ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
ゲーム用PC構築
IMGP1738.jpg
メインマシンのお役目交代が完了したので(実際には4月までは現役で使うが)、次はゲーム専用PCのOSを入替え。
メモリがDDR2世代のマシンだが、作業マシンからSSDを移植して、これをストレージにして少しでも速度を稼ぐつもり。

しかし、このPCメインのHDDの容量が80Gしかないw
時代を感じるところです。
ちなみに、ケースファンが青いのは、最初からこれが付いてたからです。

グラボはHD3850なのでそこそこいけるはずだが、とりあえずメインで遊んでるPSO2のセッティングを行う。
しかし、これがなかなか上手くいかない。

OSは正月に組んだ余りのWIN7で、完全に新規インストールしてアップデートも済ませ、完動状態でセットアップを始めたのだが。

まずクライアントのダウンロードは問題なく完了。
インストールも問題なく完了。
そして、恒例のファイルチェックとアップデートと相成るわけですが。

これがチェックの途中で止まったり、ダウンロードの途中で止まったり。

公式には回答がないNo.103のエラーで、ネットで調べても解決には至らず。
前にも原因不明の接続エラーが出まくり、何か苦労した覚えがあるのだが思い出せない。

そうこうしている間に、1000個ずつほどだけどアップデートは進んで行き、2時間ほどかけて完了した模様。
そして、終わったのだがゲームが起動しない。

他のWIN7マシンと環境設定を照らし合わせている間に、一つ思い出した。

地元のOCN光はIPv6に対応してないのだ。

設定を見ると、デフォルトでIPv4とIPv6両方にチェックが入ってる。
IPv6のチェックを外して、クライアントを立ち上げると何事も無かったかのように起動。

これって、あまり知られてないんじゃないだろうか。
もしPSO2が立ち上がらなくなったりアップデートできなかったりしたときに、No.103のエラーが出て、ファイアーウォールやアンチウィルスの設定でも解決できなかったら、これを調べてみるといいかも。

「コントロールパネル」→
「ネットワークと共有センター」→
「アクティブなネットワーク」の表示の右にある「ローカルエリア接続」→
「プロパティ」→
「インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)」のチェックを外す。
ここに書いてあることが、一つでも判らない人は、判る人にやってもらったほうが安全かも。

プロバイダのIPv6対応状況は、地域やサービスによってまちまちなので、セガ側も把握できてないんじゃないかと思う。
逆に、それ以外の原因の場合は、この対応でネット自体に繋がらなくなる可能性もあるので、気をつけてください。

これで無事にPSO2は遊べるようになった。
次にするのは2台目のゲーム用PCだけど、こちらはまだ急ぎではないので、為替や店頭在庫を見ながら進めるとします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック