ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
2015夏の新番その3
監獄学園
原作を1話から知ってるので、あの濃い内容をどう映像化するのか、色々考えてしまったが、ちょっとマイルドになった感じで、結構そのまま再現できてるのでよしとしましょうw
それにしても、まさかのアニメ化だよなー。

GOD EATER
こちらはゲームの内容も知ってるので、あの世界観をどう表現するのかと思ったら、なんとフィルターでゲーム画面の表現っぽく再現するという手段に。
しかし、これだと二原要らなくなるんじゃないかとか思ったりしたりしなかったり。
ただ、CGとの親和性は高くなる模様。

城下町のダンディライオン
初回からキャラ多すぎというか、まず覚えきれないw
ESPものはよくあるけど、全てが一家族で構成されてて、しかも主要キャラだけでサッカーチーム組める人数ってのを4コマ雑誌でやってるのもすごいよな。

ギャングスタ
こういうアメリカのダウンタウンが舞台の男臭いの大好きですw
なんも言うことない。四の五の言わず見ちゃいましょう。
そして、うちの弟も耳が悪いのだが、ろうあ者のしゃべり方をよく再現してる。
それが演技力なのか、研究の成果なのか。
居場所をくれたのは、ただ耳が欲しかっただけなのか。
原作知らずにみてますが、1話だけでも世界観に想像力を掻き立てられますw

うしおととら
凄く80年代テイストの濃い目のアニメ。ストーリーがではなく、作画的に。
なので、連載してたサンデーをずっと読んでた身からすると、なんかタイムスリップしたような感覚を覚えるw
しかし、なぜ今アニメ化なのか。
技術的に追い付かなかったから?
なら、このテイストは?
色々考えるところはありますが、短いながら二人の関係を濃厚に描ききって欲しいです。

それが声優!
まさかの野沢さん本人役で登場とか、声優アニメとして本気出してますw
アニメ業界を描くものはここ数年で何度かあるけど、ど新人とレジェンドクラスの駆け引きとか、どう描いていくのか楽しみな一本。
エンディングはかなり遊んでるけど、もしかして毎回違う内容になるのかな?
って、予告が組み込まれてる時点で確定か。

続く
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック