ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
HARD Cidre
ドライアップルビールと副題が付いてるお酒。
ビールかと思って買ったが、飲んでみたらリンゴの味がする苦い何かwだった。
ビールと言うには甘いし、リンゴのカクテルと言うには苦い。
材料がほぼリンゴしか無いのに、この苦味はどこから持ってきてるのだろうか。
雰囲気的には、リンゴで作った白ワインと言ったところか。
果汁贅沢なお酒 和梨ミックス
ぶどう、梨、りんご、グレープフルーツの果汁や果肉をふんだんに使ったお酒。
アルコール3%に対して、その割合はなんと90%。
ほとんどフルーツジュースですw

梨とりんごの優しい甘さが他の酸味を抑え、かなり飲みやすい。
梨は殆どが水分なのでその分を差し引いても、9割というのはなかなかなく、日本の果物を前に出してきてる感じ。
限定では無いようなので、見つけたら試してみるといいかも。
日本の果物の良さを思い出すかもw
ラブライブ劇場版
WOWOWでやってたのを視聴。

丁度サンシャインを見終わった直後で、既にドーム開催が標準化してる世界で、かつてそれを実現させるために奮闘した少女たちの物語。
一部ミュージカル仕立てで作られていて、最初見たときは軽い違和感を感じたけど、出来も良くて話の内容にも即してるので気にならなくなった。

しかし、音モノって劇場版になると海外行くのは一つのセオリーなんだろうかw
本日の収穫物
IMGP7923.jpg
再販された長門と偽装のセット。
取ったのはバラバラの店で、偽装はハの字平行棒にカプセルが乗ってて、それを落とすと景品が落ちる仕掛け。
本体は、たこ焼き。
偽装には20回以上かかったが、たこ焼きは半分埋まってたので10回くらいでクリア。
ギリギリショップ価格の採算ラインである。
箱の大きさの割には偽装のほうが重く、更に断面が正方形に近いので、アームでは持ち上がらず、平行棒はハマりに注意が必要。
本体は見かけの割に軽く、断面も長方形なので、角を押したり回したりすれば自然に取れるかも。
そのせいで、難易度を上げるためにスーパーボールやたこ焼きに入ってるとは思いますがw
Angel Red COCKTAIL
カクテルパートナーの期間限定品。
赤黒いハロウィンなパッケージに、グラスに入ったイチゴが目立つ。
ストロベリーとピーチのリキュールらしいが、イチゴの酸味を感じる他はちょっと甘めのカクテルと言った感じ。
甘いので料理は選ぶと思うが、ハロウィンパーティのお菓子なんかには合うかも。
一番くじ SAO
IMGP7922.jpg
今回はフィギアしか当たらないとかいうので、とりあえず5回やってみた。
すると、見事に4つがC賞。
てか、Cでこのサイズなのか?と、シール添付表見て、Cの数の多さに愕然としたw
今回は、これが末等みたいな扱いなのかね。
新バトル(ぷよクエ)
Screenshot_2016-09-16-19-00-59.png
色々物議を醸してますが、旧バトルと差し替える形で新バトル実装。
相変わらず自分の倍から3倍以上のレベルの相手と当たって、とてもじゃないがコスト負けしてて勝ち目なんてないのですが。
マッチングがデッキコストだということを知り、それだとバトルのために強いキャラに課金しなくちゃ!ってならなくなるんじゃないかと思ったりするが、試しにエコ編成でやってみた。

でも、それだとなんであんなに高コストなデッキとばかり当たるんだ?
一定以上は無差別級とかのマッチング枠なのかな。

もともと旧バトルで防御用にしてたやつを変形させただけだが、思いの外効果はあるようで、同じくらいのデッキコストならそこそこいい勝負が出来るようになった。
AC版からぷよぷよやってる身としては、リアルタイム対戦はぷよの取り回しと消し方、カウンターの当て方を競うものだと思ってので、キャラの強さで勝負が決まるような現仕様には納得していない。

でも、まりょく(消費コスト)なしでも延々対戦できるので、そこだけは評価ポイント。
移動中には通信切れや遅延が発生するので遊びにくいが、短い時間に集中してやるには、いままでとは違う感覚で遊べるかも。

今は1列目にコビットだけ、2列めにSSの1列目のやつを配置した2列デッキで遊んでる。
こちらの1列目に効果的なダメージ(ハート1個で2,000近く回復するw)を与えられないような相手だと、確実にレベルが低いので、やんわりと相手をする。
逆に最初から黒シグ赤アミ猫ラフィなどがいるような相手は、2列めになってから全力で相手する。
まあ勝てないことも多いですが、コスト調整してキャラの強さが発揮できてないようなデッキなら、ぷよ勝負でなんとかなるw

最近始めた人やライトな復帰組が、このバトルでトラウマ植え付けられて、主人公であるシグやアミティを嫌いにならなければいいけど。
イリヤコラボ(FGO)
といいつつもう終わってますがw
無料分やちょっと本気課金の成果もあってか、大分戦力が充実してきたので、初めてイベントの完走を目指してみた。
それにしても凄い顔ですな。

Screenshot_2016-09-12-00-34-42.png 
前のピックアップのときにネロを当ててたので、スカサハとブラヴァッキーを中心に編成を組み、フレの強力な星5やNPCのイリヤを擁して進軍。
特に赤い船の波動砲には大変お世話になりました。感謝ですw
マスターレベルが20台だったのが、奥に進めば進むほど上がる上がる。
3回戦闘したらレベル上がるとかもあって、あっという間に40台に。

Screenshot_2016-09-21-12-12-11.png 
そうすると、終盤の敵も(コスト的に)対処出来るようになり、なんとかメインイベントをクリア。
ラスボスに槍が特効だったのが幸いした。
しかし、此処から先はとんでもなく敵が強く、2/3に居座る強力な奴を抜けないので、クリアできそうなミッションだけクリアしていきました。
其の甲斐あってか、目標の60ミッションを達成。

Screenshot_2016-09-20-01-07-30.png 
無事にクロをお迎えできました。
今回のイベントは、主に未成年?の女性キャラが複数特効だったのが幸いした。
今後のイベントも特効次第だけど、レベル自体は底上げできたので、行けそうならまた完走目指したいものです。
通常のストーリーも、余裕持って進められるかな?
こくしぼり豊潤もも
濃い目の桃を期待してたが、果汁は28%とあってかちょっとあっさり目。
でも、最初に口に含んだときの、少し若い桃の感じはかなりよく出ている。
味の方はまあ桃らしいと言えば桃らしい、さっぱりしてるけど程よく甘い若い桃の味。
そう、熟れたまったりと濃い桃とは違う、独特の雰囲気が味わえますw
ミディッチュ 瑞鳳と最上
発売時期の関係で、ペアで買うことが多いのだが、今回も2個とも買ってしまった。
瑞鳳は割ともとの雰囲気なのだが、最上は他のやつとキャラの感じが違ってて、中に一個入れて並べると見栄えがすると思って買ってしまったw

本日の収穫物
といいつつ大分経ってますが、浦風を複数ゲット。
1個は引っ張り出すタイプのやつで、2個目以降はハの字平行棒の上を転がす仕掛け。
引っ張り出すやつで大分使ったけど、ハの字も1個めはそこそこ使った。
しかし、初期位置に戻してもらって、偶然にも2回で取れてしまったので、もう一回同じ手順でやったら2回で取れた。
トータルでは1個1000円以内に収まってるw

しかし、元ネタの浴衣浦風は結構画の見栄えもいいので、そのままのポーズでも良かった気もするが。
でも、これはこれでいい感じに仕上がってる。
ちょっと影とかチークとか入れてやると、市販のフィギアにも負けないくらいになるかも。
3つあるしやろうかなw
ブランド果実のおいしいチューハイ
アルフォンソマンゴーミックスと長いタイトルが続く、果汁62%のチューハイ。
というか、これだけ果汁が多くてもチューハイなのね。
りんご、ぶどう、マンゴーと希少糖のシロップという、どれが何%かは分からないけど結構はいってる印象。
飲み口はマンゴーだが、後味にマスカットが、そのあとりんごが出てくる。
3度と軽い上に果汁の味が濃いので、飲んだ感じお酒とは思えない。
期間限定らしいので、気になるなら残ってるうちにどうぞw
こち亀200巻
秋本治:作 ジャンプコミックス

同時掲載の週刊誌と一緒に購入。
記念号として残るだろうし、やっぱ世界一を手元に持ってるっていいじゃないですかw
内容については触れません。みんな忘れてるからw
こくしぼり紅熟ブラッドオレンジ
内容は商品名のそのまんま。
飲んでみると、果汁20%の勢いか、かなりルビーグレープフルーツのジュースに近い。
いい感じに皮の苦さがアルコールの辛さに置き換わり、濃い目のジュースのような感じというのを横に置けば、お酒としてはかなり飲みやすい部類。
お酒と思わず飲んでしまうこともあるから注意が必要かな?
ユニティ(ちゃん)始めました
start03.png
ちょいとunity触る必要が出てきたので、自宅のPCにフリー版をセットアップ。
ダウンロードとセットアップだけで1時間はかかったが、英語の選択肢を間違えないようにアクティベートして完了。
専門書や入門書も何冊か買ってきて、週末などの暇な時(あるのか?)にちょっとずつ進めていくつもり。
ただ、フリー版は色々制限あって不便ね。

C#も、GCC以降Cには触れてないので、ASやってたからある程度は読めるが書くのは流石に厳しい。
クラスは勝手にセット・アップしてくれるので、その辺中身だけ書けばいいから覚えることは少ないかな?
どちらかというと、3Dの制御とかは未知の領域なので、せめて素材だけでも楽しいものを使わないとねーw
とりあえず、FBXやMMDの取り込みのテストもやってかないとな。

LimonCello!
とてもお酒の名前には見えないけど、缶はそれっぽいw
レモン果汁とレモンピール(皮)のエキスで作った、甘いけどちょっと皮の苦みがある、それでいて濃い目のはちみつレモンのような感じの味わい。
微炭酸、8度と色々絶妙なバランスだけど、結構飲みやすい。
数量限定らしいので、見かけたら買ってみるといいかも。
十六夜の月
十六夜自体が付きの満ち欠けを表す代表的な語句だったりするけど、中秋の名月を前に曇りや雨や台風やと、今年は夜空を見上げるときにはあまり天気に恵まれて内気がw

GRAND KIRINの2016年秋モデル。
少しぬるめで飲んだけど、開けたとたんにすごいホップの香り。
そして、苦みの中に少し甘みがある。
これは、そのぬるめだったからかもしれないけど、苦みとのバランスがいい。
なんか、これだとおでんやすき焼きなんかの、温かくて少し甘い醤油ベースの料理を食べたくなってくるw
食欲の秋におすすめの一本ですw
マイバイブルは異世界召喚物語
ポモドーロ:著 やすも:画 ぽにきゃんBOOKS

普通の異世界に住むとある少年が、冒険者になるために家を出て、あちこちで揉まれながら成長していく物語。
しかし、少年は普通だが、取り巻きが普通じゃない。
一国の姫君、親衛隊隊長クラスの姉、王の隠し子、そのたもろもろ。
そんな環境に置かれて、物凄い速度で成長していく。

さて、題名の異世界召喚物語、というのは、普通の現代地球から召喚されたらしい、勇者の物語が、あちらの世界で物語として刊行されているというもの。
普通のファンタジー系とは逆の発想が面白い。
そして、冒険者としての成長が早い少年は、その物語に出てくるアイテムを実際に作ったり試したり。
若くしてケモ耳の幼女を嫁に取り、これからどんな世界を旅するのか。

最初に2巻を見つけて買って、1巻を取り寄せてもらったので、読んだのは最近ですw
Tre e Vino
eは'つきで。
サッポロが作ってる白ワイン。
でも、3度しかなくて、香りもマスカットのそのまま。
これでもワインって言うんだな。

飲んでみると甘くないぶどうジュースという感じ。
720mlの瓶だけど、これ一本空けても缶ビール一本分ですw
ワインの入門にはちょっと軽すぎるけど、ここから始めるのもいいんじゃないかなー。

バクマン。
WOWOWでやってたのを視聴。

といっても録ってから少し経ってるけど。
二人の高校生コンビが、漫画家を目指し、ジャンプで読者アンケート1位を取ることを目標に突っ走る内容。
元は漫画原作で、本物かどうかはわからないけど、ジャンプの編集部も出てくる。
ペンすら使ったことなく、鉛筆でイラストしか描いたことがなかったような所から始まり、ライバルを得てひたすら描きまくる日々。
ただ、高校生という縛りから学業と週刊連載を両立させるのは至難の業、とうとう…

どんどん上手くなっていく絵やストーリー(漫画のね)、全体の疾走感がかなりいい。
エンディングのコマ割りもいいなーと思ったら、そのあとの本棚でセンスが爆発。
ラストカットはちょっとじんときた。

2時間という枠に収めたことからの疾走感だけど、綺麗に終わってるので見終わったらすっきりしている。
自分も小さい頃は漫画家になろうかなーとか考えたこともあったし、同人誌描いてたこともあったけど、今は普通の?会社員してますw
だから、漫画を描くことがどれだけ大変なことかもよくわかってるし、そういう共感部分もあると思うけど、そのフィルターなしでも実写邦画として面白いおすすめの一本に推すことができますw
STAND BY ME ドラえもん
WOWOWでやってたのを視聴。

CGアニメになったドラえもん。
白組とアニメの制作会社で作られた、正統な系譜。
原作から大きく外れることもないので、内容は既に何度も見たそのままなのだが、一つ違うのは原作6巻かそのあたりの巻末の話を元にしていること。
あれってアニメではやったことあるのかな?
個人的には一番好きな話で、それを絡めて全体をまとめている。
それには、ここまでと、これからのドラえもんを繋いでいく話にも見えてくる。
うちの親にも勧めてるけど、ちゃんと見たのかな~。
ミケランジェロ・プロジェクト
WOWOWでやってたのを視聴。

第二次大戦末期、ナチスが各国から奪っていった美術品を取り戻すために組織されたチームの、実話に基づいた作品。
奪われるくらいなら破壊するというナチスに対し、そうはさせじと奮闘するチームの活躍を描いたもの。
とはいっても、専業軍人ではなく学者や芸術家の集まり、こと戦闘に関しては素人も同然。
仲間を失いつつも数多くの美術品を回収し、最後には大物を取り返すまでで完結している。
大分脚色されているとは思うが、戦時下の最前線で美術品を守ろうとした人たちがいたことは、京都に空襲をしないように働きかけた人々がいたことにも通じるところがある。
ドキュメンタリーの一つとしてみるのがいいかも?
クローバーフィールド
WOWOWでやってたのを視聴。

とある夜、ニューヨークに現れた謎の巨大生物によって翻弄される人々の様子を、一本のビデオテープの記録として描いた作品。
そのため、内容は全て手取りのビデオカメラの映像、手取りゆえに画面は揺れるぶれる激しくパンするなど、見る人が見ると酔ってしまうだろう。
バードマンがワンカットでの編集の妙を見せているとするなら、こちらは手取りゆえの臨場感をぶつ切りではあるが一つの流れとして組み立てた作品。

手取りの映像の中に、CGの合成を切れ目なくいれているあたり、編集の腕といえるだろう。
庵野秀明監督も、ゴジラでこれのリスペクトがあったんじゃないかなーと思うシーンもある。
ただ、タイトルのクローバーフィールドってのが何なのかは最後まで分からないと思う。
日本語タイトルのHAKAISHAのほうが、内容を端的に表しているとは思うが、それもそれでどうなの?というネーミングw
ウォーターワールド
WOWOWでやってたのを視聴。
温暖化で陸地が水没し、生き残った人類は海上に小さな砦や船を浮かべて生き延びていたそんな世界。
20年以上前に作られた作品だが、今の地球の未来を暗示してもいる。

一匹狼の名もなき男と、浮遊都市で出会った背中に刺青のある少女と雑貨店の女、この出会いから物語が始まる。
ほとんどの人が手漕ぎや帆船で移動する中、水上バイクや車、果ては飛行機まで持ちだす海賊たち。
暴力と果てしない海が支配する世界で、壮絶なサバイバルが繰り広げられる。
ぶっちゃけ海版マッドマックス。
でもこれはこれでありですw

LUIS FELIPE EDWARDS SAUVIGNONBLANC
しかしこのシリーズは名前が長いw
昨日の奴の白ワイン。
辛口5に分類され、白ワインのきりっとした部分がよく出ている一本。
白は酸味が強くて苦手だとか言う人も、これなら酸味も少なく、かなり飲みやすい。
ぬるいと酸味が出るようなので、しっかり冷やして飲むのがおすすめ。
LUIS FELIPE EDWARDS CABERNETSAUVIGNON
250mlの小瓶に入ったチリの赤ワイン。
LとEを重ねたマークが目印、目安はフルボディに近い4で結構辛め。
熟した果実味が特徴とあるが、この量でそこまでわかる人は結構な通じゃないかなw
パスタや肉に合うとあるが、がっつりした太い肉の方がいいかも。
パスタだとパスタが負けるんじゃないかな。
花泡香
薄いピンクの瓶に入った発泡性の日本酒。
甘そうに見えるが、軽めの日本酒らしい飲み口で、辛くもなくて飲みやすい感じ。
見た目に騙されると甘くなーいってなりそうだけど、一合半にも満たない小瓶なので、入門用にじっくり楽しんでみるのもいいかも。
本日の収穫物
IMGP7895.jpg
といいつつ取ってから結構経ってるのですがw
取ったのはゴシックミクさんと同じ日。
ポーズがゲームの干支違うけど、割と見栄えのする造形。
ちょっとダルいかなーとか思うけど、フィルタかかってる人にはそんなこと気にならないんだろうなー。

紙の輪っかがついたものを、シリコンの滑り止めマットが敷かれた坂を引っ張りだすもの。
しかも、手前に引き出すのに爪は横開き、手前に下る坂になってるので、引けば引くほど難易度が上がる構成。
滑り止めゴムが巻かれた平行棒よりはマシだけど、とりあえず近所のショップの相場以内で確保。
おりしも今日からゲームの方も浴衣実装なので、記事としてはタイムリーかなw


タイガースラムちゃん
IMGP7894.jpg
狙いで7連、1回400円なのに置いてたのがレンタルCD屋の前なので、両替頼むのが結構勇気いる場所でしたw
昔出てた大きいフィギアは確保しそこねてたので、会社の先輩の机の上に載ってるのをずっと横目で見てました。

しかしこの偏り方。
たこ焼き2個にひっかけ橋3個って。
全体で4種しかないので、実質1個700円使ってるようなものだな。
いや、狙いを外しまくってる時点で1個あたり…
考えるのよそうw

E4突破(艦これ2016夏)
E4gimick.png 
掘ったりなんやかんやノロノロやってたら、いつの間にか最終日。
スマホ版があるので、会社の休み時間に遠征駆逐艦のキラつけやったりして、定時後に1戦威力偵察がてら出動。
しかし、姫のマスで3隻大破。
これは乙でも間に合わないんじゃないか?

帰ってからギミック解除の続きをやり、本コースに乗るところでギミック解除しながら進軍し、装備や編成を詰めていく。
基本的には前情報を参考に、対空の強い艦を第2に、他は使いやすい編成で進める。

E4突破 
最後の割りの段階では旗艦速吸に女神2個と物資を乗せて、大和型2隻を投入して特攻。
他の火力担当も全員女神装備で、足りない分は応急を載せる。
すると、乗せると大破しないという都市伝説を地で行く脱落艦なしでのボス到達。
洋上補給を受けた第一艦隊が仕事をこなし、夜戦突入段階でボスに100あまりを残すのみ。
最後は摩耶が決めてくれました。

E4報酬2 
無事報酬艦をゲット。
実は、この攻略中に伊空母もドロップしてたのですが、SSが行方不明。
ツイッターに載せた分しかないw

イタリア艦隊 
そして、ついにイタリア艦隊の完成。
次はドイツ艦あと1隻投入されないかなー。
しかしこの空母、正規空母なのに装甲やHPは軽巡なみ。大丈夫かな。

E3E4資源 
そして、掘りでめちゃくちゃ減った資源の回復も進めないと。
比較画像はE3開始時とE4終了時のもの。燃料がすごい減り方してる。
バケツも400個って、大規模イベントでもこんなに使ったことないような。
次の大規模イベントまでに、また回復させておかなければ。