ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
自衛隊上がりのかーちゃんが怖い
ねんまつたろう:作 MFC

自衛隊を除隊して?結婚して?どちらが先か。
小柄な母がムキムキマッチョな父より強そうで、個性的な双子との4人家族を描く、日常系?ストーリー。
しかしこのかーちゃん、特殊部隊上がりって一体幾つなんだろう(背後に注意
特殊技能がいくつもあり、幕僚長まで行ってた最強のかーでゃんですが、同僚の彼(旦那じゃなくて)も相当なものではw

The Dream
アサヒの麦芽100%生ビール。
糖質50%オフとかで、軽いのかと思ったら、割と辛めの設定で、スーパードライよりはマイルドな感じ。というか、そこがアサヒらしい?

ラベルには新世代のドラフトビールと英語で書いてあるので、辛く感じるのは合ってるのかもしれない。
ただ、全体に赤金白のパッケージは、アサヒらしくないと言えばそうなるか。
やっぱ、銀色のラベル見慣れてるからかなー。
201702イベント完走(艦これ)
201702E1開始時甲編成
始めるのが遅かったので、最初だけ甲で、あとは乙でクリアしました。
E1は、様子見で2軍のコモン艦4隻で開始。
資源は、開始前にボーキ以外ほぼカンストしてたので、今回は贅沢に使えるかなーと楽観視してた。
潜水艦主体で、あとは支援なんかでちょっとずつ食うけど、修理が非常に安いので助かった。
無事黄色い瑞雲も確保。

201702E2編成 
しかし、ここからちょっと沼にハマる。
外部の情報を信じすぎて、輸送部隊でやってみたが、ボスの到達率が20回以上やっても3回、しかも1回はAを取り逃すという有様で、色々編成を変えてみたりしたが埒が明かず。

201702E2編成最終
会社でやってる同僚に聞いてみたら、機動部隊でやったほうがいいと言われて組んだのが木曜の夜(終了5日前)。

201702E3後半編成 
そこからはトントン拍子に無事終了したが、ここで編成に無駄遣いをしすぎて、E3で対空に使える艦が少なくて大分苦労する。
初月なんて、開始時レベル40台。初春も吹雪もまだ改二になってない。
2枚めの秋月を使おうかとも考えたが、対空CIを彼女に任せることにする。

201702E3ボス壊おわり 
最終的には鳥海をオイゲンに、ワス子を武蔵に変えたあたりから安定したので、そのまま突っ走る。
実はここでもまとめサイトなどの辛口の意見を見て、そんなに自信たっぷりに言うならさぞやだろうと参考にして、自分なりに編成してみたのだが、全く安定しなくて、ほとほとこのゲームに関しては、外部の情報ほど当てにならないものはないなと思い知った。

E3後半イ13 E3終了時資源
そして、削り途中でヒトミ確保。
駆逐艦は出ればいいやレベルだったが、潜水艦は需要が高いので、事実上これを掘るのが目的だった今回のイベントは、ここで終了。
使った資源も6万ずつと2万ずつ、バケツも150個ほどで済んで、かなりエコなイベントだった。
時間さえあったら、甲でもクリアできてたかなー。

201702E3報酬 
あ、もちろん最後までちゃんと終わらせてますよw

土佐鶴
居酒屋で頼んでみた。
高知の有名な地酒で、前々から飲んでみたかったもの。
神戸の辛口に慣れてると、甘さを感じるくらいだが、日本酒度は高いと思う。
また、まろやかさもあり、日本酒に慣れているなら、かなり飲みやすい部類ではないだろうか。
まだ四国には行ったこと無いし、通販や大型の酒屋でも買えるけど、やっぱ土佐料理の店でなら、カツオ料理の合間に頼んでみるといいかもw
余談:醤油おかかの焼きおにぎりが美味しかったですw
白鶴 神戸紀行
神戸港開港150周年記念のラベルを冠した清酒。
山田錦の吟醸で、青いボトルに白いキャップ、神戸港の画が描かれたラベルは結構おしゃれ。
ともすると、ミネラルウォーターの瓶に間違えるかもw

味は神戸のお酒らしく、甘さが少しあるが基本辛口。
でもキクマサほどではなく、ライトな飲みくち。
それでいて、やはり吟醸らしいコクもあって、日本酒らしさを楽しめる一本。

Marron de kiss
丹波栗のお酒という触れ込みだが、栗のお酒って珍しいから買ってみた。
香りは…栗の香りってどんなのだっけ?w
ここ数年栗なんて食べてないわ。
味も、栗のお菓子を想像してたが、ほとんど甘くない。
むしろ、この酸味は何の味だw
もしかして、少し古いのだろうか。
そして、お酒らしくない軽さ。
これで9~10度って、もうどこから突っ込んでいいのやら。


アイアムアヒーロー
日本でも本格的なゾンビ映画が作れるようになったんだなーと思える作品。
どうしても今までのものだとチープさが拭えなかったのだけど、CGIなどの映像技術の発展で、あとは魅せるだけという段階まできているのかも。
どんどん周りの知り合いがゾンビ化していく序盤が一番怖い気もするが、ゾンビパニックものとしてはまだ続きがありそうな引きにしているところも定番なのかw
そりゃ、原作もあるしねー。
ダークスター
カーペンター監督の作品で、70年台の宇宙モノ。
序盤から何のために宇宙を旅してるのか、などの説明的な部分が一切なく、少々わかりにくい面も。
宇宙に関する考察とか、そういうのはSFのくくりに置いてきてしまったかのごとくw
でも、人間関係とか色々伏線を張ってるところとか、監督らしさも垣間見える。
こういうの積み重ねて、あのカルト的名作が生まれたんだろうなー。
グラブルのリベンジ
去年の夏?に少し課金してチャレンジしてみたけど、結局まともなのが出なかったガチャ。
会社の後輩が4万ぐらいつぎ込んで出したとか言ってたので、流石に全然進めてないゲームにそこまでは出せんなーとか思ってたやつ。

Screenshot_20170217-111414.png 
無料分も溜まってきてたので、久々に引いてみたらこれが出た。
折しもまだまだ春も遠いのに、水着のナルメアやってるじゃないですか。

Screenshot_20170217-111317.png 
そしたら最初の10連でこれがでた。
そうれもう一発!

Screenshot_20170217-111436.png 
出たww
FGOはまだまだ鬼設定だけど、こっちは時々緩和するようなので、また次の機会があったら、溜めにタメて一気にひこうかと思いますw
でも、それには前提となる初回で引いとく必要があるのかしら。

そんな感じで、始めてから結構経つけどまだ第一章 風の出会い1/4で編成がSSRで埋まってる不良プレイヤーの戯言でしたw



最近のぷよクエ
Screenshot_20170212-203558.png
男衆が大分育ってきて、いい感じに戦力になってきたので、積極的に使ってる。
バトルでも組み合わせて配置してるが、配ぷよがハマれば(ハマればね~)負け無しw
それでも、この列で相手の1列目を崩せないときは、相手の方がコストも質も高いので、あとはどこまで連鎖を組めるかの練習モード。
早くマルチカラーで9枚埋めたいわー。

 Screenshot_20170218-144213.png
そして、最近になって、マルチを遊ばないと月限定のキャラが育たないことに気づき、これをやり始めた。
すると、プレイスタイルが一転。
自分で部屋を立てると経験値もめちゃ美味しいし、他人の部屋にはノーコストで入れる上に報酬もあるし、数を消す系のミッションも回復を待つこともなくクリアできる。
Screenshot_20170216-224822.png
何より、今ならバレンタインの部屋で赤王冠が確定で取り放題。
これをもっと早く知ってればなー(情弱)。

Screenshot_20170215-230413.png
お陰で、今月分は3日で揃いました。
最近は毎日、時間があったらマルチしてます。
でも、会社や学校始まる朝9時前になると、急に部屋がなくなってくるので、真面目なプレイヤーが多いんだなーとも思ったw



劇場版SAO
ネットで予約しようとしたら、紙チケだったので席が予約できず、当日朝から席を取らにゃなーとか思ってたら、思いっきり寝坊して9時前に家を飛び出したら、劇場が見えるあたりでチケットを家に忘れたことに気がついて、取りに引き返してなんとか予約。
三宮までチャリで2往復は帰りが坂なので、朝からけっこう良すぎる運動になりましたw

その席も3回目までほぼ満席、4回目がかろうじて空いてたので席を取ったけど、それも埋まってたらレイトショーに突入するので、前売りより安いレイトショーにはする気がなかったので、取れてよかった。

あらすじはもう大分情報も出てるので知ってる人も多いと思うが、AR技術で現実世界を生身の体で動き回れるオンラインゲームができてしまい、そこにまたしても犯罪の匂いが~というもの。
登場キャラも敵もオールスターの様相で、あのフカ次郎もGGOに存在することを示唆する場面も。
でも、個人的にはかっこいいシノンが見れたから満足ですw

そして、全体の感想を述べるなら、凄く面白かった!
この一言に尽きる。
クライマックスは映像の情報量が多くてついていくのに精一杯だったけど、まさしく集大成とも言える内容になってると思います。

あと、終わったあとの劇場内のどよめきがなんともw
また時間が取れたら、もう一回見に行きたいです。
SAOxなか卯コラボ
IMGP8479.jpg
前半戦を9食でコンプリート。
初回にホロのレアを引いてから、最後のシリカを引くまで、枚数的には期待値だと思うが、レアが早く出たので、コンプしようと言う気になったのかもしれないw
車通勤の途中にも一件あるのだが、そこはキャンペーンやってない。
なので、電車で通勤してた日は、開始からほぼ毎日食べてた感じ。
それでもレアらしき集合ホロは、ホロが付いてるだけでノーマルと絵柄は同じ。
ホロじゃないのが出た時に、今回全絵柄ノーマルとホロがあるのか?と戦慄したが、そこまで鬼では無かった。
その分絵柄が1つ足りないのを損とみるのもあるかもしれないがw
後半戦はどんな絵柄になるのかな。
Angiol d'Or Lambrusco Secco
こちらは辛口の方。
開けた瞬間から、ワインらしい辛めの香りがしてくるw
炭酸はこちらのほうが少し強めかも。
で、飲んでみたら、辛口ではあるが、赤ワインのエグさがあまりなく、その分辛すぎない感じがする。
炭酸での喉越しもよく、辛いは辛いが辛すぎない、甘口の方と対を成すには丁度いいバランスなのかも。
赤ワインは辛いし渋いしで苦手な人も多いと思うが、これの甘口の方と合わせて飲み比べてみると面白いかも。
Angiol d'Or Lambrusco Amabile
アンジオール ドールって読むらしい。
弱発泡性の赤ワインで、日本で付けられたタグには「甘口」と書かれている。
「辛口」のものと対で買ったので、まず最初にこちらを開けてみた。
発泡性なので、コルクの下膨れキノコの栓がしてある。
つまり、余っても押し込むのは難しいし、簡易型の注ぎ口(栓になるやつ)も持ってるが、発泡では役に立ちそうにない。
で、飲んでみたらこれが甘口どころか実際に甘い。
果実酒そのままの甘さで、ワインの甘さではないw
ホットワインに砂糖を入れるが、アレに近いか同じくらいかも。
シリコンのラップで蓋をして2日で飲んだが、もしかして辛口が辛かったときのために、ブレンド用に残してたほうが良かったかも…
ベルサイユオブザデッド
スエカネクミコ:作 BIGコミックヒバナ

マリーアントワネットは嫁いで行く最中に起きた、とある不死者襲撃の事件から、物語は知られているベルサイユの物語から外れていく。
人が死んだあと、不死者として蘇ってしまう奇病が流行っている世界。
当のマリーがそれに襲われ、宮殿に到着したのは生き残った一人。

マリーが男女の双子で、身代わりという設定自体は某ボカロ曲でもあったりするが、ここで描かれる物語はもっと凄惨なものだった。
そして、そこにはかの皇帝の姿も。

話の先が全く読めないという点では、かなり面白い内容です。
1巻読んだ限りだと伏線多すぎるわ主役級がいきなりバタバタ倒れるわで、本当に先が読めません。
その点からも続きが読みたくなる、そんな狙いがあるのでしょうけど、見事に術中にはまってるかもw

けものフレンズ
漫画:フライ 企画・原案:けものフレンズプロジェクト

巷で(一部?)社会現象になってるアニメ版と、そのコミック版。
ゲームは何故かアニメ放送の一ヶ月前に終了してしまい、これから盛り上がろうと言うところなのになぜ?とか言われてる。
コミック版はアニメとは世界観は一緒だが、こちらはまだパークが正常に運営されており、人類も沢山いる、そんな時代の物語。
こうしてみると、1種一人1世代の世界にも見えるが、性格は本能によるものだろうから、キャラの特性なんかも一緒のようで。
理解不能なほど音痴のあの子もそのまま出てきますw
でも、ストーリーは完全に独立してるので、どっちから見始めても問題は無いと思う。
(その性格的なものがネタバレになるともいうが)
SH-04Hカメラ性能
DSC_0004.jpg
散歩がてら裏山に登ってきて、色々撮ってみた。
確かめたかったのは、手ブレ補正、逆光への耐性、コントラスト、解像感などなど。
樹木の茂みの間から太陽を狙う。
ディスプレイには白がオーバーフローしてるところに赤線が出るが、露出を調整して撮影すると綺麗に撮れてた。
DSC_0031.jpg フレアも綺麗で、こういうのには強いかも。

DSC_0026.jpg 
しかし、ファイルがJPEGなせいもあるが、苦手な部分も見えてきた。
とにかく細かいディティールが潰れやすい。
この写真は他の5000ピクセルのものから一部切り出したもの。

DSC_0009.jpg 
モードにもよるが、フォトショでポスタリゼーションかけたような画になるものも。
これは、人物の肌を撮るとのっぺりしてしまうあれだな。
調整できる項目あるかな?

DSC_0034.jpg IMGP8478.jpg
左がスマホのもの、右がペンタのQ10のもの。
DSC_0033.jpg IMGP8476.jpg
それぞれオートで撮ってみた。
やはり、専用機には敵わない部分もあるなーと。

DSC_0015.jpg 
でも、個人的に気に入ったのはこれ。
左の指の上にスマホを置いて撮った接写で、距離は2~3cmほど。
解像感も色味もボケも綺麗で、こういう用途では性能を発揮できるかも。
あとは、暗いところでカタログ通りのF値1.9が出せるかどうか。
その辺はまたいずれ。


スマホ機種変
いよいよ限界になってきて、毎日数回は勝手に再起動かかるような状態。
丁度docomoの今のプランの変更期限が今月中ということもあって、買い換えることに。
本当はオンキョーのスマホ待ちたかったけど、アプリの容量制限とかもあっても待ちきれない。
何しろ、SD挿してストレージ増やしてても、アプリに使える容量が6Gしかないとかいう変な制限のせいで、容量の大きいアプリはDLできない状態。
折しもPSO2とFGOが同時に大きめのアップデートかかったので、一気に容量不足に。
慌てて引き継ぎのパスコード出力して、頻度の低いアプリから順に削除。
そうしないと、上記2本の引き継ぎもできないので。

機種はSH-04Hに。
性能は他のハイエンドに一歩譲るが、電池の持ちがいいのでこれを選択。
あと、カメラがリコー絡みなのもペンタ信者としては外せないw
SDカードは余裕を見て安めだけど128GBのものを入れておく。

IMGP8462.jpg 
初期設定をしつつ、アプリの移行も開始。
しかし、いきなりFGOでコードの他に「パスワード」なるものを聞かれて、はて?そんなのあったっけ?
とりあえず朧に覚えてるのを入力したら、一発で通った。

IMGP8463.jpg
第一関門突破。

IMGP8464_201702112206307ac.jpgIMGP8466.jpgIMGP8468.jpg
そんな感じでどんどんアプリを引き継いで行くが、容量制限が事実上なくなったので、データの一括ダウンロードも開始。

IMGP8467.jpg IMGP8469.jpg
これでようやくチェンクロもストーリー進めれるわ~とか思いつつ、PSO2esでDL始めたらPC版以上のDL時間がかかるようで。
今日中に終わるかどうか怪しいので、まだ途中ですが記事を上げることにw

続く?

はじけるギュギュッと搾ったサングリア
まずは白。
香りは強くなく、味も酸味が抑えられた白ぶどうと言った感じで、甘さの方が前に出てるかな?
どちらかと言うと、ラ・フランスというよりは普通の青りんごっぽい感じもする。
ただ、この味で6度というのがちょっとやっかい。
完全にお酒としての味がなくて、ジュースみたいに飲めてしまうからw
最近の艦これAC
IMGP8460.jpg
というか、これで1日分w
鶴姉妹の改狙いで建造を30回以上回したが、正規空母レシピで駆逐艦が半分以上と振るわない。
その上で隼鷹Nが7枚となかなかの大盤振る舞い(いやそうじゃなくて)。
結局建造で祥鳳が1枚、4-3追撃で瑞鳳が1枚と他のキラ2枚の40枚近く出して大惨敗。

その前になか卯で初回一発目にキラ引いて、運を使い果たしてたのかもしれんw
まあそれでも子日(初)、初春改(初)、涼風中破(初)辺りは当たりと言えば当たりか。
こうしてみると、建造での改の出る率は1/13、キラは1/20くらいだろうか。
以前の体感的にはもうちょっとあった気がするので、空母系は出にくいというのもあるかもしれん。

ボーキも3桁まで使い込んだので、しばらくは空母系は建造もできない。
自然回復の上限までは、ちょっと休むとしますw

JAEPOの建造チャレンジ、関東在住だったら行きたかったな~。
往復の交通費で艦これを丸3日は回せるから、それだけのためには行きませんがw
KOBE・三宮物語
『KOBE・三宮物語』編集委員会 神港ジャーナル社

駅前のショッピングモールに宣伝のポスターが貼ってあって、気になってたのを年末に買い、帰省時に読んでたもの。
太平洋戦争時の空襲で焼け野原にされ、占領下では半分近くの土地が米軍のキャンプになり、そこから復興を遂げてポートピア博などの栄華をきわめたが、その後大震災に合い、また復興を遂げた神戸という街。

2度の壊滅的な被害から立ち直った神戸という街を、様々な証言も交えて綴られるノンフィクション。
他にも大水害などもあったが、これは上記の2篇に絞ったもの。
神戸に住んで長いが、そのうちの一つ、震災は実際に経験したが、当事者であっても知らない復興の道のりが書かれていた。

センター街の逞しさは、電気が通っていないときにも店の前に商品を並べて売ってた店もあったので知っていたが、そこにも様々な苦労はあったのだろうなと。
フェニックスについては、センタープラザにあった映画館もフェニックスという名前だった。
今はもうないが、そういう思いも込められていたのかもしれない。
そして、そごう三宮店の凄まじき運も含めた強さ。
戦火に焼け残り、震災にも耐えた建物は、震災当時そのボードの間から、中の元の外壁が見えてたのを思い出した。
今でもあの白い弧を描くボードの裏で、ひっそりと三宮を見つめている気がする。

神戸という街、港町としての歴史も含めて、貴重な一冊だと思います。

本日の収穫物
IMGP8459.jpg
滑らない坂で取ったもの。
幾つかの店に入ってたが、大型店では倍の長さの緩い坂だったので、いつものところで取った。
箱自体の厚みがあるので、平行棒だと取りにくいし、スーパーボールや返し付き引き出しも現実的ではない。
もはや普通の爪で挟むクレーンゲームは絶滅危惧種なんかなー。

本日の収穫物
IMGP8456.jpg
休日の夕張。
天ぷらうどん食べてるところだけど、元ネタはなんだろうw
脇に置いてあるメロンも知らない人が見たら謎アイテムである。
最近の休日シリーズにしては少し大きめ、なのでちょっと坂道では取れそうになかったので、平行棒でチャレンジ。
そして、ハマることもなく8回でクリア。
中身は相当偏ってるみたいなので、寝かして置いてある場合は注意を。

ねんどろいど レム
IMGP8457.jpg
知らずに見てたら、中盤辺りから絶対好きになるキャラナンバーワンのレム。
強くて一途で自己犠牲も厭わずただ守りたいものを守り続ける。
そんなキャラにほだされた一人としては、買わずにはいられなかったw
そして、その足で相方も予約。
並んで飾れるのはもう少し先。
常陸野ネストラガー
このメーカーのは3年ほど前に一本飲んでるな。
フクロウの木彫りの版画ようなアイコンが目印のビール。
味は濃いめ、香りも強め、酵母が沈むくらいの雑味が少しあり、後味はかなり苦い。
だいぶ前からスーパーの棚では見てたのだが、ようやく買ってみた次第。
焼肉や脂身の多い焼き魚とかに合いそうな、個性の強い1本です。
FAG HRESVELGR
IMGP8458.jpg
これでヘレスヴェルクと読むのか。
キューポッシュ轟雷と同じ日には店で見かけてたが、まだ陳列前のカートに載った状態だったので変えなかった。
翌日、他の予約してるものを他の店に取りに行くときに、一緒に買ってきた。
店頭でもこれについて話してるグループがいくつもあり、これはいいぞと、値札見てちょっと躊躇して~という光景を何度も目にしたw
だから、梅田でまとめて買いたかったのもあるのだが、まあ仕方ない。
欲しいものは欲しい時が買い時なので、今欲しければ今買えばいいのだw
そんなわけで、また積みFAGが増えていくのであった。
キューポッシュ FAG轟雷
店頭で見つけて色々買ってしまったw
まだオリジナルスケールの方にも全然tがついてないのに。
スティレットは、マテリアかバーゼか、どれかをアップさせるために買ったもの。
短いパーツなら、これにも使えるかな?

で、早速組んでみようと右上の箱から開けてみたら、みっちり入ってたのでそのままそっと戻してw
そのあと、組説みたらそれほど複雑でもなさそうなので、少しでも組むかとビニールから出してみたら、パーツがツルツルしてる。
これは洗わないとダメかなーと、中性洗剤で洗ってザルに干しておいたが、寒いので1日経っても乾いてない(いまここ)。

これなら、オリジナル轟雷買ったときに一緒に買った武器セットから組むのもありかなー。
でも、それも洗わないといけないかも。
(以下全部開けて洗い終わるまで続く)
2017年冬の新番 その4
なんとか1月中に見たいのを見切った。
単発とショートは除く。

バンドリ!
始まるまでに特番が2本、その後番組名で録ってたら予約切れてて、あやうく見逃すところだった。
割と鳴り物入りで始まった一本、本編のあとのOPで凄まじいネタバレになってるのが超惜しいw
折角の出会いの物語が、出会った後での構成になっちゃってるからなー。
新作初回にOP無いのって、そういうネタバレしないようにするための物も中にはあるので、そっちの手法で行ってほしかったけど、ガールミーツガールの歌ものとして、期待。
あと、効果音もこだわってるのがよかった(ギターケース開けるとことか)。

ACCA
個人的にはこれに結構期待してた。
この絵柄のアニメはかなり珍しく、昼行灯だけどクールなお兄さんが主役の話は年に1本あるかないかなので。
いやーもうOPからしてかっこよすぎ。
架空世界だけど表記は全部ローマ字とかの世界観も面白い。
話が面白いかとかそういうのは横に置いといて、この世界観だけでも楽しみに見ていきますw

ハンドシェイカー
とにかく画面全体がよく動く。
背景も、モブも、とことん無駄なくらいによく動く。
そのせいで、注目点が定まらずにとっ散らかってる印象。
そこから、誰もいない世界に踏み込むという演出だったのかな?
ただ、そこまでで動きすぎたせいで、折角の戦闘シーンもそのうちの一つになってるのが残念。
大阪の難波~新世界界隈の協力で、背景などが色々実名実物で出ているのは面白いところ。

AKIBA'S TRIP
こちらは真っ向から対抗して秋葉原電気街などの全面協力w
そりゃ、ゲームの舞台がアキバを結構正確に再現したものだったからなー。
でも、EDの魚眼で流れるためだけにあれだけ取り付けたのかな?
で、間違って3話から見たのだけど、途中からでもキャラの相関図も分かりやすく、オーディオマニアの片鱗も見れたりで、結構楽しめました。
でもまあ、極めるとアンプ1台、スピーカー1本でそれぞれ高級車買える値段になるからなー。
果ては自宅改造して壁や屋根に音響埋め込みのオーディオルームの完成ですよ。
踏みとどまってよかったねw

チェインクロニクル
原作ゲームではコモンのキャラばかりで構成された義勇軍、各勢力にはレアキャラもいるけど、見たことあるキャラが多いので、大体どれがどれくらい強いのか分かってしまうw
アバンだけ見ると、ゲームの1の終盤の攻城戦にも見えるけど、途中で前日譚かな?と。
そして、ユーリが自分であるはずだが、その横にもう一人用意してきた。
このキャラの立ち位置が、前日譚だとすると…。

こうしてみると、今季はゲーム原作またはその世界観が元になったのが多いな。
しかも知ってるやつが多い。
ではまた春に。