ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
君の名は(ビジュアルコメンタリー版)
通常版を買うつもりだったので、予約しないで店に行ったら売り切れてて、デラックス版しかなかったので仕方なくそれを買ってきたw(本末転倒)
本編と特典ディスクの3枚組、内容はビデオコンテやビジュアルコメンタリー、CMやビデオクリップ、制作発表会などの映像資料と、スタッフインタビューなどの詰まった小冊子。
去年の紅白版の特別編集も入ってれば完璧だったが、無かったのは残念。
フルで見れたのは、当日会場にいた人だけになります。

で、そのビジュアル~を最初に見たのは、本編はもう何度も見てるので、裏話や解説を期待して、本編を見る時にもっと濃く見れないかなーと考えてみたもの。
出てきたのは主役二人の声優と、ラッドの3人とMCだけ。
監督や演出などの絵周りの人たちが一人もおらず、これはまた変わったコメンタリーだなと思った。

結果から言うと、これはこれで面白かったです。
映画音楽を作るに当たって、細かい指示のあったところや、おまけで作ったものが一番印象的な部分に使われたりとか、そういった音に対するこだわりがよく話されていた。
そして、主役二人の「俳優」としての演技力の魅力みたいなものも語られて、そういう視点でみると、このコメンタリー自体がただの声優が裏話して終り的な他のコメンタリーとはまた違ってて面白い。
中には、原作者がコメンタリーのシナリオを書いたものまであったりするが、そういうのを除くと一風変わった映像作品として見ても面白いかもしれない。
ファンタシースター感謝祭に行ってきた
IMGP9324.jpg
最近他の旅行などの行事と重なって行けなかったイベントですが、今回はちゃんと外れてくれたので行ってきましたw
で、早朝から行こうと思ってたのに、神戸市営地下鉄がボヤ騒ぎで運休、そのため三宮まで歩いて行ったため予定より30分遅れで会場着。
4時前に雷と大雨の音で目が覚めて、そのまま起きてた上にその湿度の残った道を歩いたため、電車に乗る頃には汗が吹き出してたので、途中でフェイスタオルを1本追加購入。
実際買い足して良かったです。

会場に入るとエンペやグリがお出迎え。
毎年増えていってるなら、そのうち会場圧迫しないかねw
そのエンペを撮ってる時にカメラが駄々をこね始め、写真はスマホに切り替え。
で、カメラが使えないので他のコンテンツは後回しにして物販の列に。
会場(インテックス2号館)の半分を占める物販及びその待機列は、既に人でごった返していて、あと30分早ければあのへんに並んでいたのになーとか思った。

IMGP9364.jpg 
戦利品はこんな感じ。
神戸では手に入れにくいCDをまず確保、ピンバッジはテクターが早々に無くなり、並んでる間にどんどん品切れになっていくので、最終的にフォースを確保。
他はラッピーや1鯖グッズなど。
のみもののボトルはデザインが2種あったのだが、一人2本を勘違いして2種1本ずつにしたため、デザインが揃わなかった。
これは会場限定なのでもう買えない(東京に行けば別ですが)。
まんなかのデカバッジは、200円のガチャバッジを回してあたりが出れば貰えるもの。
欲しいデザインのものも幾つかあったので頑張って回してたら、先に大当たりが出たw
結局20種中15種揃いの12種ダブリ(個数不詳)。
交換のテーブルにもついたが、不足がレアばかりで他からも出が悪く、20分くらいで退散。

写真はスマホでしか取ってないが、ピザーラのコラボもやってて、ラッピーデザインの1ピース箱のピザを売ってたから、それをお昼にしようと列に並ぶこと1時間強。
並び始めた頃から大会予選が始まり、神谷氏の絶叫を聞きながら、予選が終了するころやっと購入。
ちょっと遅いお昼ごはんにして、ようやく他も回り始めた。

IMGP9325.jpg 
会場ではアプリをDLしてARマーカーにかざすと、3Dモデルが飛び出すギミックが仕掛けられていて、それを見つけるとスタンプが押されるので、集めてグッズと交換できた。
とはいっても、ただのシールでしたがw

あとは買えなかった品物の展示や、早々になくなったくじの景品を横目に、資料の展示コーナーへ行って写真集め。
途中までカメラの調子が悪く、会場の様子などはスマホでしか取ってない。
このコーナーの後半頃にようやく復活したが、撮った内容は著作物なので、ここには公開できない。
これは、自分用に使うとしますw
そのスマホからの写真の取り出しが、これまたケーブルなのかPCなのか、機嫌が悪くて取り出せない。

また来年行けたら、今度は車で暗いうちに出ようかなー。




vitaメモカ交換
IMGP9322.jpg
買った当初から結構大きめの容量のものを入れてたのだが、PSO2のアップデートが16G以上になって他を圧迫し、ついにアップデートできなくなって遊べなくなった。
そして、現在の32Gでも来年にはアップデートの容量が足りなくなるとアナウンスされているので、この際に容量を増やすことにした。
アプリはダウンロードし直したほうがデフラグにもなっていいので、オンライン専用とかはバックアップせずにカードソフトのセーブデータだけ移植。

IMGP9321.jpg 
こうしてみると、買ってから結構経つのにセーブデータが10ちょっとしかなく、殆どソフトを買わずに遊んでいたのがわかる。
オンライン専用ゲームとかを中心にしてたので、現在はサービスの終わってるものは削除。
そうすると空き容量が20Gを超えたのだが、PSO2入れるとパンクするのは分かってるので、無駄なもの(使わない動画やチャットのアプリとか)を入れずにPSO2だけ落としてくる。

3時間かかると出てたので買い物に出て、帰ってきたら終わってたがアプリが無いとか言って失敗してるw
もう一回取りに行ったら、今度は短い時間で終わったので、データ部分は無事にダウンロードできてた模様。
これで実家に帰ってもPSO2出来るようになったが、まだ無線ルーター捨てずに残してるかなー。
29 MADE FOR CHICKEN
29(肉)専用ワインの鶏肉バージョン。
怪しげな黒いラベルがいい雰囲気を醸し出してますw
で、カレー作ってあるのにわざわざ鶏もも買ってきてステーキにして食べてみたが、これがまたさっぱりとしていて甘く、凄く飲みやすい。
これの前に飲んだのが超辛口だったので、余計に甘く感じる。
特にそういった記述はないが、入門用としても結構オススメの一本です。
ラベルに物怖じしない人にもどうぞw
横浜づくり
今度は横浜の一本。
カジュアルに自由な雰囲気を~とのことで、実際に軽くてさっぱりしていて、しっかりビールとしてのテイストもあって、今まで飲んだ中では一番バランスがいいような気がする。
琥珀までは行かないが色は少し濃いめで、他のシリーズとはちょっと違う気もする。

で、ここまできて気がついたのだが、地元に工場のあるやつが~づくりで、その工場の周りの地域のものを作ってるのが~に乾杯なんだなと。
全部揃ってないとわからないよねー。
でも、京都はビール工場あったはず(昔工場見学で飲みに行った)だけど、今は無いのかな?
北海道づくり
一番搾りの都道府県シリーズ。
千歳工場の咲くということらしく、まだ47種展開していたころにセット品で見つけたもの。
なので、~に乾杯ではないw
味は非常にスッキリと軽くて飲みやすく、北の方だと濃いめのが好まれそうな勝手なイメージを持っていたのだが、いい意味で裏切られた。
これはかなり気に入ったのだが、通常アイテムとして定番化しないかなー。
ダ・ヴィンチ・コード
WOWOWでやってたのを視聴。

ダ・ヴィンチの絵画に隠された謎と、キリストの秘密を独自の解釈でミステリー化し、ヒットした作品。
エクステンデッド版をみたのだが、自分の覚えてるものと大分違うようなw
それだけカットされたところが多くて、内容に差が出るほどだったということか。
でも、覚えてる内容の方が、トントンことが進んで見やすかったようにも思える。
続編は見てないのだが、それにつながる重要な何かがあればいいのだけど。
艦これ夏のキャンペーン
気がつくのが遅く、初動が土曜からだったのでちょっと駆け回ったが、なんとか通常アイテムはコンプリートした。
チャームは何故か古鷹から無くなってるようで、結構不思議に思ったw
クリアファイルとミニポスターはどの店にも潤沢にあり、今回ちょっと宣伝不足なんかなーと思った。
なにしろ、ゼリーがまだ買える状態だったりしたのでw
今回は対象がチョコは変わらないが(夏場にチョコは運搬が大変だが)、カップ麺に袋麺も加わったので、これだけ揃えてもローソンのL袋1枚で収まるくらいの量だった。
しかし今回のポスターは「か」のつく艦じゃないのね。
クリアファイルにはしっかり神威はいってるしw

Freixenet ICE CUVEE ESPECIAL
スペインの白のスパークリングワイン。
ちなみに瓶だけで1キロ近くあるw
香りは白ワインのそれだが、炭酸は結構強め。
そして、非常に辛い。個人的にはワインの限界超え。
スパークリングだからとそのまま飲もうとすると、この辛さに阻まれることになる。
辛すぎるので、あっさり系の料理だと負けてしまうかも。
しっかりした味のもので、甘くないものに合わせるといいかも。

252 生存者あり
WOWOWでやってたのを視聴。

大地震のあとの超巨大台風直撃に晒された首都で、地下に取り残された生存者を救うために、あらゆる手段を用いて救助を試みる物語。
2008年の制作だが、東日本大震災のあと、異常気象で豪雨災害の頻発する現在において、非常にメッセージ性の高い作品。

僅かな可能性にかけて、生存を伝える者、捜索する者、その補助をする者、その家族達。
何があっても生き延びるという強さ、何に変えても助けるという意志の強さ、日本作品でディザスター系はホワイトアウト以来見てないけど、かなりいい映画でした。
(シン・ゴジラも厳密にカテゴライズするとディザスターかな?)

まずは、生存者ありの252の打撃音、トトトツーツーツートトトのSOSモールスは覚えておきましょう(作中にSOSは出ませんが)。
検索してみると、このSOSのモールスを掲示板で質問した方が、東日本大震災の発生翌日にいます。
この映画を見ていたら、別の質問と答えがかえってきてたかも。

命の大切さ、人を信じることの尊さ、諦めない信念、色々メッセージが含まれてますが、かなりオススメの映画です。
アイスブレイカー
WOWOWでやってたのを視聴。

ジャパンプレミアということで、国内初公開のロシア映画。
日本タイトルはもう少し色々ついてたりするが、元のロシア語タイトルも読めないので、そんなに気にしないことにするw

冷戦時代のソビエトで、南極からの調査隊を乗せて帰国途中の船が、巨大な氷山に衝突。
レーダーを失い、機関は無事だが分厚い氷に閉じ込められてしまう。
冷戦の最中ということもあり、無線封鎖をして立てこもるが、長期間に渡る閉じ込めの結果、燃料も食料も尽きかけていたところに、さらなる厄災が後ろからやってくる。

ウラーくらいしか何言ってるかわからないのですが、ロシアの映画を字幕でちゃんと見るのは初めてかも。
そして、このレベルの映画を国内で作れるんだなーとちょっと感心した。
アラは色々見えますが、これからのロシア映画の繁栄にも期待しつつw
トリスハイボール Clear レモンライム
もしかしたら、リパッケージ版かもしれないが、前に飲んだのが2年前なので、細かい味まで覚えてないw
今度はちゃんと「夏ハイ」と、しっかり夏のアイテムであることをアピール。
クリアーとあるように、苦味は少なくなった気がする。
ここまで苦味が消えると、もうハイボールでは無くなってきてるような…w
前のが苦い、辛いと思った人は、こっち飲んでみると結構評価変わるかも??
沖縄に乾杯
都道府県シリーズの一番搾りで、沖縄をテーマにしたもの。
爽やかな喉越しとあるが、沖縄の人って淡白なビールが好みなのかしらw
製法が一番搾りのもので、キリンビールと言うよりは実際にはオリオン(ノーマル)に近いかも。
キリン系にしては飲みやすくて、その分ビール初心者や苦手な人にも、一歩前進のためにいい一本かもw
ハコニワカンパニワークス
ハコニワカンパニワークス_20170713222011
日本一ソフトウェアのSRPG要素を持つサンドボックスゲーム。
ということで、結構期待して買ったのだが。
まず、操作性が悪い。
パッチで改善された?とあるが、これより酷い状態だったのかw
チュートリアルはあるが、バッグと倉庫の荷物入れ替えとかちょっと最初はわかりにくい。
この辺は慣れてくるとそんなに気にならなくなってくる。

次にゲーム性。
斜めのブロックを壊せなかったり、自分の真下や天井を破壊できなかったり。
足元は、周りに空間があれば1ブロックでも壊せるのがやっててわかったが、足場の解体とかにちょっと不便。
あと、ブロック遊びのための素材をマップで集めてくるのだが、これがSRPGパートになっていて、羊の毛一つ、花一輪取ってくるだけでも結構手間と時間を要する。

ハコニワカンパニワークス_20170716172222
ここも操作になれてくると面倒さは残るものの、それほど気にならなくはなってくる。
面白さが感じられるまでちょっと時間を要するが、胴体を丸々くり抜くくらいの作業をしてると慣れてしまう。
あとは効率だけなので大丈夫かな。

高さはかなりのところまで作ることができる。
クジラの全景を撮るために結構高くしてみたが、UR4の画質を変えられないため、被写界深度がOFFにできずにボケボケのSSしか撮れなかった。
横方向はどこまで拡張できるかはまだ試してない。
少なくとも、クジラ本体のサイズには囚われずに四角くできたりしたので、作ろうと思えばラピュタも作れるかも?

あと、一番外側の足場から外には出れないので、縁を作らなくても落っこちる心配はないです。
それを利用して、外側に螺旋階段を作ると、カメラの埋まらないオープンな階段が作れますw

ハコニワカンパニワークス_20170715180742 
クラシックダンジョンにもあったお絵かき機能がボクセルになって再登場。
少し薄い全面と背面、厚みのある中身の計4層で顔を作る。
なので、猫耳やリボンを作ろうとしても、どうしても分厚いものができてしまうw
あと、使えるサイズも数ドット分しかないので、凝った服とかも作れない。
この辺は8ビット時代のキャラとして割り切ってしまおう。

ハコニワカンパニワークス_20170717214414 
鉄の武器が作れるようになったあたりで、2Dイラストのような外見にすべく、クジラの改造に取り掛かった。
まずは中央の大木を一回り太くし、葉の部分もあまりに巨大な四角なので、丸くしてみた。
でもSSはボケボケw
サンドボックスの楽しみの一つである、自分の作った世界や建物をシェアしたくても、ボケたSSしか撮れないのはいただけないなー。

この辺改善してくれるとうれしいですw

ティルラの挑戦状(ぷよクエ)
Screenshot_20170712-231427.png
今回は流石にカードの練度や組み合わせから行けるかと思ったのだが。
今回の挑戦状で思い知ったのは、自分に足りないのはカードの練度やぷよ力ではなく、圧倒的な運だということ。

Screenshot_20170714-234813.pngScreenshot_20170714-235531.png
キーとなるカードに6連撃食らって途中で落とされたり、回復役が行動不能で回復できなかったりで。
動画で上がってるパターンを見て同じものを組んでみたが、ああいうのは成功した1回のみを載せているのであって、そこまでの試行回数は動画になってない。
実際その動画も最後の一撃を運任せで消したら偶然きてクリアできたというものだった。

Screenshot_20170714-004532.png 
ただ、100回近く挑戦して、今後の攻略に使えそうなものを見つけた。
それは、試しに組んだコモネが、カバの爆発するターンにスキルでカバを食ってしまったことw
5ターンで爆発する場合、3ターン目から使うと、あと一歩という時の事故を回避できる。
そのあとしばらくコモネ組みでやってたが、回復力が不足するので4ステまで持たないパターンが多かった。

この挑戦状が一番面倒で難しいとの声もあるが、自分的にはクリアできる要素が多かったので残念です。

Screenshot_20170715-150447.png Screenshot_20170715-222052.png
ただ、今後はベストール系にこだわらなくても、バトルのS維持は可能かも??
赤のボーイズを育てないとw

ハドソン川の奇跡
WOWOWでやってたのを視聴。

2009年に実際に起きた、ニューヨークでの航空機事故を取り扱ったリアルドラマ。
離陸直後で高度が取れない中、都市部上空でバードストライクに遭い、2機のエンジン両方共の推力を失うという、絶対的な危機に陥った航空機を、一人の死者も出さずにいかに不時着させたか。
実際には4分弱しかないこの事件を映画として取り扱うのは、結構無理があると思ってたのだが。
映画になったのはその後の事例で、本当に航空機を空港に戻せず川に下ろすしか選択肢はなかったのか、ということが事故調査の上で追いかけられていく。
ある意味、人工知能やコンピュータの計算だけで事故や犯罪を検証していくような、これからの世の中に警鐘を鳴らしていると言うふうにもとれた。
短めで、あのとき何が起きていたのを知るという点でもオススメの映画です。
黒白波
考えてみたら、普通の白波をここでは取り上げてないかも。
普通のは全国どもでも買える、いわば芋焼酎の定番的なものもあるので。
で、それの黒ラベル。
栓をあけるとまず香る、強烈ないも焼酎の香り。
味は、それほど甘くなく辛くもなく、ストレートでも行けそうな感じ。
でも、25度のお酒をそうそう割らずに飲むわけに行かないので、ラベルにある通り少しだけ割ってみる。
すると、どこからか甘さが出て来る不思議。
割りすぎると水っぽくなる微妙な加減だが、本当に少しだけ割ると面白いかも。
氷を浮かべて少し溶けるくらいで飲むのがいいかな?
他にも赤とかあったりするが、それはまたの機会に。

TAVERNELLO CHIANTI
タヴェルネッロのキャンティという地方のワイン。
コルク栓なので手軽に飲むというわけには行かないが(そのため、一度開けようとして途中でやめた)イタリアで一番売れているというブランドのものなので、それなりに期待しつつ。
香りは結構酸味が強め、味もミディアムと言いつつ濃いめで、やはり酸味が強い。
ワインらしいと言えばワインらしいが、言い換えると普通すぎる気もw
これだけ濃い目にまとまってると、しっかり冷やしてちょっとずつ飲むのがいいかも?
一番搾り 大阪に乾杯
大阪づくりじゃないのね。
売ってる時期に大阪で探したが見つからず、キャンペーンの47本セットにも外れてもう飲めないのかなーとか思ってたら、シリーズを9種詰め込んだセットを見つけたので買ってみた。
大阪と言いつつ神戸の工場で作られていて、テーマは「おだやかな香りとめっちゃ豊潤な飲みごたえ」ということらしい。
香りはそれほどでもないが、味は少し酸味のあるまったりした濃いめの味。
ラベルにも吉本のすち子があしらわれていて、すち子と一緒に地元を元気にしますということらしいw
粉物にはもう少しドライかさっぱり系が合うと思うが、こういうのもありかも?
それはそうと、小分けにしないで全国版フルセットで売って欲しいw
澪WHITE うすにごり
発泡性清酒の澪で、少し白く濁りのある一本。
瓶は透明で、口の方に向かって六角形に絞ってあるデザイン。
冷蔵庫から出して、炭酸に影響が出ない程度に上下くるくる回して濁りを均一化して、開けてみた。
だいぶ注意してやったが、見事に吹きこぼれたw
冷蔵庫では、寝かしておいて、開ける時にグラスに口を当てながら一気に注ぐといいかも。
青い瓶のノーマルに比べて、香りは清酒の香りが強く、味も少し酸味があって甘さが抑えられてる。
この酸味は濁りの特徴でもあるので、それを残した感じなのだろうか。
甘すぎず飲みやすい、5度の軽い清酒です。
KIRIN BITTERS 皮ごと搾りはっさく
ビターズのシリーズで、八朔を皮ごと搾ったらしい内容。
でも果汁分は1.6と少なく、アルコールは9度と高めで、ほんのり柑橘系の風味はあるものの、皮の辛さとか苦さが薄れていて少しもったいない感じ。
糖類やプリン体がゼロらしいので、カロリー自体は普通のビールと変わらないくらい。
甘くも辛くもないので、野菜中心の食事に合うかも?
アントマン
WOWOWでやってたのを視聴。

マーベルの新しいヒーローは、ミニカーにも乗れてしまうサイズ、アリの大きさのスーツマン。
でも小さいだけで、質量は普通の成人男子と同じ。
なので、その拳で殴られると弾丸のような威力を持つという。
劇場公開時に散々予告篇を見せられ、戦闘シーンは覚えるほどだったが、その合間にはこんな一大スペクタクルが挟まっていたあとはw
エンターティンメント作品として十分楽しめる内容で、アベンジャーズを相手に大立ち回り繰り広げたり、アリを自在に操ったりと結構面白かった。
EDはマクロからミクロへと縮んで行く世界を表しているので、最後までちゃんと見ましょうw
サントリーのビール系リキュールで、既存のどれにも属しない一本。
麦芽量、発酵、炭酸のどれもが高めで度数も7度とこの手の中ではかなり高い方。
色は普通だけど泡立ちはよく、味も濃いめで度数からくるキレと相まって結構美味しくいただける。
特に限定とも書いてないので新シリーズの展開だと思うが、酒税改正でこういう商品が出て競争が高まってくるなら、ビール系好きな消費者は大歓迎ですw
アングリーバード
WOWOWでやってたのを視聴。

吹き替えだが、よく動くので字幕よりは吹き替えのほうがいいかも。
大空を飛べなくなって久しい鳥たちの楽園に住む、いつも怒ってばかりの眉毛の太い赤い鳥。
そんな怒りん坊の性格を直すためにカウンセリングも受けたりするが、一向に治る気配なし。
ある日、一隻の船が豚を乗せて島にやってきて…

これだけの種類の鳥がいて、皆飛べないという設定は、ここが唯一の世界だということを決めるためのものだろうか。
いつも怒ってばかりで何かにぶつかってるゲームの主人公とは違い、意外にフランクで正義感も強く、仲間思いの所もある。
なので、アングリーバードのゲームの設定はこっちに置いといて、飛べない怒りっぽい鳥が主人公の冒険活劇としてみるといいかもw
アウトブレイク
WOWOWでやってたのを視聴。

少し古い映画なのだが、現在でも十分通用するネタ。
いわゆるパンデミック系だが、エボラやサーズなどの聞き覚えのある名前が出て来る。
アフリカで1960年台に発見された謎のウィルスは隔絶されたはずだったが、とある密輸されたサルを媒体にしてアメリカに持ち込まれ…
症状が出るのが早く、致死率100%で感染力も強い未知のウィルスと戦う医師たちと、軍の陰謀との間でアメリカでのパンデミックを防ぐことはできるのか。

結構前の映画なので、出て来る馴染みの俳優が若い若いw

最近のぷよクエ
今回もベストールに挑戦してみました。
5種終わってみると、なんだかんだでこいつが一番簡単だったんだよなーとか思いつつ、クリアできそうな編成を組んで行ってみた。
しかし、やはり火力不足は否めない。
あと、4ステに入った次点で相手を黙らせるスキルが無い上に、連鎖回復をしようにも反射と硬ぷよが邪魔で10個消すまでに、攻撃に必須のカードが落ちてしまう。

Screenshot_20170702-111649.png 
週末にぷよPを大量に投入して使えるカードを☆6にしてみたものの、結局は火力担当がいないのでジリ貧なのは解消できず。
最終日の時間切れまで頑張ってみましたが、最低でも一撃必殺かターンまたぎでのエンハンスが必要。
最終的に4ステでは1枚も相手を落とせずにミッション失敗。

自分は課金はするが、エンジョイ勢なのでそこまでカリカリにカードを詰めてるわけじゃない。
最低でもバルル/スピル/剣ラフィのうち、1枚は持ってないとなー。
だから、この手の「このカードがないと無理」レベルのイベントは、基本的にやらないほうが精神的にも健康でいられるかも。

Screenshot_20170620-003251.png 
でもね、その前ににゃんこシグが来てくれたから、今のところは幸せですww

月曜に壊れるクルマ
DSC_0332.jpg
以前事故ってクルマを壊したのが月曜なので、ジンクスにならないように月曜はクルマに乗らない習慣をつけていた。
しかし、やんごとなき事情(寝坊したと言え)によって、月曜なのに車でいかなければならない事態に。
先週からガレージは工事中で、あちこちに大きなガレキや鉄筋が出ている部分を乗り越えてクルマを出さないといけない。

そして車をバックさせようとギアを入れたら、シフトノブのあたまがボッキリと。
前々から中指の当たるところが少し欠けていて気にはなっていたのだが、よりによって今日折れるかと。
幸いレバーの上に乗せてる分にはギア操作も問題ないので、左手をハンドルに、右手をシフトに置いたまま会社に行きました。
(25キロあるが、6回しか曲がらないので)

DSC_0333.jpg 
そして、工事中のガレージは帰ってきたらもっと酷いことに。
ここに└┐こう切り替えして入れないといけないのに、その通り道は車がないのをいいことに、掘り返して鉄筋も大きなガレキも放置状態。
手前には他のクルマが入ってるので、回り込むのは不可能です。
会社に車置いてきて正解だったわ。

シフトのパーツは電話して取り寄せ中、でも同じパーツは生産終了してるので、代用パーツを取り寄せることになったが、まだ純正パーツだけで乗ってるので、それはモノを見てから考えようかと。
3Dプリンター持ってたら樹脂の部分を採寸して作るのもありだろうけどね。
本気で買うの考えようかしら。

車はガレージのコンクリートが終わるまでは会社の駐車場に置きっぱなしかなー。
でもこの業者、雨の当たらないガレージなのにちょっとでも雨が降ると工事しないのよ。
今週は台風関連で数日は雨だろうから、ここがちゃんと平らになるのはいつになるかなー。
折角窓に雨を弾くコートしてるのに、実際に使う前に台風で流れてしまうかもw

世界から猫が消えたなら
WOWOWでやってたのを視聴。

原作も買ってたし、見たかった映画の一つ。
でも去年は良作が多くて、期間内に見に行けなかった。

郵便局に務める青年が、ある日倒れ、医師から死の宣告を受ける。
意気消沈して家に戻ると、そこには自分と同じ背格好、同じ顔をした男がいた。
彼は自分を悪魔だと言い、とある取引を持ちかける。
それは、世界から何か一つ消すことで、1日の命を延ばしてやろうというもの。
自分ではそれを選べず、悪魔が最初に消そうと言ってきたのは…

ちょっと最近の現実と重なることもあり、終盤はボロボロ泣いてました。
とてもいい映画です。
そして、消されていくものが単なるモノではないということを、自分の現実にも置き換えてみるといいかもしれません。
オススメの邦画の一本です。
神の河
スパークリングではなく、オリジナルの方。
「かんのこ」って読むのね。
3年寝かしてエンボス入りの平たいガラスの瓶に入った金色の焼酎。
寝かしてあるせいか、麦の癖があるものの凄くまろやかで、ブランデーのような芳醇さがある。
その口当たりの良さで、辛さもあまりない。
25度とストレートで飲むにはきついが、そのままお猪口にでも入れて少しづつ楽しむのに向いてるかもw

シャドウ・エフェクト
WOWOWでやってたのを視聴。

自分ではない誰かの記憶、その記憶の中では自分が何度も人を殺している。
果たしてそれは本当に自分の記憶ではないのか、それとも自分が無意識のうちにやっていることなのか。

ジャパンプレミアということで、日本未公開作品。
番宣で何度も予告をやってたのだが、あの予告だと内容が普通(アクション映画としては)に思えるので、劇場には見に行かなかっただろうなーと。
だけど、実際に見てみたら結構面白い。
はじめはサイコスリラーかと思ったが、伏線でネタバレっぽいところもあるものの、実際にはそうではなくて。
もし見る機会があるのなら、一度見てみることをオススメできますw