ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
症年症女
原作:西尾維新 漫画:暁月あきら ジャンプコミックスSQ

これも2巻出てから見つけて買ってきたもの。
小学5年生にして、既に人生を諦めてる少年が、ある日新種の奇病にかかる。
余命はあと1年と宣告されるが、先にその病気にかかっていた年上の少女と出会う。

初っ端からカラーではきつそうな絵が展開、小説によくある、アバンで結末が見える仕様。
自分の自己満足のために、その結末に向かって邁進していく。
周りの個性や人の顔、ブランドなどの個人情報なんかが見えなくなる奇病で、全ての個性が塗りつぶされた世界。
そこで、同じ病気を持つ少女と出会うのだが、そのときのインパクトは凄い。
将棋を指すところとか、文字だけの小説では再現できないだろうなーと思える場面。
この原作者の作品を全て映像化するとか行ってる団体がありますが、これも含まれてるのかな?w

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック