ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
おおさかホビーフェスに行ってきた
関西では「初のホビー系イベント」ということで、割と注目されていたイベント。
で、行ってきたのですが、ちょっとコレジャナイ感がしててw

まず、会場はマイドームおおさかという、ちょっと交通の便の悪い場所で、そこのホールを使ってたけど、これがまた狭い。
開場直後は入場制限するほどの人が集まって、中は場所によっては動けないくらいすし詰め。
参加企業はハセガワ、タミヤ、バンダイ、タカラトミーなどの大手と、ニパ子でおなじみの道具メーカーやパーツメーカーなどが参加。
他にも小さいメーカーが多数参加してたのだけど、ターゲット(客層)がよくわからない。

親子連れも多く、電子工作やガンプラ作成体験、レーンなしのあのミニカーおもちゃ(名前忘れた)、ジオラマの中をカメラ付き電車で走ってタブレットでその映像みるやつとか、子供向けの内容が多い。
トイガンも出てたけど、10歳くらいから持てるスケールダウンしたやつだったし、コトブキヤとピットロードはそれなりに対象年齢やターゲットがはっきりしてたけど、ボークスも海洋堂もグッスマ系列もいない。

これなら、関西でも何回かやってるガレキのイベントの方が規模も大きいし、フィギアメーカーのイベントとかのほうが大きいくて使いやすい会場取ってたりで、せっかくのイベントが名前負けしてる。
でも、さすがに実演や座談会は盛況で、これのために陣取ってる年配の方も多かった。

会場は色々都合があるだろうから置いとくとして、これなら近隣の模型クラブとかの競作展示会や、模型などのコンテストなんかもやったらもっと盛り上がってたかも?

そんななかで、ちょっと気になったのを幾つか紹介。
IMGP8072.jpg
チョロQの旧車シリーズ、ルノーターボやアルピーヌなどがラインナップ。
カルロスサインツがバリバリだったころの車種、全部出さないかしらw

IMGP8061.jpg 
かなり精密に再現された隼鷹、2万円もする大型模型。
作る場所と時間、更に完成後の置き場所など色々大変かもw

IMGP8064.jpg 
これなんかは、内装までしっかり再現された精密模型の域に達してる。
でも作るの大変そうw(好きでやってる人は好きにやるからいいのですが)

IMGP8059.jpg 
エースコンバットのメビウス1ラプター。
寸詰まりなのは、レンズのせいじゃなくてたまごひこーきのシリーズだからです。

来年からは、もうちょっと導線考えた配置にして、先に言ったコンテストなんかもやってくれないかなー。
次回開催、期待してますw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック