ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
改装ラッシュ(艦これ)
暁改2
予告通り暁に改二が来た。
全体に水彩画っぽくなり、イラストレーターのタッチがそのまま出ていていい感じ。
司令部は明るい色の方がいいかも?

第六は全部レベルが高かったので、とりあえず実装日まで放置してて、その間に他の艦の改装を進めた。
呂500
葛城改
雲竜改2
最近のイベントでもらったのを実用レベルに。
雲龍もだいぶ放置してたので、この際一気に改装。
他にもイタリア、ローマ、秋津洲も改装。

ビスマルク改2
扶桑改2
ビスマルクや扶桑も改二までやったが、設計図が足りなくなってきて、あとは山城を現在育成中、これに使うと尽きる。
必要ないところで、同時に妙高も上げて、緑任務を早く消化したいところ。
それから、神通や木曽も育成してるが、だいぶサボってたので改二になれる艦が大量にいるなーと。

このうちどれかは、次のイベントでルート固定に入ってくるんだろうなー。
だったら、改装しただけじゃなくてそれなりに実践レベルまで持ってかないとだめか~と、白目になりながらやってます。
氷結ココナッツウォーター
ココナッツウォーターの氷結。
もともと味の薄い果汁だけに、どんな味になってるのかかなり興味があった。
プルを切ると、少し乳酸菌っぽい香り。
味は少しラムネっぽい。

ちょっと思っていたのとは違ったが、トムヤムチキンのカップ麺と一緒に食べてたら、いつの間にか吐く息がココナッツの香りにw
よく見たら、こっちにもココナッツ入ってたり。
全然狙ってなかったが、面白い組み合わせで、飲んでるうちにココナッツの風味が強くなってきたような気がしたw
アイアンアッガイ
曽野由大:作 角川コミックスエース

アイアンマンっぽいかっこいいアッガイが表紙の、現代日本を舞台にしたガンプラ漫画。

ただのガンプラ(それもアッガイ)好きだった主人公が、ある日等身大のアッガイスーツを作って意中の少女の気を引こうとするところから物語が進んでいく。
色々残念な人たちが、残念な結果にめげることもなく、残念な道を究めていく物語w

最後は大風呂敷広げて、回収不可能までにしておいて、ずばっと終わる潔さ。
ラストのコマに終わりもENDも書いてないけど、ちゃんと終わってるよね?
そもそも話が続かないと思うし、終わってることにしときましょうw
彼は、あの後いくら払うことになるのかしら。
一番絞り神戸づくり
神戸の醸造所で作られたという一番絞り。
飲み屋で出てたので、気になって探してきたもの。

山田錦のうまみを引き出したとかあるけど、ビールだよね?w
ただ、普通の一番搾りよりも、少し天然水っぽい味がする気がする。
やっぱ、コーラもビールも作ってるところで微妙に味が変わるよなー。

これって、各地版あるのかな?
あったら飲み比べしてみたいなー。
Liefmans
ベルギーの発泡酒。
一応ビールらしいが果汁が沢山入ってるのでビールとは呼べないらしい。
色は赤、香りはイチゴジャム、味はラズベリー。
確かに、これをビールと呼ぶのは無理がある気がするw

なにしろ、酸っぱさが前に出すぎて、3.8度と低めなのも手伝って、既に酒とすら思えなくなってくるw
特に不味いとかそういうのではないが、だいぶ飲む人を選びそう。
変わり種のお酒(カクテル?)を試してみたい方にお勧めw
最近のモデル

だいぶ顔が落ち着いてきたので、ちょっと載せてみる。
骨格のリアリティを追及するあまり、とうとうサルのような顔になってしまって、これではいかんと方向修正。
結局は、ある程度の説得力としてのリアリティは必要だが、自分のキャラらしさ、可愛さを失っては本末転倒なので。

aki150224e0.png
まだちょっと体がデコボコしてるが、体型を気にしつつバランスのいい「ボーンの元」になるよう、スプラインの位置を調整中。
顔は当分ここからいじることはないので、表情も色々付けれるようにポーズを増やして行ってる。

aki150224c6.png
口の大小、△の口(さんかくのくち:漢字だとややこしいなw)なんかを組み合わせて、結構表情豊かになってきた。
目の周りに表情を持たせるようにすれば、もっと幅が広がると思う。

aki150224d0.png
肩周りはだいぶ理想に(ボーンの上で)近づいてきたけど、腰と足回りがまだ決まりきってない。
ひざ小僧がちゃんと出るように、ウェイトで固い部分を作るか、二重関節にするか考え中。
二重関節は、MMDにしたときにちゃんと設定できるのかな?

パンツにウェイトがないので、足にめり込んでるけど、これを真面目に追求しようとすると、足の肉が持ち上がってきた時に、布が肌に沿って逃げるような設定を作らないといけない。

そして、このツールにはそんな機能はないw
こういうポーズのときは、布の横ラインが埋まらない三角ビキニかハイレグのワンピースで逃げるか…
まあ、足の肉に挟まって隠れてると言い張ればそれでいいか(いいのか)。

aki150224b0.png
そんなわけで、水着の季節にはある程度形になったものを見せられると思いますw

プライズに化粧してみた
IMGP4989.jpg
以前キャッチャーで取った2014年版レーミクさんに、パステルで「化粧」を施して、ディティールアップしてみた。

IMGP4990.jpgIMGP4993.jpg
ただ、もとのイラストが彩度が低めで、チークもあまり濃くすると違和感ありそうなので、控えめにしておく。
服のラインには墨入れしてみたが、溝が思ったより太く浅くなので、薄めの色を入れてある。
それこそエナメルで入れても良さそうなものだが、モールドによってはボケ味の出るパステルの方がいいかもしれない。

あとは、肌や服の影になる部分にシャドウ入れして数日乾かし、綿棒と筆で仕上げたあと、フラットを全体に吹いて固着させる。
フラットをコートすると、プライズでも市販のフィギア並の見栄えになるので、こんな簡単な化粧でもやってみる価値はあると思いますよ。
あと、フラット吹いておくと、経年で表面がベタベタしてくるのを抑えることができます。
作りの甘いものだと、1年たたずにベタベタになるのもあるし、この処理は大事にしたいものや飾りたいものにはお勧めです。
ピットロード1/700秋津洲を作り始めた

さっそく封を切ってパーツの確認。
細いところに流れきってなかったり、落ちたりしてないか確認。
すると、船体の下部に少し欠けがある。
製造時のものではなく、明らかにパッケージの中で圧潰したような感じ。
見てみると、右舷のこのあたりだけプラの肉厚がが異様に薄い。

IMGP4985.jpg
艦首と艦尾に若干のヒケもあるので、それと合わせて直してやる。
マスキングテープで裏打ちし、薄くパテを盛って、削った後に溶きパテを塗って乾燥させる。
プラが薄いので、あまり強い溶剤で溶くと、土台自体を溶かしかねないので注意。
あと、表面に窓なんかのモールドが、非常に薄く付いてるので、それを削らないように気を付ける必要がある。
でも、これ塗装の厚みで消えそうなほど薄いから、気にしなくてもいいかな?

IMGP4983.jpg
作りやすいところや、塗装後に乗せるものなんかのパーツの合いを見てみる。
12cm砲が若干合いが悪い感じ。
可動させる必要はないので、これは中を削ればいいだろう。

IMGP4982.jpg
二式大艇のパーツを合わせてみると、反り返っているのか若干隙間が出る。
これは、すり合わせで何とかなりそう。

IMGP4984.jpg
艦橋部分は、甲板の上の突起(それが後面の壁になる)にそれぞれの面を組み付ける形になってる。
これだと、後で迷彩にする際に面倒なので、とりあえず仮置きし、形を見てあってるかどうか確認。
ある程度固定できたら、流し込みの接着剤を裏から射せばOK。

IMGP4994.jpg
持ってるのは、一生使い切りそうにないサイズの溶着剤w
プロでもこれだけ使い切るのは10年以上かかるんじゃないかな。
そのまえに変質しそうだけど、基本は溶剤なので、大丈夫かな?

細いパーツを組み付けるのに瞬着がいるのだが、冷蔵庫から出してみたら乾いてたので、新しく買ってこないといけない。
なので、今日はここまで。
熾天使空域
榊一郎:著 松田未来:原案・監修 BLADE:画 中央公論新社 C★NOVELS

太平洋戦争中に現れた謎の飛行物体、それが現代にも現れて、少女達に模擬戦闘をやらせる。
各種戦闘機の要素や性能を秘めた、扇情的とも言える格好にして、少女たちに空を飛ばせるのだが。
しかし、それはただのシミュレートではなく、20ミリの銃弾が飛び交う実戦だった。

まかでみコンビが贈る、新たな萌えミリ。そこに、飛行機ならこの人、と言わんばかりに松田未来氏が参入。
なかなか豪華な顔ぶれで、新シリーズが登場。
松田氏といえば、空戦ものや飛行機版ニコイチの様相を呈してきた漫画!なんかが代表作ですが、原案が数年前に立てられ、そこから今年形になるまで色々練ってきたみたいです。

原案ということで、少女たちの「エッセンスモデル」のラフもありますが、それだと頭に主翼が生えてて、頭頂部にペラがあるデザイン。
それをBLADE氏が別の切り口からデザインし、可愛い飛行機少女たちになってます。

最初ノベルだと知らずにラノベコーナー探してて見つからず、最近ようやく見つけて買ってきたもの。
小さい書店だと、こういったノベル系は物語シリーズしか置いてないとこも多いからなー。
しかし、手が速い人だとは思ってたけど、一か月に4冊も出すとは恐ろしい人だw
他の作家さんも、この速さなら真似していいのよ?w

DIY

以前ヒビが入って、ねじ止めで補強してたヘッドホンのアームが、いよいよ本格的に割れてしまったので、修理することに。

IMGP4977.jpg
まずは、アルミの板を加工した裏打ちを作って貼り付け。
本当はこの上に更にエポキシを充填させたいけど、外装がへこんでるとこに蓋をする形になるので、その加工が難しそうなので断念。
今回の施策でまた折れるようなら、それを最後の手段に取っておこう。

IMGP4979.jpg
外側に貼りつける強化用の板を加工。
しかし、これを当ててみたが、まだグラグラするので作り直し。

IMGP4986.jpg
最終的にさっきの形のものに、折り返して角を囲うような形のものを新たに作成して、ボンドを使って貼り付け。
4日間乾かし、その上からねじ止めしたら、もうグラグラしなくなった。
見栄えの問題もあるから、反対側も作ろうかなw

IMGP4973.jpg
ボンドが固まるまでの間に、PCで使ってるコントローラーのLRボタンがスカスカになったので、修理してみる。
バラしてみたら、ボタンを押し戻すばねが両方とも折れてしまって、コントローラーを振るだけでも入力されるような状態。
前に使ってたアナログが死んだコントローラーから、同じ部品を移植してボタンがまともに機能するようにした。

そのさい、部品取りしたほうから背面のパーツを移植。
ツートンカラーにしてみたw
ヘッドホンと同じカラーリングになったので、結構気に入ってます。
百人のキセキ 魅惑の黄金エール
サッポロの限定醸造ビールの復活版。
金の星付いてなかったら、これ絶対サッポロの製品に見えないw

特徴は、なんといっても強烈な苦さ。
7度もあれば、そこそこ辛さが前に出そうなものだが。
これを濃いというのか、味わい豊かというのか、めっちゃ苦いことには変わりません。

麻婆ゴーヤ豆腐を肴に飲んでるのに、全然負けてない。
それでもラガーやハイネケンのような苦さとは、またちょっと違う独特の苦み。
そこが、サッポロの味なのかなー。
割とお気に入りだけど、そうそう飲める苦さではないかもw
フリマ

神戸まつりのサテライトで、メリケンパークでやってたフリマで買ったもの。
相変わらずガラス製品買ってるw

他にも双眼鏡や釣竿にリール、アンティークの時計、陶器の植木鉢、プライズフィギアとかほしかったけど、車のイベントで色々乗りたかったので、あまりに持つ増やしたくないから、これだけにしておいた。

ペアのグラスは、去年ワイングラスを割ってというか、首を折ってしまったので、代わりに買ったもの。
シャンパンサイズだけど、飲みすぎないようにこれくらいがいいかもw
水差しは単に気に入ったから。
何につかおう?
手前のは大き目のハーモニカ。長さが21cmもある。
2列になってて、ちゃんと演奏しようとすると慣れが要るかも。
単に面白いから買ったけど、音源に使えるかなー?
エコ&セーフティ 神戸カーライフ・フェスタ2015に行ってきた

タイトル長いな。ツイッター投稿大丈夫かなw

神戸まつりの一環か、ハーバーランドのフリマ会場の横に、エコカーなんかを集めたイベントしてました。
電気自動車、燃料電池車、安全性の体験なんかを展示。
上の写真は、よくある登坂力を試す施設で、40度くらいのところをモリモリ上がっていく。
でも、下がるときは少しずり落ちてたけど、大丈夫なのかなw

IMG_20150517_110148.jpg
芦屋大学から参加のソーラーカー。
表面のパネルがシールっぽかったので、ダミーかと思ったら、軽量化のために防護シールドや背面構造なんかを省いたもので、ソーラーパネル自体の本体はこんなに薄いものだとか。
その横では、自作電気自動車?の乗車体験会もしてました。

IMG_20150517_105310.jpg
実物は初めてみたMIRAI。
モノ好きの神戸の誰かなら、2~3人買ってそうなものだが、まだ見かけない。
水素ステーションが、近いとこで尼崎にしかないとかで、まだ普及には先が長そう。
地元でチャージできても、出先で出来なければ実用性が無いも同じだしね。

DSC_0294.jpg
こちらは天然ガスエンジンの競技車両。
後ろに、タクシーのものよりもはるかにでかいタンク乗っけてましたw
エンジンも見たかったなー。
時間変わればボンネット開けてたのかな?

DSC_0291.jpg
実際に乗車(乗るだけも含む)体験できるものも幾つかあって、各種エコカーやパトカー、白バイにセグウェイなど色々乗れました。
白バイは婦人警官さんが写真撮ってくれましたが、晒すつもりはないので無人のモノをw

IMG_20150517_105444.jpg
中には整理券配布が終わってるものもあって、車で行ってたから時間の関係で乗ってないけど、これはちょっと乗ってみたかったかなー。

あとは一緒に写ってる人物なんかの関係で写真乗っけませんが、BMWのi3に乗ってシステム立ち上げて色々見たり、クリーンディーゼルのエンジンかけてみたり、コペンのルーフ開閉したり、アイサイト搭載車で衝突回避体験したりと、色々楽しんできました。

中でも、コペンは屋根を入れてない時のトランクがめっちゃ広かった。
うちのチャリを入れるのは無理そうでも、かなり大きいものも入りそうです。
実際に走らせてないので何とも言えないけど、あれなら実用性もちょっとはあるのかな?
今度は道を走らせてみたいなー。
また来年来てたら、期待してみようw
VINA ALBALI SANGRIA
甲子園で観戦中に、サングリア頼んだらこれが出たので、気に入ったので買ってみた。
紙パック入りの1リットル、その腰に、これと全く同じものが刺さってたのでw

去年これのワインの方を飲んでるが、それに比べるとかなりさっぱりと甘く、すごく飲みやすい果実酒の風合い。
なるほど、これならだれが飲むかわからないベンチメニューにはいいかもしれない。

そして、氷をたっぷり入れてよく冷やしたものが、清涼感たっぷりで夏の午後のお酒にはぴったり。
アイスボックスに、これと氷と持って行って、キャンプやバーベキューで出すと皆喜ぶかもw
E7完了(艦これ)
E6酒匂
さて、限定海域でしかドロップしない艦を求めて、最終作戦E7を発動。
酒匂は他でも出るが、まああれはあれで厳しい場所なので、ここで出た分には経済的ということでw
これもなかなか建造落ちしないしなー。

E7roma.png
そして、本命のローマ。
3日かけてE6を回し、もうやめようかなーと支援艦隊ばらして遠征組んだりしてた矢先、一回目でぽろっと出ました。
うーむ、やはりセンサーさんが仕事してたようでw

その後、野分や磯風とか掘り始めたけど、艦隊出撃させても早々に出るものでもなく、よくよく考えれば建造に使う資材と出撃に使う資材を天秤にかけて、いずれ建造落ちすることを踏まえると、何千も使って掘りにいくものでもないかなーと。

リットリオ改ぞ
その分の資材は、拾った艦の育成に回して、まずはリットリオをイタリアに改造。
続いてオイゲンを改造し、あとは葛城を実戦レベルに持って行くくらいかな。
なんだかんだで正規空母だし、お気に入りでもあるので、はやいとこ1軍に合流させたいものです。

では、また次のイベントで。
本日の収穫物

タイトーかと思ったらセガだったw

滑り止め平行棒の上にあったのだが、残りが結構減ってたせいか、設定は甘目。
1回やったら、幅もそんなにシビアではなかったので、両替してGO。
そして、8回で落とせました。

顔つきは元のキャラ絵の目を、かなり印象的に再現してる。
そのせいか、立体として見ると、少し目が小さく見える。
でも、色々と「見せる」ポーズと造形なので、飾ったらそれなりに見栄えがしそうw
PALE ALE
サントリーのクラフトセレクトシリーズ。
翌日に探して買ってきました。
水色のラベルでは、左から5番目にチェックが入っていて、それでいてシリーズのNo.は1.

香りが5段階の5、苦みが4と、よりビールらしい雰囲気なのかな?
香りはホップの苦みのような、少しフルーツのような。
味は、ラガーほどではないが、そこそこ苦め。
確かにこれは、普通のビールっぽいw

飲み終わったあと、缶に残ったものをなめてみると、やはりラガーのようなものとは違う、強めの苦みが舌に乗ってくる。
ビールらしいビールを楽しめる一本かも。
BROWN ALE
サントリーのクラフトセレクトシリーズVol.2とある。
これしか買ってないので、前後があるのはよくわからないが、少し赤みがかったハーフっぽいビール。
ラベルでは、左から3番目にチェックが入ってるデザインなので、他にもあるのだろう。

そして、ラベルに旨み4、香り4、苦み2、ボディ3とある。
ビールでボディってのも基準がよくわからないが、苦みが少ないからか、ホップの香りもあまりしない。
旨みは、プレミアムに一歩及ばない感じだが、そこそこ。
段階の枠が5つ分くらいあるので、もしかしたらいずれかの項目に、最高点を付けるものがあるのかもしれない。

サントリー独自の天然水仕込みらしいが、他のものにあるような、あの独特の味は、これでは控えめ。
そのへんがビールらしさのほうが、主張してるってことなのかなー。
魔術楽譜の盾
花間燈:著 生煮え:画 MF文庫J

タイトルは、グリモワールの盾とルビが振ってある。
見えざるものを見る目を持った少年と、出会ってしまった少女の姿をした魔術書。
最強の盾でありながら、剣の姿をとり、一緒に戦っていくことになる物語。

最初は「静まれ!俺の魔眼!!」て内容かと思ったが、普通の巻き込まれ型ハーレムものだった。危険な魔術書を補完する、特別な図書館の司書の助手として、様々なじけにゃ戦いに巻き込まれていく主人公。
今のところ数は少ないが、彼の周りは美女ばかり。
朴念仁なのか、本人にその意思がなくとも、次第に構築されていく関係性。

特殊な戦い方を描いたバトルのシーンはそこそこ面白くて、ありがちになりそうな展開を引き立てている。
グリモワールといえば、有名な魔術書だが、この作品中では魔術書を楽譜と呼んだり、必殺技に名前があったり、あれ?やっぱどこかしら中二要素あるのかな?w
E6突破(艦これ)
E6初期編成
本とは土曜には終わってて、ローマ出てから書こうかと思ってたけど、一向に出る気配が無いので上げちゃいますw
初期編成は威力偵察で、第一は割と本気も見据えたもの、第2は制空値を気にしたもの。
しかし、これでは何度行ってもS勝利にならず、=ゲージが破壊できない編成ということ。

E6支援
削りも後半になると、ラスダンを見据えた編成に支援のありかたなんかを考えて、色々組み替えてました。
司令部使って撤退は初めてやったわ。
しかし、カツカツに組んでるので、一気に2隻もいなくなると、そもそもボス戦が成り立たないということに。

E6最終編成
最終はこんな感じで、決戦支援出してS勝利がコンスタンスに出せるようになるまで調整。
武蔵のレベルがまだ50台と低いので、若干ボスで先に大破しやすい感じ。
入れ替えも考えたが、結局道中での安心を買ってそのまま行きました。
それにしても、軽空母がこの2隻の組み合わせは他には無いんじゃないかなw

E6破壊
司令部施設も外して、大破は即撤退、ダメージの出せる配置も考えながら微調整して終わらせました。
とはいえ、ローマ掘りが残ってるので、これで終わりじゃないんですけどねw

E6勲章
対戦リストでは甲の個数が出るのが気に入らないけど、自分が前回妥協した結果なので仕方ない。

E6秋津洲
二式大艇も2機目、レーダーと秋津洲をゲットしていったん終了。
期間が長いのと、前回よりも楽なので甲で終わらせることができたけど、これが仕事も通常運転しながらやってたら、まず終わらなかっただろうなー。

それじゃあと1週間、ローマ掘りしつつ今回ゲットした子たちを育成始めるとしますw
野球見てきた

絶賛連敗中で、最下位に沈む阪神と広島のブービーダービー。
エース格を連続投入しても連敗を止められない阪神で、連敗ストッパーのメッセンジャーが先発。
相手は調子の上がってない福井だったので、流石にいけるかなーと思ってたのだが。

初回から点を取られる展開、チームとしての勢いのある広島は流石のメッセでも止められずか。
5回くらいになると、そこはかとなく漂う負け戦、負け犬根性的なにおいがプンプンしてきて、西岡のふてくされたプレーがそれを如実に表してた。
あんた、リーディングホルダーなんだから、それじゃいかんのよ。

そんな中でも、鳥谷の3塁打、上本の爆走でのホームインなど、見所もありました。
まあ、代走の中谷が相手のトリックプレイに引っかかって、タッチアウトされたとこなんかは、実践不足を露呈したうえで、プロの試合ってのはそういうところもあるんだなーと感心したり。

IMGP4967.jpg
ボロ負けしてても風船上げだけは名物だし、4万の観衆の中でこれを見るのも楽しみにしてたひとつなので、一つだけ上げてきました。

実は、2つ上げようかと思ってたのですが、このころには疲れてしまって、体力的に膨らませなかったのと、結構熱中症寸前な雰囲気もあったし、撮影もあるので1つにしてました。
疲れた原因は、アルプス席は背もたれが無く、幅も狭くて周りを相当気にするので、体力的にも精神的にも疲労が大きい。
また、3塁側なので直射日光を真正面から数時間延々浴び続け、水分は取ってたがそっちの面でもかなりしんどかった。
定期的にアイスや氷入りの飲み物を買って内側からも冷やしてたものの、根本的な対策が夏の野球観戦には必要だと思った次第。
夏場はナイターのほうが楽かもしれない。

そんなこんなで、チケットに弁当に飲み物、応援グッズで軽く1万飛ばして負け戦を見て帰って来ましたw
特に食い物、飲み物が高いわー。
ビール750円、アイス350円、ペットボトルも250円、弁当は普通に1000円以上。
ポテトいくらか忘れたけど、飲み食いだけで4000円くらい使ってる。
次いくときは、ちゃんと屋根のある内野席を前売りで買って、弁当持参で行くとしましょうw
そして、今度こそ見てる試合で勝ってほしいものです。
劇場版パトレイバーTNG首都決戦
ぶっちゃけると、結局は実写で劇パト2がやりたかったのかなーと思った。
まあ、でもそのアニメ版の後の世界として、今回は具体的に登場人物がそれぞれ主張してくる。
南雲さんの「私に触るな!」は名セリフだけど、後藤さんの「だから~」が来るかなーと思ったけど、来なかったw

さすがに空飛ぶ相手に格闘するわけにいかないので、ロボアクション自体は控えめですが、自衛隊の協力のもと、様々な現用兵器の活躍も見ることができる。
でも、その戦闘はパイロット含めて全部CGらしいw
そう考えると、実写でも結構レベルの高いCGを作れるところが日本に出てきたなーという感じ。

そして、終わりがなんかはっきりとしてなくて、続きは作れそうな感じ。
それとも、この結末は自分の想像で?ということなのかしら。
LAGER'S HIGH
サッポロのドライビール系発泡酒。
特徴は、なんといってもサッポロらしからぬキレと辛さ。
香りは発泡酒らしく少し甘い香りが、ホップの香りの中に混ざっているが、味は発泡酒の域を出てる感じ。

辛さ自体は7度というアルコールのせいもあるが、ビールの代わりにキレのある発泡酒のぐい飲みを楽しめる、そんなお気に入りの一本になりそうです。
INEDIT
黒地に金の星だけという、非常にシンプルなラベルの発泡酒。
スペインの有名レストランのシェフが考案したというこのビール、少し甘味のある薄い色で、香りはホップが効いてる感じ。
発泡酒なんで色々入ってるせいか、他にはない独特の風味を持ってるのも特徴。
昆布だしにキノコのパスタで食べてみたけど、家庭で普通に食えるスペインの食べ物って何だろう。
そういうものと合わせてみたいものです。
E5突破(艦これ)
E5初期編成
調子に乗ってE5も甲で進めてみる。
潜水艦をデコイにして夜戦マスを抜ける攻略法があるようだが、基本的にはこの構成で行って空母回避、夜戦マスでゴーヤ大破なら撤退と決めてスタート。

E5道中
渦潮を踏むと、回避が下がるのかダメージが安定しなくなるが、無事に到達したときには開幕で必ず一隻沈めてくれるので、かなり安定して削ることができました。

疲労抜きの時間に、空いてる第2艦隊でおっとりさんと葛城の育成を進めつつ、ウィークリーの各種任務はほぼ完了。
摩耶や鳥海がらみの赤任務にもとりかかり、わりとまったり進行。

E5ボス破壊
ゲージ破壊の段になって、残り12で撃ち漏らして再出動、このときは一気に終わらせたかったので、ゴーヤにダメコン装備。
しかし、発動することなく中破で到達、結構ギリギリだったけど、そのまま削り切りました。

2式タイテイ
2式大艇を入手、あとはこれを積む船をゲットするだけだなw
しかし、なんだかんだで開始から1週目が終わろうとしてるな。
今回は溶鉱炉を開く予定もないので、資源のある限り持ってない艦を掘りにいきます。
E4突破(艦これ)
E4編成
初期編成はこんな感じ。
後の方で必要な編成を除いても、割と贅沢な構成にできた。
朝起きて、映画見に行く準備をしながらやってたら、拍子抜けするくらい簡単で。

E4突破
第2艦隊を間違えて遠征に出してしまったのを除くと、1時間ちょっとでクリアしてしまった。
それも、バケツでカウンター出撃してたのもあるけど、キラ付けが必要なかったので、すんなり行ったのかもしれない。
甲でこれだから、丙とかは海域で拾える戦艦そのまま投入してもいけるくらいじゃないかな?とか慢心してみたりw

E4おっとりさん
無事におっとりさん(違)ゲット。
その後、改装も何もしないで育成のために3-2や5-2に出撃させてみたが、なんとも頑丈なこと。
小破しつつも、20代後半まで一度も修理しないで突き進んでました。

E4完了
これで、E4まで全部甲で進んできたけど、話によるとE5は難易度がぐっと上がるらしい。
今回は期間も長めで、割とゆるゆるだったのだけど、ここからが本番なのかなーとか思いつつ。

IMGP4936.jpg
一緒に育成してる葛城が中破したときに、風呂に入れたらめっちゃ好きになってしまって、思わず秋津洲と葛城のプラモを買ってきてしまったw
この子も終戦まで生き残るんだよねー。

秋津洲はこのあと拾えるのだが、どこかで見た二式大艇積んだ作例写真が記憶にあったので、探して買ってきたもの。
エアブラシの環境も発掘したことだし、迷彩も自分で吹けるかなーと、ちょっと作るのを楽しみにしてます。
梅雨に入るまでには作りたいなー。
>空母なんてどこに飾るんだ
E3突破
E3編成
SSの保存に色々失敗してたが、無事甲でクリアしました。
戦力的には、うちでは3~4軍の部隊。
最上も三隈も育ってないので、70台の鳥海を後に残してここで投入。
旗艦は4スロの香取、武蔵の随伴として集中育成中の妙高型を入れ、1戦目の潜水艦はガン無視、ボスはエースの隼鷹で叩いて夜戦に持ち込むという戦法を選択。

E3破壊
SS見切れてますがw
流石に大破撤退も多く、ボスも削りきれないなど回数はかかったけど、1日半でクリア。
S勝利が遠かったのでドロップも渋いですが、こんな戦力でもE3甲をクリアできるんだという指標にでもなれば。

E3報酬
ところで、この装備はおっとりさん(違)の大砲かしら。
この後出会うのが楽しみです。
アナと雪の女王
WOWOWでやってたのを録画視聴。
そしたら、その録画を見てる裏で吹き替え版放送してるというw
吹き替え版の再放送はしばらくないな。
プログラムちゃんと読みましょうね。

もう、説明不要の世界的にヒットしたディズニー映画。
でも、自分の中では、ミュージカルなディズニー映画を見るのは久々かも?
なので字幕版で良いのです(負け惜しみ)。
そして、初視聴なんだな、これがw

ベイマックス見た直後なんで、スタッフインタビューにもあったけど、兄弟愛(これは姉妹だけど)のほうがディズニーらしい、というのがよく表れた作品。
顔も動きも表情豊かで、物凄くお勧めの映画だけど、凍ったときの目だけがちょっと怖いかなー。
でも、面白さはお墨付きです。
WOWOW入ってるなら、今月中に見ておきましょうw
E2突破(艦これ)
E2開始
引き続き甲で挑戦。

E2初期編成
初期編成はこんな感じで、最終的には第一艦隊は山城を日向に入れ替えて順番の調整、第2はそのままの構成で、装備だけ調整して挑みました。

E2突破
何度か撤退を繰り返しつつ、安定してきたので一気に攻勢をかけ、こちらも1日でクリア。
撃ち漏らしが多くて全試合夜戦頼みだったけど、エキスパートをそろえてるので問題なし。

E2葛城
無事葛城ほかをゲット。
ロケット砲はこのあと役に立つみたいだし、やっぱり前回のイベントや最近改が進んだ艦がキーになることが多いみたいね。
またこの子も育てておかないとなー。
あと、掘りも考えると早めに攻略して、周回するようにしないと。
今回は時間(休み)も多いので、何とかそろえたいものです。
ベイマックス(BD版)
日本語版が見たかったのでソフト買ったw
見たら親のとこに送るつもりで。

初回ほどの感動はなかったものの、字幕を気にせず物語に集中できる。
でも、ベイマックスの声はオリジナルのほうがいいかなー。

おまけで入ってるメイキングのキャラクターの話が面白い。
特に動作検証とやらの、キャラの個性づけ対談が興味深い。
こういうのは放送ではやらないからなー。

あと、エンディングのSTORYの日本語版が入ってないかなー?とちょっと期待してたけど、入ってなかったw