ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
ゼロから始める魔法の書
虎走かける:著 しずまよしのり:画 電撃文庫

これは面白い、その一言に尽きる。
さすが大賞を取るだけのことはある。

細かく解いていくと、まず主要な登場人物に名前がない。
主人公は傭兵で半獣人の男。
その一人称視点で物語は進む。

ヒロインは世間知らずの美少女、というのはどこにでもありそうだが、性格に難がある上で自称最強の魔法使い。
色々混ざってそうだが、今まであったどれとも似ていない。

表紙を見ると某艦船ゲームの人気キャラに見えなくも無いが、自分の中では沼の魔女という時点でメタリカに置き換わってましたw

しかし、読んでいくとそんな置き換えもどうでも良くなるくらいに話にのめりこんで行き、最後には頭の中で十三番が三木さんで~とか、アニメになって動いてた。

一人称であるので、会話劇中心にはなるのだが、そのやり取りが面白い。
世界観も説明的になることなく上手く語られ、一つの世界に自分が飲み込まれていく。

あと、これから読む人は、後書きを絶対裂きに読んではダメです。
ネタバレに全く配慮してないので、本編の仕掛けを楽しみたかったら、後書きは最後に。

オススメの一冊です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック