ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
新しいモデル

誕生日も近いことだし、最近のモデルにミクさんを追加、というか改造に着手。
前のモデルと互換性が全く無いので、衣装も作りなおしになる。
更に、おまけ機能があるので、服を作ってはい終わり、というわけにもいかない。

miku201508a25.png
前より随分と頭身下がってるように見えるけど、実はポーズ機能を使ったスライダーで、頭身を変えれる様にしてある。
その仕組みは、ボーン位置をずらして関節ごとに縮めるというもの。
でも、ウェイトを使ってないので、そのままだと関節ごとに服の袖をめくるようになってしまうので、スプラインの輪切りそれぞれにボーンを配置し、その位置を細かく調整して整合性を取ると言った、非常に面倒なことをしている。

miku201508a50.png
原理自体はかなり前から考えていたのだが、作業が非常に面倒なのと、服を被せるとそれも細かく調整しないといけないうえに、スプラインの数が合わないと上手く縮まないので、服を着たモデルでは考えるのも嫌になって、数年間実行してなかったのだw

miku201508a75.png
今のモデルはボーンをやり直したのもあり、それを考慮した配置にしてたので、ようやく出来るかなーと手をつけたもの。
作業自体は去年の秋くらいから始めてて、その間にモデル自体を何度もやり直してるので、以前のものと互換性がなくなってしまった。
つい先日公開した、素潜り娘とも既に互換性が無い。
一番面倒だったのが、肩周りの骨格や筋肉をシミュレートしたボーンの調整。

miku201508a100.png
なので、この状態だと完全にワンオフモデルとなるし、オリジナルからミクモデルにする際にもボーンやスプラインに調整を入れてるので、暫くはこれが正規ラインのモデルになる。
一応、元の髪や衣装は足元2mくらいの所に置いてるから、いつでも入れ替えはできるのですがw
(実は、スプラインやポイントを削るとソフトが落ちたり、最悪モデルが壊れたりするバグがあるので、最近は追加しかしてない)

こうして並べてみると変化が良く分かるが、実際には大きいほうが元のサイズ。
ツイッターに上げたものから、更に世代が進んでますw

もっと縮んだモデルも作りたいけど、今の気力とツールの機能的制約から、このあたりが関の山。
本当は、ねんどろサイズまで縮めたいんだけどねー。
ねんどろだと、顔の輪郭自体を作りなおさないとおかしくなるしなー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック