ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
2017春の新番 その3
クロックワーク・プラネット
ちょっと作画に不満があるが、あの壮大な世界観を如何に映像化するのか楽しみにしてた一本。
見た感想としては、もう少し空気感があるといいいかなーと思った。
マクロからミクロまで、様々な大きさのネジや歯車を扱うので、そういったところを映像的に見せられたら素晴らしくなるのではないかと。

カブキブ
期待してなかったが、見たら面白い系。
今季はこういうの多いかも。
内容的には部活したいから人を集めて成功させるまでを描くタイプの物語。
ただ、それに歌舞伎を扱うのが非常に珍しい。
映像化には結構苦労があるんじゃなかろうか。
文化や歴史の勉強になりそうですw

アトム ザ・ビギニング
映像化は割と困難な内容だと思ったが、思ったよりしっかりと描かれていて、面白くなりそうな雰囲気。
NHKが買い取ってるのでそのへんの心配もなさそう。
あのアトム誕生までの、天馬博士と御茶ノ水博士の若かりし頃が描かれていくので、現代風の新作アトムとして見るのもいいかも。

武装少女
こちらは転校してみたらトンデモ学校だった系。
だけど、その転校生も大概なハイスペック少年だったので、そこでバランスが取れてて、武闘系かと思いきや何故かラブコメ要素が入り込んだりで、見ていてどっちに走るのか分からないのが面白い。

恋愛暴君
そのノートに名前を書かれた二人は必ずキスをする、と、どこかで聞いたようなノートが登場し、ひと騒動起きる内容。
意外と最初から三角四角関係な展開で、これも一種のハーレム系だろうなと思ったw
しかし最近のアニメの天使連中は、何故皆こうどこか曲がってるんだろう。

つづく