ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
台北行ってきました その1
台湾に、イベントと観光で3泊4日で行ってきました。
今回は、その準備編ということで。

必要なもの、必ず要るのが、パスポートと有休休暇と予算。
そして、目的。
食道楽か、美術館や美術品か、有名スポット制覇か、色々あるので好きなように。
あとは海外に行くという覚悟と、何があっても何でも楽しむという心意気。

まず、旅行の目的と日程で、旅行会社にあるプランと照らし合わせて、安く便利に行けるのがあれば、それにオプションなどを追加して申し込む。
今回自分たちの場合は、土日にイベントに参加するため、中二日を完全自由行動にして、金曜出発の月曜帰国、有休を2日取るプランで作成。

しかし、申し込み時期が出発の40日前くらいだったので、あまり選べるコースがなくて、結果的に高めのものになってしまった。
でも、高い分ホテルは完全日本語OKでちゃんとしてたし、出発は現地空港からホテルまで、帰国時の空港送り届けにガイドさんつくし、結果オーライで。

プラン以外に必要な予算は、燃油サーチャージは2016年2月現在、原油安でほぼゼロ、旅行保険が4000円くらいから、空港までの往復の交通費も忘れないように。
もちろん、現地での飲食や移動手段、おみやげなどの予算も必要。

今回3泊4日で、日本円で1.5万円ほど両替したのを、ほぼ使い切ってきました。
でも、とにかく物価が安い。
日本と同じパッケージの飲み物とかも売ってますが、水は10ドル(1台湾ドル=2.8円前後)から、お茶やコーラも30~40くらい、市内の地下鉄も20ドルで4~5駅乗れて、有名点心のお店でお腹いっぱい食べても500ほど。

なので、お土産屋さんや免税店何かを覗くとかえって割高に見えたりします。
ここは、お土産は後で安いのを選ぶとして、現地の食べ物と交通を安く楽しむのが吉。
うまく立ち回れば、4日行っても日本円で1万円かからないかも?

飛行機にLCCを選んだ場合、荷物に制限がかかるのが、イベント系に行く人には辛いので、普通にLCC以外の安めのコースを選んだ方がいいです。
今回使ったエバー航空だと、カーゴ20kgまで、手荷物7kgまで。
トランクケースは、それ自体が結構な重量物なので、重さで見ると意外に入らないので注意。
これいっぱいに詰め込んでいくと、帰りにお土産入れるスペースがなくなるので、最低限3割前後は空けていくと安心かも。

準備ができたら、必要なものをすぐ出せるところに入れて、出発しましょうw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック