ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
Blender導入
乗り換えるとか、そういうのではなくて、コンバーターとして試してみた。

今までの手順は、.3dsファイルを、アニマス→SHADE→メタセコだったものが、SHADEがエラーで立ち上がらなくなり、過去のモデル資産が全滅の危機に陥ったから。

brender01.jpg
適当なモデルを読み込んで見ると、普通に取り込めた。
なら、アニマスの吐く.3dsファイルが問題なく通るということ。

brender02.jpg
服を移植しようとしてたモデルをアニマスから出力して、Blenderに取り込み。

brender03.jpg
そのまま名前を変えて.3dsで保存し、メタセコへ。
ポリゴンが裏返ったり、5点パッチやフックの部分で面が割れるのは仕方ないが、何の問題もなく取り込める。
なにより、マテリアルが生きてるので、モデルの分解がしやすい。
分解しやすかったので、服だけじゃなくてモデルもそのまま活かしてみた。

brender04.jpg
ものの40分ほどでここまで構築できた。
他にも試してみたが、テクスチャも出力できそうな感じ。

brender06.jpg
これなら、今までにメタセコで編集して印象が変わってたモデルを、アニマスのモデルそのままに持ってこれるようになるので、作業時間が大幅に短縮される。

brender05.jpg
どれくらい作業時間が減ったかというと、このGUMIモデルも20分でここまで構築。
慣れたら、どのモデルでも持って来れそう。

W8RC.jpg
あと、Blender自体も結構高機能らしいので(特にレンダリングサイズ)、使い方を覚えてアニマスの代替ツールに使うかもしれない。
とりあえずは、日本語化のパッチを当ててからだなw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック