ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
GRAN AGRI 駅弁屋
麦から大切に育てたとある石川の地ビール。
コメが使われてるけど、分類はビールらしい。
香りは普通だが、味は蛋白で少し甘みも感じる。
度数が4.5度と低めなのも手伝ってるかも。
仙台で買ったのだが、北陸の表記もあるので、北の方でならどこでも買えるのだろうか?
WEIZEN
サントリーのクラフトシリーズ、銀かパールの白っぽい缶。
フルーティに香るとあるように、ホップの香りに混ざるかすかな甘い香り。
味自体はサントリーらしい味で、特徴はこの香りに尽きる。
白い缶のビールは当たりが多いと思うのだが、果たしてこれも結構好みな内容だったりしますw
E7完了まで(艦これ)
E5割り
もうここからは甲も丙もあったもんじゃない。
平日の夜しか使えない状況で、次の週の日曜もイベントに行くため、土曜までにE7に目処を付ける必要がある。
なので、だだーっと行きたかったものの、E5が思いの外難航。
ゲージを割ったのが25日の夜半。

E6ゲージ割り
E6のゲージを割ったのが28日に日が変わってから。

E7割り
そしてE7。
全戦力を惜しみなくつぎ込めるとは言え、その分バケツも資材もカウンター早回しのように減っていく。
朝の6時から初めて、最後がなかなか割れないので、大和型投入して3回めにしてようやく完了。
最後はキラ付けの時間も惜しんで間宮伊良湖セットを4艦隊に投入してのクリア。

E7完了
後半は丙でもかなり試行錯誤、仕込み、試行回数を重ねるプレイで、司令部レベルの低い提督には丙でもクリアは無理なんじゃないかと思った。

イベントの難易度がインフレ化しつつある今、今回のイベントはホントにエンドコンテンツかと思ったよ。
メンテやなんやで終了が伸びてなかったら、自分もクリアできてたか怪しい。
最初から丙でやってれば、流石にクリアできてただろうけど、結果に対する報酬の差がある限り、やれるところまでやってみようというのが、ゲーマーの性なんだろうなーと。

最終的に、平日昼間は遠征なんかも回しながらでも、燃料11万 弾薬10万 鉄2万 ボーキ5万 バケツ400個が飛んでいった。
それぞれ2万と100個もあれば余裕でクリア出来てたイベントの時代が懐かしい…
しばらくは資材回復作業の毎日だなー。

霞と大潮も育て上げないとイカンし、神風も次回のイベントでキーになる可能性があるので、ある程度育てておかないと。
まだ今回のイベント終わってない方は、今日ぐらいに方針決めないと、丙でもアイオワ貰えなくなりますよw

アイオワ
E4突破から(艦これ)
E4機動
なんだかんだで結構苦労したE3から、準備してたE4へと移行。
編成はE6までリストに書き出しているので、ここで使えるのはこの組み合わせ。
戻って掘るにしても、甲でやってるから、それぞれの組になるんだよなー。

E4ボスラスダン
配置や装備をすこしずついじりながら、削りに削ってラスダンも大破を多数出しながら夜戦までもつれ込む。
攻略の時間の半分はキラ付けみたいな状況なので、もうここで決まらないと明日は4時起きで仙台行き、続きは月曜になってしまう。

E4突破
順番がどんどん回る中、取り巻きを残しつつもうダメかなーと思ったら、大井がボスをスナイプ!
クリティカルで決めてくれました。

E4終了3編成
最終的にはこの組み合わせと順番。
装備の細かい調整はあったものの、前半を甲で折り返したので、自分的にはここでもうイベントの攻略は終了w

E4終了4
これが見たかっただけなのかもの自己満足ですが、やりきった感はある。
このあと掘るにしても、ちょっと大変だろうなーと思いつつ。

一番くじ 艦これ三周年カレー祭り
IMGP7466.jpg
手を出すのが遅かったので、微妙なラインしか残ってなかったけど、狙いはカレー一択なので、別に構わないかなーと。
ヘタしたら3000円の紙ナプキン引く可能性も合ったわけですが、なんとか5回で2つ確保。
カレー自体は大阪のメーカーが作ってるようで、噂によると結構美味しいらしい。
今日は外食してきたので、食レポはまたそのうちにw
figma アンジェラ・バルザック
IMGP7464.jpg
腰回りうまく処理したなーというアンジェラの稼働フィギア。
前髪の造形も細かく、瞳のデカールも精細で、パッケージの写真見てるとスケール感が狂うw
透明パーツが蛍光グリーンだと最高だったけど、そのへんは光の当て方でどうとでも見えるかも。
個人的には、ローポリのアンジェラにも表情パーツがあればな~とか思ったりして。
ねんどろいど ハッカドール1号
2号以降出るのかしらw
ウィンク顔が無いところ、他の表情からすると、アニメ版がベースのよう。
スマホにはちゃんとアプリの画面らしきものが印刷されてて、わりと細かい。
スマホ構えてるのはドヤ顔かウィンク顔が良かったかなー。

そして、茶色いカバーの本がついてるけど、しっかり向こう向きに収まってて、パッケージを開けないと見れないようになってる。
なかなか上手いなーと思ったw
0号から4号まで揃わないかなー。
本日の収穫物
IMGP7463.jpg
相変わらず待ち時間に取ったもの。
最初何かと思ったが、どうやらスリッパのようでw
大きさは27cmくらいあるけど、分厚いので入る足は25cmくらいかも。

>▲<顔と普通の顔とあったけど、手前にあったこっちをターゲットに。
滑り止めのある斜めの板の上を、伸びきった爪で少しづつずらしていくもの。
500円の2セットでなんとかゲット。
これ以上安く取る手段は無いし、フィギアはショップに並ぶけど、これは並びそうにないのでw
E3突破(艦これ
E3初期編成
さて、地獄だと言われたE2甲を無難に抜け、天国だと言われるE3に突入。
天国なんだから、甲でいいでしょーとそのまま挑むw

E3補給
しかし、天国なのは相対的なものであって、決して楽な道ではないことを思い知る。
平日なのでキラ付けにも時間がかかるし、睦月型で運用しているので装甲も火力も弱い。
そこで取った作戦は、ギリギリまでボスが変化しないように運ぶ量を調整し、最後の割りで最大火力を出そうというもの。
そのためには、洋上補給まで行って、戦力の底上げを図るのも一つの手。

E3ラスダンE3完了
結果、命中重視、全力支援、全艦キラ付け、さらに洋上補給ありでS勝利で終了。
最後に運んだ物資はわずか3。
ドロップは普通だったけど、4日かかった攻略はようやく膜を閉じる。

E3報酬
E3甲報酬をゲット。
作戦立てして、ちゃんと実行できれば睦月型や50台の混ざる白露型でもなんとかなるもんです。

そして、キラ付けや物資底上げ、任務消化などで1日休憩。
E4甲にとりかかる。
仙台に遊びに行ってきた

かなり強引な日帰り弾丸ツアー。
しかもメインがイベント参加なので観光の余地はなしw
行く前は仙台の天気は霧で、とうとう今年3連続の霧に見舞われるかと思ったが、着いてみたら霧はほぼ晴れていて、気持ちのいい天気でした。

IMGP7411.jpg
鉄道むすめの看板もあり、模型や撮影ブースなんかも設けられていて、ファンの巡礼を待ってますw

IMGP7423.jpg
前に来た時は梅雨の終わりの大雨の時で、この駅ビルこんなに綺麗だったのかと。
駅前の再開発も進んでいるようで進んでいなかったり。

IMGP7421.jpg
そして、仙台といえばこの緑豊かな道路。
これは夕方に撮ったので少し褪せてますが、朝方見たのはすごく綺麗でした。
見に行くなら、梅雨に入る前の今がいいかも。

IMGP7455.jpg
有名チェーン店で牛タンの定食をお腹いっぱい食べて、仙台空港へ。
さて、いざ搭乗手続きを~?と思ったら、なんと帰りの便が欠航!!

大慌てでカウンターに行き、代替便の手続きを。
代替便があったことと、間に合ったことが本当に不幸中の幸い。
なにかと飛行機関連はトラブルがつきものなので、余裕ある行動と情報のこまめな確認が必要だと思った次第。

そして、ミッドナイトランディングでは伊丹空港でバウンドしてヒヤヒヤしましたが、なんとか無事帰って来れました。
陸路で行くと2泊3日コースになるけど、観光混ぜるならその手もありなのかなーとか思った。
なにより、急な欠航もないし、陸ならどうとでも行き帰りしようがあるのでw

こんどこそ、観光オンリーでまた行きたいですね!
YEBISU MEISTER
エビスのプレミアム。
個人的には、エビス自体がプレミアムみたいなもんじゃないの?とか思ってるのだがw
それを、「匠の逸品」と銘打って登場。
説明らしきものはないが、細かい英語が書いてあるので読んでみると、100%の麦芽に厳選したホップを使用、みたいなことが書いてある。
それだと、カタカナタイトルの下にもあるなw

エビスにしては、結構ニガ目。
度数は5.5と、これは普通。
個人的には、赤か青のラベルや、黒エビスの方が好きかなー。
ニガ目を飲みたい時の一つの選択肢として。
天野めぐみはスキだらけ!
ねこぐち:作 少年サンデーコミックス

とあるサイトの広告にずっと表示されてて気になってたが、月が変わったせいかいつの間にか消えてた。
で、店頭でたまたま見かけたので買ってみた。
そしたら、2版だったw

ガサツで男勝りな幼なじみと、高校で再開したら、例にもれずしっかり成長してて、そのくせ性格が昔のままという。
それも、男に対して視覚的防御力が低いという、そばにいる受験生にはかなりの天敵となって。
まあ、とにかくよく見えること(何が
そして、スキが色々含んでて、先行き不安定な間柄だけど、嬉し迷惑なラブコメとして、暖かく見守っていきたい作品ですw
FIRE FIRE FIRE BLACK SWORD
佐藤ショウジ:作 画楽コミックス

閉ざされた秘境にある王国の、とある王子がふとしたきっかけから外の世界を知るために、冒険に出る物語。
インテリ系なのに冒険なんて、と思うかもしれないが、お供は個性派揃い。
伝説の黒い剣を求めて、旅は始まったばかりだが、はてさてこの作者のこと、どうなるやらw

まあ王国といいつつ表紙でショットガン持ってるし、これの前日譚もあるようなので、知ってる人には普通じゃない物語になるのはわかってるはず。
それにしても、何本連載持ってるんだ?
相変わらず作画の早さに感心する次第です。
ガンズ&ガールズ
武シノブ:作 MFCキューンシリーズ

よくある女子サバゲもの、かと思ったら少し違った。
物理的な破壊力を持つ実包で撃ちあう、少し未来のサバイバルゲーム。
しかし、人体にあたっても無害なので、ゴーグルすらしていない。
良い子は真似してはいけませんw

で、本筋は学校の少人数サバゲ部に入って、全国目指すというありきたりな内容だけど、話が結構面白い。
無駄な知識やルール説明で紙面を使うことなく、話をガンガン進める方へ振ってるので、勢いがあっていい。
タイプ的には、麻雀マンガの咲に近いかな?

4コマ雑誌に載ってるものだが、普通のコマ割りに近い構成にしてあって、大きめのコマに活き活きと活躍する様が描かれる。
サバゲとかどうでしょう、で描かれたとはとても思えないところがいいです。
ぜんぶ死神が無能なせい
広重若冲:作 藤真拓哉:画 講談社ラノベ文庫

死神に魂を落札され、夜明けにはその生命を刈り取られると知ってしまった主人公。
その情報源は、何故か真夜中にガンダーラを目指して道に迷い、訪ねてきた金髪幼女。
しかし、それは死神の一人で、四角い(多分)カップ焼きそばを一緒に食べたことから、意気投合?してしまう。
そこから、夜明けまでの短い間に、魂を刈られないように奮闘する物語。

佳作受賞作で、内容的にはギャグ作品。
読み始めた時には、そんなテンションだとは思わず、随分ぶっちゃけた表現やセリフ回しだなーとか思ってたが、後半でようやく作風がわかってきたw
まさかこの画でギャグをするとは思わなかったので、最初にそういう印象を持ったのかもしれない。
それだと、本がそんなに厚くないのも納得かも。
E2突破(艦これ
E2PT.png
今イベント最難関と呼び名の高い、E2甲の攻略。
しかし、土曜日の1日で突破しました。
なにより、情報が豊富で装備や編成なんかをかなり練り込んだ状態で望めたのが大きい。

PTの群れも支援で半分蹴散らし、とどめを刺すだけ。
ただ、残してしまうと、魚雷がザクザク刺さるので、ここで2回撤退しましたw
司令施設?そんなもの載せる余裕なかったです。

E2終了時大淀
装備もそんなに凝ったことはせず、オーソドックスに連撃+対地攻撃で固めただけ。
睦月型に対空カットイン+大発や戦車積んで、最上三隈も3号砲に瑞雲12型、ロケラン。

E2突破
ただ、固くなる前に叩きたかったけど、ラス前に砲台を引いてしまい、結局強化型とやりあうはめに。
そのため、抜くのに5回かかりました。
それも最後、中破最上の連撃でぎりぎり。
相当運が良かったのかも。

E2終了時
終了時の面子と配置。
改二とはいえ、睦月型でやるのは結構しんどいかも。
でも、うちは霞も大潮も育ってないので、今後は駆逐の改二が入ったら、サボらずにしっかり育てて準備するようにしないとw
神戸まつり行ってきた
IMGP7350.jpg
ひたすら買い食いしてた気もしますが、朝から神戸まつりに行ってきました。
今年は早めに三宮に出る用事が(何の)あったので、露天が開く前から散策。
めぼしいところに当たりをつけておき、開始と同時に飲み食いも開始w

まずはキクマサの試飲コーナー。
何朝から日本酒なんて飲んでるんだかw
そのすぐ向かいには、サンテレビのステージ。
おっサンも出動していて、キモカワイイ姿で愛嬌を振りまいてましたw

そのあとぐるりと付近の露天を見てまわり、本命の佐世保バーガーの露天に。
スペシャルを買って、なるほど、これが「本物のハンバーガーか」と関心しました。
パテと呼ぶには柔らかすぎる、ジューシーな分厚いハンバーグがそのままの形で、キャベツと一緒に挟まれている姿と味は、そのままハンバーグ定食をパンで頼んだかのよう。
一言で美味しかったです。
本場に言ったら、旅行補正でなんでも美味くなるのだろうけど、地元でこれだけ上手いのなら、現地ではどんな幸せを感じられるのやらw
いつか行ってみたいです。

IMGP7351.jpg
11時をすぎると、大通りはダンスチームやサンバ、盆踊りにエコカーのパレードとひっきりなしに何かやってた感じ。
それが複数同時に行われるので、全部をカバーするのはとてもじゃないけど無理。
とりあえず、人の隙間からなんとか踊ってるのを見たり聞いたり。

人垣が分厚いので、大通りは諦めてまた買い食いに戻る。
宮城の笹かま、地元のわらびもち、100円のチューハイなんかをたっぷり仕込んでぐるぐる周回してました。

IMGP7356.jpg
ゆるキャラもあちこちに出動していて、ただでさえ人の多い露店街がさながら満員電車のよう。
まともな写真が取れたのは、淡路島の玉ねぎと鯛のキャラだけでした。

IMGP7361.jpg
大通りのメインステージでは、この日最後のライブとなる神戸のバンドが登場。
自分はよくしらないけど、結構人気があるようです。
AMも聞かないとかなー。

そんなこんなで、両手に一すくい分はありそうなミニトマトのパックや 拳2つ分くらいの大きなトマト、大分のキノコカレー、いか昆布のふりかけなんかを買って、荷物がいっぱいになったので退散。
これだけ長く神戸まつりを見て回ったことがなかったけど、実は1日ではとても全部を見きれないこともわかった。
ある程度当たりをつけてパレードの陣取りをして、他のコンテンツはテレビ放送の録画に任せるのも手かなーと思った。
薄手の長袖を着ていったけど、日差しが強くて少し焼けましたw
来年もいい天気で、元気に開催できるといいですね。
巨大戦艦(PSO2)

ついに大和実装。
大分物議をかもしたようだけど、新しい遊びの形として導入されたのなら、それを全力で楽しむのみ。

pso20160511_220533_002.png
しかし、いざ蓋を開けてみると、前半の肉弾戦は、かなーり面白い。
やらされてる感の強い東京のポップ通知システムに縛られず、道中に現れる敵をどんどん倒していけばいい。
たまに艦砲射撃とかもあるけど、予告がはっきりしてるので避けるのは容易い。
また、新しいコレクトシートの敵がわんさか出るので、それを埋めるためにもトライブースト使用でじゃんじゃん進められる。

pso20160511_221822_005.png
しかし、いざAIS戦が始まると、やたら理不尽な動きと攻撃で全然面白くない。
特にHP9900に3万超えの超広範囲攻撃なんて、どうしろというのか。
そして、終わってみるとドロップも星10以下ばっかりで、レアドロ250を入れている意味がなさそう。
クリアしないとシートが埋まらないので仕方なくやってるが、前半の楽しさと後半のつまらなさ+激不味ドロップを考えると、シート埋まった後は閑古鳥鳴きそう。

ドロップが良くなる方法や、特大範囲攻撃を受けないまたは軽減、避ける方法が出るまではやるのを控えるか、レベルの上がってない職を育てるのに利用するのがいいかも?

--------------------
(C)SEGA PSO2
E1突破(艦これ
E1houshuu.png
数分おきの猫に悩まされつつ、3日かけてE1甲を突破。
特に任務画面と補給画面と編成画面と入渠画面と改装画面での猫遭遇率が高く(ほぼ全部やん)、海域に出撃しても追いかけてくるもんだから質が悪い。
結局13回の出撃でボス到達6回、大破撤退2回、猫遭遇5回と倍ほどかけてようやく終わった。

攻略の放送をしている人のところで雑談してたら、最新の火狐とFlashの相性が悪いと聞いたので、Chromeに変えてみたらエラーは激減。
それでも支援艦隊出すときとか普通の遠征をお迎えするときとかに猫が一緒に出てくるので、何度白い画面とぷかぷか丸見たことか。
この3日で100以上見てるかな。

E1初期編成
E1の編成と開始時資源はこんな感じ。
途中から、この面子のまま水上部隊に切り替えて運用。
道中支援は戦2軽空2駆2の比較的エコなのを毎回出して、少しでも生存率を上げてボスに行くようにしたつもり。
その甲斐あってか、大破2隻以上で撤退が2回に収まってるのが、選択の結果として出ている。
支援て大事だよね、うんw

そんなわけで、まだまだ先は長いですが。
ここは異世界コンビニ デモン・イレブン
大楽絢太:作 今野隼史:画 ファンタジア文庫

7人の武器屋の作者の最新作。
突如異世界に、店舗と居住施設と店員と、何故か流通も含めてご都合よく転移させられてしまったコンビニの物語。
コンビニが主役ではなく(一応主役だが)、そので奮闘する従業員の話。
物語は異世界なのだが、話の舞台は徹底してこのコンビニ内部か、少しの外周でだけ行われるという、なかなか潔い設定w

コンビニのスタッフも個性派揃いなら、来店する様々な客も個性派揃い。
魔王に冥王、ドラゴンに勇者、どこぞの王様とここだけ抑えれば世界が掌握できそうな一大拠点となっている。
少々の小競り合い(商品の取り合い)は起こるものの、某戦地の中立地帯にできたコンビニマンガのような大規模な戦闘もなく、ひたすら店員と客とのやり取りが進められる。

なにより、イラストが世界観をかなりよく表していて、しかも枚数が多い(ここ重要)。
際立つ個性的なキャラが、シーンとともに活き活きと描かれている。
買ってから大分積んでたのでいまごろ読んでますが、続きも出てるので、買ってきて読まないと。
最近のベランダ花事情

これは連休前にハーブ園で買ってきたものを寄せ植えにしたもの。
値が落ち着いたら会社に持って行こうかと思っていたが、思ったより水飲みなので、乾燥しがちで週休2日の会社には置けないかなー。

IMGP7344.jpg
これも同じ日に買ったもの。
この葉っぱが気に入って買ったのだけど、花も小さくてかわいいw
もう少し株を買ってきて、大きな鉢に寄せ植えしようかな?

IMGP7345.jpg
これは名前忘れたけど、去年買った観葉ものなんだけど、なんか花らしきものが咲いてるので撮ってみた。
色は地味だけど、小さな花弁に機能をぎっしり詰め込んだようなものが沢山。

IMGP7346.jpg
これも観葉で、オレンジの香りがする葉っぱが気に入って買ったもの。
ガレージの猫よけにと考えてたけど、結局ベランダで育ててる。
背丈が倍ほどになってるけど、先端に黄色い花が付いた。
サクラソウも含めてピンク系の花が多いので、小さいけど黄色勢力で頑張って咲いてますw

IMGP7342.jpg
これはマルベリー。
実が付いてるのを買ってきて、熟すのを待つだけだけど、何個かは既に収穫して食べてる。
今生ってる全部が取れたら、お酒に漬けてみるつもり。

春先に咲いてたサクランボは、水が悪かったのか枯れてしまった。
残念。
他にはトマトやメロンやゴーヤを種から植えてるけど、いつになったら芽を出すのやら。
からあげくん ホイミ味
IMGP7347.jpg
出てたので、帰りにコンビニよってみた。
店頭の什器には、これでもかとばかりに空箱が貼り付けてあり、結構この店は力入れてる模様w
袋に入れるとベタベタになるので、そのまま受け取って車に。
その場で食べようかとも思ったが、ガーリックマヨ味なので、ビールに合うと思ってそのまま帰宅。
しかし、箱をむき出しのせいで、車内にかなり香ばしい匂いが充満ww

帰ってきて開けてみたら、箱に油が染みてた。
箱も残したいと思うなら、買ってすぐに食べてしまうのがいいかも。
ロトのつるぎの楊枝は使わず保管。
次買ったら、すぐに食べて箱を保存する方向で行ってみようと思う。
そのためには、楊枝も車に積んで置かないとだな。
ホットワイン
akadamaブランドの白ワイン、最初からはちみつ、レモン、ジンジャー、シナモン入りで、温めるだけでホットワインになるというもの。
なんでこんな暑くなってくる時期に買ったかというと、見つけたのが最近だからw
ホットワインらしく、甘くてシナモンの香りがする軽めのワイン。
前に飲んだ他のブランドのものよりも、色々バランスが取れていていい感じになっている。
ただ、流石に温めて飲むには季節が進みすぎているので、昨日書いた赤ワインと合わせてみたら、これが実にまろやかで飲みやすい味になったw
重めの赤ワインを持て余しているなら、これをブレンド用に買うのもありかも??
肉(29)専用赤ワイン
ダイエー限定商品、29と書いて「Twenty-nine」が商品名のもようw
実際にはそのあとに、メイドフォーミート カベルネ・ソーヴィニヨン 2015と続く。
南アフリカ原産で、サントリーの取り扱い。
ぶっちゃけると、少し重めの普通の赤ワインという感じ。
ただ、肉々しいラベルや名前から、その気になってしまうのかもしれない。
そういう飲み方が楽しそうな一本。
サクラ・ナデシコ
葉賀ユイ:作 電撃コミックスNEXT

アイドルを夢見る少女が憧れの女子校へと進学するところから、事件(ぉ)が始まる。
もともと男っぽくて、幼なじみの女の子と周りから夫婦扱いされてるような間柄、ところがある日体に異変が。

のっけから百合の香りのするヅカっぽい舞台でフェチズムとフ●ナリまで入った贅沢なw作品。
読んでて非常に面白いが、扱ってるのが女の子同士の恋の悩みと、アイドルを目指すという大きな目的。
タイプ的には今までにもあったが、組み合わせではなかった内容。
作者本人が「得体の知れない作品」と言ってるので、これからどこに暴走していくのか楽しみな作品ですw
新モデル
新モデル胸斜め前新モデル胸斜め後ろ
既存の肩まわりを捨てて、筋肉の構造をしらべつつ、一からスプラインを編み直してみた。
特に拘りたかったのは、大胸筋から肩にかけてのラインと、肩甲骨付近の造形。

それぞれ骨を入れた時に、ちゃんと人間らしい筋肉の動きになるように考えながら作成中。
まだボーンは入ってないけど、どうやったらこれを綺麗に動かせるか、そこから研究しないといけないかもしれない。
それとも、すっとばしてMMD化して、ウェイトの研究に入ったほうがいいのかな?

DRY PREMIUM 豊穣
コク・香り・アルコール分すべてが最大級とうたった生ビール。
香りはそうでもないが、味はかなり濃い目。
アサヒらしからぬ濃さで、かなりどっしり飲める感じ。
当社が販売している黒ビールを除くとあるので、黒はもっと濃いのだろうけど、普通のビールとしてはかなりだと思う。

あと、国産のビールにはほぼない6.5度というのは結構くるので、暑い日によく冷やしてのど越しとともに楽しみたい一本です。
子供の日
だけど、親戚の法事に行ってました。
昨日亡くなって、明日が友引だということで、急きょ今日が告別式。
近畿に在住の従妹衆でお昼のテーブルを囲み、他愛もない話をしました。

故人は、植木等にちょっと似ていて、かっこよくて優しいおじさんだったのを覚えています。
去年の4月にも親父の兄であるおじさんを亡くしたばかりで、そのたびに次は俺だ俺だと兄弟で言いあってますが、そんな順番は当分来てほしくないものです。
Infini-T Force
原作・企画:タツノコプロ 脚本:小太刀右京 漫画:江尻立真 ヒーローズコミックス

ある朝届いた太くて大きな鉛筆。
それで願ったものを書くと、それが現実に現れてしまう。
強盗に襲われたときに呼び出したのは、こことは違う世界のヒーローたち。

渋いおじさまガッチャマン、お子様キャシャーン、裏のありそうなポリマー、そしてテッカマン。
総じて皆イケメン、誰得ww
いや、ヒーローたるものかっこよくなくてはいけないのでしょうけど。

向こうの世界ではお互いを知っていいるような感じだが、こちらでは利害関係から対立したり共闘したり。
1巻発売と同時にアニメ化も決定していて、割と先の展開も気になる1冊です。
ギュギュっと搾ったサングリア
白ワインとピーチとか色々入ってる、少し薄目のオレンジのサングリア。
味はかなり複合で、結構不思議な感じw
言いかえれば、ちょっと散らかってる感じかも。
常温のを買ってきたので、グラスに氷をたっぷり入れて、注いでから少し置いていただきました。
やっぱり、サングリアは冷えてるのが一番だなーと思った。
まだ暑くも寒くもない、これからの季節に向いてるお酒です。