ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
2016春の新番 その6
クロムクロ
黒躯なのか、序盤だけではまだわからないところも多いけど。
戦国風のメカやそこから来たと思しき青年など、そういう雰囲気がある作品。
オリジナルということで、かなり期待してる一本です。

キズナイーバー
腕に刻まれるのはキズナの片仮名にもみえる。
痛みを感じない少年と、その痛みを分かち合うことを義務付けられた仲間との絆が描かれていくはず。
三輪キャラの繊細な線を余すことなく描き切った1話は作画も最高。
楽しみな1本です。

鋼鉄城のカバネリ
カバネと呼ばれる異形の脅威に晒される世界、対抗するには強力な火器と、感染者を徹底排除する非情なシステムしかない。
そんな世界に城塞を築き、装甲列車で拠点間を移動する人々。
そんな一つに、カバネに占拠された装甲列車が突入して、阿鼻叫喚の地獄絵図が展開する。
ディストピアで絶望しかなさそうな世界観だけど、OP見居る限りは皆結構強そうw

マクロスデルタ
1話から何曲も披露し、最初からアイドルグループとして活躍する様を描いてはいるが、それでもまだ足りないというのか。
CG化されたミサイルサーカスも、動きが三次元で早くて1回では追いきれないほど。
そして、歌姫としての少女の成長物語としても期待できる一本。
今期一番の期待作と目してきたけど、楽しみな作品が多くなったことで、今期は豊作なのかも。

ではまた夏に ノシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック