ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
夏の終わりとリセット彼女
境田吉孝:著 植田亮:画 ガガガ文庫

優秀賞を取って作者のデビュー作となった作品。
交通事故で記憶喪失になった彼女と、その彼女を避けてきた彼氏との、なんとも言えないほのかな恋の物語。
タイトルから少しSFでも入ってるのかと思ったが、そんな要素は欠片もない、純粋な現代のラブストーリー。

殆ど何も事件の起きないストーリーの中で、この二人の距離感というか、拙い恋の芽生えというか、凄く文章にはしにくいのだが、その移ろい行く様を見ていると、どんどん面白くなってくる。
ラノベの体で出ているが、完全に普通の小説として文庫で出ていてもおかしくない内容。

逆に、こういった展開に免疫が無いと、何もおきなくてつまらないものと捉えられそうだが、そういう流れにならないように、凄くしっかりと話がつむがれてると思う。

賞を取ってる作品だけに、過度な期待をして読み始めると、良い意味で裏切られるそんな作品です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック