ゲームに映画にクルマや趣味から日常の話題まで何でもアリな日記系ブログです。 (アフィリエイトなど、記事の内容に関係のないTBとコメントは無条件で削除します)
自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う
昼熊:著 加藤いつわ:画 スニーカー文庫

ふとした事故から異世界に転生し、それが何故か現世の自動販売機(当たり付き)になってしまった青年の物語。
彷徨うとは言っても、表紙にある通り怪力娘に担がれてますがw
まず最初の着眼点が面白い。
そして、キャラの名前がありきたりな読みやすいものではなく、そのへんにも異世界の文化のようなものを感じる。
読みやすいとか、安直な名前ってのは、読者に媚びてるとも考えてるので、そのあたりで「この作者はちょっと違う」と思わせてくれる。

それにしても、過酷な状況からよくぞデビューまで行ったものです。
普通の人にはおそらく経験したことの無いことを過去に持ち、それでも強く生きて小説家になろうと言うのですから、凄いもんです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック