ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
お月見とおもちゃの兵隊(PSO2)

また今年もでっかいうさぎと、うさぎもどきの種族がお月見にやってきました。
夏から秋にかけて色々やってたりしたけど、とりあえず割愛w

pso20150922_213255_012.png
エピソード3章も佳境に入り、新しい領域やミッションも開放されたりで、割りと人がバラけてる感じ。
なかでもこの玩具系ダーカーが大量に出る黒の領域は、星13装備のドロップが期待できるとあってか、予告前から上位チャンネルはみっちり埋まってて、ちょっと出遅れると入る隙間がありませんw

そして、中身も割りとわやくちゃ。
突進してくるわ殴り飛ばすわ蹴飛ばすわ電流ケージでデスマッチするわで、更にそこに竜巻に電撃に火炎闇砲毒砲と、ちょっと油断すると必ず何か食らってるような状態。
赤と黒と紫主体のけばけばしい敵はあまり目に良いとは言えず、それでもドロップに僅かな望みを託して、レアグリが出るのを祈るばかり。
気の短い部屋だと、レアグリ出ない時点で解散とかもあったり。

pso20150927_134724_001.png
癒やしはもうスクラッチ衣装しかないとばかりに引いては見たが、WBの羽(真ん中のSSの羽)が出ただけであとは既存の色違い。
残りはでっかい猫耳も衣装も飾りも全部メセタで購入。
でもさすがにパープルのセットは高すぎて手が出ないので、部分的に揃えるに留めました。
髪型とか欲しいけどねー。

まだこのあとカボチャのステージもあるので、ロビーは模様替えが忙しそうですw

-------------------------
(C)SEGA PSO2
お月見
関西は曇りで食事時(謎)には全然見えなくて、夜半にようやく見えてきました。
今はカメラがミラーレスしかないので、夜はまともにピンが合わないので写真は諦めましたが、薄雲に負けないくらい明るい月が真上に見えてます。

そのために分厚いステーキ用のサーモン買ってきて、備蓄の清酒を冷にして待ってたのになーw

で、写真撮ろうといろいろやってたら、三脚の雲台のエレベータハンドルを破損。
結果が出てないのに物だけ壊すって、ちょっといただけないなー。
まあ、10年以上使ってるものだし、足もガタついてきてたので、そろそろ寿命だったと思えば。
トリプルX
WOWOWでやってたのを視聴。
10数年前の映画で、ヴィン・ディーゼルのちょうどワイルド・スピードが当たった頃の作品。
犯罪履歴を帳消しするのと引き換えに、特殊任務を仰せつかって潜入任務。

肉体派として売り出し中なのか、体当たりな演技で飛ぶは落とされるわ殴られるわ、何度も麻酔銃食らうわでw
でも、どことなく頭脳派な面も見せたりで、完璧からは一歩引いてるけど、割りと超人っぷりが楽しめます。
カーアクションもバイクアクションも、結構見応え位のある作品です。
KOBEぽっぷカルチャーフェス行ってきた

去年に引き続き見に行ってきました。
写真は例の時計。
自分でも作れるけど、いろいろ集めるのが関西じゃ大変なんだよなー。

しかし、今年は全体にこじんまりした印象。
ライブやトークイベントが中心になってて、その分あちこちから歌やMCが聞こえるものの、少し寂しい感じ。

IMGP5650.jpg
これは放課後のプレアデスのコラボカフェ。
移動カフェをやってる方が、これの飾り付けで参加してました。
ドリンク一つでコースターがランダムにもらえます。
それにしても、氷がでかい。

IMGP5652.jpgIMGP5653.jpg
フィギアの展示をしているのかとおもいきや、ペーパークラフトでした。
他にも木でできたカタナも展示、鞘が桐ですごく軽かったです。

IMGP5651.jpg
お昼ごはん。
パトレイバーの特車二課のカレー。
具が殆ど無くて、えらいもん食いながらあんなでかいの整備してるんだなーとか思ったりw

IMGP5665.jpg
そこから大通りの方に抜けると、例のレイバーがいます。
1日3回デッキアップをしていて、京都で見た時よりも近くに寄れました。
しかし、だいぶ汚れて貫禄ついたよなー。
映画はディレクターズカット版が10/10より公開だとか。
他にも警察に貼ってるポスターも何種類か貼られてました。

IMGP5675.jpg
こちらはいろいろなグッズをガチで作ってくれる団体。
アクリルの剣や、空中機動な腰ユニット、でっかい大砲なんかを展示してました。
幾らか聞いてないけど、コスプレの小道具にちょうどいいかも。

IMGP5678.jpg
最後にシュタゲのワインをゲット。
通販専用だったけど、忘れてて、もしかしたら来てるかなーと行ってみたらあったので、確保。
地元のワイナリーのものなので、味は大丈夫(自分の舌に合うという意味で)。
他にもパトレイバーの赤と白も置いてました。

IMGP5677.jpg
帰り際、鉄人広場ではラジオのパーソナリティでトークショー。
両日通じていろいろゲストも来るようなので、興味があれば聞いてみるといいかも。
うちはAM聞かないので、誰がだれやらw

もうちょっと「参加できる」イベントが欲しいかもと思いました。
では、また来年。
本日の収穫物

といいつつ、みゆきは先に取ってて、それを見つけてからこなた探したけどなかったのでネットで買って、入荷日の今日取ってきたのがつかさですw
そして、ネットで買ったこなたが一番安いという、プライズゲームの本質を疑いたくなるようなアイテム。

この中ではみゆきが一番重く、バランスも悪くて難易度が高い。
結構厳しい設定の台に入ってたので、最後は箱の隙間に爪を突き刺して取るという手段に出た。
箱が痛むから、それだけはしたくなかったんだけどねー。

つかさは幅が微妙に拡がっていく状態の滑り止め平行(平行じゃないが)棒の上に、最初から斜めに置かれてたもの。
ちょっと突っつくだけで、すぐに。◇。の形になって動かなくなる設定。
ただ、出口に向けて広がっていたので、滑り止めの上を数ミリ単位で動かしながら、最後は押しこむという取り方をしました。
それまでにも、完全にハマって動かなくなったりで、何回も初期位置に動かしてもらったので、結構かかってます。
もちろんネットで買うほうがやすかったのですが、台の攻略が可能なものを途中で諦めるのも嫌だったので(カモだ…カモがおる…)、最後までやりました。

棒の上を動かしていく(というか動く)というのに気づくまでかなりかかったので、次行ったらもう少し安く取れると思う。
でも、店員さんに顔覚えられてるよなーw
レーミクさん2015
IMGP5644.jpg
2セットも頼んだかしらw
半年も経つと忘れてるな。
そして、届いたでっかい箱。

車とセットなので、化粧箱が大きい。
開けてないので中の構成はわからないけど、今までと同じなら車を上から見る形で収まってて、その横にねんどろが収まってるはず。
2つあるなら開けて飾ってもいいんだけどねー。
車まで飾れる場所はないかなw
二式大艇

なかなか再販されなかったり、マイナーなんで入荷しなかったりしてたのだが、ようやく1個入ってるのを見つけてゲット。
1/144なんだけど、でかいなー。
飾るには会社持ってかないと、場所ないかな。

まだ封を切ってないけど、パーツの合いとかどーなんでしょ。
でも、大きい分塗装は楽そうです。
すること無くなったら作ろうw
DDONやってみた

最近まともに据え置きゲームもしてないので、ダウンロードからはじめてみた。
9Gちょっとのファイルを落としてる間に他のゲームやって、完了したので起動。

と、ここでID取り直すのか。
カプコン共通じゃないのね。
それとも、前のメアドでMHF作ったかな?

ID作って、開始してみたら今度はでっかいアップデート。
この時点で3時間しか寝てないのに19時間起きてたので、そのまま放置して就寝。
リバウンドで9時間寝ましたよ…

翌朝からキャラ作り始め、チュートリアルっぽい部分をクリア。
基本的にはモンハンの人数多い版なのかな。
剣士を4まで上げてクエのために弓に転職してみたが、自分はとことんこのシステムだと弓職合わないなーと思った。
そんなこんなでプレイに疲れてしまい、崖を上ったところで落ちてしまった。
あれをあと3回やるのか。
僧侶とかかなり大変じゃないかな。

ちなみに、モンハン系(じゃないけど)タイトル奇数回なので、黒人ショートヘアの海兵隊っぽい男キャラですw
SS持ってくるのかなり面倒なので、またそのうち。
はやいとこレベル上げて、会社の同僚の部隊に合流したいものですが、モチベ上がるかなー。

AEON40thDREAMS COME TRUE25th Special WINE
ずいぶん長い名前だが、読んでそのままのもの。
イオン40周年とドリカム25周年を記念したコラボワインで、限定で売ってたのを買って、そのまま冷蔵庫に眠ってたものw
冷蔵庫に入ってる、アルコール・ノンアルコールの整理を進めてて出てきたので、ちょっと飲んでみた。

普段1000円以下のやっすーいワインしか買ってこないので、これを飲んで最初の印象が「濃い」だった。
赤なのもあるけど、かなりどっしりした味。
香りがいいとは書いてるけど、自分は他と差が分からない(酸化防止剤の臭さは感じるが)。
十勝ワインって、みんなこうなのかしら。

教訓、ろくに知りもしないで高いワイン買ってくるのはやめましょうw
まあ、これはこれでいろいろ飲み方考えてみるかな。
新しいモデル
目球体
目の構造を少しいじって、真球が顔の中で動くような構造に改造。
横からはみ出さない大きさに調整し、できるだけ露出面が球のでっぱりにならないようにした。
なので、何もしなくてもこの顔の状態です。

目グラデ
あと、瞳を二重構造にして、手前側に透明グラデのテクスチャを配置。
こうすることで、目の透明感と、マテリアルだけで目の色を変えることができる。
アニメやゲームキャラの、独特なリング構造や光彩には向かないけど、自分のモデルには使いやすくなった。
瞳は丸ごとモデルにしたので、これだけ大きさを変える事もできる。

男前男前2
で、ある程度構造が固まったので着手したのが男モデルww
左は先に顔から作り初めて、体を作ったが、肩幅が狭いのと、あまりハンサムじゃないので、途中からやり直したのが右の画像。
こっちは体から先にいじり始めたので、顔は女のままです。

男斜め
肩幅を拡げて、その分ボーンを調整。
全体的に少し体(筋肉)が硬く見えるようにし、腰を小さく、ケツも引き締めてある程度完成。
でも、もうちょっと胸の厚みはあってもいいかな?
あと、今のスプライン構成だとマッチョな胸板やバキバキの腹筋にはできないので、もう少しそのあたりのスプライン編みなおすかも。

構造が同じなので幼体化できるのだが、肩幅が変わらないので宇宙人みたいになってしまうから、その辺は需要次第で手を入れていくつもり。
カイトからレンくらいの等身にできる位には調整するかな?
ちなみに、モデルを部分的に隠して、服と女モデル重ねただけのレンもどきならツイッターに画像上げてますw
ワールド・フォー・スピード
WOWOWでやってたのを視聴。

カーアクションものかと思って見てたが、どちらかと言えばクライムアクションかな?
コンタクトレンズ型のビデオカメラで、誰でも簡単にネットにリアルタイム動画配信が可能な世界。
そこそこ人気のチャンネルを持つ弟が、殺されたところから話が始まる。
弟の持っていたチャンネルを利用し、殺されたのではなく生きている風を装って、犯人を捜そうとするが。

ニード~とタイトルもコンセプトも似てるが(カーアクションで殺された弟の復讐)、こちらは若干血の気が多め。
元気なほうじゃなくて、流すほうね。
カーアクションはストリートレースが中心、それも配信しているドライバー目線なのがまた別の迫力を出している。
色々なカメラから見た映像で「リアルさ」を出していたのはイントゥザストームでもあったが、最近はこういうのが流行ってるのかしらw
英雄RPG
英雄本拠地treehouseS01.jpg
ユーザーが好きな絵をアップロードして共有し、ポートレイトやアイコンなどをカスタマイズできるシステムがあるのだが、それをようやく一通り入れ替え完了。

主に3Dモデルをレンダリングして、透過PNGを使っているが、3人分の画像をアップしたらもう容量が結構ギリギリ。
背景なんかの目立たないところは、JPEGで圧縮高めにしてもいいかもしれない。
しかし、ギルドハウスを頑張って作ったが、殆ど見えないなw
シーン切り替わりのロード時に、少し見える程度。
クランを訪問すると、一応他の人の分も見れるけど、基本自分用だなー。

まあ、背景もまだべたなんで写真とか合成したいけど、容量でかくなりそうだし、どうするか考え中。
上のサンプルは縮小してます。

英雄アイコン
それにしても、細かく色々カスタマイズできるシステムだよなー。
冒険はオートで動かす分、戦闘に関しても割合で行動を細かに設定できたり、オンラインでツクール系を操作してる感じ。

他の人のアップした絵を見てると、それ大丈夫?(著作権じゃないほう)ってなのも多いけど、今の所はフリーダムなギャラリーになってます。
うちの作ったのは基本全部ストック可にしてるので、もし興味あれば探して見てくださいw
夜のどごし
夜の、どごしってなんだ?
と思ったら、のど越しだったw
フォントの関係で、微妙に「の」と「ど」の間が開いてるように見えるので仕方ない(マテ

ビール系の発泡酒だが、香りも良く苦味もコクもあって、キリンらしいと言えばらしい作り。
他と比べると、苦味が少し強めなのは、キリンの特徴が出てるかも。
「今だけ!」とあるので、秋の夜長に限定品はいかがでしょう。
TAVERNELLO VINO BIANCO D'ITALIA
イタリアの白ワイン。
パスタに合うの何か無いかなーと探してたら、これを見つけたので買って見た。
香りは普通、結構辛口でカルボナーラとかだと、食事がワインに負けるかも。
ペペロンチーノの買い置きがないので試してないけど、そういった味の物になら合うかも。

あまりに辛いのがきつくなってきたら、ビンごとわしゃわしゃ振ると、味が少しマイルドになる。
そうでないと、絶対居酒屋なんかでは出て来ない辛さです。
そういうのを試して見たい方にw
メモリーズ
WOWOWでやってたのを視聴。
裏ではAKIRAが録画始まってたけど、こっち見たことなかったのでそのまま再生w

オムニバス形式の3本で、大友克洋監督が総監督で、各作品の原作など担当。
ちょっとファンタジックな彼女のおもいで、とある新薬を特殊な条件下でBC兵器にしてしまう話、一つの町が大砲を撃つことだけに機能している大砲の街。

今見ると、それぞれの作品に関わってるスタッフが豪華。
ロボットカーニバルやショートピースもいいけど、こちらは一本のボリュームがそれぞれにあり、見ごたえも十分。
95年の作品だが、CGも取り入れていて、デジタル編集もこの辺から始まってるのかなーと、時代性も感じる。
それぞれ密度が高いので、一度見ただけじゃ全部の絵を楽しみきれないかも。
何度も見返したい作品群です。
ニード・フォー・スピード
WOWOWでやってたのを視聴。

同名のビデオゲームが原作だが、ストーリーはオリジナル。
ストリートレースをするというカテゴリは変わらないものの、CGではなく本物のスーパーカーで激しいバトルが繰り広げられる。
エンディングのクレジットに、プロのスタントマン云々の注意書きがでるが、誰も億単位の車でスタント要る様な運転、絶対マネしないってw

車好きには、特集番組や雑誌でしか見た事のないレアな車が、ガンガン街中やハイウェイを駆け抜ける様を見る事ができる、至高の作品となってるが、それを次々に、ねえ。
ネタバレみたいなもんですが、本当もったいないw
いや、あれはきっとCGなんだよ、そうでなきゃ専用のモックだよ、と心に言い聞かせて。

それにしても総額700万ドルの車総取りって、どんな金持ちのレースなんだろう。
そして、やっぱカーレース、カーチェイスは実写で実車だよなー。

またぶつけ合う派手なレースがしたくなってきたけど、X箱とF6セットで買おうかなー。
なんてね。
新しいモニター買った

中古なので新しいかどうかは置いといてw
ポイントたまってるし、何かないかなーと流してたら、2560表示のナナオモニターが税込み4万ちょい。
とりあえず火を入れてもらって、ヤケやヌケが無いかその場で確認。
しかし、テスト環境がDVIしかないので、フルでは表示されなかったが、特に問題は無さそうなので購入。

帰ってきて、DVIで繋いで見たが、30Hzでの表示になるし、何かもっさりしてる。
FPS自体が落ちてる感じで、これはDPケーブル使うしかないかなーと、倉庫を探して見たが見つからない。
そもそも、DPのケーブルって対応モニターに付いてるものなので、今までグラボは対応品何枚も買ってるけど、モニターは無かったような。

翌日買いに出かけたが、ポイントは使ってしまってるので普通に買うしかない。
しかも、結構高い。
おまけで付いてるようなケーブルに、そんなに払いたくも無かったので、何も考えずに1mのものを購入。
帰ってきて繋いで見たら、かなりギリギリの長さw
モニターの幅が結構ある上に、左側にDPのポートがあり、マルチにしてる更に右にPC置いてるので、距離は1m近く行ってたのだ。

かなり無理して繋いでるので、ピボットが使えないくらいギリギリ。
まあそんなに使う機能でもないので問題はないが、端子部分に負荷がかかってると思うので、また行く機会があったら2mのを買ってこよう。

そして、肉眼では色は右のものと変わらないように見えるのだが、デジカメのレンズ越しだと何故か赤い(スマホだと同じ)。
左にちょっと映ってるノートの液晶は緑っぽいのは肉眼でも分かるのだが、キャリブレーションしたほうがいいのかな。

実作業に入って見ると、表示の縦サイズ自体は少し大きくなった程度なので、CGやってるときは結局前と見かけの大きさが同じ位のサイズで編集してるw
しかし、メニューは表示範囲が広くなったので、前まではスクロールしないと見えて無かったプロパティが最初から見えてて、何気に便利。

今の所問題はないが、右のサブが1600×1200で、ピッチも違うからデスクトップが見掛けは同じ大きさに繋がってるように見えるけど、派手な段差があるので跨いで表示させると変になる。
こればかりは同じサイズのものを購入しないと解消しないし、今置いてる場所もスペースギリギリなのでこれ以上増やせない。
慣れてきたらこれ1枚だけで作業するのもありだけど、不便を感じたらゲーム用に回すかもしれないw
何も考えずに衝動買いすると、こういう無計画さが暴露される結果となるのでした。
イントゥザストーム
WOWOWでやってたのを視聴。
季節柄、やたら台風や大雨が多いですが、そんな季節だからこそ?のディザスタームービー。
自然の猛威に対して、成すすべもないまま翻弄される登場人物を見るに付け、それを見ているときの気分はいかほどのものか。

自分がその境遇でなくてよかった?
何もかも破壊されつくす災害を安全な環境でみれるから?
やっぱり、本質は見ていてハラハラドキドキすることにあると思うんですよねー。
だから、実際に起きた災害はもう変えようのない事実として受け止め、映画は映画で楽しめばいいと思うのです。

前置き長くなったが、竜巻ハンター達の物語。
竜巻を撮るドキュメンタリーを製作している撮影班が、1年もの間空振りに終わっていたある日、突然近くに大量の、更に規模の大きい竜巻が次々と発生する。
竜巻を追いかける者、竜巻に追われる者、そして巻き込まれて只中で戦う者。

特撮がCG化されることで、リアリティは増してると思う。
都市が丸ごと陥没するような地震とかはSFだけど、竜巻はもっと身近に発生してたりもするので、見ていて結構ドキドキものです。
過去にもツイスターとか劇場で見たけど、ほんとCGはじめとする映像技術の進歩を垣間見れる作品です。
今週のモデル

ウィンドウズの定例アップデートかけたら、何故かアニマスが立ち上がらなくなったので、アップデートを順番に元に戻して行ったら復活した。
そのあと更新はかけたけど、怪しい4つは保留したまま。
その間に、手付かずだった部分に着手。

まず、片目ずつ閉じることができなかったので、それに対応。
それに合わせて少し目元をいじったので、顔つきが変わってしまった。
前の方が気に入ってたので、元の顔に似るよう週末に手を入れるつもり。

親指
もうひとつは、親指の構造を平たく地面に付いたときの形で作ってたが、握り手がきれいにならないので、親指が斜めに生えるように改修。
その際、ボーン位置など微調整して、親指を内側に入れた際に最適な形になるよう配置。
こちらは、もう少し関節位置とポイントの位置を調整すればうまく行きそう。

口
あと、口の位置を少し上に変えれる様にして、大口開けたときに歯がはみ出さないような仕組みも作った。
その辺は、もとからはみ出さないように作ればいいんだけどねー。
本来の目的は、ツンな口が表現したいだけですがw
カシス梅酒
綺麗な透明の赤紫が、かなり食欲をそそるお酒。

色も香りも少しワインっぽくて、味は梅酒だからか少し酸味のある甘さ。
カシスのえぐさはなく、カクテルとして飲みやすい味。

10度と少し高めで、味も少し濃い目なので、水ではなく炭酸を2~3割入れるともっと飲みやすいかも。
ストレートで行くなら、0度近くまで冷やして、凍らせたグラスに入れて温くなる前にちびちびやるのがいいかも。
うちは梅酒を冷凍して(凍らないけど)同じように飲んでるのでw
太平洋奇跡の作戦 キスカ
WOWOWでやってたのを視聴。
キスカ島撤退作戦は、あまりにも有名な撤収作戦で、小説、映画になっているもの。
いつか見たいとは思っていたのだが、このたび放送されたので、録画して見た。

三船敏郎以外役者は全然わからないくらい古く、白黒、放送禁止用語もあったりして、時々不自然な台詞の切れ目とかあったりするが、そこは時代性もあるので気にしないことにする。
特技を円谷英二が担当、船のミニチュアも結構精巧で、合成も当時としてはよく出来てる。
特に、狭い浅瀬の岩礁地帯を進む時は、みているこっちが緊張してくるほど。
ここだけでも見る価値は十分あります。

ソフトを探すのも苦労するくらい古いマイナーな(失礼)映画なので、放送してくれたWOWOWには感謝です。
シトラスハイボール・グレープフルーツ
JIM BEAMブランドのハイボール。
飲みやすいサイズの小瓶でちょっと効いたアルコールを提供している、ネットカフェでお世話になった人も多いかも?
そんなブランドの、350mlの缶。

これがハイボールかと思うくらい飲みやすく、サッパリしていて瓶入りの他のものとよく似た感じ。
しかし、飲み進めると8度という強めな部分が頭をもたげてくるw
この飲みやすさと、強めの度数はなかなか危ない取り合わせ。
飲むときは気を付けて。
The MALT'S
Original Quality "UMAI"生ビール、とラベルを続けて読むことができる。
秋らしく?艶消し赤銅色の缶で、シンプルなデザインのラベル。
香りも主張するほどなく、味も少し濃さがあるものの極めて標準的で、まったくもって普通のビールという感じ。

でも、最近そういった”普通のビール”って、減ってきてる気がしないでもない。
自分がそのモルト系代表だ、と主張することで、本当のビールに回帰する足がかりなのかも。
G-LION MUSEUM行ってきた
IMGP5632.jpg
大阪南港の赤レンガ倉庫にできた、新名所としてテレビでも紹介されてた、旧車の博物館に行ってみた。
雨の中、コンディションは最悪だったけど、雨ざらし(=雨にぬれても大丈夫or構わない)状態で屋外に置いてるものは、撮影自由。
屋内には綺麗なものが展示されていて、こちらは撮影不可。

それ以外のものは、商談(売ってる!)できるものか、見るだけのもの。
そう、ミュージアム併設で、ここの展示車で買えるものがあるんですよ。

IMGP5614.jpg
この外に並んでるのは、レストアベースのものがほとんどだけど、全部買うことができる。
それも、このヨーロッパでも330万ほど。
エンジン動くかどうかで難易度は変わるが、コレクションにするならこういうのもいいかも。

屋内で展示販売されてるのは、これよりもさらに程度がよく、文字通りミュージアムコンディションのものが多い。
レストアで手を入れちゃうと、車検通すの大変そうだけど、神戸か広島なら難易度低いかな?

しかし、圧巻だったのは歴代コルベットの部屋(写真不可)、C3までの複数の色やグレードのものが多く展示、C3ターボはなかったけど、綺麗なコークボトルの車体で目を楽しませてくれました。
リッター1kmしか走らないこの大食いを、どこでどう走らせるかにもよるが、スティングレイ探してるならここで交渉してみるのもありかもw

IMGP5612.jpg
また晴れたときにゆっくり行って、ジャズライブなんかをバックに食事も楽しみたいものです。
展示ラインナップが変わるころ、また行きたいなー。

瑞穂げっと(艦これ)
bis3.png
イベントが1週伸びたので、平日夜にちょっとずつ掘ってましたがまったく出る気配もなし、その間に月が変わってEO進めた結果、ビス子を改2(ドライ)にすることに成功。
これが、イベント前にできてれば、もう少し攻略に幅があったかもしれない。

mizuhoget.png
そして、土日はちょと本格的に仕込みもして、本気で掘りに行った結果、資源4万のバケツ200個ぐらいにしてようやく瑞穂ドロップ。
途中撤退率は10%くらいだが、S勝利に届かないのが20%ほどあって、試行回数はそこそこ行ってる。

ここまで絞るんだったら、もうホロでもいいんじゃないかと思ったが、運営はこれでレア扱いらしい。
さすがにもう連合艦隊で駆逐艦を掘りに行くのはあほらしいので、海風は諦めた。
というか、こっちを海域報酬にして、照月をドロップでもよかったんじゃない?とか思ったり。

でも、使い勝手は照月のほうがいいから、そっちは一人1艦にしときたかったのかなー。
わざわざ最深部に置いてるくらいだし。

秋イベがいつからかわからないけど、この浪費のダメージは大きい。
当分は遠征備蓄オリョクルだけに専念せねば。
MGSV GZ
いまさらながらグラウンド・ゼロやってます。
PS3で買ってたのだけど、やる時間なくて積んだまま放置、その間にPS4買って、完全に未開封お蔵入り。
で、PS4でTPP買ってきて、ストア見たら980円だったので、DL版を購入して遊んでみました。

一応セーブデータの引き継ぎはあるみたいなのでやってみたけど、この成績だと無くても一緒かなというレベルw
ノーキルノーアラートなんて夢のまた夢、見つかりそうなら片っ端から処理して、物陰に築かれる兵士の山。
時間もたっぷりかけたけど、最初のプレーでは一応目指してたノーキルの影響か、3時間ほどで緊張のあまり気持ち悪くなってきて、1日目はそこでダウンw
さすがに翌日も仕事あるのに2時まで遊んでりゃねー。

2プレー目はルートもだいたいわかったので、さっさとマーカーつけまくって捕虜も+1救出、1時間ほどでさっくり終わらせましたが…
そのあとの帰還兵や諜報員のシナリオやってみたけど、自分にはできないかもと思ってしまった。
これで大分慣れてからじゃないと、TPPは進められないかなー。

ところで、頑張ってあつめたマウンテンビュー兵士とか、みんなどこ行っちゃったんだろうねー。
基地を育てるのは結構楽しかったので…みんなカリブに残してきちゃったのかな。
合掌。
サングリアスパークリング
発泡性のサングリア。
炭酸のおかげか、3度と言う低い度数のおかげか、凄く飲みやすく喉越しもいい。
オレンジ分が強めなのか、赤ワインのえぐさが後ろに回って、ジュースみたいな感じもする。
パッケージ的には秋のつもりなのだろうけど、なんかクリスマスっぽくもあるw
ただ、数量限定ということで、その頃までは売って無いかなー。
今のうちに冷蔵庫の奥に潜ませとくかな?
SMART OFF
糖質50%オフでコラーゲン2000mg配合、女性がターゲットなのかな?という発泡酒。
香りは少し控えめ、味もしっかりした部分を残しつつ、ライトに仕上がってる。
しかし、それがすっきりしたものかと言えば、ライトやラベルにあるようなFineと言うほどではないと感じる。
女性にどこまで受け入れられるか、それ次第では、新たな市場を形成するかも?
澪DRY
スパークリング清酒の澪、そのDRYが新しく出てた。
この銘柄自体、買うのは数年ぶり。
グラスに注いで見ると、強めの泡が立ち上がる。

でも、ビールじゃないので、すぐに消えて普通にシャンパンみたいな泡に落ち着く。
香りは清酒だが、味は少し酸味がある感じ。炭酸のせいかな?

ドライとはいえ、清酒の5度はほとんど水みたいなもの。
辛さも無く、日本酒の香りのするシャンパンとして飲んで見るのもありかもw
秋の本熟
いつのまにか冷蔵庫に入ってたので(マテ
サッポロの発泡酒、限定だけど、秋のって付いてるから、先月位に買ったのかなー。

ラベルにあるとおり、割とがっつりした香りと味。
度数も6と少々高め、食欲の秋に合いそうな味付けです。
ビールと発泡酒の差が、味も価格も無くなってきた感があるけど、この味なら常備しときたいなー。