ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
Tree of Saviorやってみた

CBT抽選に2回とも外れ、2回目のCBTの最後がストレステストとのことで、オープン化。
そこでやってきました。
柔らかいタッチのテクスチャと、プリレンダの4頭身2DキャラのMMORPG。
見た目は結構ROに近い。

screenshot_20151212_00023.jpg
最初に発表された時からずっと気になってて、今年になってベータやると聞いた時にも小躍りしそうになったほど。
結局抽選で外れたけどねー。

screenshot_20151212_00006.jpg
そんなわけで、金曜の深夜から始めて、あれこれ悩みつつ僧侶で30くらいまで育成。
画はすごくよくて、BGMもかなりいいんだけど、ちょっと気になるのがI/Oの作りこみ。

ゲームパッドに対応してるのだけど、割とよく使う操作がパッドでできなかったりして、結局マウスとキーボード併用になってしまう。
ゲームパッドも、アナログのキックバックが制御されていないようで、下に書いてる顔の向きのせいで、時々明後日の方向殴ってたりする。
基本的にはキーボードで完結できそうだけど、移動が右手でアクションが左手なので、慣れてないとかなり戸惑うかも。

あと、シナリオは結構読みやすくて、細かい演出もいいのだけど、クエストの流れがかなりわかりにくい。
キーになるNPCの話を聞かずにクエが始められたり、ちゃんと順序立てて進めてるのに、説明不足で途中で何をしていいかわからなくなったりする。

でも、一番気になるのはキャラの顔が体の向きと合ってないことが多いことかなw
斜め向こうを体が向いてるのに、顔が正面向いてたり、走ってるときに顔がプルプル震えてたりする。
体の向きと顔の向きが合ってないせいで、混戦だと自分がどっちを向いてるか分からなくなるときがあり、明後日の方向に魔法ぶっぱなしてるのが何度もあった。

screenshot_20151212_00040.jpg
それ以外のシステムは割とよく作りこまれていて、レベルアップ時に周りの敵全てにダメージを与えることができたり、通常の殴りなんかも複数の敵にHITするので爽快感がある。

マップ上に次のシナリオNPCが表示されたり、クエのヒントも出たりするので、色々迷ったらマップを開いてみるといいかも。
特に鉱山のクエは長いうえに複雑でわかりにくいので、マップのアイコンを見る癖をつけたほうがいいですw

ScreenShot_20151212_00046.jpg
そんなわけで、キャラも全職作ってお試し中。
剣士が一番扱いやすく、魔法使いはかなり難しく、弓と僧侶がその中間くらい。
最初は爽快感もあり、死ににくい剣士がおすすめ。
慣れてきたら、ほかの職やってみるといいかも。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック