ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
竹鶴ハイボール
これも「マッサン」のコラボ商品。
こちらは、真っ当なハイボールで、混じりけなし。
でも、両製品ともアサヒビールから出てるんだよなー。
まあ、アサヒでウィスキーでマッサンって言われてもなんだけどw

味はまさしくウィスキーのハイボールそのままの潔さで、飲める人なら変に味付けされてるものよりは飲みやすいかもしれない。
自分はウィスキーの味は、ジャックダニエルとカティサークの味が違うくらいにしか認識できないので、本格的な感想は識者に任せますw
なにしろ、ウィスキーは昔悪酔いして、それ以来苦手としてるので、ストレートなウィスキーの記事がなく、ハイボール系の紹介にとどまってるのはそのせいです。
RITAハイボール
連ドラ「マッサン」のコラボ商品?
ただのコラボじゃないのが、ちゃんとニッカから出てるということ。
しかし、これは何故かリンゴのブレンドで、どちらかと言うとカクテルに近い。
でも、しっかりウィスキーの味はしてるので、ウィスキー苦手な人にはお勧めしない。

カクテル調なので、少し甘めで飲みやすくはあるが、一口目のリンゴの香りと味がふわっと来たあとは、すぐにウィスキーの味がしてくる。
なかなか微妙な味なので、他の甘いハイボールと比べるとちょっと違和感あるかも?
男たちの大和/YAMATO
BS朝日でやってたのを視聴。

戦後に生き残った人たちの、回顧録の形で話が進み、主に大和の乗組員とその家族や大切な人たちとの話がつむがれる。
製作年代が新しいので、現在でも活躍してる俳優さんたちが出ていて、今の映画見てるんだなーと感じる。
映像に関しては、特撮とCGの狭間みたいな時期なんで、中途半端感が少しある。

でも、実物大の船体セットを作った大和の迫力はすさまじく、当時この映画にかけていた意気込みも感じられる。
最終的な戦闘シーンの迫力は、ほとんど大和しか出てこない分、連合艦隊のほうが上かなー。

あとどうでもいいけど、CMの入り方が唐突で、更に回数も多い上に内容が同じものばかりで、わりと興ざめな部分が大きかったかもw
肩周り
肩
年賀CGできたので、本体の改造にとりかかる。
顔もちょっと手直しし、目のくぼみの部分が自然になるようにしていってる。

その後、一旦全てのコンストレインツを解除して、新しく筋肉専用のボーンを組んで、それを仮に割り当ててみたもの。
腕に段差が出来てるのは、まだ捻りと禁則に対応してないからで、そのせいで手のひらが外側を向いている。

ただ、肩周りは一応想定していたものに近くなり、もしかしたらいけるんじゃないかと思ったり。
でも、ウェイトを簡単には設定できないので、部分ごとに割り当てボーンを作ってるから、肩周りだけで30本近いボーンが入ってる。
この辺細かい設定できれば最強のツールなんだけどなー。
もうサポート終わってるしw

他に組み込んでるのは、肩甲骨の動きや、腕に連動して胸の周辺が寄ったり上がったりするのを組んでるが、胸のほうは実際の動きとは違う場合が出るので、これはオンオフか割合で動くようにしたほうがいいかもしれない。
式が書ければなー。

一回男モデルに割り当ててみて、マッチョがポージングで筋肉がムキムキ動くの作ろうかな~
それをフィードバックさせるまで、こっちをいじらないのも手だな。
モチベーションが持つかどうかですがw
EVレーミクさんとTTゼロ
IMGP2520_20141225235726758.jpg
フィグマの新作。
だいぶ出るの遅れたけど、ようやく届いた。
サンプル写真みたときは、もう少し大きいのかと思ったが、届いた箱が意外にも小さくて驚いた。

梱包の段ボール開けてみて、ああそういえばフィグマだもんなーと思った。
この大きさでも値段は結構するので、バイクの方は1台しか買ってない。
でもこれは乗せてなんぼなので、開けて飾るつもり。

あと、ミクさんもこのデザインだとしっかりあるのがいいよねー(何が
DG-08IW
IMGP2521.jpg
Windows8の8インチタブレット。赤いケーブルは充電中。
解像度もカメラも電池も性能控えめで、その分お値段も控えめ。
なんでandroidじゃないかというと、これは弟が使うので、セットアップしたら送るか、実家に帰省するときに持って行くもの。

なにしろ目が悪いもんで、androidやiPadなんかのデスクトップの文字やアイコンは全く見えない。
その点Windows8なら、パネルの大きさを変えれるし、数を減らしたうえで「何色の四角」と覚えていれば、ぼんやり見えるだけでも使える。
実際には、これをデジカメとして使いたいらしく、8インチモニターつきの200万画素カメラとしてセットアップ中。
まだ自分でも、ズームなんかの操作方法がわかってないので(そもそおあるのか?)、どこまで使いやすくできるかだが。

とりあえずストレージの容量も控えめなので、週末にQi給電パッドとSDメモリを探しにいく予定。
なにしろ、映像端子と並んだこの小さなUSBの端子に、ケーブル刺せるかどうかも怪しいのでw
ねんどろいど クリスマスミク
IMGP2518.jpg
ケーキって結構高いよねー。
普通に買える食玩の中では、結構高い部類に入るミクケーキ、今年も買ってきました。
サイズは1.5人前ほど、チョコクリームメインの前のと比べると、イチゴの酸味もあってかだいぶ食べやすい。
シャンメリーの右下にあるのは、コカコーラの瓶入りのおまけで、グラスや瓶を下からイルミネーションするもの。
結構雰囲気よかったです。

でも、一緒に買ってきたチキンが思いのほかボリュームがあったので、結局食べたのは25日の朝ですがw

ねんぷちのクリスマスミクは、ツリーをイメージしているのか、髪の緑が若干濃い目な印象。
最近桜や雪なんかの薄い色を目にする機会が多いので、そう思うのかな?
ベイマックス アクションフィギア

風船バージョンと、強化戦闘形態の2種。
劇場で売ってたので買ったものだけど、量販店いけば安く買えるのに、なぜここでかうのかとw

何しろ、映画見終わったあとの流れそのままでショーケース見たので、何も考えずに買ってるなーと。
でも、こういうのはそういう雰囲気も大事だよねー。
アクションフィギアだけど、開ける気全くありませんw
スカイネット ミニフィギア 艦これ

こうして見ると、デフォルメ頭身のフィギアも沢山あるなー。
それぞれ解釈や表現も違うので、それぞれの楽しみ方があるけど。
ドックのクレーンも付いてて、それに吊り下げて飾るようになってるのが、他とは違うところ。

しかしさすがに、ラインナップの選定に若干疑問を覚えたりw
あと、さすがに髪の色が違いすぎて、誰これ?にならないように進言しておきたい…
引いたのは赤城と那珂だったので、髪の色は気にならなかったけど。

あとどこでもいいからうちの嫁早く出せと机をバンバンしてみたりw
本日の収穫物

ビーマニ系のプライズ取るのは久々だなー。
平行棒に乗ってたやつで、斜めにはまってから初めて取っていた側が狭くなってるのに気が付いたw

うーむ、台を見極める目が衰えてきたかのぅ?
でも、断面はほぼ正方形なので、それほど難しくは無かったです。
店によっては、短い方の辺の幅ギリギリにしたうえで、滑り止めしてるところもあると思うので注意です。
宇多田ヒカルのうた
13組の音楽家による13の解釈について
というサブタイトル付き。
つまり、宇多田本人のアルバムではなく、13曲全てカバーのコンピアルバム。

井上揚水、椎名林檎、浜崎あゆみなどの名だたるメンバーが、それぞれのテイストでアレンジしたものが納められてる。
音とか、唄い方とか、それぞれの個性が出ていてけっこう面白い。
中には上手すぎて、オリジナルに聞こえてしまい、どこがアレンジなんだと思うような曲もw

こういう形態のアルバムは幾つかあるけど、この面子が集うのはそうそう無いと思うので、それだけでも価値のある1枚です。
ベイマックス
吹き替え版メインの上映で、字幕は夕方までなかったからさっき帰って来ました
かなり面白かったですw

まず、短編の犬の話でほんわりした気分になって、その流れのまま本編に突入。
サンフランシスコに日本の文化が入ってるような架空の未来都市。
そこで一人の天才少年が、家族を失った代わりに残されたケアロボットと共に、仲間を得て立ち直っていくというのがおおまかな流れ。

とにかくベイマックスが、可愛くて強くて優しくて。
一家に一台ほしくなりますw

あと、エンディングはAIが歌ってますが、元の日本語版知ってるから英語版でもじんときました。
そのエンディングも、アメコミみたいな序盤の絵柄で、コミックでないかなーと思った。
そして、相変わらずエンディングの途中で席を立つ人が多いですが、ディズニー映画の常で、最後にもう1シーンありますよw

ヤマトとマガツ(PSO2)
pso20141215_224432_001.png
EP3にも新しいストーリーがはいり、新ボスも登場し、クリスマスイベントも後半に突入して。
なにかと忙しい年末ですが、仕事の合間縫って濃く短くやってますw
それにしても、この光加減だと肌が綺麗だなー。
グラボ変えた甲斐あった。

pso20141217_235940_003.png
その威力はこういう景色で威力を発揮する。
チーム拠点も春の日本庭園に。
これずっとこのままでもいいのになー。

pso20141217_230724_002.png
そしてヤマト2199コラボw
ピンク、黄色の順に引いて、黒は買いました。
髪は元からのツインと引いた雪の髪型、そして買った玲の髪。
こうしてみると、物欲センサーが仕事してるなーと思うわ~。

でも、元から胸があるのでどの衣装も似合うし、目が紫なので雪の髪も合い、髪が白いので玲はそのまんまw
でも、背が低いのでネコミミ付けたままですがw

これの導入決まったときからずっと楽しみにしてたので、マガツなにそれ?
って感じだったのですが。

pso20141218_220105_000.png
裏ビンゴにマガツ討伐が入ってるので、頑張って時間合わせて参加。
でも初回は(初回なのに)XH選んで失敗。
即座にVHに移動し、敗残兵が集まる部屋で難なくクリアw

初回失敗したの、スキップの無いムービー見てて全員の開始時間が合わなかったからじゃないかと推測。
うちは、途中でそれに気づいてカットしました。
ストーリーの一部ならあとで見れるしね。

で、そのストーリーも次はSHグンネかなー。
もうちょっと足場固めてからチャレンジしようかな?

------------------------
(C)SEGA PSO2
ミディッチュ 榛名
IMGP2512_201412172131246db.jpg
だいぶ出るの遅れたなー・
ということで、やっと出ました。
全部そろえるつもりがないので、これがようやく一つ目。
機会があったらいっちゃうかもですがw

とにかく、箱も小さいので飾り場所に困らず、積み上げもできるのでかなりいいアイテムです。
SAOオルタナティブ GGO スクワッド・ジャム
時雨沢恵一:著 黒星紅白:画 電撃文庫

全部カタカナで書かれたタイトルは、背表紙で3行になってますw
なんとなんと、時雨沢版SAOで、しかもGGOが舞台。
アニメ2期では銃器アドバイザーまでやってる、根っからの銃器マニアで、自作の小説にもリアルな描写がよく出てくる。
そんな電撃文庫の看板作家の一人が、同じく看板作家の一人の人気作品のスピンオフを書いちゃったのです。

時系列はオリジナル本編の大会前後、もちろん現代日本のGGOサーバー内。
長身をコンプレックスに持つ女子大生が、チビキャラでP90ぶっぱなしながらGGOの世界を駆けまわる。
GGOの世界観で、設定も忠実なのだが、ですます調の独特の文体がとても新鮮に感じられる。

そして、この作品オリジナルの大会が開催され、その一部始終が描かれる。
とにかく、立体的なアクションの描写で、話が進む程にどんどん面白くなって引き込まれていく。
SAO読んでなくても楽しめますが、読んでると更に、銃器の知識もそこそこあると、もっと楽しめますw

人気作家はなかなか新シリーズが書けない世の中だけど、これは新作としてお勧めの1冊です!
レトロゲームセンターKINACOに行ってきた
不定期に店を開ける謎のレトロゲームセンター。
そこには、博物館級の古いビデオゲームが所狭しと並べられ、アーケードゲームの初期の名作や迷作が完働しているという噂を聞きつけ、選挙の投票に行った後日本橋へと向かう。
しかし、開店時間を確認してなかったので、2時間近く周囲をうろうろしてました。
その間に何故か荷物も増えていってw

IMGP2468.jpg
目的はこのスターウォーズ。
アタリが出してたベクタースキャン(線を繋いで絵を作り、3Dモデルのように見せるもの)の名作で、今でもかなりファンも多い。
ブラウン管の寿命か、少しピンが甘いけどちゃんと遊べました。
ノーマル選んでデススター落とし、タイファイターに負けるところまでしっかり自分の腕が再現されてましたw
やはり今回はこれが目玉で、結構プレイ待ちで並んでる人も多かったです。
また、シューティングとしてのゲーム性が今でも通用するので、全く遊んだことが無い人でも結構楽しめるはず。

IMGP2470.jpg
次に遊んだのがマーブルマッドネス。
トラックボールを使って、迷路の上を玉ころがしするゲーム。
グラフィックはシンプルだが、ゲーム性は高く、何度やっても飽きない面白さがある。
これも3面で落ちまくってゲームオーバーという、いつものパターンでしたw
でも、だいぶパターン忘れてるなー。

IMGP2474.jpg
ベクタースキャンのアステロイド。
ボタンで左右旋回、ボタンで前進、ボタンでショット。
すべての操作をボタンで行うシューティングゲーム。
しかもその前進には慣性があり、周りの隕石を避けつつ、ドリフト走行のような挙動で隕石や敵UFOなんかを撃っていく。
はっきり言ってかなり難しいですw
でも、結構病みつきになるゲーム。

他にも何台もあったのですが、苦手なものもあったりして手が出せず。
また、メンテ中のものもあり、次に開店するときにはまたどれか動いているのかな?
次はガントレットあたり探してきてくれないかなーww
ルミナリエの歩き方 その2
IMGP2485.jpg
回廊と城だけが、冬の夜景の楽しみ方ではない。
暗くなってきた空をふと見上げると、どこにでも綺麗な景色はある。

IMGP2484.jpgIMGP2486.jpgIMGP2489.jpg
街路樹のイルミネーション、協会のライトアップ、ホテルの玄関の装飾。
このあたりは、夕方から暮れてきた時位が、深い蒼の空との対比が楽しめる時間。

IMGP2492.jpgIMGP2506_2014121500174897a.jpgIMGP2494.jpg
JR駅前の金のツリー、交通センタービルの銀の飾り、そごうの2階入り口、サンチカの輝くツリーなど、この時期にしかないものも多い。

また、ルミナリエ自体も、少し脇道にそれて見たり、ビルのガラスに映る景色も楽しみながら歩くといいかも。
今日が今年最後のチャンスです。
クリスタ買ってきた。
クリスタ
でも、安いほうw
だって、旧バージョンのコミスタEX持ってるので、カラーイラストのとこだけあればよかったので。

UIはちょっと独自だけど、使ってみると意外に分かりやすい。
ツールの配置や機能、ショートカットなんかはフォトショップ準拠なんで、なれた環境としても使える。
それにしてもブラシの機能の多いこと。
初期の種類だけでも結構あるけど、カスタマイズや追加もできるので、特定の分野を描くのはかなり強いかも。

個人的には、ブラシよりカケアミや効果線ブラシなんかがお気に入り。
しばらく白黒の絵も描いてないので、結構新鮮だった。
まだブラシしかつかってないけど、滲ませやぼかし筆など、フォトショップより「絵を描く」ことに特化してる分だけ、出来ることは多そう。

そして、久々にタブ直書いてみて思った。
下手やなーw
絵ってのは技術なんで、描かないとどんどん下手になっていく。
経験でカバーできる範囲もあるけど、やっぱりちゃんと毎日とは行かなくても、描き続けないとダメだなーと思った。
褐色の余韻
サントリーのクラフトマンズビアの一種。
てか、このシリーズ買うの久々だな。
ずっと前に出てて、近所で見かけないだけなのかもしれないけど、まだシリーズ3なのか。

ブラウン系らしい、いい香りとビールとは少し違う苦味のある、コクのある飲み口。
気が抜けてしまうと、普通のビールっぽい香りになってしまうが、気の抜けたビールなんて誰も飲まないし、冷えてるうちに~って、最近大分寒いよねー。

なので、暖かい部屋で鍋でもつつきつつ、いつもとはちょっと違う紫のラベルの一本を楽しむなんてどうでしょうw
イベント真の終了(艦これ)

最終海域は早々にあきらめ、溶鉱炉の蓋を開く。
幸い?資源はまだ全部10万以上あったので、遠慮なくどんどんつぎ込む。
また、その間にイベント海域での鯨ちゃん探しにも奔走。

ドイツ艦隊
そして、各資源が4万ほど減った頃、ビスマルクの建造に成功。
これでようやくドイツ艦隊が組めるw
後ろに違うのが着いてってますが…

ちなみにこの八ちゃんは40代の集まる遠征用3軍メンバー。
演習時はほぼこの構成で、出撃することなく安全に育ててます。

改造MAX
また、明石での装備改造にも着手。
毎日少しずつ改装を重ね、ようやく改造MAXに。
これはこの後B砲になりました。
5連装酸素魚雷も作らねば。

大鯨1
そして、イベントも終了して2週間になろうかという頃、ようやく5-2で大鯨ドロップ。

大鯨2
早速演習に出してレベルを上げ、そのまま潜水艦隊派遣任務に。
遠征には50代の集まる2軍潜水艦ズが担当。
これでやっと、緑の任務がひとつ減るw
しかし1回30時間か(これ書いてる間も遠征中)。

そして、ようやくこれでこの秋のイベントが全て終わりました。
今回は長かったなー(違
また冬のイベントに備えて資源貯めないと。
カシス&グレープス パークリング
カロリ。の限定もの。
カシスの赤いスパークリングに、グレープフルーツの粒が入ってる。
商品的には赤ブドウのグレープなんだろうけど、こっちにも掛けてるのかな?

グラスに注いでみると、綺麗な赤に炭酸で果肉の粒が躍るさまを楽しめる。
ほんのり酸味のある、甘すぎないカクテルとしての出来はいい。

だけど、しばらく置いておくと、炭酸によって持ち上げられた果肉が水面に溜まり、泡ともなんともつかない不思議な塊になって浮いている状態で、一瞬飲んでいいものかどうか迷ってしまったw

なので炭酸で果肉が躍ってる間にさっと飲んでしまうのがお勧めですw
ルミナリエ見に行ってきた その1

まずは、ハーバーランドに例のモノを取りに行くので、ここからスタート。
冬場は街路樹にイルミネーションを施すので、駅から旧モザイクまでの道なりも結構きれいです。

IMGP2416.jpg
ポートタワーも普段のライトアップに、イルミネーションもついてて、ちょっと赤いツリーにも見える。
でも、このディスプレイはいつもやってるw

IMGP2418_2014121000262372c.jpg
フィッシュカフェは、夜に見ると鯉みたい。

IMGP2423_201412100026229ee.jpg
大丸の幾何学的な夜景も、また趣がある。

IMGP2429.jpg
そして、光の回廊の入口へ。
今年は柱の部分に明かりが少なく、少し宙に浮いているような印象。

IMGP2445.jpg
終点の公園の巨大な光の城。
ここは、中にはいるもよし、外から眺めるもよしの、万能デートスポットですw
また、周りの木々の間から漏れる光を見るのも、また別の綺麗さがあります。

IMGP2457.jpg
今回は、魚眼レンズも持ち込んだので、それでなかから撮ってみた。
でも、画角がそんなにないので、頑張ってこれくらい。
あと、トイレンズなので、これだけ光の入りが複雑だと、かなりゴースト出まくり。

続く。
まんがで身につく孫子の兵法
長尾洋一:著 久米礼華:まんが あさ出版

店頭に一冊だけポンと置いてあったのが目についたので買っててみた。
中国の書物は、高校のころに古典漢文で赤点とって、追試に必死になったら好きになってしまって(追試が、じゃないぞw)、孔子と論語は原文で読破した。
でも、孫氏は戦争の本だと思って読んでなかった。

この本は、都会で仕事に失敗してUターンしたOLが、田舎のお米の卸業者に就職し、数々の困難を孫子の兵法をもって乗り越えていく物語になっている。
しかし、孫氏以外の部分では、なんか色々現実味がありすぎて怖いくらいなんだがw

それにしても、配置転換た上に仕事に失敗したらクビとか、ほんと黒企業だな。
新しい職場では、人間関係や取引先の倒産など、様々な困難があるけど、何から何までううまくいくとは限らない。
昔の書物は、預言書含めて色々な現代の事象に照らし合わせて都合よく解釈することが多いけど、これは兵法。
ビジネスの世界で戦っていくサラリーマンの物語。
非情に現代的で、あながちウソの話でもない。
分かりやすく、孫氏を読んでみたい人におすすめの一冊。
SWIFT!
松田未来:作 RYUコミックス

リノの草レースをモチーフにした作品。
レースとは言っても、レシプロの飛行機を使ったエアレース。

今や飛行機を題材にした作品では、日本国内では有数の作家となった作者の新作。
ツイッターでよくこれの取材なんかの写真含めて、色々上がってたので存在は知ってたが、それがようやく1巻発売となった。

おりしも来年は日本企業がチームに参加するエアレースが、日本でも開催される。
それを狙ったものでないことは、10年にもおよぶ取材時間が否定してくれる。
好きで行ってただけかもしれないけどw

エアレースは世界に幾つか有名なのがあるけど、リノのものに絞ったのは、何らかの理由があると思う。
それが、これからどんどん描かれていくのでは。

RADEON R9 270X
IMGP2410.jpg
久々に新しいパーツ買った。
本当は、PC組みたい病が発症してるのだが、なんとか押さえてこれを買ってきたw

ゲーム専用PCに入れるつもりで買ったもので、今遊んでるタイトルだと別にここまでのスペックは必要ないのだが、出てからしばらく経ってるし、価格もこなれてきてたので、ちょっと狙ってた。
しかし、このところの円安進行がかなりの勢いで、週明けにはまたパーツの値段が上がりそうな気配を感じ、今週買ってきたというわけ。

しかし、組んでみて気が付いたのが、電源がそのままだと6ピン2本取れないこと。
他の電源を減らして、そこに変換ケーブル付けるのも考えたが、460Wなんでちょっと心許ない。
少なくとも2本食わせて安定するか疑問だったので、思い切って750Wの電源を買ってきて取り付けた。

ただ、この電源はケーブルが全部生えたままなんで、沢山対応できるのはいいが、余った分が邪魔になったりする。
コストパフォーマンス重視で買ってきたが、次からはそのへんもよく見て買おう。

で、もともと使ってなかったHDD2発を未使用にし、ケーブルの取り回しをやりなおしたので、中身は割とすっきりした。
で、ドライバーインストールしようとDVD入れたが認識しない。
こりゃ、ドライブがいかれてるなーと思いつつ、こっちはネットで対応できるのでDLしてインストール完了。

再起動後、ベンチを走らせてみたら、650Tiが4500台だったのに、これは11500台が出る。
フレームレートも明らかに多く、140とか出てるところもあるのだが、ここまで来ると今度はうちのモニタが対応しないw
なので少々オーバースペックになってしまったが、これで当分はグラボと電源の心配はいらないだろう。

そして、PSO2やってる時に相性問題で落ちまくってたげふぉとも、これでおさらばである。
やっぱ、AMDのチップセットにはRADEON乗せないとダメだねー。
にいてんご ユウキ

で、こっちがユウキ。
前の雑誌を買って、開いてみて初めてこっちもあることを知ったので、翌日買ってきたw
しかし、更にキリトの水着Verもあることが判明。

ま、そっちはいいか(ナニ

それにしても、ずいぶんと可愛らしいこと。
パレオを付けないと、ユウキらしさがもっと出てるような気もする。

でも、水着は本編にあったかな?
7巻読んだのだいぶ前なので覚えてないが、書下ろしイラストとかであるのかもしれない。
だってユウキはこのあとねー。

TVでもまだそこまで行ってないので、ネタバレはやめときましょうw
そして、自分はその辺から未読が積みあがってますwww
にいてんご シノン
IMGP2409_20141204015518260.jpg
雑誌のおまけについてる水着のシノン。
サンプル写真の、なんとも言えない微妙な表情にやられて買ってしまったw

箱から出してみると、サンプルよりも肌が少し黄色くて、チークが薄い感じ。
少し化粧してやると、いい感じになるかもしれない。
またパステル塗って艶消し吹いておこうかなー。

でも、それだとイルカと水中眼鏡の艶がなー。
ただ、PEはほっとくと粘つくので、やっぱ全部艶消し吹いとくか。
袋から出して飾るなら、艶消しは必須です。
でも、この季節に水着飾るのか…w
ねんどろいど 矢沢にこ
IMGP2408.jpg
なのだが、最初から改造のベースにするために買ってるので、ファンには申し訳ないがすぐに別のキャラになります。
ちょうどいい長さのツインテはなかなかないので。
だけど、それじゃあんまりなんで、2個買ってきましたw

しかし、パーツが少ないせいか箱が小さいねー。
クレーンゲームの景品の方が大きい箱多いんじゃないかな。
連合艦隊(1981年版)
とは書いたものの、こんな大作そのあと作ってないよね?
WOWOWでやってたのを先月録ったもの。

超がつくほどの豪華キャスト、日本の特撮とミニチュアの粋を惜しみなく投入した戦争映画。
実際の戦時映像も幾つか使われてる。
連合艦隊の栄華と衰亡を描いた作品で、沖縄特攻へ向かう大和で幕を引く。

主役と呼べるラインが幾つかあるが、それぞれが同じ時系列で進んでいく。
それは、人であったり、艦であったり。
ミッドウェーの機動部隊壊滅がわりとあっさり目なのに対して、瑞鶴の死闘がかなり濃い目に描かれていたのが印象的。
大和が最後を飾るのは当然として、もう一人の主役は瑞鶴でしょう。

それにしても、みんな若いなー。
中井貴一なんて、学生とか言っても通じるよ。
既に亡くなってる俳優さんも沢山出てるので、日本映画史の一つの歴史的資料としての価値もあるんじゃないかな。
船よりも名前のある人の方が沢山でてくるので、覚えるのは大変ですがw
パトレイバーTNG
映画の日で見に行ったら、割引なかったw
でも他に見たいのもなかったので、そのまま定価で入場。

今やってるのは10話と11話。
本格的なレイバー同士の戦闘ということで期待して見てみたが、押井節おなじみの食事のシーンの長回しあったり、人間同士の戦闘の方がシーン多かったりと、わりとおまけな印象。
でも、その分レイバー戦の密度が濃かったので、結構満足。

11話はちょっと切ない話になってて、パトレイバーとは縁遠い内容だけど、いつもカリカリに機動や戦闘してる部署でもないので、これはこれでアリだと思った。
というか、むしろ11話のほうがお気に入りw

予告で見ると、次も結構面白そう。
GWにやる分の映像も一部出てたけど、そっちもチラ見せな分、期待を煽ってる感じ。
また見に行きますw