ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
とある魔術の電脳戦機
鎌池和馬:著 カトキハジメ:画 電撃文庫

とあるシリーズのスピンオフなのか、完全な番外編なのか。
学園都市で大流行している、「バーチャロン」というゲームを巡ってのお話。
いつもの登場人物たちが、バーチャロンにはまって遊びまくっているという設定。
もちろん、セガのACや家庭用バーチャロンがそんな未来にあるわけもなく、しっかりとゲームは進化してますがw

ポータブルデバイスをコントローラーに、VRらしきものを使って、現実世界の実物大の街をステージに、対戦や大会を行う。
セガの全面協力のもと、しっかりとした世界観を導入し、メカもカトキハジメ本人の手による…
どころか、本編の挿絵もカトキハジメ?!
この人のキャラ描くのって初めて見たかもw

話自体もかなり分厚い目、本編だけで400ページオーバー。
これで劇場版作れそうなボリューム。
なかなか読み応えのある一冊です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック