ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
冬イベE3完了(艦これ)
バケツ大量投入の最後には伊良湖まで投入して、ごり押しで終わらせました。
丙でw

E3の前半までは甲でやってたのですが、28日24時の時点でまだ輸送が終わらず、さらに事故率も上がってきたので、甲でのクリアを諦めて乙に格下げ。
しかし事故率が変わらず、時間もないので丙にしてついさっき終わらせました。
あのまま甲乙でやってたら、夜が明けてたな…

沖波は出なかったけど、山雲風雲コンビは回収。
なぜか翔鶴が3に瑞鶴が2とか変な偏りしてるドロップですが、まあ結果オーライで。
で、SSですが、途中からスクロールしたところに重ね貼りしてるのに気づかずやってたせいで、E2クリア以降のSSが全滅。

ZARAの遠征付いてきちゃったやつまでそれで失敗してるのが痛い。
今からでも撮れるのかな?
台北行ってきました その5

最終日、朝から日が出てる。
なぜに帰る日になってから晴れるのかねww

この写真は、現地名物の原チャリ軍団。ものすごい数とスピードで町中を闊歩してます。
昔のニュース映像なんかだと、北京の自転車軍団の映像があったりするけど、それの現代版というところか。

IMGP6570.jpgIMGP6573.jpg
荷物の容積的にお土産があまり買えなかったので、いつも海外行くと買ってる現地語パッケージの飲み物も今回はほぼなし。
空港で、機内に持ち込めないのに色々売ってるなーと自販機眺めてたら、日本のおでん缶みたいなやつを発見w
なんか肉料理みたいだけど、こっちでもこんなの売ってるのね。
これは日本に持ってこれないので、写真のみ。
次の機会があったら、ぜひチャレンジしてみたい一品w

IMGP6576.jpg
帰りに乗るエバーのエアバスをパチリ。
と、ここでトラブル発生。
スマホでも写真を撮ろうとしたら、持ってない!

少し前に、フリーのインターネット端末のところで大阪の天気を見た際に、テーブルの上に置いてそのまま忘れてきたという。
大急ぎで戻って、あった、よかった。
ネット端末の利用者が少なかったのと、平べったく机と同じ白で目立たなかったのが幸いしたか。

IMGP6585.jpg
空港を飛び立つと、外の景色は行きとそうかわらず、雲海の上をずっと飛んでました。
税関に申告するものもないし、荷物もすぐに出てきたので、手続きはかなりスムーズ。
イベントの荷物を宅配で送るため、一回スーツケースを開けて中身の整理。
そこで帰りの船の時間を見ると、あまり余裕なさそう。

大急ぎで連絡バスのところへ行き、4日間連れ添った相棒ともお別れ。
神戸に向かう船の上から見ると、もう日は傾いて夕闇も迫ってる。
行きほどは揺れなかったけど、ほどよく疲れていたので、うとうとしてる間に神戸に着きました。

教訓もいろいろあったけど、それらが次回に活かせるよう、忘備録としても、このブログをまとめたいと思いますw

iPASSは早めに確保しろ、トイレに流せる紙はあらかじめ持っていけ、お土産入れるスペースは最初から空けて行け。
両替は向こうの空港が安い、水はディスカウントストアで10ドルで買える、日本語の通じるレストランは時間を外して行け。
ホテルの近くでは日本語通じるコンビニもあるが、道路挟むだけで英語すら通じないから気を付けろ。
交通マナーは非常に悪いので、信号青でも油断するな。
経験値が溜まるまでは、あまり冒険しようと思うなw

では、また機会があったら、是非行ってみたいです。
再見!
台北行ってきました その4
IMGP6456.jpgIMGP6455.jpg
3日目はイベント参加後、色々本気で観光することに。
会場は現地の大学の体育館、テニスコートが3面とれるくらいの大きさ。
外には露店のコンボイw

IMGP6463.jpg
日があるうちに台北101へ移動。
昼間見るとその大きさがよくわかる。
晴れてれば、もう少し窓なんかも綺麗なんだろうけどなー。

さて、なぜ日のあるうちに、かというと、エレベーターの待ち時間が、夜はかなり洒落になってなかったから。
展望台に行くのに一回500ドルかかり、これが今回の旅行中で一番の高額出費となりました。
エクスプレスパスというのもあり、優先で登れるみたいだけど、お値段さらに倍。
しかし、16時台だとほとんど並んでおらず、昨日食べたお店も20分待ち。
ここは、食事時を避け、さらに土曜の夜を避けるのが正解のよう。

ただ、ここで一つ困ったのが、展望台に行くのにテロ防止からか、おおきな荷物やリュックを持ち込めない。
イベント撤収の荷物をそのまま持ってきたため、コインロッカーを探すが空いていなかったり、団体客に予約されてたり。
30分ほどうろついた後、ダメ元で台北101駅に戻り、1つだけ空いてたのを速攻確保。
教訓としては、ここに来るなら荷物は手提げ程度にしてくること。

IMGP6499.jpg
エレベーターがめちゃくちゃ早く、この高さまで40秒弱。
あっという間でした。

IMGP6500.jpg
ぐるり一周してきて、さらに上に行ける階段を発見。
てか、階段なんかいw

IMGP6501.jpg
2~3フロア分上がると、高さは390mに。

IMGP6502.jpgIMGP6503.jpg
そして、外はなんと吹き抜け!
ここからさらに上があるようだけど、どうやって行くのか、そもそも行けるのかは不明。
101っていうから101階建てなんだろうけど、この上は放送施設とかそういうのかな。

IMGP6465.jpg
柵の間から手を伸ばして撮った景色。
日本では、吹き曝しでこの高さで写真撮れるところはないので、未体験&今後もできない貴重な体験。

IMGP6516.jpgIMGP6519.jpg
400m上空の風に煽られて、程よく色々冷えたところで700T新幹線にw
3駅乗って280ドル。かなり安いです。

IMGP6517.jpgIMGP6518.jpg
中は日本の新幹線とほぼ同じ。
違うのは、座席の前後が少し広いこと、博愛席(優先座席)があること、荷物を置けるカーゴスペースがあること、車両真ん中あたりの席には、緊急時に窓を破れるようにハンマーが備え付けられていること。

IMGP6520.jpg
そして、飛行機みたいに緊急時の脱出経路なんかを書いたマニュアルもあって、こっちでは、まだまだ未知の乗りものなのかなーと思った。
季節香るかのか ホットハニージンジャー
かのかにハチミツと生姜を加えたという触れ込みの一本。
でも、成分見るとそれらしきものが何もないのが気になるがw
よくよく読んでみると、「風味を加えてみた」とあり、さらに「はちみつと生姜は使用していません」としっかり書かれているw

度数は16度と結構あり、それでいて甘めなので、清酒よりは飲みやすい。
ただ、やはり高めなので喉に結構くるので、一気に飲もうとするとむせるかもw
少しお湯で割るか、温めて飲むと、冬の間にはいいかも。
台北行ってきました その3
IMGP6421.jpg
2日目は、MRT(地下鉄)に乗ってイベント会場へ。
MRTは、初乗り20ドル、5駅目くらいから25ドルと、日本では考えられないような値段で乗れます。
乗り方は、iPASS(チャージ式プリペイド:カードだけなら1枚100ドル)かこのメダル状のチップを購入。
改札にあてるとゲートが開きます。

IMGP6452.jpg
降りるときは、改札機にコインシューターがあるのでそこに直接投入。
紙の切符と違い、完全リサイクルのシステムが出来上がってます。
iPASSも色々な柄のものがあり、1枚目のカードリーダーの模様のがデフォルト、アニメや漫画のキャラクターがプリントされたもの、中にはカードの形をしてない、キーホルダーマスコットみたいなものまであり、セブンイレブンなどで買うことができます。

セブンでは、レジ前の什器に陳列されてるのを選ぶか、無い場合は奥にしまってあるので、什器を指さして「これください」を英語なり広東語なり日本語なりで言えば出してくれます。
大きいホテルの近くのセブンなら、日本語ができる店員さんがいるので、わりと伝わりやすいのですが、ちょっと離れると英語すら通じないおばちゃんがレジやってたりするので、心配なら駅前か大きいホテルの近くで買うのがいいかも。

チャージはセブンのレジか、駅のチャージ機でできます。
使える店もいくつかあり、セブンやお土産屋さんなんかが対応してたりするので、小銭持ちたくなければ駅でチャージするといいかも。

IMGP6410.jpg
この写真は、動きが早くてぶれてますが、桃の花の密を吸ってる鶯かメジロみたいな小鳥を、木の下から写そうと人だかりができてました。

IMGP6412.jpg
こちらは台湾のポスト。
赤と緑があり、それぞれ行き先と用途が違います。
日本だと一つのポストで普通と速達で口が2個ありますが、4つに分かれてるんだなーと。

IMGP6417.jpg
そして、これは口コミで有名な傾きポスト。
去年の台風で飛んできた看板がぶつかり、ひしゃげたもの。
手をついてもたれかかってもびくともしないので、相当な力がかかったんだろうなーと。
場所は、南京復興駅を出て、チャイナエアラインのビルの横にあるセブンイレブンの前。
場所はちゃんと調べていかないと、確実に迷いますw

IMGP6432.jpg
そのあと、有名点心の店を目指して台北101へ。
実は、ここがちょっと調査不足で、降りる駅を間違えて遠回りになってしまったのだが、こうして貿易センターを遠くのアングルから撮れるので、急がないなら市政府駅で降りるのがいいかも(負け惜しみw)。

IMGP6445.jpg
ここは101の下にあるディン タイ フォンというお店で、ガイドブックでもお勧めが多い有名店。
時間帯によってはかなり混み、1時間待ちとかになりますが、少人数だと回転がいいのか、割と早く回ってきたりするので、店の前を離れるときはこの電光掲示板の時間の半分くらいを見ておいた方がいいかも。

案内も日本語対応してて、メニューも来店客の地方に合わせてちゃんと対応したのをくれます。
順番待ちの間にオーダーを決められるので、あれこれ話しながら待ってればすぐ順番がきます。

IMGP6446.jpg
小籠包だけでも結構種類があり、前菜やチャーハンは一皿でも結構ボリュームがあるので、二人でサービス料込1000ドルちょっとでお腹いっぱい食べられます。
時間があるなら、何度か行って違う組み合わせで全制覇を目指すのもありかも?w
台北行ってきました その2
IMGP6296.jpg
今回利用したエバー航空は、キティとのコラボをしていて、専用のペイント飛行機やバスもあるくらい。
行きは、絵柄はなかったけど、中身はキティの機体でしたw
ヘッドレストのカバー、まくら、食器からデザートのチョコまでキティづくし。

IMGP6310.jpg
窓の外は、日本からずーーっと雲海が続いていて、すっきり晴れた部分がほぼなし。
その雲海に、ほかの飛行機の飛行機雲の影が落ちてるシーンにも遭遇。
これは、雲海が無いと見れない光景。

IMGP6327.jpgIMGP6329.jpg
無事台北に着いたものの、物凄い濃霧で、数十m下の道路すら見えない時もあるほど。
そんな中、交通マナーのあまり良く無さそうな高速道路をガンガン走っていきます。

IMGP6330.jpg
台北市街地に入ると、いかにも現代~近代中国といった感じの趣。
古い建物も多く、中には廃墟もあったりで、治安が少し心配なのですが、そういう場所に行かなければ大丈夫なはず。

IMGP6376.jpgIMGP6377.jpg
ホテルに荷物を置いたら、早速台湾の秋葉原こと台北地下街に向かいます。
そこかしこに猫の絵があり、後で知ったのは、これらは現地の有名サークルのイラストだということ。
また、国を挙げて漫画などに対する取り組みをしているせいか、ポップカルチャーに関するイベントも頻繁に行われているようで、それらの痕跡があちこちにありました。

地下街の構成は、日本の秋葉原を凝縮して4倍の長さに押し込んだ感じ。
日本のフィギアやプライズもの、グッズを扱う店がかなり多く、その間を埋めるように飲食店があり、なぜか鞄を扱ってる店も多かった。
ほかにはゲーム屋、本屋、ゲーセン、メイド喫茶などもあり。

IMGP6391.jpg
連絡通路にも何かのコンテストの作品がずらっと展示してあったり、ある意味芸術の街でもあると思った。

少し戻って、中山地下街というところにも行ってみたが、こちらはどちらかというと一般向け。
でも、少し歩くと本屋街に出て、秋葉原から神田に抜けたような印象w

IMGP6399.jpg
外に出るとすっかり日が落ちて真っ暗。
でも、どことなく日本の都市のような雰囲気。
地下街で遊びすぎた上にダイソーを探しててご飯食べる場所を決められなかったので、セブンイレブンで巻いてない恵方巻みたいなでっかいおにぎりなんかを買って、ホテルで食べました。

しかし、ここで一つ問題が。
ホテルのトイレにウォシュレットが付いてたのですが、なぜか温風乾燥機構が無いのに、紙も置いてないということが発覚。
用をすました後、ヘアードライヤーで股間を炙るという奇行に出るしかなかったというwww

これの解決策としては、トイレに流せるタイプのティッシュを持参するか、コンビニで「厠なんちゃら」と説明に書かれた紙を買ってくること。
外のトイレでも紙がないことがあるので、持ち運べるポケットティッシュ型がいいかも。

そんなこんなで、最後に一波乱あった初日は終了。

この日行ったところ
DSC_0476.jpg
台北地下街へのアクセスは、MRT台北駅からY通路方面へ降りると、すぐに猫の描かれた柱に出会います。

DSC_0474.jpg
中山地下街は、R通路方面へ。
駅の周辺を介してつながってますが、完全に別の地下街なので、一通り歩き回るだけでも結構な距離になります。
台北行ってきました その1
台湾に、イベントと観光で3泊4日で行ってきました。
今回は、その準備編ということで。

必要なもの、必ず要るのが、パスポートと有休休暇と予算。
そして、目的。
食道楽か、美術館や美術品か、有名スポット制覇か、色々あるので好きなように。
あとは海外に行くという覚悟と、何があっても何でも楽しむという心意気。

まず、旅行の目的と日程で、旅行会社にあるプランと照らし合わせて、安く便利に行けるのがあれば、それにオプションなどを追加して申し込む。
今回自分たちの場合は、土日にイベントに参加するため、中二日を完全自由行動にして、金曜出発の月曜帰国、有休を2日取るプランで作成。

しかし、申し込み時期が出発の40日前くらいだったので、あまり選べるコースがなくて、結果的に高めのものになってしまった。
でも、高い分ホテルは完全日本語OKでちゃんとしてたし、出発は現地空港からホテルまで、帰国時の空港送り届けにガイドさんつくし、結果オーライで。

プラン以外に必要な予算は、燃油サーチャージは2016年2月現在、原油安でほぼゼロ、旅行保険が4000円くらいから、空港までの往復の交通費も忘れないように。
もちろん、現地での飲食や移動手段、おみやげなどの予算も必要。

今回3泊4日で、日本円で1.5万円ほど両替したのを、ほぼ使い切ってきました。
でも、とにかく物価が安い。
日本と同じパッケージの飲み物とかも売ってますが、水は10ドル(1台湾ドル=2.8円前後)から、お茶やコーラも30~40くらい、市内の地下鉄も20ドルで4~5駅乗れて、有名点心のお店でお腹いっぱい食べても500ほど。

なので、お土産屋さんや免税店何かを覗くとかえって割高に見えたりします。
ここは、お土産は後で安いのを選ぶとして、現地の食べ物と交通を安く楽しむのが吉。
うまく立ち回れば、4日行っても日本円で1万円かからないかも?

飛行機にLCCを選んだ場合、荷物に制限がかかるのが、イベント系に行く人には辛いので、普通にLCC以外の安めのコースを選んだ方がいいです。
今回使ったエバー航空だと、カーゴ20kgまで、手荷物7kgまで。
トランクケースは、それ自体が結構な重量物なので、重さで見ると意外に入らないので注意。
これいっぱいに詰め込んでいくと、帰りにお土産入れるスペースがなくなるので、最低限3割前後は空けていくと安心かも。

準備ができたら、必要なものをすぐ出せるところに入れて、出発しましょうw
STRONG ZERO ビターレモン
甘くない、とラベルにあるが、少し甘みを感じる。
ビターとなってるが、レモンの酸っぱさよりも、皮の苦みが前に出てるから。
でも、味わいとしては、グレープフルーツに近いさっぱりした味。
ほのかな甘みがそう感じさせるのかも。
9度と高めですが、割とガッツンの来るライトなのを探してる人にはおすすめ。
TAVERNELLO ROSSO D'ITALIA
これの白を去年の秋に買ってたが、すっかり忘れてた。
赤も見つけたので、今回飲んでみる。
昨日飲んでた豚さんに比べると、割と辛口でライトボディとなってるが、いかにも赤ワインという感じ。
でも、ボトルの形状からか、グラスに注ぐときの音がかなりいいw
これだけで、ワインを飲んでるなーという気分にさせてくれますw
PORCO TINTO
こちらは、豚肉に合うという触れ込みの赤ワイン。
飲んでみると、ワインというよりは葡萄酒、または普通のお酒に近い感じの風味。
赤ワインのえぐさ、渋さが抑えられていて、これなら肉以外にも合うんじゃないかと思った。
甘さすら感じるので、ホットワインにも向いてるかもw(ホットワイン好きだな!)
DQB 第2章
今回は多分にネタバレを含みますので、まだの方はご注意を。

ドラゴンクエストビルダーズ_20160214215102
今のところ、攻略サイトなんかは見ずに、雑誌のマップだけ参考にやってます。
最初このメーダもかなり苦労したけど(さらに後ろからガイコツが襲ってくる)、壁を抜けないのに気が付いて、隙間のある壁を作って、タイミング見て連打してたら、そんなに時間もかかりませんでした。
材料は、周りに無尽蔵にあるので、詰まってる人は参考にw

ドラゴンクエストビルダーズ_20160218000557
何も参考にしてないので、とりあえず拠点地下に水を引いて、ここで取れる植物を全て植えてみたがメルキドガーデンにしかならず。
木を切り倒したりいろいろやって、まあとりあえず今はこれでもいいかなーと、そのあとカンニングしてクリア前に完成させましたw

ドラゴンクエストビルダーズ_20160218000757
内部は決戦に備えて、水風呂や庭の池が決壊して浸水しないように、床を一段持ち上げて、1ブロック分の外壁を床石垣でぐるり囲って強化。

ドラゴンクエストビルダーズ_20160218000536
これは改修前のSSですが、大体同じような構成で、まわりをぐるりと一周できる通路にして、石弓を設置。
地上の雑魚は拠点内に入ってこれないので無視して、この回廊を走りながら○ボタン連打、ボスが落ちてきたら飛び降りてはやぶさの剣でザクザクしてると、かなり楽に勝てました。

ドラゴンクエストビルダーズ_20160218012638
最後に、この章の犠牲者にお祈りして新たな土地へ旅立ちました。
すでにアニキたちと寝床の取りあいしてますが、続きはまた今度w
スクスト×雪ミク

最初の雪像建設は、かなり張り付いてないと最後まで無課金では無理だった。
とりあえずレベル9まではやって、アイススケートダンスは確保。
しかし、タイミングがよくわからないので、一回見て放置してますw

Screenshot_2016-02-10-07-08-48.png
1枚だけのチケは、ヒナに使った。
まあ、レベルの底上げってのもあるけど、実際今一番強いのがこの子なので、呼ばれたときにライブが出るようにセットしてますw

sgs160218073416.png
つぎのイベントは対抗戦、ほかは見たことあるのが多いので、折角だからオリジナルのスクストミクに参戦。
1時間単位で順位が入れ替わるけど、こっちの結果にはそんなにこだわってないから、衣装揃った時点であるだけやってます。
この5人はうちの実働部隊。
他にもSR究極持ちがサポートに控えてますが、URが1枚もないため、全体ではそんなに強くはない。

しばらく休んでたけど、ハッカドールとミクコラボで刺さったので復帰してます。
次のイベントは何かしら~
ロードス島戦記やってみた
lodoss_160216_201353[01]
それにしても、ダウンロードから難易度の高いこと。
ダウンロードにアップデートに、本体実行までいくつ警告出たことやら。
色々入れまくりで、本当に必要なのはどれとどれなのか分からないくらい。

それでもなんとかゲームを起動して、3キャラ3職作ってスタート。

lodoss_160216_201803[01]
まずはチュートリアルっぽいのが始まるが、ASDWで移動すると3マス分くらい移動してしまい、まともに操作できない。
地面をクリックすると、細かく移動できたので、移動はこっちのほうが良さそう。
ただ、インターフェイスがわかりにくく、序盤のテンポも悪い。
カメラを回せるわけでもなく、ゲームとしての完成度が低いように感じる。
折角期待してたタイトルなので、慣れるまではやってみるつもりだけど、海外旅行とか挟むので、本格的にできるのは来週からかなー。
ローソン×艦これ
IMGP6268.jpg
早起きできたので、朝から行ってきました。
7時ちょっとすぎくらいに店に入ったら、ちょうど陳列してるところでした。
フライングしてないな、よしよしw

まずはお菓子3個、ドリンク1本、カップ麺2個でそれぞれ1こずつゲット。
さすがにそのまま会社に行くには早いので、一回帰って、しばらくしてから車で出勤。
電車だと道中かなり寄り道しないとローソンがないので、車で道すがら確保して回ることに。

最初の店はお菓子の棚が既に虫食い状態、食べやすいコアラやトッポは全滅。
なので、チョコを9個買って、これでクリアファイルコンプ。
次の店は駐車場がいっぱいだったのでキャンセル。
さらに次の店で、ドリンク1本買ってタペストリをもう一本確保。
ICカードに貼るシールは、自分は使えないので、連想砲ズだけ確保で、グッズ系はとりあえずこれでコンプ。

あとは、食べ物のほうかなー。
見当たらなかったので売り切れてたと思う。
キャンペーン中はまだチャンスあるかもなので、気長に探してみますw
Gazela
魚介類に合う軽快微発泡ワインと銘打って出ていた新商品。
白ワインというよりは、シャンパンのような感じで、辛口とは書いてあるが少し甘い感じもする。
9度とビールなんかよりは高めだが、その甘さと炭酸ののど越しで、結構すんなり飲める。
それにしても、魚介類に合わせるとは言え、銀のラベルにエビタコロブスター他のデザインはどうなのよw
DQB製品版
ドラゴンクエストビルダーズ_20160212203857ドラゴンクエストビルダーズ_20160212225858

体験版をやりつくした感があったので、とうとうDL版ポチっちゃいましたw
製品版だと、メルキドは最初から少し土の建物が残ってて、整地するのに大分苦労しましたが、なんとか地上6階地下2回の巨大マンションを構築。
5階部分には植物園と、ぐるり一周する樹木の庭園を配置。
これで壁も緑なら文明崩壊後の都市のようですw

ドラゴンクエストビルダーズ_20160213030817
基本的には、拠点を頑丈に育てつつ食料系は住人任せで、ひたすら爆弾作って黒石を集めてました。
SSはなかなかいい絵が撮れたのでのっけてますw

ドラゴンクエストビルダーズ_20160213154805
そしてボス戦は、シールド9枚用意して、置いたら回収せずにひたすらダッシュ。
雑魚も爆弾で処理して終わらせましたが、まさかのドラクエでアクションゲーム大会w
ここにきて、このタイトルがサンドボックスであると同時にARPGでもあると悟った次第。

終わってみれば、黒石で固めた部分は傷一つありませんが、上層部は壊滅的な被害を受けている。
片付けようかどうしようか悩んだけど、散らばってるものだけ全部拾ってたびのとびらをくぐりました。

ドラゴンクエストビルダーズ_20160214124804
新しい土地でも建物は、大体似たような方針ですが、とにかく最初は食糧難がきつい。
しかも最初の夜からゴースト出るし、序盤から壊す奴も出るわで整地してる暇もありゃしない。
今回は動けないキャラが多くいるので、部屋をを守るためにすべての部屋を2階層以上の部分に置き、ようやく3階層目に着手。
ゴーストは拠点の中にもワープしてくるので、戦闘でカメラはまりしないように、各フロアは大分高めにとってる。

ドラゴンクエストビルダーズ_20160214004536
あとはお使いこなしつつ、時々BGMを聞くためだけにポーズ放置したりと、結構まったりやってます(雨が止んだ時がチャンス)。
あと、壁壊す奴は木の壁作ったら対処できるようになったので、困ってる人は下層の壁を全部木にするといいかも。
自分は、二つのたびのとびらの先の、現地の石垣を集めて1周分対処してましたが、途中でそれに気が付いたw
土すら掘りに行くのも大変なので、屋上で木を育てつつ、農業にもいそしむとしますw
旬果搾りグレープフルーツ
長いので省略(マテ
こっちのほうが更にさっぱりしていて、甘さも果汁本来の甘さと相まって、そのうえグレープフルーツの苦さとかは無いので、かなり飲みやすい。
今度は最初から缶を回して、中で粒が泳いでる間に一気にのみましたw
個人的なおすすめは、グレープフルーツの方かなー。
旬果搾りチューハイつぶつぶレモン
特に限定とも書いてないので、普通にこれから売っていくのだろう。
レモンのつぶ入りチューハイ。
アルコールは5度あるが、さっぱりと甘酸っぱくて割と飲みやすい。
ただ、微炭酸なのに粒が入ってるので、グラスに開けた方が最後まで飲めるかもw
その辺気にしてなくて、缶のまま飲んでたら最後に粒が出てきて、しまったと思ったので。
2015 初摘みホップ ヌーヴォー
今年になって出たビールだが、2015年に収穫されたホップを使用して仕込んだとのことで、その年号と一緒にワインよろしくヌーヴォーの名前が付いてる。
2016じゃないけど、最新発売銘柄ですw

プレモルにしてはちょっと強めの香りと苦み。
ラガー系ほどではないにしても、生ビールでこの苦さは、メジャー系ではそんなにないかも。
飲みきると、少し甘みが残ってる気もする。
その辺が、サントリーらしいといえばそうなんだろうな。
クリアアサヒ 桜の宴
パッケージが桜の柄になっただけかと思ったが、麦芽とホップが一部違うらしい。
飲んでみたが、甘い桜の香りがするでもなく、普通のクリアアサヒだと思うw
春限定ってのを立春前に出してるけど、お花見シーズンまでこれ売ってるのかしら。
そのころには夏限定!とか出てそうですがw
でもまあ、華やかな気分で、それこそひな祭りにでも飲んだら、色的には合いそうかな?
ほろよい白いサワープレミアム
無印のを飲んだのが5年以上前なので、感じ方も大分変ってると思うが。
でも、感想自体は当時のものと対して変わらないような気がするw
定番化してた商品を、テコ入れのつもりで少しレシピ変えてリリースしたといったところだろうか。
真っ白だったパッケージも、濃いブルーになってけっこう新鮮な気分で楽しむといいかも。
ギュギュッと搾ったサングリア
いくつか種類が出てるけど、ロゼワイン×ストロベリー×チェリー×ピンクグレフルという赤赤しい組み合わせのものを。
封を切ると、イチゴの香りが広がるけど、基本的に酸味のある果実ばかりなので、飲んでみると甘さより酸味、そしてグレープフルーツの水っぽさがあって、味自体の濃さは控えめ。
なので、これは割ったりせず、よく冷やしてストレートで行くのがおすすめです。
DQビルダーズ体験版 3周目
ドラゴンクエストビルダーズ体験版_20160206231257
大分コツが分かってきたので、3周目はかなり計画的に土台から建造。
高所での作業が続くので、なかなか肝っ玉冷え冷えですw

ドラゴンクエストビルダーズ体験版_20160207141731ドラゴンクエストビルダーズ体験版_20160207095609
そんなこんなで、巨大な城塞が完成。
今回は、地上の地形には一切手を入れず、地下の採掘で取れた土だけを使用。
拠点内の草や花も極力残し、邪魔な岩だけ砕いて整地して建造。

ドラゴンクエストビルダーズ体験版_20160207143813
遠目に見るとこんな感じ。
1フロア4ブロックの高さで、地上5階地下1階、拠点範囲内では42部屋、採掘のために拡張したエリアで12部屋。
上層は3つの階段で行き来がしやすく、最上階の展望台だけほこらから持ってきた階段を設置。
ジャンプで登ってると勢い余って外に飛び出してしまうのでw

このSS撮ってる場所は、向かいの岩山の崖から一本道で張り出させた高山退避エリアからの眺め。
こっちは作ってるときに2回ほど落ちて死にましたがw

ドラゴンクエストビルダーズ体験版_20160207182451
そして、ツボ部屋のスコアが高いことに気が付いたので、地下室を全てツボ部屋に変えたら、拠点レベルがMAXに。
かといって、旅の扉をくぐれないので、敵も攻めてこないし新しく作れるものが増えるわけでもないのですが。
ただ、体験版だけでもかなり遊べるかなーと思ってたけど、これで限界が見えてしまったわけで。

住人が作ってくれるものの中に、樽があるけど、これを使った部屋のレシピはわからず。
今はジャンプして飛び移る空中庭園の作成を実験中。
しかし、これだけ遊ぶならもう、製品版買っちゃおうかなーとか考えてるけど、さてさてどうしたものかw
こくしぼり ピンクグレープフルーツ
前にこのシリーズ買ったのが、去年の春ごろなので結構開いてる。
果汁たっぷりの、ともすればカクテルみたいなチューハイ。
グレープフルーツだけど、赤玉のほうなので、あの強烈なグレープフルーツっぽさはない。
でも、苦みはしっかりあるので、その辺がらしいといえばらしいけど。
5度だけど、その苦みと甘さもあってか、結構飲みやすい。
たぶんもう一種くらい出てるとは思うけど、見落としてるな。
今度見たら隣もよく見てみようw
戦艦学園のグラムリッター
手島史詞:著 カスカベアキラ:画 ファンタジア文庫

地上を追われて空に逃げた人類が、その存亡をかけて機械仕掛けの龍と戦う物語。
その軍を退役した少年が、新たに龍と戦うための少女たちを指導するために、空中都市に赴任するところから物語が始まる。
いわゆる教官もの。
作者本人があとがきでそう言ってるw

しかし、龍と戦うと言っても、その武装したサイズは人間クラス。
主に人間は強化スーツのようなもの(例によって体の線がよく出るタイプ)を着込んで、巡洋艦や戦艦の名前の付いた武器を手に戦う(ちなみに男も着るw)。
他の話だと、そのサイズが数キロになったりするのもありますが、これはあくまで人間と車くらいの大きさの龍が戦うのがメインの話。
そういう意味では、わりと等身大の物語になってる気もする。

さすがに何冊もだしてるだけあって、文体はこなれて、かなり読みやすいし伏線もある程度回収してる。
続きもありそうだけど、買ったのが秋なのでそろそろ続きが出てるころかな?
MARTINI Bellini
VINE PEACHとあるように、桃の香りがする発泡性のワイン。
以前飲んだあれよりはピーチピーチしておらず、味も香りも控えめ。
そのうえでワインの渋みや酸味は控えめで、度数も低めなのでどちらかというと、ワインよりはサングリアに近いかな?
そしてほのかに甘く、ラベルには氷を入れたグラスに~とあるので、スーパーの室温くらいに温まってる状態は本来の飲みかたではないかもしれないw
とりあえず冷やしてみて、飲み口が変わるかまた試してみます。
お魚マークの中戦車
World of Tanks_20160203011507
90日あるのでもっとゆっくりやってもよかったんだけど、プレイヤーの熟練度が上がる前にやってしまった方がいいだろうと、速攻で終わらせようとして…
今日までかかってましたw

World of Tanks_20160203011603
ここまでかかった理由が、テイラー5のマッチングで重戦車(特にKV220)が出ると太刀打ちできず、なかなか稼がせてくれないことにつきる。
ほかにも突撃砲や軽戦車のラインも埋めつつ、×連打で渡り歩いて途中から重戦車ラインも開始。
この車体自体は大事に取っておいて、2万の経験値を溜める間に稼いだ星で、ほかのラインの強化もしていきます。
Peche de France
フランス産ピート言われてもピンと来ないのだがw
パッケージには立派な白桃が描かれていて、缶の色と相まって缶詰のようw
封を聞いてみると、まさしく白桃の香り。
フランスっていうと、ブドウか洋ナシしかイメージになかったのだが、風味も日本人に合うし、甘くておいしい。
これで5度あるので、飲み方には注意だが、甘いカクテルとして飲むにはちょうどいいかも。
pudu 赤
プードゥ カベルネ・ソーヴィニヨン&シラーズという名のチリのワイン。
前々から棚にあってきになってたのだが、瓶入りで大きいので飲みきらないかなーと、通り過ぎてた。
で、スーパーの特売で大荷物になったので、ついでとばかりにえいやっと買ってきた。
手書きのポップがあるくらいの推しだったので、どんなもんかと開けてみたら。

渋みは少々強めだがえぐさや辛さがなく、むしろ甘い方。
これだと、ホットワインのベースにするのにいいかもしれない。
それなら、1本買ってもすぐ飲んでしまうので、そういう意味では当たりだった。
白の方も気になってるが、さすがに何本もワインを抱えられないので、これが空いたら買ってくるとします。