ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
RAP隼
IMGP6159.jpg
REAL ARCADE PRO.Vというゲーマー向けのジョイスティック。
いままではゲーム機に合わせたジョイスティックを幾つか買ってきたけど、本格的なのを買うのはこれが初めて。
モニターが小さく見えますが、幅はフルサイズのキーボードと同じくらいありますw
(真ん中にあるのはテンキーレスのキーボード)
この大きさは、安定性とゲーセンのコンパネのサイズを意識してるんだろうなー。

これを選んだ理由は、わざわざボタンの性能評価をするために、秋葉原のゲーセンでロケテストをするという力の入れよう、もともとゲーマーの間でも評価は高かったので、ちょっとこの機会に狙ってたのだ。
実際店頭で静音の方を触ってみたのだが、いかんせん古いゲーマーなもんでw、ボタンを叩いてる気が全くしなかったので、その時は買わなかった。
で、通常のはデモ機が置いてあったが品切れ。
ブレードアークス買った時は、とりあえずジョイパッドを買った。

それから12月に入り、他の用事で店に立ち寄ったら、これがあったので確保。
あれば買うの算段で行ったのだが、あってよかった。
ゲームはいっぱい置いてるが、ゲーマー向けの店ではないので、見つけた時に買わないと地元では買えなくなるので。

なにより、PS4、PS3、PCにも対応。
格ゲーで使うことはないが、PS4向けにはタッチパッドも付いてる。
落ち物パズルとかやってると、メニュー操作に使うこともあるかも?

IMGP6157.jpg
ちなみに、持ち運び用の取っ手部分もついてるけど、それで持ち運ぶと多分落としますw
それならばと、梱包状態で運ぶことになるかもしれないけど、そうすると箱はかなり大きい。
最近買ったものでは一番大きい箱の、島風のプラモの2倍以上の体積。
持ち手はついてるが、あまり持ち運ぶものじゃない気もする。

使い勝手はかなりいい。
コンシューマー向けのゴツゴツした小さいボタンではなく、新開発のアーケード向けボタンを使用、背が低くて指のひっかかりがなく、表面もシボが入ってて感触もいい。
値段は結構張ったが、コンシューマー向けスティック買って自分で全部のボタンとっかえると、結局同じくらいかそれ以上かかっちゃうから、品質面も考えてこれでいいのだ。

ちなみに日本橋で静音ボタン見たことあるけど、8個取り替えると4~5000円かかります。
スティックに筐体に、コントロール基板の移植までやってると、結局1万以上かかるんだよね。
とりあえずは元を取るべくしばらくは格ゲーに興じるとしますw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック