ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
ピクセル
WOWOWでやってたのを視聴。

80年代にアーケードのビデオゲームにはまり、並外れたパターン化の能力に長けて、ゲームオタクとなり、そのまま大人になってしまった元少年たちが主役。
いや、本当の主役は、侵略してくるインベーダーたちのほうかw

とにかく、ブラウン管にドット絵のころのゲームに対する、深い愛に満ち溢れた作品。
シュガーラッシュにせよ、なんでゲーム大国である日本でこういう題材の映画が作られないのかしら。
展開が結構スピーディで中だれせず、最後まで気持ちよく見れる作品。
終始ニコニコしながら見てました。
きっと劇場もそんな雰囲気だったんだろうなー。

エンディングを見ても、いつもは気にしないフォントやゲームの画面が、実はドットの塊だったと思い出させてくれる。
昔はああやって、画面を構成するものを全て手打ちで、または職人技の計算技術で、何百パターンもの絵を人が作ってたんだよなー。
まだ見て無い方にもぜひお勧めしたい映画ですw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック