ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
永遠の0
色々予定詰まってたが、なんとか初日に見れた。

しかし、見に行った回がキャンセルで2時間以上待つことに。
人気作品の初日に、なんでそんなスケジューリングするかね…

原作はみっちり読み込んでいたので、そのテンポの良さに驚く。
序盤の「証言」を取るところ、移動やいきさつを一切カットしたフラッシュで繋ぐという手法。
素直に上手いと思った。

見所は、やはり空中戦。
回想シーンに出てくる艦船や飛行機は、そのほとんどがCGなのだが、赤城の舳先で話してるシーンとか、誰があのバックをCGと思うのか。
この辺のVFXのメイキングは、今月のGC専門誌に詳しいので興味のある人は見てみるといいかも。

原作から入った人、映画から入った人、両方を見た人、それぞれ思いはあると思いますが、戦争体験、過酷な運命、狂気、そして愛。

景浦の役割は、原作読んでると判り易いが、映画だとちょっとわかりにくいかも。
だから、あのジョークがジョークじゃ無いように捉えられるかも?w

実写をふんだんに使った空のシーンが、悲しくなるほど綺麗です。
この冬一番のオススメ映画です。
是非劇場で。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック