ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
ブレイドアンドソウルのキャラクリやってみた
スクリーンショット_140417_000
他のゲームのコミュで、自由度が高いとチムメンが言ってたので、とりあえずやってみることにした。
しかし、そのクライアントのサイズは11.2Gバイト。
初日だったので、午前様にも関わらずクライアントのアップデート予測時間が約11時間。

とりあえずほっといて寝ましたw

翌朝起きてみたら、WIN8の方がレジューム切ってたのに勝手に落ちてるし。
なので、WIN7の方でダウンロードしてアップデートしたら、約1時間とでたので、そのまま放置して会社いきました。

1日をあと30分残す時間で帰宅、さっそく起動して全部のキャラの説明なんかを見る。
そんで、一回やってみるかと作ったのが上のキャラ。

スクリーンショット_140417_001
そのあと色々調整して落ち着いたのが2枚目のほう。
ここでようやくセーブの手順が分かったので保存してみる。
サムネールのJPEGと、データファイルの2つができるので、解像度は低いがそのファイルがどんなキャラだったのかはわかりやすい。

スクリーンショット_140417_002
表まで戻って、今度はジンで作り始める。
しかし、人種による職の固定があるようで、この種族だと魔法職が選べない。
なので、キャラクリだけ遊ぶかーと作ったのが3枚目。

そうこうしてる間にこんな時間になってしまったので、とりあえず終了。
しかしそこで続行すると、キャラが固定されてしまったw
オープン時には消されてしまうので、名前取りができるわけでもないので、いくらでも消せばいいのだが、そこそこ出来がいいのでこれで始めるかもしれない。

あと、自由度に関しては、頭のサイズや首、腰の長さに骨盤の幅や厚さまで変えられる。
手足の末端の大きさも変えられるので、ホビット風からマッチョメンまで様々なキャラが作れそう。

しかし、耳の形やサイズは変えれない。
髪の毛も粘土みたいなのだが、これで動かすのだろうか。
あと、頭の大きさは変えれるが、周りのキャラとの対比でおかしな世界観になったりしないのだろうかw

パラが数値で出るので、種族が違ってもその数値をメモすることで、ある程度同じ体格に作ることもできる。
あと、キャラクリ時のライティングはもうちょっと考慮してもいいのではないかと思う。
化粧の色がよくわからないことになってるので。

PSO2でもかなり強力なキャラエディターを擁しているが、どっちも甲乙つけがたい。
これはこれでしばらくはキャラエディターとして楽しめそうです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック