ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
2001年宇宙の旅
吹替補完版とかいうのをWOWOWでやってたので視聴。

洋画視聴はオリジナル言語音源派なのだが、気になったので録ってみた。
キューブリックの代表作で、今でもSF映画の金字塔として映画史にその名を燦然と刻む一本ですが、最初に見たのは子供の頃に民放でやったやつ。
でも、サルが骨投げる前に寝てしまったw
セリフもなく、クラッシック音楽が流れる中でサルが喧嘩してる。
子供には、これほど退屈な映画は無いでしょう。

大筋は惑星探査機に搭載されたメインコンピューターがどうのというやつなのだが、内容はかなり哲学的で、多分起きてても理解できたかどうか。
もう少しすると、弱肉強食や進化論でのサルから人へ、コンピュータ社会への警鐘なんかを習ったり覚えたりで理解はできたと思うのですが。

AIの反乱ってのは今でこそリアリティが出てきてますが、この映画ではテープが回る記憶媒体も謎の光るボタンがずらっと並ぶような「昔のコンピューター然」としたものも出てこない。
服装や宇宙学の公証なんかが現在とは違ってるが、宇宙船のデザインや無重力の考え方なんかは、最近作られた映画だと言っても信じる人がいるだろう。

映画の中の2001年はもはや過去になってしまったけど、ハルのような自律系コンピュータは実際に生まれてきている。
まだ彼に全てを預けるような所までは許していないが、いずれこの映画の内容が現実になる日もくるかもしれない。

ところで、何を補完してるのだろうw
ちゃんと通しで見たことがないので…(マテ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック