション揃えるだけでも、10本くらい買わないといけないとおもうので、お布施と思ってぼちぼち買っていきますw

ただ、このAR上でのモデル操作、ちょっとピーキーすぎてすぐミクさんがどっか行っちゃうんですけど。
リセット機能がほしいところ。
カラコレDX艦これ(緑

パッケージは緑なんだが、どっちが先に出たものなんでしょ。
この中身では、阿武隈狙いだったが、虫食いで6個しかなかったので、既に抜かれた後だった。

でも、雪風が出たので、一応は満足してる。
うん、満足してるんだ。
次見つけても買わないからね?!
ヤングマガジン The 3rd
月刊と週刊と、以前なら海賊版とかもあったけど、第三のヤンマガという意味も込めたような雑誌名。
出版不況といわれる中、あえて紙媒体で漫画雑誌を出してきた意図は…

で、読んでみると新人とベテランと、WEBからの作家で構成されてる。
見ようによってはWEB版の宣伝かなーとも取れるけど、けっこう本気の連載組んでるものもあるので、とりあえずは様子見ということろかな?
だって新創刊なのに次号以降から連載開始とかが多いのでw

ところでロックミーアマデウスはあのロックの名曲がバックに流れて仕方ないのだが。
あとはデミちゃんとクレナイさんあお気に入りw

とりあえず2冊目までは買うかな。
アーク・ロマンサー
原作:林達永 作画:金素姫 MFコミックス

愛が一つの能力の力となる世界、その感情は制限されていて、その力を得るために現代日本に降り立った戦巫女。
そこに現れたのは、幼いころ通り魔に母を殺された少年。
誰も愛さず、誰にも愛されないことを望む彼に、愛をもらうことはできるのか?

という内容(で合ってるはず)。
少々効果音なんかに変なものが見受けられるが、基本的に日本の漫画として違和感ない。
テーマが若干重いこともあるが、出てくる人たち全員どこか残念な気がしてならないのは気のせいかw

しかし、設定的にはちょっと無理がありかなーという部分もあったり。
1巻で3話しかなかったりと、話のボリュームはあるが、展開が少し急だったり遅い感じもしたり。
バランスが難しいページ数なのかも。
HEART BEATS Syrah Rose Mediuum Sweet
南アフリカ原産のワイン。

ロゼなんだが、その見た目に反して結構どっしり感がある。
まず、香りが赤ワインそのものの濃い目。
そして、味も赤ワインのライトくらいの重さ。
甘いと言えば甘いが、結構酸味もある。

ラベルにはやや甘口のロゼワインです、とあるが、「個人の感想です」が要るんじゃないだろうかw
それでもミディアム以上の赤ワインに比べると、結構飲みやすい部類に入ると思う。
cass FRESH
韓国のビール。

って、スーパーで売ってるのは珍しいよね。
よく見ないとわからないが、ラベルにも一部ハングルが使われてる。
でも缶のデザインはなかなかにシャープで、アメリカのビールにも見えたり。

味は、軽いテイストでバドに近い。
ビールとしては少し度数も低いせいもあるかな?
まあ、最大の特徴はビールとして、150~160円で買えることだろうか。
国産だと発泡酒でもそれくらいするのがあるし、輸入物でもこれほど安いのはない。

イオンとの共同開発品だとすれば、その安さもわかるのだが、普通に安いものを輸入元として売ってるなら、向こうはどれだけビールが安いんだろうかと。
ミニ四駆COPEN
IMGP2177.jpg
さっそくニューコペンがプラモデルで登場!
と思いきや、ミニ四駆だったw


でも、先代に比べてずんぐりしたそのボディは、ミニ四駆の機構を収めてもプロポーションが変わることがなく、そのままカーモデルとして飾ってても良さそう。
というか、そっちの目的で買ったのですがw

なんといっても、カーモデルにしては「安い」の一言に尽きますな。
探してみたら、こういう安くて形のいいのはまだありそう。
MGサイコザク
IMGP2176.jpg
ようやく売ってるとこ見つけて購入。
最近遠出してないからなー。

かなり分厚い箱で、2つ重ねると幅より厚さの方が勝る上に、そのなかにみっちりランナーが収まってる。
作るとしたら、かなり本気で取り掛からないと、組み立てだけでも相当時間かかるかも。

あと、完成品もそれなりに飾りスペースを食うので、まずは置き場所の確保も必要かもw
月見で一杯

中秋の名月なので、日本酒をグラスに注いで月見酒。
撮れるかなーと思って色々セッティングして、結局部屋を真っ暗にしないと撮れなかったw
ニコニコアプリ版ECO遊んでみた
ニコニコECO
前からやってたのは知ってたけど、久々に入ったのでちょっとやってみようと立ち上げてみた。

サイズの小さいクライアントをDLし、その上で動作させるだけ。
ストリーミングなのか、ブラウザなのか、実アプリなのかは分からないけど、ガンホー版と「重さ」も変わりなく、まったく普通に動いてる。

ただブラウザのサイズに依存してるので、画面はちょっと狭い。
立ち上げてたのがサブモニタのUXGAだったので、そのせいもあるけど。(メインではGT見てた)

内容は、タイトル名が変わってからだいぶ変わったのか、ストーリーが進んだのか、北のほうにいた結構強かった敵が、普通に人間の姿になって街にいて、序盤の進行手伝ってくれたりしてる。
あと、サーバーも元の名前が使われてるけど、ガンホーのIDとは別なので、既存のキャラを選ぶことはできなかった。
ちなみに、元の名前でキャラ作ろうとすると、使われてるといわれるので、管理は一元かもしれないし、同じ名前を考える人がいたのかもしれない。

同じ鯖かどうかは、ガンホー版を立ち上げて、庭を置いた状態でこっち入れば分かるかな?
ただ、ガンホー版に比べると遥かに簡単にゲームを始められるので、これからやろうかな?って人にはお勧めです。
ぶらんでー梅酒
名前そのままであるw
いつものシリーズで、ブランデーの梅酒。

でも、梅酒ってもともとブランデーで漬けるのもあるんだよね。
甘くなるから砂糖を減らせるという。
果実酒専用のブランデーもあるので、そんなに高級ってわけでもないからお試しあれ。

閑話休題

凄くまろやかで風味があり、梅酒によくある甘さだけじゃないのが、ブランデー由来で出てるのかは分からないけど。
だって、ラベル見るとブレンドっぽいので。

でも、結構飲みやすくて、ただの梅酒ではないと思える一本。
これは結構お勧めです。
異世界じゃなくて現実世界で魔王になったら
栗木下:著 RIKI:画 NMG文庫

小説投稿サイトからのデビュー作。
ある日突然、世界中から選ばれた人間が魔王になった。
そして、現実世界に魔王の居城が出現し、一般人にも特殊能力をもつ者が現れていく。

RPGのダンジョンクリエイトものをそのままリプレイ的に小説にしたもの。
世界観や設定に慣れているせいか、かなり読みやすいし面白い。
文章の構成としては、基本的にそれぞれの登場人物の目線からを追った一人称なので、そのあたりで少々混乱するかもしれないが、基本的にキャラ付けがはっきりしてるので、まあ気にするほどではないかと。

魔王となった主人公だが、やってることは悪そのものだが、凄く人間的で自分が生きる上で不要な殺生はせず、分相応な行動をして、かえって世の役に立っているような気もする。

ナンバリングはないが、そのまま続く構成になってるので、続きが読みたければWEBか2巻待ち、というところだろうか。
しかし、カバー裏にカラー印刷でピンナップにするとか、ちょっと変わった装丁の本でもありますw
ういすきー梅酒
前に買った赤ワインの梅酒と同じ系列のお酒。

ブランデーで梅を漬け込んだ梅酒はあるけど、ウィスキーって?
と思ったら、ブレンド品だった。

自分はウィスキーは苦手なんだけど、そのウィスキー臭さというか、辛さや癖が全然無い感じ。
ウィスキーってもともと40度以上あるのが多いし、梅酒だってそんなに度数低くない。
それを普通の梅酒なみの14度まで落としてるのだから、実際にはウィスキー分はそんなに多くないのかも。

でも、量がそれなりにあるので、飲むのには時間かかりそうですw
パンヤの夏

といえばこれしかないでしょうw
夏だけ課金する優良プレイヤーです、ハイ。

今回は一気に出ずに、半々で出たのだが、大体思惑通りになったので一応勝ちということで。
ネルもあるけどとりあえず誰得なので、SSはいいでしょう(単に撮り忘れただけ)・・・
まあ、メインで使ってるのこの4人だけだし。

pangya2014sum10.png
しかし、今は9枚で10回引けるモードがあるんだね。
それのおかげで、10回中2つ当たりとかになったわけですが。
消費税対策かなー。

そもそも当選確率を公表してないので、なんちゃらの法律は大丈夫なのかと思ってしまうわけですが。
それでも、以前よりは当たりやすくなってるのかな?
では、また来年w
魔女に与える鉄槌
原作:村田真哉 作画:檜山大輔 ガンガンコミックスジョーカー

魔女裁判の拷問で死んだ女が、そのまま生き返って魔女になるという世界。
そんな魔女を、異端審問官として雇ってる中央の教会。
その魔女たちは、腐った人間(主に教会関係者など)を拷問器具で次々懲らしめていくという。

懲らしめるといっても、ほぼ例外なく全員死んでますが。

とにかく設定が飛んでて面白い。
しかし、勧善懲悪っぽい話ではあるが、扱ってるのが拷問器具ばかりと、その使い方にもいささか問題があって、手放しにお勧めとは言いがたいのがなんともはや。

でも、世界で民族間紛争や戦争が無くならないのも元を正せば宗教のせいだってのは、ちょっと歴史を勉強すれば分かること。
世界中に信者のいる宗教をなくすことを最大の目標とする彼女たちの行く末は?
陸海空自衛隊コレクション
IMGP2169.jpg
コーヒーのボトルについてたおまけ。
スケールバラバラのモデルだけど、わりと造形や筋彫りも細かいので、手を入れればそれなりに見れるものになるかも。

このコーヒーも、ブラックじゃなかったら一気買いはしないので、これからも飲みやすい飲み物でお願いしますw
一番くじ艦これ

の、第3弾で合ってるかな?
ようやく景品らしいアタリが入ったシリーズとなった。
んで、入荷日は知っていたが実際当日になると、どの店も行く頃には上位が軒並み無くなってる状態。

さすがにポスター以下に600円の価値を見出せないので、そのままスルーしてラスト賞も狙える位置につけていたら、2次出荷なのか新品を取り扱う店が数件。
そこで、まっさらの状態で一発引いてみたら、以下の内容。

一番ほしいのは連想砲ちゃんのぬいぐるみなのだが。
そもそも80個中当たりが3個だしなー。
期待値を20回で1個(ラスト賞含む)としても、800円100個で当たりをもう少し増やしても良かったのでは?

瑞鶴を引いてしまったので、これでラスト賞狙いもしなくてすむのか?w